ノリシゲさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

ノリシゲ

ノリシゲ

映画(470)
ドラマ(0)

あの頃ペニー・レインと 特別編集版(2000年製作の映画)

5.0

すごく好きな映画。
10代の頃のようなキュンキュンした気持ちで見られた。
劇中の音楽も全て良かった!

情婦(1957年製作の映画)

4.0

タイトルから想像がつかない法定劇でどんでん返しもの。
多分すごく前に見てるはずなんだけど、全く覚えてなかったので、最後まで楽しめた。

(1985年製作の映画)

2.3

WOWOWで放送してたので視聴してみた。
役者さんは熱演だったけど、今の時代に自分は特に見なくても良かったかなと感じた。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

印象に残ったのは、花が降るシーンと、粘着質の二階堂ふみの演技。
色彩は落ち着きのある色合いもあったのが良かった。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

それなりに面白かったけど、重かった。
主役が日本人の女優さんだったらまた違った印象になったのかな…

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.8

ゾンビで、ミュージカル。設定が斬新。
ストーリーは普通に面白い。曲がとても良かった。

ブロードウェイ・メロディー(1929年製作の映画)

2.8

【アカデミー賞作品賞を見てみよう②】
第2回受賞作。

当時としては新しいトーキでしかもミュージカル。と、思って見れば凄いことなんだろうけど、、、
姉はオーディションでケンカするし、モテモテの妹は姿勢
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

見てて気分悪いし、ホアキンがとにかくキモい(褒め言葉)

よこがお(2019年製作の映画)

4.0

マスコミに人生狂わされるって実際にありそう。
筒井真理子にとても合う役だったと思う。

引き裂かれたカーテン(1966年製作の映画)

3.6

バスのシーンとかドキドキする所は面白かった。
最初のイチャイチャシーンは不要な気もする。

つばさ(1927年製作の映画)

4.3

【アカデミー賞作品賞を見てみよう】
と、思い、第1回受賞作から。

サイレント映画に慣れていないので最初は見にくかった。慣れると物語に引き込まれた。100年近く前にこの映像は凄いと思った。

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.2

腕が良くても、あれじゃねぇ…
ベストタイミングで料理を出したいなら動線大事でしょ!

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.3

この時代のミュージカルがとても良い。
ストーリーも分かりやすくて楽しめる。

ハリーの災難(1955年製作の映画)

3.3

ヒッチコックっぽくない気がする。ちょっと退屈

E.T.(1982年製作の映画)

3.9

実はちゃんと見るの初めてかも。
後年ドリュー・バリモアがどうなったか知ってるだけに、入り込めない自分がいた(笑)

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.3

髪切ってローマに繰り出すのが意外と後半だった。
昔見た時より楽しかった!

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

3.2

「轢き逃げ」が結構面白かったので、こちらも見てみたが、イマイチだった。
タップシーンは良かった。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.8

ロバート・レッドフォードの俳優引退作なので、評価ちょっと高くしてしまった…

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

そういう事件だったんだ!
親や周りの人間によって人生変わるんだね。

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.0

オリジナルのが良かった。
エンドロールのあれを吉永小百合にやらせて良いの?(笑)

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.0

アニメっぽい表現。原作読んでないけど、原作に忠実なのかな?
何も考えずに見られる映画。

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.2

サム・ライミ版で2が1番好き。
MJがビッチでなければもっと良かったと思う。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.1

天使と悪魔の描き方が面白い。
あっという間に見終わった

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

ツッコミどころはあるものの、楽しく見られた。
アカデミー賞作品賞受賞作の中ではかなり異色だと思う。

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.8

アメイジングスパイダーマン、トム・ホランド版を先に見ていたけど、このスパイダーマンも楽しめた。
むしろ一番好きなシリーズかも。