HosoYankovicさんの映画レビュー・感想・評価

HosoYankovic

HosoYankovic

映画(371)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

予想以上に良かった。
先ず、スケートをやっている自分的にはカメラワークや氷の音など臨場感の再現性。違和感を感じさせないボディダブルと3DCG技術。インタビュー形式の構成。狙って無いとは思うがスーサイド
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.8

ステイシー・マーティンが可愛い。現代のソフィー・マルソー的な印象を持った。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.4

暗い気持ちでGW初日を迎える結果になったが見応えのある内容であった。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのウェイトが意外とあったので観てない人は予習した方が楽しめるかも。次回作までアベンジャーズのソロ活>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

フロリダの色彩と空気感を上手く表現していた。非日常のシンボルの隣で暮らす日常の大切さがコントラストにより一層際立つ。子供はいつでもポジティブで逞しいなんて呑気な感想は自分勝手な大人の考えで、子供の視点>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

3.0

前半は割とリアリティ会って良かったもののラストがイマイチ現実味を感じなかった。そもそも妻が黒木瞳みたいな美人である事はないし、世の中の大多数はもっと孤独なエンディングなんだろうなと。なんか松竹映画っぽ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

昭和男子にはたまらない作品。だからと言ってジュマンジとある意味世界観とラブストーリー度合いが似てるから今の世代にも受け入れらると思う。日本人男子は日本人である事に誇りを感じるだろう。IMAX 3Dでお>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーはさて置き、2Dでの鑑賞だったけどエンタメとして十分楽しめた。最近は4DXや3D映えする体感型ムービーが多いけど、アトラクション体験の場として映画館の存在意義はこの手の映画で益々ニーズが上が>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.6

アキラ的な未来感の中に昭和の空気感が満載。監督の日本好きな要素が随所に散りばめられていて少し照れくさくもある。映像の質感と音は素晴らしい。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

4DXで観たから何とか持った感じだけど、全体的にとっ散らかってて音楽の使いどころも散漫だった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

B級大作のつもりで観たら十分楽しめた。確かにスターウォーズを彷彿とするデザインや世界観、子供の頃に感じた未来感、レトロフューチャー感が懐かしく思えてほっこりした。許す事は出来ても忘れる事は出来ないって>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

完璧な嘘のシナリオは真実になりうる。こうした冤罪は日本を含め世界中に沢山あるのだろう。しかし叔父役がプーチンに似てるのはわざとかな?選択肢を無くして巻き込むやり口は芸能界の闇にも似てる。ハンガーゲーム>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

信念と確信を伴った言葉の力を再認識した。寄りに耐えられるメイクは確かに素晴らしいが瞳の輝きだけはちょっと浮いてたかな。でも子供の様なチャーチルの瞳は年齢よりも若く見えても良いのかも。

リディバイダ―(2017年製作の映画)

3.2

シナリオはさておきメカデザインやガジェットは好きだった。FPSゲーム感覚で観れる分、手元にコントローラーが無いからモヤモヤする…。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

世代限定の例えだけど、仮面ライダーシリーズで言うところのアマゾン的な位置付けが好きな自分はすんなり受け入れられた。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

CGIのクオリティが凄い。個人的にはCGIの動物系は苦手だったがここまで来ると不自然さは感じなくストーリーに集中出来た。親子で楽しめる映画でした。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.2

前作うろ覚えの状態で観たが、もはやバイオハザードやアイアムレジェンドみたいなゾンビ映画になっていた。人間関係を事前に予習しないと面白さ半減かも。自分はAmazon videoで復習します。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

中盤の観光旅行のくだりが長く感じるところは賛否両論だが、事件のシーンが余りにも短く、あっという間の出来事なので確かに重要な役割を果たしていた。しかしながらもう少し犯人との心理戦などあるかと思っていたの>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

人はただ記憶によって個人たりうる。人は記憶によって生きるものだ。『攻殻機動隊』人形使いの台詞を思い出した。愛された記憶、愛されなかった記憶。死生観とアイデンティティについて。割と大人向けのテーマなのは>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

この世界は自分的には共感出来ず、ストーリーも割と淡々としていて、北イタリアの情景が良かったくらいしか印象に残らなかった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

アメリカのお家芸に圧倒された。DOLBY ATMOSで観た方が良いかも。いつもより前の方の座席で観たけどサーカスとステージの距離感に近くて逆に臨場感があって引き込まれた。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

アンジェリーナ・ジョリー主演作品の方がシンプルで何となく印象に残ってる。個人的にはアリシアはエクス・マキナの印象がまだ強くて無機質な感じの方が好きだ。前作、ゲーム含めて知らない今の世代にはまた印象が違>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

2.8

北川景子の芝居がしんどい。キャスティングも想定内。深夜ドラマ的。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

弁護士は殺人者でも弁護する。最近の日本も人権よりもビジネス優先のモラル無き弁護士が増えている。人権後進国日本においてはこう言った映画は当分出てこない。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

幼少期に受ける愛情が如何に大切かを改めて思い知らされる。個人的な感受性に左右されるが愛情が欠落すると愛着障害や承認欲求が強くなり将来的に生き辛く苦労する。親の顔色を観て幼少期に子供らしく振る舞えずに大>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優って良い女優さんだなぁ。かなり老成してる感じ含めて。

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

邦題の空海がそもそも誤解を招く典型的なパターン。この邦題とのギャップは『リンカーン/秘密の書』を思い出した。ハリウッドのVFXに見慣れた人にはチャイナクオリティのCGとセンスに思わず笑ってしまうかも。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

リアル世代に気を使わずにもっと自由にやって欲しかった。核家族化の進行した現代病である愛着障害から来る人格形成を確立出来なかった若者の闇を既に描いていた岡崎京子はやっぱり凄いな。

>|