菅藤浩三さんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 菅藤浩三さんの鑑賞したドラマ
菅藤浩三

菅藤浩三

  • List view
  • Grid view

殴り愛、炎(2021年製作のドラマ)

4.0

双眼鏡・違わないよー・奪いなさいよー・記憶除去装置・棒高跳び、2話で終わるの勿体ないよ

0

リカ~リバース~(2021年製作のドラマ)

4.0

第3話の母娘3人のタクシー追いかけ走りにこらえきれない爆笑。映画化決定だそうだが、誰がスポンサーになったんだろう(笑)。第3話で唐突なネタバレと真犯人による告白、そしてジェノサイドによるサイコパス、あ>>続きを読む

0

俺の家の話(2021年製作のドラマ)

4.5

ホームドラマと称しながら、第1回は要介護となった父西田敏行の所に、若い戸田恵梨香が婚約者として登場してきて「あーあ、クドカンもわかりやすいネタにとびついちゃったな」と思ったのだが、最後まで視て、視聴者>>続きを読む

0

タイガー&ドラゴン(2005年製作のドラマ)

4.5

阿部サダヲ・猫背椿・荒川良良といった、お馴染みのクドカンファミリーが出そろっての傑作。主役の長瀬智也と岡田准一の2人はジャニーズながら、ジャニーズの枠を超えた存在感。脇を固める、西田敏行・春風亭昇太・>>続きを読む

1

たったひとつの恋(2006年製作のドラマ)

3.0

ストーリーはちょー金持ちのお嬢様綾瀬はるかと、下町の貧乏息子亀梨和也
が、ひょんなことで出会って恋に落ちるが数々の障害にさいなまれて、でも最後は、、、というごく王道。北川悦吏子らしい脚本。もとジャニの
>>続きを読む

0

エアガール(2021年製作のドラマ)

5.0

原作がよいのでしょう、白洲次郎を竹中平蔵ばりの売国奴に設定した所が新鮮でしたし藤木直人の演技が堂にいってました。他方、日本航空創世記の役人を演じる吉岡秀隆も少し老けたけど、いい味の演技してます。爽やか>>続きを読む

0

監察医 朝顔2(2020年製作のドラマ)

3.5

医者もの×刑事もの×震災もの×家族ものという、人気を得る要素を兼ね備えた作品のシーズン2。あと演技達者揃いなので安心して観れました。ただ半年ぶっ続けはチャレンジ要素が強く(そのために、祖父の死亡と母の>>続きを読む

0

リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年製作のドラマ)

4.0

NYで2人がデートしてる画は素敵だったが、企業ドラマの色はずいぶん薄くなって恋愛ドラマになってしまったのは残念。小栗旬に比べ、石原さとみの演技が幼い

0

天国と地獄~サイコな2人~(2021年製作のドラマ)

4.0

綾瀬はるかと高橋一生の2人による一世一代といってよい異性へのなりきり演技。一流の役者てスゴイねー。かたやいつもとおりの北村一輝、よくあるドラマなら「実は黒幕の、、、」という役割だったのに、予想を裏切っ>>続きを読む

0

ここは今から倫理です。(2021年製作のドラマ)

3.5

私期待の若手怪演俳優’’山田裕貴’’主演の、30分×8回。生徒と教師の恋愛をテーマにした第3回、茅島みずきが衝撃の役柄で登場した第1回を除けば、毎回学校で起きる出来事がヘンテコか、あるいは、生徒たちが>>続きを読む

0

星とレモンの部屋(2021年製作のドラマ)

1.0

テーマが8050問題らしいけど、松山ケンイチが主演のドラマ’’こもりびと’’に比べて全然面白くなかった、映像にすることで原案が色あせてしまった印象

0

知ってるワイフ(2021年製作のドラマ)

4.5

第1話をみたときは、広瀬アリスのモラハラに悪い意味でドキドキしてしまったが、タイムスリップを交えての第2話以降は毎回とても楽しみになった。視聴率が低いのが不思議でならない。脇役の中では、瀧本美織・川栄>>続きを読む

0

アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜(2021年製作のドラマ)

4.0

全8話ながら1話完結に終始していた第6話までと、前後半になった第7~8話とはかなり出来が違ってて、最後まで1話完結にしてほしかった。SNS隆盛の現代にマッチしてる。香取慎吾ひさびさの主演ドラマとしては>>続きを読む

0

リカ(2019年製作のドラマ)

4.5

自称28歳の高岡早紀が放つサイコホラーコメディ?。第1部と3年後の第2部という構成は中だるみを防ぐ意味で巧妙だった。第1話から周りの人がサイコパス’’リカ’’のせいで次々と死んでいく、最後に誰が生き残>>続きを読む

0

ハルカの光(2021年製作のドラマ)

4.0

アシガールを筆頭に元気溌剌のイメージが強い黒島結菜に、抑えた演技を求めた作品。でも芯の強さは隠せませんね朝ドラ主演で国民的女優としてどれくらい爆発するかが楽しみな逸材。バイプレイヤーの古舘寛治も非常に>>続きを読む

0

星影のワルツ(2021年製作のドラマ)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

自宅に夫婦でいて津波にのまれた南相馬の60歳男性が海上15kmの所を浮かぶ屋根に載って漂流。いきなりその描写から始まる。実際の映像も津波含めてできるだけリアルに交えて作られているのは10年経ったから。>>続きを読む

0

神様のカルテ(2021年製作のドラマ)

5.0

福士蒼汰のアタリ役。妻役の清野菜名と、看護師役の大島優子の演技もよい。ピックアップした原作もよい脚本もよい演出もよい。ゲスト脇役もよいイッセー尾形をはじめに、風吹ジュン・中村蒼・水野美紀・北村有起哉と>>続きを読む

0

あなたのそばで明日が笑う(2021年製作のドラマ)

3.0

ドラマ天国と地獄と、同じ主演女優とは思えません、かなり静かな雰囲気。シナリオは、石巻市で津波で行方不明になった、一緒に本屋をやっていた夫を待ち続ける子持ちの綾瀬はるか、10年経って本屋を再開しようかな>>続きを読む

0

立花登青春手控え2(2017年製作のドラマ)

3.0

なぜかシーズン1は地上波総合では放送されずシーズン2から始まる。平祐奈はあの顔つきながら和服が異様に似合ってる、主人公がスーパードクター過ぎる、溝端淳平の演技はノーマル。

0

六畳間のピアノマン(2021年製作のドラマ)

4.5

パワハラ自殺に絞った1+2話のできがダントツによい。段田安則・原田泰造この2人の演技が抜群。一応加藤シゲアキ(ジャニ)+三浦貴大(三浦友和の息子)+古館佑太郎(古舘伊知郎の息子)の3人が4話とも出演し>>続きを読む

0

DOCTORS~最強の名医~ 2021新春スペシャル(2021年製作のドラマ)

4.0

野際陽子が写真だけの出演で神格化されているが、ドラマでの演技は松坂慶子と同じ感じだったので、そこまで神格化しなくてもよいのでは。沢村一樹のちょっと毒ある凄腕の勤務医と、想像を絶するバカボンの院長高嶋政>>続きを読む

0

不要不急の銀河 ドラマ版(2020年製作のドラマ)

3.0

又吉直樹脚本ドラマ。テーマは「スナックを舞台にしたけど、不要不急の存在なんてないはずなのに」という国家に対する愚痴。自粛警察によりスナックの経営ができなくなってることも2020年6月収録時点でバッチリ>>続きを読む

0

麒麟がくる(2020年製作のドラマ)

4.0

キャスティング大当たり:本木雅弘(斎藤道三)・松永久秀(吉田鋼太郎)・川口春奈(帰蝶)・片岡鶴太郎(摂津晴門)。
キャスティング中当たり:長谷川博己(明智光秀)・織田信長(染谷翔太)・向井理(足利義輝
>>続きを読む

0

うぬぼれ刑事(2010年製作のドラマ)

4.5

恋に落ちた瞬間のトランペットの音も含め、1話完結で同じパターンを初回から最終回まで踏襲して1回も崩さないというのは、タイガー&ドラゴンに似てますね。脚本クドカン+主演長瀬智也のコンビは、かげかえのない>>続きを読む

0

ライジング若冲〜天才 かく覚醒せり〜(2021年製作のドラマ)

2.0

意味ある台詞を交わす登場人物は4人、桝屋源左衛門こと伊藤若冲(中村七之助)・円山応挙(中川大志)・池大雅(大東俊介)、3人をクロスさせる売茶翁(石橋蓮司)、そして、僧侶であり詩人の大典(永山瑛太)。大>>続きを読む

0

池袋ウエストゲートパーク スペシャル スープの回(2003年製作のドラマ)

3.0

スープの回でなく出し殻の回というタイトルが相応しい。本編に出てたキャラの3年後がずらり並んでいるのはよかったが、どれもエピソードレベルにとどまってるし。本編メインキャラの渡辺謙と小雪はハリウッドに出演>>続きを読む

0

当確師(2020年製作のドラマ)

2.5

肝心の神輿にのった女性候補者のキャストミス。檀れいでは深みも迫力もない、せめて貫地谷しほりレベルじゃないと。市長の高橋克実もその妻であり黒幕の奥貫薫も熱演してただけに、檀れいのせいで学芸会のようになっ>>続きを読む

0

黄色い煉瓦〜フランク・ロイド・ライトを騙した男〜(2019年製作のドラマ)

5.0

副題に惑わされてはいけない。帝国ホテルの黄色スクラッチ煉瓦の製作技法を独学で編み出した、左腕だけになった(糖尿病悪化)当時無名の職人、久田吉之助の物語。とにかく糖尿病でやつれて血色が悪くなってしまった>>続きを読む

0

教場Ⅱ(2021年製作のドラマ)

2.0

パート1と同じく、生徒が入れ替わって、松本まりかが加わっただけで(これも職権を乱用した教官なので本来なら懲戒免職)、相変わらずのキムタクのクール版プロモドラマ。警察学校はスクールウォーズに匹敵するレベ>>続きを読む

0

教場(2020年製作のドラマ)

2.0

正月に録画してやっと見終えた、CM抜きで前後編あわせて4時間強なげーよ。主役以外のキャストは朝ドラと日曜劇場で固めた演技派そろい、ながらキムタクが出てくると全てキムタク色に染まってしまう、グランメゾン>>続きを読む

0

池袋ウエストゲートパーク(2000年製作のドラマ)

3.5

堤幸彦が何作かの監督をしたり、クドカンの脚本が評判よかったんですが、いまでは放送難しいチーム抗争のバイオレンスまるだしで、キャスティングがすごいです。長瀬智也はいつもとおりだとして、美人の二重人格の加>>続きを読む

0

純情きらり(2006年製作のドラマ)

3.5

 21歳の宮﨑あおいがおそろしく可愛く記録されている、特に結婚前の時期。そのほかの女優で存在が目立ったのは戸田恵子と室井滋。この2人が出てくると寺島しのぶや井川遥ですら印象が薄くなる。男優だと夫の福士>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

日本の若い夫婦が遭遇する社会問題をここぞとばかりにてんこ盛りしたうえに、それでもパロディを上手に盛り込んで面白いドラマとして成立させ、さらに、コロナ禍による緊急事態下でのソーシャルディスタンスまで描写>>続きを読む

0

岸辺露伴は動かない(2020年製作のドラマ)

5.0

高橋一生おそるべし。岸辺露伴にあれだけハマるとは。3話とも抜群におもしろかったし、菊池成孔のサントラも素晴らしい。飯豊まりえは普通。中村倫也の登場をしっかり3話めで回収した所もたくみ、くしゃがらの森山>>続きを読む

0

最高の離婚(2013年製作のドラマ)

4.0

瑛太のウザイキャラ設定での台詞ちりばめがとにかく素晴らしい(例:岩波文庫の罪と罰は上中下です。貴女は中をとばして感動してます)。綾野剛はまだ駆け出しレベルの時期かな、この頃だと瑛太と演技力にずいぶん差>>続きを読む

0

子連れ信兵衛2(2016年製作のドラマ)

5.0

1話完結であいかわらず面白い。鶴坊ももう大きくなっただろうから、仮にパート3が撮影されても、鶴坊が起用されるかはわからないな。ほんと可愛い。黒谷友香を絡ませたのは、脚本にふくらみができてよい演出。

0
>|