kurinさんの映画レビュー・感想・評価

kurin

kurin

映画(417)
ドラマ(0)

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.4

何気ない話だったけどよかった。マルゲリータ・ブイは5,60代と思うけど色気あり。売春婦の仕事シーンは不要。トリノの景色は普通なんだけどきれい。ヴァレリア・ゴリーノも気になる。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.2

ケイト・ウィンスレット魅力的。話は凝った構成になっていたが、後半よくわからなくなってしまった。

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

前知識なしで見ましたが面白かった!巧みな展開とテンポが早くて軽快です。

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

3.0

うーん。絵は綺麗だったけどテーマがわたしには難解でした。あまりにも私的な感じだった。その後だいぶ一般向になったのですね。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

後半にかけてストーリーが追えなくなってしまった。ローラ・ハドックはなかなかよい。

殺人の告白(2012年製作の映画)

3.5

なるほどと思う色々仕組んだストーリーで楽しめた。全体は無論ダークな雰囲気なのですが、クルマの係るアクションはスピードかレイダースばり。すごい。いろんな味の韓国ノワール。

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

3.5

極寒、夜は街灯はなし、寂れた街、古い物ばかり。全く物凄く、殺伐とした雰囲気の中、魔性の女グン・ルイメイの犯罪が少しずつ明らかになる。野外スケート場や遊園地の古びかたが寒さを拡大。白日花火が見事でした。>>続きを読む

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

3.3

亡き夫がずっと出てきます。いいか悪いかは好き々かな。バトラーが若くて魅力的。スワンクは上手いと思いますが恋愛映画向きじゃないかな。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

アル中絡みのサイコホラーと思いきや、意外なオチのサスペンス。飽きず見れます。ファーガソンとヘイリー・ベネットはエロい感じが素晴らしい。エミリー・ブラントは正気か否か、すごい演技派です。楽しめた。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.3

全くストレスなく最後まで見ました。山下くんと新垣結衣ちゃんは綺麗なんだけどなんだかポーカーフェイスでした。エピソードは好き々ありますね。

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.0

とっても面白そうだったけど乗れませんでした!凸凹コンビは楽しそうだし、イケイケだったのに。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

すごくパーソナルな世界に集中して描いた感じ。主演の2人がとてもいい。涙がとまりませんでした。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.4

主人公を小市民として、小狡く描いているので共感しやすい。ただその行動は少し理解し難いところはある。光州のタクシーの皆は本当に人がよくて、暗いお話にちょっとだけ明るくしていた。最後のタクシー協力部隊のカ>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.3

ホラーは敬遠していますが、不意に観てしまいました。意外に面白い。でだしから不気味で不快な描写で不安な気分にさせられ、最後の対決まで飽きず楽しめます。黒木華と妻夫木聡の演技は怖くて感心です。でも小松菜奈>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

3.1

怖がらせたいという意図が見えてしまっていた。ストーリーがそれにより過ぎている。サスペンスとしていい雰囲気は出していました。描写がなかなか怖いので、結構好きです。

駅 STATION(1981年製作の映画)

3.9

うーん、これはすごいのでは。北海道に住んでいるとこのカメラの凄さを感じます。いしだあゆみと倍賞千恵子の表情は忘れられない。

狼よさらば(1974年製作の映画)

3.3

ブロンソンが悲劇の後に苦しむシーンがあまりなく、ハードボイルド感漂う。ブロンソンの締まった姿は麗しい。最期の表情は遊びなのか?怖さがあります。ストーリーはあっさりしてますが抱えるテーマは重い。俊英マイ>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.3

話は力強く、粘っこく描かれていた。少し長い気がした。ジェシカ・ジャスティンは骨太かつ豊満で魅力大。

ザスーラ(2005年製作の映画)

3.3

楽しい。ちょっと怖い夢の世界。アングロサクソンらしさ十分のお兄ちゃんがかわいい。こういう作品を作ってくれた会社に感謝したい。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

リーアム・ニーソンが無敵ではなく、弱味があるところが新味なんだけど、やっぱり、無敵を期待しちゃうな。列車のアクションは結構凄くて楽しめました。

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.9

同じ人間なのか、疑わざる得ない超人。筋肉力、精神力、感覚制御力それぞれ超越している。撮影も見事。

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

3.6

ロンドンを派手にぶっ壊す。要人も次々とやられちゃう。南無三!ってところですが職人バトラーが大活躍で敵陣撃破!ということでスリルとどアクション楽しめます。ダイハードより素直な感じ。次もあるね。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

小品ながらなかなか面白かった。松重さんの悲哀が伝わってきました。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.4

切れ味良いブリティッシュアクション第2弾。アクションはパワーアップ!今回はグロもプラス。エルトンほかスター豪華競演でしっかり楽しめます。自分の趣味の問題ですが、英国映画のヒロインはちょっと難しい時があ>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.5

軽く切れ味のいいアクションで品質高い。コリン・ファースのなんとスリムな英国紳士っぷり。面白かった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

アニメ、ディズニーは苦手意識がありますが、本作は見届けました!優しい、いい話でした。アニメの造作も馴染めました。メキシコの死者の日にかけて話作るとはうまいです。吹き替えの藤木直人がとてもよかった。

マクファーランド 栄光への疾走(2015年製作の映画)

3.6

これは素直なスポーツもの。するっと見れます。コスナーは色々やってます。

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.6

ストーリーはどうということないが画面の迫力が凄まじい。それにつきます。77年版はロイ・シャイダーの虚無的な顔で終わった記憶だけどこれはまた別だった。目が離せない映画だった。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.6

蒼井優の怖さ、凄さが出た!オダギリジョーは受けながら、凄さがあった。函館作品いいね👍!

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

ポール・ラッドはソフトなヒーローなので優しいアクションになってました。家族みんなで楽しめる映画で、おすすめでした。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.2

クラッシックカーがピカピカで、ゾロゾロ走って豊かな気分になれる。主演4人が素直に描かれてて好感持てる。アナ・デ・アルマスは気になる美人。

地獄の逃避行(1973年製作の映画)

3.3

マーティンとシシーの即物的殺人逃避行。その精神性に恐ろしさを感じた。二人とも若いのに演技が上手い。マリック監督の画面は「美しい」印象から観たが、本作はそちらへは力を注がず、主人公の性格描写に力を入れた>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

海はきれいだし、リー・ビンビンは美しい。ステイサムは肉体派紳士として巨大鮫と一騎打ち!夏の気楽な1本。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

55歳男子と現役世界女子チャンプが闘う⁉︎いくらなんでも、って思いますが試合やってもいいレベルなんですね!これは本当に驚きました。テニスは過酷なスポーツと思いますが男女差には思いの外驚きでした。エマの>>続きを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.2

ヤクザものとしては軽めで上品な味付け。佐々木の調子がいい極道は歯切れよし。横山くんがやや乗り切れずの印象。結構楽しめた。

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

3.5

決着はつかない先行きを感じた。アクションの切れ味素晴らしい。

>|