カート君さんの映画レビュー・感想・評価

カート君

カート君

映画(129)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

コロナ禍で楽しみにしてた映画が次々と延期になり僕自身も半年も映画館に行く事もなく

興行を考えて延期が多い中 起爆剤的な意味を込めて公開されたこの映画

難しい難しいと噂され1度観ただけでは理解出来な
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

やたらと映像がTVぽくて
最初は映画感がなくて
始まり方も唐突でね
ほぼPC上で物語が展開する特殊な形の映画

3人家族で仲良かった家族だったが
2年前の母の病死をら機会に
娘の年頃もあり父との関係が
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

かなり前から気になっていた本作

タイムトラベルラブコメ

正直もっとラブコよりコメだと
タイムトラベルを使いチート的な感じで恋愛を成就しやりたい放題な
何度でも繰り返しやり直し的な

映画の設定自体
>>続きを読む

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.5

コロナ禍で殆どの映画が延期
自身ドラマを観る事多くなり
何気に楽しくて ネトフリドラマ
地上波ドラマ アニメ 本と
映画から離れたコロナ禍を過ごしていて
前回同様ネトフリ映画へ辿り着いていた

何だか
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.8

久々の映画

アニメ読書と最近公開が無い事で
映画欲が遠のいていて

良く出来た映画でした
設定が有りがちながら
どこからでもスピンオフがいけそうな

死なない もしくは 死ねない
だからそこの闘い方
>>続きを読む

リム・オブ・ザ・ワールド(2019年製作の映画)

3.5

軽い感じの映画が観たくて
SF的なね

アメリカ特有のサマーキャンプ的な
所に集まった個性的な3人と
居合すことになった1人で
エイリアンと戦うSFモノ

様々な映画を散りばめてあり

地球を救う為の
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.4

リィック・ベッソンでSFとなると
フィフスエレメントを思い出す
何となく期待しつつ

主役の2人も楽しみに観始めました

予想を超える作品でした
ありがちながらも斬新なオープニング

途中途中での名優
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.8

以前から気になっていたがタイミング悪く観る事が出来ずこのステイホームにあやかって
この時期に軟禁モノプリンセスを観ようと
近隣のレンタル屋さんではずっと借りられていて
金曜ロードショウでというので
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

3.7

かなりな感じのギュッと感
詰め込んだ感じは否めない
物語はよく出来ていた
展開が早い所が多々あり
キャラクターの説明が少なく
???なところも多く感じた

ギアスの駆け引き
ルルーシュの作戦?
ナイト
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.5

最近のコロナの影響で
ネトフリ率が多く久々
ドラマを観ていて オルタードカーボンが楽しくて それからのクローン映画だと多少厳しいとか

ウィルスミスvsウィルスミス
予告編で過ごしましょう興味は持った
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

映画館で予告観て

木村文乃と山本美月
僕の好きな2人じゃ観なきゃと

原作は未読でありながら
予告でかなり楽しみになってて

任侠映画にしては
綺麗どころの脇役の豪華な顔ぶれ

佐藤浩市は三谷幸喜の
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.3

漫画は連載からずっと読んでます
アニメは観たことなく
何故か映画館は2本目です

20周年の記念とかで
どんなだろうだったり
WANIMAの歌だったりと機会あれば
とりあえず観たいなーと

ある意味オ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

タイミングがいい意味で悪く
観る事に時間が掛かってしまった

世界的な12秒の停電後の世界
ビートルズ コカコーラが消失した世界
主人公だけがビートルズを憶えていて
それを新曲として発表する事で
変容
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.7

前に何方かは忘れたが2018のベストに選んでいる方がいていつかは観たいと思い
なかなか機会がなく今日になってしまった

トランスフォーマーシリーズは何気に好きで全て観ているので正直楽しみにしてました
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.7

恋愛→結婚

それを選ばすに仕事を選んだ結果の現実
地位もあるキビキビと働く富裕層な暮らし
しかし家庭も恋人も居ない生活

ある事をキッカケに結婚を選んだパラレルワールドに それが邦題の天使がくれた時
>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

3.4

起こり得る話
結構好きな系の映画
50年前のタイムカプセルに起因するお話
何処に話が決着するか
ドキドキしながらSFパニック的なワクワク感もありつつ 見方からすると救いもない様な感じもありつつ
何かわ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.4

ハリポタはとりあえず全部観てて
ファンタビ1も鑑賞
何か観るもの観たいものあったか?
と悩みながら何となく鑑賞

ザックリ観てもいられるし
掘りながら観るのも楽しめる
良い作品
映画自体が嘘をどう楽し
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

マリッジストーリーとの題名からの
離婚の話

訴訟の前に互いの良い所を書き綴り
互いに読み合う流れ

映画女優と舞台監督という少し稀有な組み合わせの夫婦

確かに主役の2人の演技は迫力があり
映画とし
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

明日アカデミーということで
とりあえず滑り込みで鑑賞を

楽しみにはしていたものの
2作連続韓国は厳しいと思いながらも

確かに皆さんが言う様に
様々な要素がテンコ盛りで
ジャンルもまた多様かつ
バラ
>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.5

まさかのカミさんのオススメで
久々の韓国ノワールモノを

重いエグイで
しっかりとした映画でした

1のプロローグから
5のエピローグまで

しっかりとギッシリと
良くある展開も飽きさせる事なく
観さ
>>続きを読む

ラスト・シャーマン(2016年製作の映画)

3.5

先日 息子からアヤワスカの話を聞き
ペルーやシャーマンにも興味があったので
ググるとここに辿り着き

一連の儀式の流れや
ジェームスを取り巻く環境
エリート家庭に生まれたなりの
期待や理想に押し潰され
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.8

年末から是非観てみたいと思ってた作品

予想通り 以上の出来だと
最近のアクションモノは時代なのか
ぶつからない 壊れない
轢かれない 血が出ない 死なない
なのが多く がしかし

しっかりとボロボロ
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.2

王様のブランチ観てて
気になり上映館見たら
近くの映画館でやっていたので
観て来ました

ラストレターからやはりラブレターを連想して あの感じを想像したりして

ただ福山雅治がどうかなな一抹な不安を抱
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

いい意味でも悪い意味でも
スターウォーズは大作だという事だ
そんな事を思った

スカイウォーカーの夜明け

レイとレンを取り巻く物語

ルーク レイア ハン.ソロ
の存在や印象がやはり強過ぎて
チュー
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.6

公開時に結構 観たいモノがあり
時期的にも気持ちが乗らなく
気になっていた映画

始まりのハリーポッター感
選ばれしものと選ばれはいもの
途中のグスグスな感じ
ヴィラン登場からのシリアスパート
クリス
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.8

自身の過去と向き合う
頑固なと言うか素直な爺さんの話

ホロコーストが軸となる話なので
重いながらも 映画ながら映像でなく
ほぼ爺さんの語り 悲惨さが語られ
何だか不思議な映画

爺さんの人物像自体不
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

2.5

全体的に無理が多いというか
正直映画自体が言っちゃえば
それはそうなんだけど 笑
それにしても雑な感じを凄く感じて

冒頭から 途中も 展開も
しっかりと終わりも

全てでキチンと え?な所が多く
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.0

前にもこんな設定の
こんな撮り方の映画みたな的な

何本か観た感じの記憶があったので
それを超える事を期待したり

映画の評価自体 自身の感覚なので
アイデア自体は斬新な感は薄く
お話の中身も後味があ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

綺麗で素晴らしい映画
全てが違う2人が旅に出る
互いが互いを補填?しつつ
8週間の旅の話

人は変われる
それをわからせてくれる
素晴らしいロードムービー

自己啓発的な名言も多く

品性 我慢 手紙
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

スパイダーマン自体は結構好きで
公開時近くの映画館で上映がなく
時間は大分経ったが自宅で鑑賞

映像の美しさ 音楽のグッドチョイス感
家族と仲間の大切さ
失敗する事の意味と大切さ

アメコミ感の表現の
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.6

評判がかなりの良くて
期待値も高まり楽しみに鑑賞
アーサーの感情を表現する様に
呼応する音楽は圧巻の一言に尽きる

本来心優しいアーサーもトゥレット症候群からくる笑い出してしまう疾患のせいで何かと世の
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.9

2の全くの続きから始まる
コンチネンタルホテル支配人から貰った1時間の猶予を使い逃げまくるジョンウィッグ
ガンフーカンフー入り乱れ
馬やら犬やらアクションの新しいカタチを見せつけられたり
主席連合の裁
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

いつもの映画館では上映がなく
車で30分位移動し上映館への手間で
観るのが遅れてしまった

二十数年前ビラピが好きで
渋谷の映画祭へ妻と行ったり
子供とファイトクラブ行って
ラストのアレに驚いたりと
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

劇画な感はなく漫画感満載
プレデターも手のつけれない
残酷で無敵感は薄く
戦える感じがあって
全体として楽しめたかな
時代なのか女子供を巻き込んでの
それこそファミリー感もあったり
まだまだこの体勢で
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

ここまで来ると流石としか
言いようがない

分かっているがの流れ

ある意味裏切らない展開

僕自身も歳を重ね
俳優とはいえ年上の彼には
頭が下がる思い

凄いの一言だな

女優陣のキャラとか
位置関
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.0

バス旅行の帰りのバスにて鑑賞

再鑑賞の感想としては
姉妹愛 家族愛の話としては
しっかり愛を語っているなーと

エルサとアナの周りの面子が
各々に愛とはを語り歌います

子供向けながら深い感じの愛語
>>続きを読む

>|