Mikoさんの映画レビュー・感想・評価

Miko

Miko

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.4

曲とジョントラヴォルタがつくる雰囲気がこの映画の全て。
ストーリー的には、有名な映画やのに、え、コレでいいの?こんなもんなん?って感じ。
見る甲斐はないけど、あの映画音楽のルーツを知れるって意味では価
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.6

ストーリー展開とか描写も、お笑い要素もコミックタッチな映画。
個人的には、コメディのアニメ映画ならシュレックとかシンプソンズ、ラグラッツの方が好みかな!

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

4.2

ザック、役にハマってた!
構成、演出、個人的には結構好き。
無駄がなかったし、見やすくて良かったな。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

スピルバーグ、こんな映画も作れちゃうのね。全く新しい今までにない作品!!
SFは得意ジャンルじゃないけど、アドベンチャー要素が強くて、そこが楽しかった!
いやぁ、あらすじとか予告編も観ずにみて欲しい。
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.2

ストーリーはシンプルやのにドラマがあって、メッセージもしっかり伝わってくる。それに芸術的にみても、衣装とかインテリア、役者も含めて、センスが効いてて洒落た映画になってる。この映画見たら、しょうみ映画っ>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

3.6

サンドラがスパイだから成立する任務。サンドラのいいコメディ要素がでてたと思う

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

3.4

オープニングの安っぽいMVが好き。でも、それ以外は王道の展開。期待以上でも以下でもない。

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.9

コンセプトがしっかりとしてて、無駄がなく、良い映画。題材はチェスやけど、子供と大人の関係性が丁寧に描かれてて、自分の幼少期と照らし合わせてみれた。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.9

ストーリーとかはあえて評価するほどでもないけど、子供たちの音楽センスの抜群さ、先生のプロデュース力がマッチしていくとワクワクする。とりあえずロックって最高!いくつになってもロックに生きたいよね!

ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き(2006年製作の映画)

3.4

喧嘩のシーン多いからうまく噛み合わんのがもどかしい。コメディの王道トップ2人ならもっともっと笑かしてほしい!

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.7

実話だなんて頭おかしい!もうこのビルがこの世には存在してないってことには劇中では触れられてないけど、本当にこのビルが存在してたことが今となっては悲しい。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.7

私の小中時代の心残りは子供っぽさ。大人ぶらずにもっと無邪気にはしゃいどけば良かった〜ってよく思う。
ジェイコブまじで見る度にキュートな名優になってる🥺
子供たちの青春ストーリーやのにparenting
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

3.0

どんどんおもろなくなる映画。
2時間40分はながすぎる。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.8

デッドいいよね。わたしもいつかぬいぐるみと友達になれる日が来ると信じたい笑

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.7

タイトルからイライラするの予想できるけど、意地悪な女子たちのやりとりにイライラ。でも、映画全体通して世界観がポップで可愛い。ティーンがみんな観る映画って感じ。

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.5

この作品好きって声結構聞くけど、なぜかわたしにはそこまで刺さらんねんな〜
なぜだろう。

Mank/マンク(2020年製作の映画)

3.6

世界観が良い。けど、登場人物が分かりにくいのと、政治の話が難しい…。うーんもうちょっと分かりやすくして〜

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(2004年製作の映画)

4.0

この作品でジェニファーガーナーを知って、素敵な女優さんやなって思った!
コメディっぽいけど、実は考えさせられる話やと思う!

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.9

マシューマコノヒーに魅せられる。渋くて静かに熱い映画ってイメージ。結構前の記憶やからもう一度見なきゃな。

JOY(2015年製作の映画)

3.6

ジェニファーローレンスだから終始安心してみれるけど、本編中そんなに気持ちが盛り上がらへんかも。

YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~(2021年製作の映画)

3.5

キャストは好き!題材自体もポジティブでいいと思う。ただ、あまりにも非現実的なコメディに走ってて、ちょっと置いてかれる!もっと日常生活に取り入れれるような形でYesデーを表現してほしかった!

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

4.0

個人的に好みの作品。
憧れのキャサリンゼタジョーンズが美しい。
あとニック役カッコいい。何にも捉われてなくて自由で紳士的、かつロマンチストな感じがもう理想すぎる。
最後あっさりしてるかなーとも思うけど
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.7

圧倒的に1作目の方が好み。ちょっと仮想現実感がいきすぎてて話に入り込みにくかったな。でもトムホランドは相変わらずキュートすぎて目の保養。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

ビル這いつくばるシーン、大好きです。
いつかこのグローブはめてみたいと何度憧れたことか。

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.0

シリーズの中で一番好きかも。序盤でガッツリ心掴まれて最後まで楽しませてくれる。

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.2

盛り上がるシーンってあった?映画館でつまらんなーと思いつつ過ごした記憶。

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

3.6

ハイスクールミュージカル、この映画でしか観てないから、個人的に沸くほどの盛り上がりはなかったけど、曲はいいよね。

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

3.4

まーみてもみんでもいい。めっちゃ笑えるわけでもないけど、俳優陣豪華に揃えてるから成り立ってる。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.6

シリーズ作品だからこそ楽しめる作品だと思う。007シリーズはこれまで観たことなくて、初めての鑑賞。自力のアクションってよりかは、SF的な要素もあって、割りと他力にも頼るんだって思っちゃった。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.4

4作目は詰め込みすぎ?なんかちょっとごちゃっててワクワク持続しなかった。

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.5

ジェイソンボーンは?!どこ?!どこ?!って探しまくった2時間。マット・デイモンロス。

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

エンドロール流れる最後の最後までワクワクする。正直ボーンシリーズは私の中でこれで完結。

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.0

躊躇いのない演出がやっぱりボーンシリーズのいいところ。前作に劣らず、大好きです。

>|