どど丼さんの映画レビュー・感想・評価

どど丼

どど丼

デュアル(2022年製作の映画)

3.0

カレン・ギラン(本体)VSカレン・ギラン(クローン)!! カオスな設定とオフビートな進行が癖になる一方、ダークで毒の効いた味わいも。ゆるく観れるけど、意外と骨のある不条理ブラコメ。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.4

レフンレトロスペクティヴにて、未鑑賞だったのでこの機会に鑑賞!

重厚で静謐な映像の中で人間の暗部と男の復讐劇を刺激的に描く、ヒューマンドラマもとい心理ドラマ、いやカーアクション映画? ドラスティッ
>>続きを読む

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.9

現在も絶賛運営中の「旦那デスノート」をモチーフに一流キャストスタッフが一本撮ってるだけで面白い。コメディドラマとしてよく出来ていて、共感性はかなり高いし、この手のテーマが増えたとはいえ、現代の結婚観に>>続きを読む

アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター(2022年製作の映画)

5.0

ついに、、ついに念願のアバ体験!!パソコンの小さい画面で"見た"時とは違う、全く別の映画を"観た"!!13年前の映画とは到底信じ難い映像革命、今観てもベスト級。続編のfps値どうなってんの!?!? 1>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.9

こういうのが観たかった任侠ノワールアクション! 複雑に絡み合う内部抗争ストーリー、まとめ方は呆気無いが、メインはスタイリッシュなヤクザ兄貴達の絆と断裂を魅せるブロマンスパートなんで大分満足。岡田ニキと>>続きを読む

ドライビング・バニー(2021年製作の映画)

3.5

娘を思う母親の行動はパワフルで破天荒、されど悲痛。物語のベースにあるのは、貧困や性暴力など現代社会に根を下ろす問題の数々。社会と対峙する主人公の"正義"の在り方は、観る人によって全く違うものに映るはず>>続きを読む

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

4.3

"愛"は人と人を結び付ける、人間の感情の中でも最も強い要素の一つだ。反面、歪で脆く、時には搾取の道具になり得る。だがそれはどんな形であれ、完全に忘れる事は難しく、人間にとって切っても切り離せないものだ>>続きを読む

ビースト(2022年製作の映画)

3.8

デンゼル・ワシントンVS百獣の王リアルライオン!!!!!!これが観たかったんだよ!!!!!!!! 「ジュラシック」シリーズに連なるようなパニックアクションとして秀逸だし、「NOPE」と連なるテーマ性な>>続きを読む

この子は邪悪(2022年製作の映画)

4.0

不気味なポスタービジュアルが印象的でずっと期待していた本作、めちゃめちゃ好みだった!

終始不穏な空気が張り詰めている映像が何よりサイコスリラーとしてのジャンル色をしっかりカバーしていて素晴らしい。
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

4.1

実に面白い!!!!! いつものガリレオらしい理系ミステリーなのは勿論、ヒューマンドラマ要素もあって面白い。超加速度的に二転三転していく終盤の展開に目が釘付け。北村一輝の演技が素晴らしい。オリジナルの3>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.7

地上波でやってたのでようやく観た。ダークホースコミックス全開な感じが良い。面白いけど、今の子供に見せたくないな、と思ってしまった。。映画の消費期限を感じる作品の一つだし、こういうのが心から楽しめた時代>>続きを読む

百花(2022年製作の映画)

3.5

心痛……。原田美枝子の演技に浸る。徹底的に劇場用に作られた画と音、素晴らしかった。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION(2022年製作の映画)

4.5

映画史でも有数の激エモ映画、久々に劇場で鑑賞できたこの喜び、全方位に共有したいありがとうありがとうソニピク……!!10分程度の程よい追加シーン、驚きよりは単純に嬉しい感じで、タイトル通り"MORE F>>続きを読む

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ(2022年製作の映画)

4.0

自分が中学生の時に大ブームだった二次元アイドルコンテンツ、これだけ二次元アイドルが増えても未だにファンに支えられて続いてくれてるのがもう感動だし、久々に推しに会えて嬉しくてエモくて最高で。うたプリは辛>>続きを読む

HiGH&LOW THE WORST X(2022年製作の映画)

5.0

最高すぎた。最高だ。最高。最高ですありがとうハイロー。

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

4.4

子供の冒険映画であり、究極の家族映画であり、シスターフッドでもあり……。リアルとファンタジーの垣根を自然に取り払った不可思議な話が、静謐な空間の中で人と人との劇的な関係性を描くセリーヌ・シアマの作風に>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

4.2

松井玲奈と中島歩が醸し出すミステリアスな空気感と繊細ながらも自然な演技が、静謐でフレアを多用した映像の中で存分に生きる。単なる恋愛映画に止まらない、アイデンティティの受容と葛藤を巡る物語としても非常に>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.0

ブラック企業の社員たちが、同じ1週間を繰り返す…。目先の仕事に追われて己を見失いがちな現代人の苦悩をタイムループ物に落とし込む発想が最高! 大人だってプライベートを大事にして良い、夢を見たって良い。>>続きを読む

DC がんばれ!スーパーペット(2022年製作の映画)

3.5

スーパーマンのペット・クリプト(CVロック様)たちが活躍するDCヒーロー映画。クリプトがカルエルと一緒にクリプトン星から来たって設定から面白いんだけど、とにかくペットたちがキュートで、王道3Dアニメだ>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.5

最高すぎる!!!!弾丸列車が舞台でコメディ・アクション・ヒューマンドラマを大仰に繰り広げられるのマジでリーチでしかないし、絶大な日本愛をぶつけた上で堂々とエセ日本を描いてくスタイルバチボコに刺さって満>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.1

さかなクンの半生を描いた作品という事でかなり期待して行ったら、良い意味で裏切られた。シリアスとコメディが混在するヒューマンドラマとして、虚実内混ぜの実話モノとしてとても面白い。時間経過と共に変化してい>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.5

ジョーダン・ピールらしい風刺色は勿論、IMAXカメラを駆使した超美麗映像をこんな劇映画で観られるとは思わず、軽くパニック笑。大好きだジョーダン・ピール……。

恋する惑星 4Kレストア版(1994年製作の映画)

4.5

ウォン・カーウァイ作品念願の劇場鑑賞! 独特の様式美やコマ落とし技法がスクリーン一杯に広がる感動、劇場がほぼ満席なのも頷ける。観客も老若男女様々で、タイムレスに楽しめる作風は大きな魅力だなとしみじみ感>>続きを読む

人質 韓国トップスター誘拐事件(2021年製作の映画)

3.7

ファン・ジョンミン(本人)、誘拐されるーー。韓国映画伝統のクライムアクション、ハイレベルな肉弾戦からカーチェイスまで幅広く網羅! 犯人たちの動機や人間性も垣間見え、ただ悪より救い…とは行かない構成が巧>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.5

憎悪、混沌、狂気、不信。人間と人間社会そのものの闇を詳らかにする、ぐうの音も出ない傑作だ。

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.9

周囲の無理解と誤った対応、「普通じゃない」と思う事で寄り添い切れない厳しさ。自然なアウティングを描いているのも良い。笠松将が上手い。

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

4.1

原作を読んだ時に覚えた心を抉り鷲掴みにされるような感覚が鮮烈に蘇り、再び胸に突き刺さる。繊細で、不器用で、愛おしくも切なく、悔しさすら覚える、究極の"ロマンス"を肌で感じた。あまりに見事な実写化、スク>>続きを読む

華麗なる晩餐(2008年製作の映画)

4.2

カルト色強めのヴィルヌーヴ短編。難解で色々な解釈が考えられそうだが、資本主義社会に生きる富裕層の豪奢な娯楽や生活を外食産業を基点に皮肉る…というトリッキーな発想、とてもドゥニ味を感じた。「プラットフォ>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

4.0

ヴィルヌーヴが時折カルト監督に名を連ねる所以がここに。単純そうに見えて難解だけど、リンチほどガチッとハマらない感じがモヤって良い。このモヤモヤ感が好きだ。

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

4.5

3年前の映画を今更上映……?と思ったのは杞憂、現代社会の生きづらさを女性視点で描いた傑作ヒューマンドラマだった。生理や出産、妊娠中絶、産後うつなど女性が直面する悩み・出来事から、同性愛や人種などダイバ>>続きを読む

スパークス・ブラザーズ(2021年製作の映画)

4.3

「アネット」で気になり続けていたスパークス、来日公演は行けなかったけど特別舞台挨拶付きにてついに目撃……!

神秘性の強い音楽スタイルとは裏腹に、彼らの素の顔が見られたのがとても良かった。エドガー・
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.4

重厚。ド直球宗教映画。ヴィルヌーヴ映画の空気感はミステリーと合う。この後味、強烈。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.9

ヴィルヌーヴが描く銃乱射事件。低予算ながらここまで胸糞悪く鋭いメッセージを残せる監督の力量、流石だ。色のない恐怖。

チェチェンへようこそ ーゲイの粛清ー(2020年製作の映画)

4.5

ロシア南部の小国家チェチェン共和国のLGBTQ迫害と亡命活動に関するドキュメンタリー。LGBTQの権利なんて日本ですらマトモに認められたモノではないが、もうレベルが違った……。なんてことだ。。

そも
>>続きを読む

THE RESCUE 奇跡を起こした者たち/ザ・レスキュー タイ洞窟救出の奇跡(2021年製作の映画)

4.3

2018年のタイ洞窟遭難事故での救出劇を、実際に救出にあたったダイバーたちが語るドキュメンタリー。こんなに大規模な救出活動だったとは、ニュースの報道じゃ全然知り得ず。色々な国のスペシャリストが協力し、>>続きを読む

TANG タング(2022年製作の映画)

3.4

可愛かった。ハッピーな話なのになぜかメンタル不安定になって茫然自失……。かまいたちときょもがベストアクト笑。

>|