どど丼さんの映画レビュー・感想・評価

どど丼

どど丼

ことの成り行き(2018年製作の映画)

3.5

EUフィルムデーズ2021より。スロヴェニア映画。更生施設に入れられたゲイ青年の顛末。話は置いといて主人公が鬼イケメンで驚愕。スロヴェニアが生んだ奇跡のイケメン。

LGBTQ、いじめ、SNS等若者を
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.2

敵の弱点が分かった以上前作ほどの衝撃はないながら、ホラー+戦闘メインで展開していくのは「エイリアン2」スタイル。アクションは最早二番煎じ感が拭えないだけに、この作品の良さは音に尽きる。ただ中身が余りに>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.7

元殺し屋の設定だから独自の世界観で面白い。またてちの新しい一面が見れた。

キャラクター(2021年製作の映画)

4.0

大衆向けでありながら目が離せない世界観とストーリー、何よりFukaseの圧倒的怪演と非常に良くできた作品。Fukaseがあまりにも凄まじかった。今後セカオワ見るのが怖い……。

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング(2019年製作の映画)

3.7

オーストラリア叛逆の英雄の激しい生涯! 社会に抑圧された少年期を描いた前半から、全ての怒りが溢れて決壊したかのような後半への展開がお見事。マッケイや名優陣の演技合戦! 現代の日本に通ずる部分もあり共感>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

リーアム・ニーソン以来の「キレる」 !

設定から面白すぎるんだけど、テンポ感や映像センスがズバ抜けて良く、本編も90分以下という手軽感。アクションがとにかく良い、冴えないおっさんを主役に置いてるはず
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.5

名優2人が織りなす恋愛映画。トゥッチの方が認知症で余命幾ばくもなく、2人の間に亀裂が……という話。哀しい運命に抗うかのように旅をする2人の細やかな日常やすれ違い、そして真実の愛が丁寧に紡がれています。>>続きを読む

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.5

「安楽死」を望む女性と彼女を見守る家族・友人のお話。かなりの豪華キャスト。舞台は安楽死が合法では無い州。基本的に一つの家だけで繰り広げられるため舞台劇っぽい感じ。起伏を持たせる為か後半で起こるとあるイ>>続きを読む

ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

3.5

テレンス・マリックが描く生命の創生譚……。初っ端の語り口から"Mother…"でマリックの安定感に笑う。マリックがやりたかったんだろうな〜って感じの作品。創生時の美しい地球と対比的に現代人の罪と業を描>>続きを読む

Wrath of Man(原題)(2021年製作の映画)

3.7

ステイサム×ガイリチ最新作! いつものドンパチステイサムでは無くノワール色強め、アクションは(あくまで)比較的弱め。たださすがのステイサム、激しいドンパチは無くとも復讐鬼としての感情の演技が恐ろしくス>>続きを読む

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.4

ぶっ飛んだシリーズ作品は数を追うごとにぶっ飛んでいく、というのは最早定石。今回もしっかり滾ってしまった。はじめに感じた迫力の割にはなんだか小粒感が否めない気がするが、それほど期待値の大きくないシリーズ>>続きを読む

映画 ギヴン(2020年製作の映画)

3.9

TVアニメ版の続編。TVアニメ版では焦点が当たりきらなかった春秋編、大学生同士だけあって少々ディープ。リアルかつ等身大、繊細でその実ピュアなストーリーがアニメーション媒体として丁寧に綴られていて、とて>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.7

文字通りのオシャレ映画。エマ・ストーンの魅力炸裂。アニメにも実写にも繋がるような前日譚になっていてよかった。とにかく美術や衣装がズバ抜けて良く、ワンシーン毎に止めて観たいほど(そういう意味では配信で観>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.7

ザック・スナイダーの原点回帰でもあり、新境地でもあり。かつては走るゾンビを乱用したスナイダー、今度は知能すら残る(?)ゾンビ軍隊! ノリが300のソレ、最早これはゾンビ物なのだろうか……。いつものダー>>続きを読む

イエスかノーか半分か(2020年製作の映画)

3.5

鼻濁音に萌える日が来るとは……。

超王道BL。阿部敦の受け役は完璧至極この上なし。アナウンサーとクレイアニメアーティストというなかなかの専門職カップルで面白い。サクッと見れたけど思いの外好みでした。
>>続きを読む

まるだせ金太狼(2020年製作の映画)

3.0

恥技・菊門アタック!!!!!

今まで見たBLアニメでズバ抜けて難解かつ明快、そしてエキセントリックと言わざるを得ない訳の分からない作品だった……。脳味噌が100%ち●ぽ成分で構成されているであろう原
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.3

あえて王道を往くアプローチ。走るゾンビは強すぎてキツい。群像劇に力を入れている点や力を入れたアクションシーンは好きだったが、ここ最近捻ったゾンビ物が増えているせいか王道が過ぎてあまり楽しめず。出産シー>>続きを読む

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- Wandering; Agateram(2020年製作の映画)

3.1

FGO2部前半ぐらいまではプレイしてました。キャメロットは第一部でも世界観がズバ抜けて好きなストーリーの一つ。予告編の作画が不安すぎて劇場鑑賞は見送ったんだけど、ちゃんと作画がTVアニメクオリティ(特>>続きを読む

憂国(1966年製作の映画)

3.8

THE 三島由紀夫。三島の考える皇国日本の風情と魂が大胆に描き出されたアーティスティックな30分。自分で主演したのが凄い。

ラバー・ジョニー(2005年製作の映画)

3.7

宇宙人ベイビーVSパピー(?) 製作者の狂気が弾けたような映像って何とも最高ですよね……。「遊星からの物体X」の100倍ぐらい怖い。とても好き。ルフィの成れの果て?笑

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.5

夫の不貞から始まる妻の復讐劇。漫画を効果的に使う演出は勿論、若手実力派キャストたちの濃すぎる演技に観入る。柄本佑さんの表情の演技がもう最高で……。一筋縄ではいかない展開で、最後まで楽しめました。>>続きを読む

死の影(2012年製作の映画)

3.7

一度死んだ男が、死者の影を撮り続けることで蘇生するチャンスを与えられる……という内容のお話。2012年のオスカーでノミネートされてるらしい。予想のつかない展開は勿論、ゴシック調の色味を持った独特の世界>>続きを読む

ファンドとリス(1967年製作の映画)

4.0

謎の理想郷"Tar"を目指す男女二人のイカれたロードムービー。ホドロフスキー御大の長編デビュー作。動物虐待等の描写は当時も当時なので目を瞑るとして、ここにホド爺の原点があったんだなと確認できる作品。案>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.9

ストーリー、カメラワーク、音楽、そして主演アーウィン・レダーの狂いに狂った狂演……。全てがそこはかとない「不安」を示すためにアンサンブル的に機能し、想像を絶する狂気を創り出している。主人公のリアルタイ>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.5

原作愛と映画愛が"90分"に凝縮された最高のモノづくり映画!映画制作の裏側、熱量溢れる人間ドラマ。原作の空気感が最大限にポップなアニメーションに落とし込まれていて、終始見応え存分。エンタメを愛する全て>>続きを読む

Keep the Lights On(原題)(2012年製作の映画)

3.6

綺麗なBLでもなく牧場が出てくる訳でもないリアルなゲイの恋愛映画。こういうのこそ届いて欲しいんだけど、なかなかハードルが高く、人も選ぶかも(実際日本に来てない……)。繊細で不安定、つかず離れず。ヤク中>>続きを読む

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async(2017年製作の映画)

4.3

坂本龍一御大のソロコンサート映像。「戦場のメリークリスマス」観たらね、観たくなるね。チケット倍率エグそう。究極の音楽…いや"芸術"体験。作業BGMで流し始めたけど、気づいたら映像にしか目がいってなかっ>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.8

最近まで今泉力哉監督の新作だと思ってた(キャストが)。なるほどそういうアプローチもあるのか!と感心させられる面白い青春映画でした。若葉竜也藤原季節はこういう独立系風の作品だとピカイチに輝きますね。ホモ>>続きを読む

あなたの不幸はわたしの幸せ(2017年製作の映画)

3.8

イタリア映画祭2021(無料で観れます)
http://www.asahi.com/italia/2021/online.html?cid=db_itlm_210514&spMailingID=445
>>続きを読む

フィオーリ、フィオーリ、フィオーリ!(2020年製作の映画)

2.8

イタリア映画祭2021(無料で観れます)
http://www.asahi.com/italia/2021/online.html?cid=db_itlm_210514&spMailingID=445
>>続きを読む

ショーン・メンデス: ライブ・イン・コンサート(2020年製作の映画)

4.5

よく知らないけどめちゃくちゃイケメンだし歌上手いし楽しいし曲エモいし最高すぎたこれが人類の頂点。

ショーンにガチ恋っぽい女性ファンたちの前で彼女と仲良くデュエットするのってアメリカ的にはアリなんでし
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

4.1

鮮やかで悲痛。日本側、アメリカ側それぞれの正義。ユニークで拘り抜かれた映像表現。ジャックとヨノイ大尉の理解し難く異様とも言える関係性を戦時思想の歪みから醸成していくという衝撃。

ただ映画館で腰を据え
>>続きを読む

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

3.8

ビリー・アイリッシュの密着ドキュメンタリー。こんなガッツリ密着していたとは。独特のダークな世界観でいつも怖いイメージがあったんだけど、かなり印象が変わった。友達や恋人、家族と過ごすのが好きな本当にごく>>続きを読む

Songs My Brothers Taught Me(原題)(2015年製作の映画)

4.2

大自然をバックに人間ドラマを描くクロエ・ジャオ全開の長編第1作。日本未上陸ですが、MUBIから期間限定で国内でも観られるので是非↓
https://mubi.com/films/songs-my-br
>>続きを読む

>|