Habiさんの映画レビュー・感想・評価

Habi

Habi

  • List view
  • Grid view

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

3.3

最後のグリーン院長とピーターソン看護師長の寄り添い優しさと暖かさに救いを感じた

V/H/S ネクストレベル(2013年製作の映画)

3.4

カルト集団はマジで怖かった

前作よりもバラエティー多くて観やすかった

V/H/S シンドローム(2013年製作の映画)

3.0

オムニバスなんだけど、なんだか最後まで長ーく感じた

ワナオトコ(2009年製作の映画)

3.7

アーキンのなんとなく自信のなさげで悲しそうな表情が不安感を増す

久しぶりに痛い痛いと思いながら観た映画

クレイジーズ(2010年製作の映画)

4.0

ゾンビに意思があるからこそ余計に怖い

妊婦さん8キロ歩いて、トラクターひっくり返っても大丈夫なんだろうか

ステイ・ホーム(2019年製作の映画)

3.0

てっきり、1900年半ばのお話かと思ったら、iPod出てくるし???となって、サイレンサーも良さげだし、どんどん迷路

最後であーびっくり😲と言うか、あー⤵︎⤵︎⤵︎
なんだかな〜

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~(2016年製作の映画)

3.2

1よりしっかり脅かしにきてる

悪魔に取り憑かれると仰け反り、天井走るは定番なのか?

アパートメント:143(2011年製作の映画)

3.0

思春期の女の子、ポルターガイスト
ありがちな設定

教授がドアを開けたときからわかってたと言ってたけど、私もわかっちゃってましたよ

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

陰鬱でオドロオドロしいストーリーだと思ってたけど、全く陰鬱さは無い。むしろコメディ色ありでスカッとする

風刺とか色々あるけど、そんなの飛び越えて楽しんで観た方がよいかも

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.0

新感染半島の後に観たから、ゾンビの動きが真逆すぎて

じいちゃん達が助かる速さなのに、それでも喰われてる人達ってなに?

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.8

ヒリヒリする陽射しの長閑な村の風景とは裏腹に、皆が闘うことに長けており肝が据わっているギャップ
過去にあった反逆も気になる記事

スポーツ感覚でシューティングしても、自分がシューティングされるのは死ぬ
>>続きを読む

グレーテル&ヘンゼル(2020年製作の映画)

2.2

ダークファンタジーにしては、哲学的すぎるような

もう少し分かりやすくても良いような

アングスト/不安(1983年製作の映画)

2.9

人質の拘束の仕方や死体の動かし方諸々が、予定不調和過ぎて、語りがぜんぜん入ってこなかった

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.5

寂寥感

幸せなマイホームを持つカップルにちょっと、違和感ある毎日が訪れてからの、ハッピーエンドだと思って観たら、
やられた

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

猪之助が上弦の両手切らなかったら、鬼死んでんじゃないの…って思ってる人たくさんいると思う。

煉獄さんカッコええよ、カッコええけどさ……。


心が捩れてる大人には、○死にしかみえんのよ

スカイライン −逆襲−(2020年製作の映画)

3.0

観てる自分が悪いんだけど、クローバフィールドとごちゃごちゃになって混乱。

SF題材なのになんか壮大感ないし、結局人間同士の争いでチマチマしております

-less [レス](2003年製作の映画)

3.0

死んだ身体の直接的な表現はないけれど、想像はしやすい

ホラー的に身籠った女性は特別だからなのか、助かるか狙われるかどちらかだな

スケアリー・アパートメント(2020年製作の映画)

2.9

途中まで良かったんだがな
なんだか終盤がかる〜くなってる

家族の背景の問題も棚上げされて、とっ散らかして、置いてけぼり感がある

ウィッシュ・ルーム(2019年製作の映画)

3.5

ケイトがさ、望まなきゃ…
身代わりもさ、命あるんじゃないの?

これだったら友達100人できるかも

テリファー(2016年製作の映画)

3.3

ピザ屋の店主の殺され方が1番ハロウィンらしかったな

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.1

生き造りで喰われるのは嫌だ
頼むから息の根止めてからにしてくだされ。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.8

高校1年生のわりにまだまだ幼くて悪ガキ感ありあり
最高に楽しかったです

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

3.0

悪意も殺意もなく、日常でヤバイ事しちゃったけど、親がなんとかしてくれた。けどなんとなくそれはいけない事のような気がするから警察に言ったってかんじ?

バーレスク(2019年製作の映画)

3.3

最後ママが赤いドレス着て車の運転してたの良かったな

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

4.5

約20年ぶりの再鑑賞
当時も奇想天外な話だと思ったけど今回も同じ。
醜悪な大人なんかになりたくない、子供視線の話だが、身体は成長をやめても心の成長まで辞めてるわけではないので段々とギャップに苦しむだろ
>>続きを読む

蝋人形の館(2005年製作の映画)

3.0

キャンプから蝋人形までの前半は少し助長だったけど、ニックとカーリー兄妹が協働してからは楽しませてもらいました

ザ・マミー(2017年製作の映画)

3.0

シャイネの虎のようなしなやかな動き、リーダーとしての覚悟が宿っている目に魅了

パラサイト(1998年製作の映画)

3.5

みんな若くってキラキラしてる
それだけで目の保養です

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

2.7

サイレントヒルの世界観もっともっと堪能したかった
闇が迫ってくる時のサイレンほしかったな
闇に包まれ建物が変形してクリーチャー達の宴もっとほしかったな

なんとなく残念

ラスト・ホリデイ(2006年製作の映画)

5.0

心が潤うコメディはいいね😊

赤いドレスを纏ったジョージア美しい。
ジョージアの言葉のセンスも素敵。
ジョージアの作る料理を食べてみたいな

>|