まめたさんの映画レビュー・感想・評価

まめた

まめた

映画(491)
ドラマ(35)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ロイヤル・セブンティーン(2003年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

家族&恋愛ドラマ。身分違いの恋愛と別れは超王道ストーリーでひねりは無いが、父親と娘の絆を構築する部分と自分の望みに忠実に生きるべきだというメッセージは良かったと思う。コメディが入る部分と父親と娘の関係>>続きを読む

帰らない日曜日(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

単なる恋の物語ではなくて登場人物それぞれに人生が感じられる話でよかった。華やかな金持ちの家族たちは戦争で息子を亡くしていてお茶会を開いて気分を紛らわす日々を過ごしていたり、主人公ジェーンやエマは恋人を>>続きを読む

シュレック2(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

フィオナの両親に受け入れらず悩むシュレック。人々に嫌われていることを知りながらわざわざフィオナの為に遠い遠い国まで行ったのに辛い。好きな人ができたら嫌なことを少々は受け入れて変わろうとするものなんだろ>>続きを読む

シュレック(2001年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

外見や先入観にとらわれず本質をみることで真の関係が築ける。子供向けのアニメではあるが大人にもささるメッセージだと思う。シュレックが人嫌いで孤独から立ち直るところと姫との出会いから愛までの展開は早すぎて>>続きを読む

さすらいの人 オスカー・ワイルド(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

同性愛が今では受け入れられているが、1900年頃は罪になる。時代が違うと全然物の見方が変わる。同性愛の人は当時は秘密に愛しあっていたんだろうな。オスカーワイルドはたまたま見つかって投獄されてしまったん>>続きを読む

エンパイア・オブ・ライト(2022年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

人間再生の物語。
主人公の女性は毒親育ちなのかな。過去に男性から受けた仕打ちで心に傷をおったんだろうな。過去が語られないので想像するしかない。主人公のなんとも言えない苦悶の表情から色々想像できる。心に
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これは隠れた名作だと思う。
天才編集者が作家の原稿を共同編集してベストセラーをつくる話。編集者と作家の仕事への熱意と友情が書かれていてとてもよかった。家庭をかえりみないほど夢中に仕事にのめり込めるとは
>>続きを読む

喜望峰の風に乗せて(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

財産と恥の為に命を落とさなくてもよかったのに。荒海や浸水で困難にあったり航海記録を捏造したりどうしたらいいのか分からなくなって困り果ているあたりまでは面白かった。コリン・ファースはお堅いジェントルマン>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

不思議な映画だった。
実際ニモは117歳まで歳をとったのなら道筋は一つしかないはず。パラレルワールドなのか過去の想像の産物なのかよく分からないまま終わった。時間が逆行するなら今までおこったことが全て元
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

過去にタイムスリップして神の目で2人の兵士を1日追って見ている感じ。戦争の臨場感と緊迫感が伝わる。長回し撮影に適した題材なんだろう。
戦争は何人が亡くなったと数字でみることがあるが犠牲になった兵士一人
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

話は1より面白い。時代を遡ったり現代に戻ったりすることで登場人物らの人生が見えた。振り返れば数十年なんてあっというまかな。色々あるけど今を楽しんだ方がいいという強いメッセージがある作品だった。
ドナの
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前半のブリジットとマークとのラブラブ描写とヒューグランドとのタイでの出会いの場面はちょっと長いと思った。少女漫画みたいであまり捻りがない。前半の弛みもブリジットジョーンズの猪突猛進で馬鹿で可愛いキャラ>>続きを読む

9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜(2009年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

人間が作りだしたAI搭載の機械が暴走し世界が滅んだ後の話。ヘンテコな工作人形のサバイバル。
ありがちな設定で面白くなかった。科学者の魂が分裂して人形に宿っていたところはよかったが、早い段階でわかってし
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

不思議の国のアリスのような話。
現実の退屈な生活から華やかな夢の生活へ。
ヘンテコな姉妹、サーカスの隣人、魔法の花畑、喋る猫。奇想天外な面白い別世界からさらにホラーに変わる。好みの作風だった。
思い通
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが面白くなかった。結果騙せてスッキリ終わるオチはよかったと思う。オチに至るまで話がダラダラとゆっくり進んで退屈した。ライオンが警備システムでキャメロンが得意技で助ける展開はあり得ないな。とん>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ABBAの音楽と踊りとストーリーがマッチしていて良かった。明るい気持ちになれる。
ドナの過去は全く褒められたものではない。でも20年間色々あったけど感情の赴くままに今を生きた方が幸せだろう。ストーリー
>>続きを読む

シャイン(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

コンクールで一番になって名声を得て褒め称えられることも良いが、それよりも大事なことは人に求められて楽しめることだな。芸術の本質だと思う。人生いろいろ。世の中には才能はあっても環境が悪い、運に恵まれない>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

セックス依存の兄と自殺未遂を繰り返す兄依存の妹。兄は妹を嫌がっているようで実は唯一の心の拠り所だったりして。2人は似た者同士にみえる。頭がハイになっている時は悩む必要がない。兄は孤独を埋めるためにドラ>>続きを読む

眠りの地(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

堅苦しく思われそうな企業裁判をジェイミーフォックスのハイテンションなキャラクターと陽気な音楽で盛り上げて見易くしてある。異常なハイテンションで薬物でもやってるのかと思うほど。不自然だったが万人受けさせ>>続きを読む

アビリティ 特殊能力を得た男(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

記憶喪失の善良な男は死刑囚だった。人間を再プログラムして世に送り出す実験をしていたという真相は面白いと思う。でも真相に至るまでのストーリーが単純で面白くはない。蛍光の刺青から名前を知り、インプラントの>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半30分、主人公らの悪行三昧は気分が悪くなる。後半は因果応報でよかったがありがちな展開ともいえる。結局主人公はもとの極悪人に戻ってしまったんだろうか。手におえない極悪人を世に放つことになるとは政府は>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

恋愛群像劇。イギリスの有名な俳優がたくさん出ている。一つ一つのエピソードにさく時間が少ないので恋愛描写が薄いのは仕方ないのかな。それぞれの愛の形があって良い話だったな。
浮気の話と結婚した人への片思い
>>続きを読む

パスワード:家(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

専門的な話で理解できないところもあったが、ネット社会の怖さを知ることができた。賢い専門家から見たらwifiから情報が筒抜けになっているとか、パスワードは簡単に見破られるから既存のパスワードから複雑なも>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

難しい。あまり会話がなく名前が呼ばれないから誰が誰か理解しないまま話だけが進んでいく。結局二重スパイがほとんどでコリン・ファースだけがスパイだったということなのか。ギラムは顔を見られても大丈夫だったの>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

大人になると想像力がなくなって子供の頃の純真さがなくなるとよくいうが純真さを無くさざるをえないのだろう。大人になり働きはじめると現実的になってお金を稼がないと生活できない。お金の心配をしなくてもいい、>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

王室に生まれるのも酷だな。生活に困らない財力は与えられるものの結婚の自由がないとか、人前に立つことが向いていないにもかかわらず国王に推されてならなくてはならないとか。金はあるが自由がない。境遇を受け入>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の女性が切り裂きゴーレムだった結末はよかった。彼女の人生が語られることで異常者ゴーレムになった経緯や動機もわかってくる。幼いころに汚いものを見すぎて精神的に壊れたのか、世の中に復讐していたんだろ>>続きを読む

83歳のやさしいスパイ(2020年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

スパイというよりセラピストみたいおじいさんだったな。老人ホームで暮らす人たちを観察する仕事を受けた一人の男性。入居者はそれぞれ皆孤独で生活の中に小さな楽しみを見つけようと毎日淡々と過ごしている感じだっ>>続きを読む

オペレーション・ミンスミート ーナチを欺いた死体-(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

戦で一番大事なのは情報なんだろうな。いかに敵を都合よく操ることができるか。操った後に戦法や武器の種類を考えて兵士に命令を下す。命令一つで兵士何万の命がかかっているから情報を操る、暴く仕事は大変重荷があ>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

難病ものはあまり好きではないがこの映画は良いと思う。子供にも治療の選択ができる、死を引き伸ばさない選択ができることがかかれていてよい。単に命を引き延ばして苦しみながら長生きするより死を受けいれて比較的>>続きを読む

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

普段は目に見えないが妖精は実在する。妖精の生態を観察した日記が敵の武器になるとは大大伯父スパイダーウィッグは予期せず大変なものを作ってしまったな。最初の30分あたりまでは面白かった。中盤からは盛り上が>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

有名な童話で有名な俳優を使っていてR指定だったらそこそこ面白いのかと期待したがよくなかった。
ヘンゼルとグレーテルが15年後魔女狩りハンターになっていた、母親が白い善良な魔女でグレーテルも魔女だったと
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シャイニングの40年後、45歳のダニーが主人公の話。終盤に生霊を死霊に退治させる為に展望ホテルに戻る展開だけはとてもよかったと思う。前作の幽霊やお父さんの幽霊がホテルにとりついたままで怖かった。

>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

1980年当時は斬新なホラー映画だったんだろうな。
仕方のないことだが2024の今見るとありふれたものに感じてしまう。

幽霊ホテルの管理人になった男が過去の亡霊にとりつかれて気が狂い殺人鬼と化す。管
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

長年のパートナーが認知症になってからしばらくして。旅行に出てお互いの本音を知ることになるとはな。まだ比較的症状が軽いから話し合いができるんだろうな。コミュニケーションがとれていなかったり症状が重くなっ>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が極端に少ないのでどうしても序盤で夫ベンがあやしいと思う。犯人にコリン・ファースを使うところがポイントなのかな。善人役の多いコリン・ファースだから意外性を狙って犯人だろうか、でもコリン・ファー>>続きを読む

>|