ももくりさんの映画レビュー・感想・評価

ももくり

ももくり

映画(269)
ドラマ(43)
  • List view
  • Grid view

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

2.5

曲は良い。でもクイーンを知らないとよく分からなくてもやもやした。

王様と私(1956年製作の映画)

3.4

渡辺謙がやっていたので気になって。製作年当時アジアを舞台に西洋と融合させるのはかなり刺激的だったのではないか。シャム版アンクル・トムのミュージカルも面白かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

最後まで見たらすごく面白かった。お腹抱えて笑いながら映画みたの久しぶり。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.0

トレイラーの時からずっと気になっていた作品。とてもじゃないけど映画館では観れなかったと思う。黒人差別というテーマの裏に何があるのか。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

ゴジラというか政治や国にフォーカスしていて意外な感じだった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.0

犯罪の中に垣間見える限りなく真実に近い愛なのか。難しい。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.0

たった1人と見えない強敵で話が進んでいく。イラクという舞台で何を伝えたかったのか。

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.2

もどかしい場面がいっぱい笑
原作は絵が可愛いが本作もうまく出来ていたと思う。
Snowy可愛い!

ターミナル(2004年製作の映画)

3.6

クラコウジア。
主人公が大切にしているものと、人間の温かみにぐっとくる。

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

プーさんが生まれた裏側に作者の戦争への思いと息子との悲しい事実が隠されていたなんて。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

説明があまりないので予備知識がないと難しいかも。民間船が現れた時にガラッと変わった音響が好きだった。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

2.6

ブラックユーモア。途中で何が何だかよく分からなくなったが、人間味が強い。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

こういう純愛ストーリーは本当にすき。涙が止まらない。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

3.0

最近の映画だと思っていた。ピアノの発表会を思い出す。

127時間(2010年製作の映画)

3.0

自分が極限に追い詰められたらどんな判断をするんだろう。普段からの自分の行動を見直すきっかけにもなった。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.2

All is well.長くて途中だらけたが、笑いあり涙ありで好き。インド映画面白い。

>|