mashakoさんの映画レビュー・感想・評価

mashako

mashako

  • List view
  • Grid view

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この映画の内容がまったく理解できなかったので・・・。
特に白い服の女が出てきた頃から、でもなんとなく面白かった。

ナ・ホンジン監督談:“よそ者”を日本人にしたことについて、ひとつは新約聖書の影響を大
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

Mein Blind Date mit dem Leben(原題)直訳すると「私の人生との盲目デート」(Google先生)

自分の人生とブラインドデートって。通常の5%の視力しかなくても、100%、
>>続きを読む

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

-

誰も悪くない。けど、なぜ実写化しようとしたのか?
"VAMOS"が頭から離れないよ〜😂

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

-

原作にあるのかな?

虎に頭を咥えられられながら、落ちていくシーン。モグラの菊川玲二の涙がちょちょぎれているところと、虎が耐えきれずに落ちていくところの虎さんの目からも涙がちょちょぎれているところが好
>>続きを読む

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

-

漫画原作。漫画未読なので、どのあたりが原作どおりなのかわからないけど。クレイジーパピヨンはいい男だ。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ジェイク・ギレンホールが出演していたから観ました。(じゃなきゃ、途中で見るのやめるレベル)

オープニングシーンの太った裸婦像に度肝を抜かれますが、そこ以外は静か。
元妻は現代アート。元夫は純文学(?
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

-

Jack, I swear・・・「永遠に一緒だよ」(字幕)・・・なんか違うなぁ。
でも、いい映画だった。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

制作時では近未来の2021年〜2022年の物語。
「社会奉仕プログラム法」が制定され、多額の奨学金の返済に難渋する学生が在学中(?)卒後(?)自衛隊や介護施設で一定期間働くと減額される仕組み。それが任
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

-

何がおもしろいのかわからなかった。
原題「bombshell」は秀逸。bombshellが爆弾と魅力的な女性(教科書的な言い回しだと?だが、俗語頭になれば、なんか意味わかる)

おいしい家族(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

橙花(松本穂香)の気持ち。

「父さんが母さんになったら、父さんはどこに行くの。母さんがいなくなって、父さんまでいなくなったら、私はどこに行けばいいの。」

「母さんの格好をしてもいい、結婚してもいい
>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

兼重淳監督、どした?「泣くな赤鬼」で、どうしようもなく泣いたのに、今作は内容がないよう。

主人公・井ノ原快彦が所属するバンドのメンバー役としてKREVA。
これは、好きな音楽のジャンルによるとこが大
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

週末に観た邦画では1番かな?
原作も読んでないし、予告編も観てないし、何の前情報もなく。

美紗子(吉高由里子)の妊娠が発覚したところぐらいで、なんとなく分かっっちゃったけど。・・・ここ迄が最高に面白
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

-

三谷幸喜っぽいなと思ったら、三谷幸喜作品。・・・予備知識入れなさすぎ自分

ディーン・フジオカ(首相秘書官)イケボで好演です。
田中圭(警察官からSPへ)動きが”おっさんずラブ”の”はるたん”です。懐
>>続きを読む

嘘八百 京町ロワイヤル(2019年製作の映画)

-

2021.10.30鑑賞。まさに鑑賞中に佐々木蔵之介結婚ニュースが・・・

だからっていう訳ではないけど、1作目の方が面白かったかな。
作中では、友近さんと夫婦役。ちょっと尻に敷かれてる感じは、夫婦と
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「インファナル・アフェア」香港映画のリメイク。

「I'm Shipping Up to Boston」がいい!

レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンが最高にいい!
ディカプリオ作品は『タイタ
>>続きを読む

丑三つの村(1983年製作の映画)

-

古尾谷雅人

何故これを観たのか・・・見放題期限が終わりそうでレコメンされてたから。

「八つ墓村」とごっちゃになってた

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

階段島の住人たちは自分自身がなくした何かを見つけることで島から消えて元の世界へと戻る。なくしたものとは、現実世界の自分がいらないと判断した自分自身の人格。

島の美しい景色(青)が印象に残る映画。
>>続きを読む

映画 少年たち(2019年製作の映画)

-

ジャニーズJr.ゾッコンLOVE。な映画(2021年11月12日なにわ男子もデビュー🎉)

自担はKing&Princeっす!

菊とギロチン(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こういうの読まないとこの映画の意味わかんねーよ。
『ギロチン社リーダーの中濱鐵と古田大次郎を中心にして、仲間達との友情を描く青春映画みたいなものが出来ないか?とずっと思っていた。でもギロチン社は最終的
>>続きを読む

しあわせのかおり(2008年製作の映画)

-

なんやかんやで、トマトの卵炒めにもっていかれました。
2008年に田中圭が金沢の大野のあの場所に来てたんだなぁって、そればっかし思う映画でした!

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なくなっていくいくものへの郷愁。からの再生。

再開発のため銭湯の閉店を余儀なくされる。それまでの交渉も虚しく、銭湯を含む商店街はなくなってしまう。その後の彼は・・・タワーマンションの住人となるが、職
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

面白いかそうでないかと言ったら、面白い方。

・・・続編はいらないかなと思うけど、ありなのね。

”007”引退後のダニエル・クレイグには、ちょうど良い役かも。2作目も当たれば、シリーズ化すればいいと
>>続きを読む

>|