maverickさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

maverick

maverick

幅広く映画は観ます。女性向けやアニメ、特撮も。でもホラーだけは苦手です…。
基本はアドレナリン全快なポップコーンムービーが1番好き。アメコミヒーロー映画や007シリーズの大ファンです!
自称映画好き。映画は人生をより豊かにしてくれる。色んな考え方や生き方が人それぞれあるように、映画作品の感想も十人十色だと思います。この人は こんな価値観を持ってるんだなと思って参考にしていただけたら幸いです。

映画(2491)
ドラマ(0)

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.8

爽快でいて、結構骨太な良質アクション映画。イドリス・エルバが良かった。バディムービーはいろいろあるが、本作のコンビも凸凹さが面白い。タイトル通りのフランスを舞台にした疾走映画!続編も作ってほしいな。

ライフ(2017年製作の映画)

4.1

ラストで結構評価が分かれるかな。全体的にも予想通りと思わせて意外な展開に度々驚く。SFホラーで、『エイリアン』によく似た展開でとにかく怖い。ビビりな自分はびくびくしながら鑑賞した。でも面白いと思えたの>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.3

ブリー・ラーソン含め、魅力的なキャストの掛け合いは絵になる。そこが本作のウリであり、それ以上でもそれ以下でもなかった。ぶっちゃけ中身はない。銃で撃ち合うアクション映画が好きな人でもさすがに退屈するかと>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

予告観た限りだと、痛いティーンの女の子の行動に笑ってしまうお気楽コメディ映画って感じだけど、かなり感動的で泣けたので驚いた。基本は前述したお気楽コメディで重苦しくもなく楽しく軽快なんだけど、主人公の成>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

グレイテスト・ショーマン。そのタイトルに相応しい素晴らしい作品。エンターテイメント性が抜群であり、それでいて中身もしっかりとした映画として非常に質が高い。ミュージカル映画だが土台は人間ドラマ。要所要所>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.3

シリーズを締めくくるにふさわしい出来映え。最終決戦感が半端ない。綺麗に『ロードオブザリング』への橋渡しもされていて非常に見応えあった。ビルボ・バギンズの冒険もこれで見納めになる。最後はじーんときてしま>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

愛犬家でなくとも感涙間違いなし!犬と人間には密接な関係性があるのだなと改めて思わせられる。本作の物語は犬目線で語られ、そして何度も転生する犬の人生(犬生)で描かれている。ファンタジーな設定だけど実際そ>>続きを読む

少女が大人に変わる夏(2013年製作の映画)

3.9

10代の青春あるあるもの。こうした体験を通して大人になってゆく。痛々しい行動の数々も思い返してみれば、自分にも心当たりあるかも…。ってなる。軽い感じの青春映画かと思いきや結構良質な素敵な映画。ダコタ・>>続きを読む

マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡(2006年製作の映画)

3.9

キャストに引かれての鑑賞で予想通りの感動作だったが、実際にあった衝撃的な事故のことは本作で初めて知った。仲間を失った悲しみからチームを建て直し、見事勝利した感動のドラマは現実に多くの人に勇気と感動を与>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.8

わくわくするようなSF描写に満ちている。映像も綺麗だし、3Dとかで観ると本当に凄いだろうし興奮するだろうな。ディズニーらしい夢と希望と冒険が詰まっていて、子供にはたまらないだろう。もちろん大人にも。た>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.6

珠玉の感動作といって過言ではない。メインキャスト2人のファンだし、感動作と銘打ったキャッチコピーに期待度はかなり高かったが予想以上に素晴らしかった。本作のテーマは『愛』。他者を思いやる深い深い愛だ。2>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

3.4

話の題材には強く惹かれた。実際に起こってしまった航空機事故もこのような悲しい物語があったのかもしれないなと思わせる内容に胸が痛む。主人公の被害者側にも、加害者とされる側にも、そしてその家族にも、それぞ>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.7

監督がこだわり抜いて作ったのが観ていて伝わる。ロードオブザリングという世界観をさらに深める傑作だ。今作ではエルフ族との関りが濃厚に描かれており、オーランド・ブルームのレゴラスが好きな人にはたまらない内>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.7

限られた状況の中での物語。『ソウ』、『127時間』、『フォーン・ブース』等が挙げられるが、こちらは戦場で一人孤立した兵士の物語。壁一枚隔てた向こう側からいつ狙われるか分からない恐怖を主人公と共感するこ>>続きを読む

私を忘れないで(2014年製作の映画)

3.6

主演がチョン・ウソンで記憶喪失系なラブストーリーなので『私の頭の中の消しゴム』を連想させる。主人公は何故記憶を失ったのかがやがて明らかになるが、その過程がミステリアスで見入った。普通のラブストーリーと>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督は『ブレードランナー』の続編としての色味を出すことに注力したのだと思う。いちSF映画としてはそれほど突出したものはなく、旧作ほどの衝撃もないと感じた。が、このシリーズの続編とし>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

SF映画の金字塔。新作を観るがために遅ればせながら鑑賞した。とにかく凄いのは今観てもSF描写には圧倒させられるということ。世界観と映像美は現代でも並ぶものがないくらいのレベルである。それと同時に80年>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

3.6

総集編+新規カットの最近お決まりの手法のアニメ劇場版作品。しかしなかなかのクオリティの高さで文句なし。テレビシリーズで完成された面白さであったが、それを再構築した作り様は見事で、単なる総集編ではないの>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

女性版『ジョン・ウィック』と思っていたが、あちらに比べるとだいぶ雰囲気は違う。こちらの方がよりポップな感じ。とはいえ、アクション描写は素晴らしい。演出も秀逸だし見応えあった。凄腕のスパイだが、女が屈強>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.2

鑑賞し始めて10数分後、後悔することに。怖い、とにかく怖い!地雷を解除する描写が恐ろしすぎる。ミスをすれば体がふっ飛ぶ。そのいつ爆発するか分からない緊張感は圧倒的だった。でも本作は本当に美しい良い映画>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.4

パイレーツオブカリビアン復活!素直に嬉しいが、内容はというと…。人気シリーズだけに続編があの手この手で作られてる感は否めない。冒頭こそわくわくするが、あとはドタバタ劇が最後まで続く。シリーズ通してこん>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

4.1

自分が観て感じたのはユフィとスザクの話が本作の核になっているなと。元のテレビ版でも魅力あるキャラクターであったユフィをさらに魅力的に描いてあり、彼女をさらに好きになることが出来る。そのユフィを大切に想>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.8

『シビルウォー』に出てきたブラックパンサーというヒーローを深い物語で描いたこの監督の手腕は見事というほかない。ヒーロー映画というのを忘れず、マーベルの世界観を大事にしつつ、そこに政治的、文化的な要素を>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

作品の本質は単なる猫萌え映画ではない。もちろんボブは愛らしい猫でそこには癒されまくりだが、苦しい現実や辛い日々から脱却出来ずにいる多くの現代人に元気と自分も変わろうと思える力を与えてくれる映画だ。おと>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウ共演でコメディという時点ですでに意外性があってワクワクする。この2人が組んでただのドタバタコメディであるはずもなく、しっかり作ってあって面白かった。演技派2人が軽>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.9

評価も散々で興業成績もイマイチ。ダークユニバース第一段にしてすでにプロジェクトの危機。そんな情報を聞かされまくって覚悟して観たが、あれ?面白かったんですが…。結構ホラーと聞いていたけど、ビビリな自分で>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

前々から気になっていた映画。高評価に違わぬ素敵な作品だった。世間一般の当たり前の常識、TPO、普通に生きる。そういったことに囚われがちな現代社会に疑問を投げかける。主人公の生き方が正しいわけでもないが>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

いやぁ面白い!!ブッ飛んだ作品性が素晴らしい。設定だけだとよくあるゾンビものを列車の中でやっただけかなと思いきや、あるあるな設定を次々と打ち破ってくる衝撃がある。パニックホラーだけにとどまらず、ドラマ>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.2

マイケル・キートンの怪演が光る。マクドナルド創業者の如何にして成功の階段を駆け上がったかの物語。ドラマとして非常に見やすくて面白かった。幸せの価値観は人それぞれ。彼はマクドナルドと出会わなくても平凡な>>続きを読む

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

4.6

韓国映画にまたやられた!パッケージ見て面白味を感じて衝動借りしたが、圧倒された。韓国版『ジェイソン・ボーン』の表現がぴったりかと。はっきり言って設定や演出は凄く似せてる。絶対意識しているでしょう。でも>>続きを読む

オン・ザ・ロード(2012年製作の映画)

3.8

正直言って作品終盤まで大して面白味を感じなかった。若者の若さ故の退廃的な行動を正当化するような作風だが、どうにも良さを感じない。こりゃハズレかなと思いきやラストの下りで全て持っていかれた。凄い良い映画>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

独特な作品性が美麗なアニメーションと共に描かれている。『君の名は』の前から新海誠は既にこうした天才的な才能を発揮していたのだなと思い知る。とにかくピュアな作品。こういう甘酸っぱい感覚が誰しもあったので>>続きを読む

ハンズ・オブ・ストーン(2016年製作の映画)

3.7

かつて『レイジング・ブル』でボクサーを演じたデ・ニーロがセコンド役というだけで観たいと思わせる映画。ボクシング映画の良さは名セコンドありきと言っても過言ではない。本作もしかりだった。ただ鑑賞して意外に>>続きを読む

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

3.7

ダニエル・デイ=ルイス観たさに鑑賞。半年間役と同じような生活をしていたというのだから凄い。なんの違和感も感じない正にモヒカン族そのものと言わしめる凄まじさだった。インディアンについてそこまで深く知らな>>続きを読む

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.4

アクション映画好きとしては、まぁ楽しめた。骨太なアクションで結構見所はある。アクションの見せ方は上手い。問題はアクション以外が薄い点。特にストーリーは深みがないし、よくあるB級映画の展開でしかない。そ>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

本国アメリカではあの『ラ・ラ・ランド』越えの大ヒット。全米レビューサイトでも高評価。これだけでこの映画がどれだけ良い映画かうかがえるが、見事なまでに上質のヒューマンドラマだった。今日の宇宙開発の成功の>>続きを読む