量産型女子大生の映画記録さんの映画レビュー・感想・評価

量産型女子大生の映画記録

量産型女子大生の映画記録

2日に1本を目標
☆1.0〜1.9 駄作
☆2.0〜2.9 まあまあ
☆3.0〜3.9 普通
☆4.0〜4.5 素晴らしい
☆4.6〜5.0 文句なし最高

映画(247)
ドラマ(0)

戦場のメロディ(2016年製作の映画)

4.1

以前見た映画に出ていて最高の演技をしていたイムシワンさん目的で鑑賞

今日の恋愛(2014年製作の映画)

3.5

韓国語の勉強で見るつもりがふつうに見てしまった

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.2

すごすぎる、これ大丈夫なのかって思うくらいまあまあ映されてる。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.3

いつもみたいにスラスラと簡単にかけない
くらいやばかった

全てが生々しく描かれていて、
最後まで、ドキュメンタリー?と思わせられた
若者に向けたメッセージとして、映像もかっこよく作られていて、こりゃ
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.5

青春ものが観たくなって鑑賞
ところどころ無理やり感があったり、間が不自然な気がしたり、ラスト土屋太鳳さんが鳥のように飛んでいたところで おお??となってしまったけど、楽しんで観れた

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.1

純粋に よかった
母と娘、夢、音楽の三点セットが人ごととは思えなくてズドーンときた
心折れそうになってる今観てよかった

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.6

最高にたまらない!!!
セットもセリフも内容も全部美しい。
セリフに、余計なところはカットする って出てくるけど、この作品自体も伝えなきゃいけないことだけを伝えて、退屈しない。個人的にタイプライター使
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.0

とってもよかった、
ヴィクトールが女の子に悩む姿が、いちいち大人で本気で恋しそうになるほどイケメンだった。純粋に好きでいられる感じとても懐かしい、、
ハイライトはマリーの通学カバンが私が持ってるやつと
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.6

長いと思ってしまったけど、

もう今後はこういう作品が生まれることはないんじゃないかなと思った

ポルト(2016年製作の映画)

3.5

傘が可愛かった
街並みが綺麗だった
ポルトの街と男女二人の愛が美しかった
寝てしまったけどそれぞれの時系列で語られるから内容把握できた。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

タイトルを聞く限り若者の悪ノリ青春臭がしたのでそう思ってみたら全然違った!正直ぶっ飛びすぎてSFなのかもよくわからぬ。つまり内容通り、パンク なんだろうけど。それもそれでよかったけど。

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

今更ながら鑑賞。パターン化された日々を送っている。が、決してその一日一日は同じではなく。特別な生活を送っているわけではないが、「人間らしい」日常の中に出来事があることがとても魅力的だと思えた。映画も日>>続きを読む

サマードレス(1996年製作の映画)

3.1

フランス映画っぽい起承転結がないやつ
ちゃらい

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

4.1

睡眠不足の中観てしまったせいで、
途中がすっぽり抜けてる。
自分の音楽を守り信じ続けているジャンゴ、かっこいい。誰になんと言われようと、命が危険にさらされても。

っていう漠然とした感想しか言えない。
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.5

無駄なこと考えずに、ただただ感動した。ここまでファンタジーだと全てを受け入れて素直に観れる。愛し合う二人のカタチがなんとも美しい。そしてエンディングの宇多田様の歌声に「キター!!」と、自分が高揚してい>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.4

夢がある
15年以上も前からこの時代を予想してたことがすごい。つまり世の中はなるようになるということだと思った。人も。

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.4

最高!!!
でも吹き替えで見てしまってところどころさめてしまった

そろそろ音楽をやめようと思う(2017年製作の映画)

3.8

下北いいわ
やっぱり歌うっていいわ
先とか考えずにいまやるわ

って思える映画

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.5

大学の授業で扱っているため鑑賞。
ニューシネマ初鑑賞

ソウル・イン(2017年製作の映画)

2.8

とにかく映像美。ワンシーンずつこだわりがあって、現実離れしているがそれでも美しい。監督は熊本で絵とデザインの勉強をしていたらしい、なるほど。

>|