mementoさんの映画レビュー・感想・評価

memento

memento

好きな映画、感動した映画ほどレビューって書きづらい。
感動したとかいいながらすぐに内容を忘れてしまうので、ほぼ『自分が思い出すため』のレビュー。

映画(1201)
ドラマ(0)

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.2

黒っぽいネクタイなんかするから勘違いしちゃうよ、もうー。
年金問題はどこの国も深刻!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

イーサン、どうせ死なないんだしー。と、思っていてもやっぱり楽しみで観ちゃうし、ハラハラ、ドキドキ面白い!

「2Dで見てた!」ベンジーの小ネタで笑わせながら、元奥さんへの深い愛情では泣かされる。

>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

3.8

岩井俊二監督の映画はいつも映像がキレイでやさしい音楽が流れてる。

友だちにも、気になる男の子にも、親にも、胸の中にはいろんな思いがあるのに、素直にそれを出せない若い頃。
うまく本音を言えない、高校生
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.8

松田龍平版「散歩する侵略者」で笑ってしまったので、怖いバージョンのこちらも再視聴。

ほとんど音楽らしきものがなく、まるで日常生活を見ているよう。知らない間に「侵略」が自分のすぐ近くまできているような
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

2.2

永瀬正敏はやっぱりすごいな。
映像もキレイだし。
だけど…

セリフが思春期のポエム風で落ち着いて見てられなかったし、
顔のアップ多すぎで、特に美佐子がアップになると何度も「あ、今、そういう【表情】を
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.2

以前観た「予兆 散歩する侵略者」は全編に流れる不穏なムードにいったい何が起こっているんだろう!?と、引き込まれたが、こっちの「散歩する侵略者」は、終始お笑いムード。
長谷川博己の声が高すぎるせいなのか
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.1

地上の接近戦がリアルでこわい!
やっぱり戦争って殺し合いなんだって改めて思い知る。

ドスは銃を持たないって信念を貫くけど、結局は銃を持ってる兵士の助けをしているし、ドスが撃たれそうな時は仲間が代わり
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

「私が彼を変えたんじゃない。彼が私を変えてくれてたの」
そんな風に考えられるママがすごい!

そしてママはもちろん、パパも子供たちも足並みが揃っている家族だからこそのハッピーエンド。

どんな問題もテ
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

2.8

欲張りすぎると何もかも失っちゃうよね。

軌道修正できるポイントは何度かあったのに、全て間違った方向に行っちゃった。

イザベルが夫に怒るポイントも「え?そこ?」だし。
嵐の夜に一人にされた時に、怒れ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.2

前作観てないし、ネタバレ怖いので予備知識なしで観たが、分かりやすかった。

163分て長過ぎだろ?と、思ってたのにあっという間に終わった。

少ない台詞も間の取り方も好み。
ライアン・ゴズリングの無言
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.4

怪物、ささやいてない。ペプシのCMかと。

シガニーウィバーじいちゃん化。
アニメーションとってもきれい。

「(本当は死んじゃうんじゃないの?)ママ、僕には本当のこと言ってね!」…怖いよ。
心が広く
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.6

殺す理由なんか、もうほぼどうでもよく、殺しのシーンが延々と続く。
しかし、何をされても絶対死なないジョン・ウィック。もはやコメディ?

耳に鉛筆で死亡!は、ちょっといやだ。
犬に名前つけてあげないと、
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.0

相手の攻撃をかわすとかじゃなく、撃たれても、殴られても、刺されても、何回車にはねとばされても、ジョン・ウィックは死ななーい!

2代目のわんこ、なんで違う犬種選ぶ?初代デイジー、好みじゃなかったのか?
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

-

「あなたはあなたの関係者ですか?」のフレーズは、何年たっても忘れられない。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

メキシコ、怖いよメキシコ!

ホラー映画の惨殺死体と違って、出てくる死体がリアル。リアルで死体なんて見たことないんだけども。

ケイトの正義とCIAの正義。相容れないそれぞれの正義がある。
そして自分
>>続きを読む

レミニセンティア(2016年製作の映画)

1.8

序盤でバレバレの演出あり。
結局「やっぱりそうなんだー」という終わり。いや、序盤だけでなく随所に、だな。

こういうオチでも全然いいんだけど、『最後に』えっ!?うそーんと思わせてほしい。

映像キレイ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

ずっと会ってなかった父が亡くなって、三姉妹が腹違いの四女を引き取り、サッカーの応援したり、ご飯食べたり、失恋したり、梅を漬けたりしながら、ああ、やっぱり姉妹なのねーと感じるお話。

ベタベタした家族の
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

過去と現在を自由自在にピンポイントで行ったり来たりできちゃう彼が、1回切りの日常こそが大切と気付くお話。

ガンバレ!とかハラハラ感とかなくて「ハイハイ、またやり直すんでしょ」って思ってしまい、最後ま
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

グレタの最後まで芯の通った生き方、サイコー。
そして音楽って、やっぱりいいな。

音楽を通してわかりあえたグレタとダンが、お手軽にくっつかなかったのもよかった。
恋に似てるけど、たぶんそうじゃ
>>続きを読む

君はひとりじゃない(2015年製作の映画)

3.0

母親が亡くなって残された娘と父親って、わりとこんな感じも多いのかも。
それまで3人家族だったのに、今は1人と1人のふたり暮らし。

亡くなった人がすぐ横にいると思って落ち着くなら、いると思えばいい。
>>続きを読む

白い帽子の女(2015年製作の映画)

1.0

「キレイなアタシを見せちゃる!」系映画だったけど、痩せすぎのアンジー、ちっともキレイじゃない。
眠気との戦い。

オチは、まさかソレじゃないよね?っていうソレだったし。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.2

「あなたには幸せになってほしいの。でも私1人では無理だと思って」
「え?そうだったの?僕はママがいれば大丈夫」
イエーイ。
でも、現実はこんなに単純じゃない。
なんにしてもこんな過干渉な親子関係、自分
>>続きを読む

ザ・インターセクションズ(2016年製作の映画)

3.4

将来は弁護士目指すお金持ちのぼっちゃんが、重体のママンを裏切ってると思われる継父殺害を企むも、行き当たりばったりの行動でコワイおっちゃんやら警察にどんどん追い詰められて、ヒャッホー逃げるぜ!なお話。>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.8

タイトルから「桐島、部活やめるってよ」的な軽い話かと思ってたら、思いの外、真面目なお話。

しかしコレ、ミステリー仕立てにする必要はあるの?カラクリはよくあるパターン過ぎるし。
待ってるはずのカフェか
>>続きを読む

パラドクス(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いい人か悪い人かなんか関係なく、特に理由もなく、現実世界の裏側でループする世界に35年間も閉じ込められちゃうお話。

最後に流れるもうひとつの現実世界の生活もあまり幸せな感じはなかったけど、35年の階
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.2

不条理に殺された両親の仇を討ちたい少女と無限の命をもった男がタッグを組んで、真っ黒焦げの串焼きを食べたり剣術の稽古をしたりの共同生活を行い、珍しい形のアイテム色々と、不死身の肉体と、相手方まで聞き入っ>>続きを読む

>|