misatoさんの映画レビュー・感想・評価

misato

misato

22 ハッピーエンドは苦手な方です

映画(273)
ドラマ(0)

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

いやそこは無理があるやろ〜シーンは結構あったんだけど、期待していたよりは全然面白かった

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

映画愛がとにかく強い、無駄なシーンが多いとか言っちゃいけない。最初にブラピとレオが横並びのシーン見ただけでお金払った意味があったと思った笑

(2007年製作の映画)

-

ずっと気になってたドランのデビュー作品。短すぎて分からない、笑 がドランが幼くて可愛いし爽やかである

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.4

彼女達の男に対しての反応とかすごく共感できる所がある、リアルだからこそ痛々しい
男女間の出来事はグロテスクでセックス自体がレイプみたいに感じる事があるけど ソフィアも少しだけそんな気持ちあるかな

わたしはロランス(2012年製作の映画)

5.0

やっぱり良い映画だわ

究極の愛、他人の理解の余地のない2人だけが理解出来る愛の形だと思う

ドランのモンタージュ、音の使い方が好きすぎる。毎回泣いてる

ロバと王女(1970年製作の映画)

4.0

綺麗すぎて悪夢みたいな綺麗さ

あんな食事会もロバのコスプレもしたいし、私の頭の中が映像化されてて子供みたいに観ながら騒いだ

信じられないけど、子と母と祖母がいる限り伝え続けられるストーリーって自分
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.3

マックの創業についての実話。知らなかった全然、、この世で私が一番苦手なタイプの人間だ

しかしマックをこれからもgood shitとしてたまに食べたい

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.4

環境が全く変わらない、言葉の世界だけで繰り広げられる心理戦 これは新しい映画だし純粋に興味深かった

キャロル(2015年製作の映画)

4.3

言わずと知れたゲイ映画 感情移入しすぎて辛かった 主演の二人の演技がとにかく良い、細かい感情の動きが顔を見るだけで分かる もう一回みよ

Pain & Glory(英題)(2019年製作の映画)

3.9

時間構成とテンポがすごい丁度良いし、ゆっくりで静かに流れているようで、ダイナミックでもある。脚本も面白いし素晴らしい演技合戦。良い。

@IMC Dun Laoghaire, Ireland

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.5

この映画こんな私好きだったんだビビる、、みんな辛い辛い世の中を傷付きながら生きていく

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

動物大好きだから、もうあの迫力でモフモフ感を前面に見せられたら私の心はトロトロになってしまった

実際にアフリカで撮影されたシーンはどこだろうってずっと探してた笑

@Pathé Nijmegen

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2

有名な曲バンバン使って沢山セレブ出演させて、ストーリーラインは弱い、という 「ザ:金稼ぐ為の映画」感は否めなかったのだけど、純粋におバカなコメディ映画としてならまあいいのかも。とにかく曲が大好きなのば>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

事前情報なしでみたら思ったよりも良かった。エライザの謎のお色気シーンぽいやつは絶対要らない作品だったけど、不思議な世界観で繰り広げられる不思議な日常の物語。脚本は面白いし俳優陣も結構良い

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

4.0

ニコラスホルト好きだから楽しみにしていた!これは大青春映画。こんな友情が純粋に羨ましくなった。映像クオリティ的にも映画館で観たい作品

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

個人的な体験に基づく色々な感情が湧き出てきたので心に留めておきますが、本当に観てよかったと言えます。

気になった点:なぜ本人を登場させる必要があった、テレビドラマっぽい臭い演出好きじゃなかった、大事
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.5

息もできない。本当に。苦しいよ

韓国映画の良さを最近発見出来て本当に良かったと思ってる。私の映画ライフがまた少し楽しくなってきた

愛の渦(2013年製作の映画)

3.0

深夜帯に見るべき作品。コメディかな、リアルな人間ドラマをみたわ 麦ちゃん体張りすぎてあっぱれ 画面が肉、汗

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.6

これって子供的にはハテナになる部分もあるだろうし、大人には物足りないし、何だかどっちつかず。描いている壮大なテーマは凄く興味深かったんだけど、もう少し深掘りしてほしかった!ミュウは何で戦うことにしたの>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.5

全体的に画面が暗く、後半にかけて色彩が鮮やかになっていったのですが少しダークすぎる印象はありました。ティムバートンファンには物足りず、ディズニーファンには暗すぎた結果、興行収入をそこまで伸ばす事は出来>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.7

主演の子の役に入り込みっぷりが凄い。よくこんな難しい役にぴったり合う逸材が見つかったな、と思う。

とにかく緊張感が伝わってくる映画、かなりリアル

ただこれ、バレリーナを目指す事がメインの映画では全
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

この映画は”why am I alive?”がテーマですね。存在意義は自分で決めるという事。フォーキーがこんなに重要な役割を果たしているとは。自分の進路に悩んでいたり、これからの将来について考える10>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

-

見直し。1作目と連続で見るとものすごく技術が進歩したのが分かる

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

3.6

とにかくこんな悲惨な両親の元で育った子供たちが可哀想で、途中までイライラが止まらなかった。結局どんなに間違っていても家族は家族であって、愛は生まれるという事だと思うのだけど、んーやはりしんどいものがあ>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.2

ビビりで普段ホラー全く観ませんが、評価の高い本作を超勇気を振り絞って観ました。怖すぎるのに2回目が早くもみたい。色々な謎を解きたい、、!

ホラーていうかホラーではない?悪魔崇拝(?)的なリアルな怖さ
>>続きを読む

メモリーズ・オブ・サマー(2016年製作の映画)

3.7

セリフではなく圧倒的に映像に語らせる作品。一夏のティーンの恋の話だと勝手に思っていたら大間違い。

主演の男の子は小さいながらに顔は完全に出来上がった美少年だこと。ポーランド映画ほとんど観たことがあり
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.5

青春ってむしゃくしゃするよな。

電通のプランナーの作品、リトルゾンビーズのための予習。彼は子供達をゾンビだと思っているらしい

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

人生で観た映画の中で衝撃度ランキングトップ5に入るような作品です。ソウルで英語字幕上映観てきました。

貧富の差をあまりにもリアルに残酷に、象徴的な地下世界と地上の対比などを用いながら描いています、救
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.7

ほとんどMarvelシリーズ観てないし、さらにはアクション普段全く観ない私にとっては、正直バチコンやってんなぁなんだこれ(笑)ってシーンも多かったんだけど、単純に一つの作品シリーズが国境や言語を超えて>>続きを読む

コード・アンノウン(2000年製作の映画)

4.0

ストレスレベルがジリジリと上がってくる様子をこんなに上手に描ける監督はなかなかいないよなあ

この作品の中の有色人種/移民は皆虐げられてる、あるいは白人より劣った民族として描かれている フランスの移民
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

アラジンのアニメの世界観がよりダイナミックに現代感も追加されて映像化されている!すごい、アトラクションに乗ってるかのような臨場感

Alan menkenの本作の為に書き下ろされた新曲もとても良かった
>>続きを読む

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム(2015年製作の映画)

4.2

いや、流石としか言えないイギリスのアードマンのクレイアニメーション。一体何年どれだけの時間をかけてdetailに制作されたのだろう。ショーンとにかくかわいい

>|