YooMeeさんの映画レビュー・感想・評価

YooMee

YooMee

過去鑑賞作品を思い出せなくて再鑑賞の日々

チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル(2003年製作の映画)

3.0

モトリー・クルーとMCハマーの懐かしい曲が聴けただけ良しとしよう。

G.I.ジョー(2009年製作の映画)

3.4

イ・ビョンホンが活躍していた。でも浮いていた。

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.0

ファンタジックで面白いかもと期待したけど、靴の持ち主に変身して何が楽しいの?と冷めた目で見たらイマイチだった。

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

寿命が縮むような命懸けのゲームにいったいいくら払ったのかが気になる。

ラン・アウェイ -RUN AWAY-(1995年製作の映画)

1.9

やけにムーディーなBGM(笑)
身を潜めるプールでのキスシーンに脱力。汚職警官なんて最初からわかっちゃう。イ・ビョンホンが全然イケてない作品。

グラウンドブレイク 都市壊滅(2016年製作の映画)

3.0

負傷した母親がはぐれた娘?を幼い息子に探しに行かせるシーンは辛かった。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.3

あまり好きじゃないジョン・キューザックが操るマリオネットがリアルでちょっと怖い。らしくないキャメロン・ディアスや変なチャーリー・シーンも出てくるけど、7.5階のオフィスという設定が笑える。

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.5

自分を見つめ直す旅を終えたら、たった20セントでどうするつもりなんだろう。

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

3.5

クイーン・ラティファが出ているので見てみたけど、なかなか面白かった。
自宅を壊され同僚の家に泊めてもらうシーンや彼女の部屋でのあまり上手いとは言えないギター弾き語りにちょっとほっこり。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

オカルトっぽいホラー(苦手なジャンル)解剖シーンはほとんど見ていない。

バーレスク(2010年製作の映画)

3.7

クリスティーナ・アギレラのアルバム”Stripped”は愛聴盤です。

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

2.9

パートナーの他に好きな人がいても構わないと思えるならばそれで良いのだろう。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.4

エミリー・ブラントがあまり活躍しないしタバコ吸って顔を曇らせるばかりでちょっと期待外れだった。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.6

ショーンから贈られた財布を捨てた時、(もしや…)と思ったらやはりそうだった。スケボーのシーンや妄想がおもしろかった。

ジェイン・オースティンの読書会(2007年製作の映画)

3.6

エミリー・ブラント目当てに見始めたらキャシー・ベイカーが出てきて、私にはシザーハンズ以来だったので懐かしさに浸れた。読書会メンバーそれぞれの恋模様が描かれている。

フィーリング・ミネソタ(1996年製作の映画)

3.0

先の読めないストーリー、登場人物は皆ゲスいから見終えてイマイチすっきりしない。キアヌ・リーヴスに覇気がない。

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

3.3

どうもトム・クルーズはタイプじゃないなと思った。

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

トニーの家に食事に招かれるシーンが好き。そして「愛してる」に「私も」と言わなかったエイリシュの気持ちが理解できた。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

私はエミリー・ブラント推し。瞳に吸い込まれそう。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

甥の後見人になり、葬儀のことや船や甥のこれからをあれこれ考えながら自身の中にわだかまりを抱くケイシー・アフレックが静かで熱い。港町の冬景色は穏やかで美しい。

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.5

ラストのマッドとヘルのようにヨレヨレのガタガタでは永遠の命は要らないな。

大混乱(1988年製作の映画)

2.9

ジョン・キャンディはいつだっておデブのお人好し役。押しかけてくるダン・エイクロイドが憎々しいキャラであまり笑えなかった。

マイ・ブルー・ヘブン(1990年製作の映画)

2.9

騙したり欺いたりばかりのスティーブ・マーティンは飽きる。

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

2.9

豊胸手術をしないで今のままでいいという男とくっつくラストが安易でイマイチ。

ドラグネット・正義一直線(1987年製作の映画)

3.3

昔見たけどまったく覚えていなかったので再見。ダン・エイクロイドが変装したシーンは笑えたけどトム・ハンクスが相棒じゃなくても良かった気が…

ジャングル・フィーバー(1991年製作の映画)

3.6

フリッパー(ウェズリー・スナイプス)はサイラス(スパイク・リー)にイタリア系白人とのF**kを打ち明け、アンジーも友だち2人に話してしまう。結局肌の色が違う互いに興味があっただけ…男を妻は完全に受け入>>続きを読む

ハウスシッター/結婚願望(1992年製作の映画)

2.7

こんな大ウソつきは笑えない。
スティーブ・マーティン&ゴールディ・ホーン共演作は”アウト・オブ・タウナーズ”の方が断然良い。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

レーナード・スキナードの”Free Bird”の長いギターソロをバックにコリン・ファースが暴れ回るシーンが最高!!

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

3.5

ビッチなマギー(キャメロン・ディアス)は実は賢い女性だった。世の男性の多くがマギー派だろう。姉ローズを一途に想う元同僚がいい。
疎遠だった祖母の元で修復していく姉妹愛にちょっと感動。

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

3.4

''ハイトップフェード”の髪型、もっと高さがあるのを昔見た。誰だったか忘れたけど。

ミス・シェパードをお手本に(2015年製作の映画)

3.5

どんな人生を歩んで来ても「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない性格は嫌だ。

ラスト、コーション(2007年製作の映画)

3.5

ヒョンビン目当てに”レイトオータム”を観に行き、すっかりタン・ウェイに魅せられて本作を知ったけど、さほど過激ではなかった(爆)

悪党(ワル)にもラブソングを!(2008年製作の映画)

2.8

アイスキューブってコメディ向きじゃないわ。表情に乏しいし…
ラストのゴスペルは良かった。

>|