まさなつさんの映画レビュー・感想・評価

まさなつ

まさなつ

2017年1月から始めました。劇場やDVDで観た作品を、ぼちぼち投稿していきます。点数はその時の気分で付けているので、相対的なものではありません。よろしくお願いします。

映画(804)
ドラマ(0)

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.6

シャマラン、タマラン!
(言ってみたかっただけです 笑)

前作の「スプリット」が意外に?楽しめたのと、次に繋ぐラストだったので気になって、、まさか初日、仕事終わってからの時間帯にフリーパスで行けると
>>続きを読む

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.6

歌、ウマ!

天性の声を母親から引き継いだ歌姫。美くさも兼ね備えた彼女がスターになるのは時間の問題だったよう。

彼女の生涯を周りの人々のインタビューで綴っていくオーソドックスなドキュメンタリー。もっ
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

助けると助けられるは、相対的な関係ではなく、対等な関係にあるんですね。人を助けることで実は自分が助けられてる、、みたいな。

昔、NHKのドラマで山田太一脚本「男達の旅路」という大好きなドラマシリーズ
>>続きを読む

喜望峰の風に乗せて(2018年製作の映画)

3.2

今年最初の「この邦題あかんやろ!」

予備知識なしで観ましたが、こんな話やったのか。俳優がいいのでね〜もちろん期待はありましたよ。

無寄港で世界一周に挑む、、例によって実話に基づくらしい。

愛する
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.8

「One Shot!」

800レビュー目は、そのために劇場に帰ってきてくれた?笑 この作品!

いきなりジョン・ウィリアムスが奏でるギターのメロディで、すでに涙が溢れ、本来は楽しい曲である「君の瞳に
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.4

原作を先に読んでました。とても透明感のある清々しい小説でした。

で、映画の方はどうだろうか。
わりと小説の雰囲気を出してたと思います。ちょっと森とかの風景を出し過ぎには感じましたが^^;

ピアノの
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

太平洋戦争も経験した激動の時代を生きて、身体的に特に悪いところもなく90歳を迎えられるのは、確かにラッキーなんでしょうね。

朝起きて寝るまで、毎日ルーティンを繰り返す彼の姿は、見た目は弱々しいけど、
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

おいおい、なんやこの吸引力は!

ゆっっっくりと動くカメラ。
不穏な音楽。
コッ!
チャーリー、そのもの。
トニー・コレットの顔面力。
癖になるわ〜^_^

怖いより哀しいが勝る。
哀しいより苦しいが
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.5

好きな監督なのに、昨年タイミング悪く見逃していて、微妙な評判と何故にディーンさん?で、さらに遠ざかっていた作品。

あれ、そんなに悪くない?

ディーンさん、この役ならぜんぜんあり! 笑。

津波繋が
>>続きを読む

スパイネーション/自白(2016年製作の映画)

3.8

年末に観た「共犯者たち」が面白かったので、今年のドキュメンタリー始めは、同監督・スタッフによるこの作品から。こちらの方が先らしい。

韓国の国家情報院によるスパイ捏造事件を追う。

スパイを捏造するこ
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.4

鰻重の特上10人前!

「家族はつらいよ」1、2は観てないのに借りてしまった^^;
でも、まあ前作観てなくても問題なかったかも。それほどよくある話。

何かあればすぐに集まってくる家族。家族のことはみ
>>続きを読む

ジンジャーとフレッド(1985年製作の映画)

3.7

ジンジャー・ロジャースとフレッド・アステアの話!、、ではありません^_^

昔、二人のモノマネをしていた二人の芸人の話。30年ぶりに再会してテレビでパフォーマンスをするためにローマへ、、。

テレ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

ハリーポッターシリーズは一作目のみ、この映画の前作は確かDVDで観たはずだけど記憶があまりない。たぶんあまりちゃんとは観てない。スルー予定でしたが「ホイットニー」が例によって制限に引っかかって、こちら>>続きを読む

スーパーマン、スパイダーマン、バットマン(2011年製作の映画)

3.6

子供が可愛い。とにかく子供も可愛い^_^

それだけになおさら哀しく愛おしい。

ルーマニア映画というのも珍しい。どこの国でも変わらない家族の話。スーパーマンでもスパイダーマンでもなく、ヒーローは身近
>>続きを読む

愛は痛みをともなうもの(2014年製作の映画)

3.0

なんだろなぁ〜?^_^

女性がライフル持って窓辺から標的に向ける、、って、「ニキータ」か「悪女」かって思ったら、、なんか違う。カッコよくない^^;あれれ、、なんと姉妹喧嘩!

喧嘩にしては派手過ぎや
>>続きを読む

愛は盲目(2015年製作の映画)

3.0

この三人の取り合わせ^_^

たった6分でも十分笑える、、アイデア勝負。そう、耳が不自由な旦那さんということでのワンアイデア。

でも、旦那さんの立場になると本当は笑えない、、^^;

二人(2007年製作の映画)

3.3

カンパチ食べるたびに思い出すカンバーパッチ!彼が出てるというので観てみた。ショートフィルム。

SF映画ではないのに、「ガタカ」のような静かなSF映画を思わせる佇まい。

セリフは極端に少なく、それで
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.1

このシリーズは、劇場までは行かないまでも、DVD化されるとつい借りてしまう程度には好きです^_^

でも、さすがに最近は以前ほどには楽しめない、、^^;

まあ、「大人帝国」あたりを期待しているわけで
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.2

吹き替え版で観たのでグリンチがまんま大泉洋に見えて、、。

話はいたってシンプル。毒は強くないので、ご家族でも安心して観られます。

ちょっと時期を逸した感ありますが、村やクリスマスの装飾が綺麗でね〜
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.9

アメリカにはバットマン、、インドにはパッドマン!

道頓堀にあるグリコの看板みたいなジャケが印象的で、早く観たかったのですが、フリーパスの制限に引っかかって中々観られず、朝一で夜の上映を取りに行ってや
>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

3.0

金髪の中条あやみ!

ハイ、それだけ、、、^_^


まあ、そうなんだけど、正月だというのに映画館がガラガラで寒いし寂しいのでもう少し、、。

いかにもマンガな話を無謀にも?実写化に挑んで、こそばゆい
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.6

来る来る言いながら、中々来ない、小松菜奈と松たか子!

やっと出てきと思ったら誰か分からないメーク。でも、まあ声は確かになんだけど。彼女二人を観に来たというのに、、^^; それでも小松菜奈は可愛いんだ
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

3.8

明けまして、おめでとうとございます。

元ボクサーの兄と自閉症の弟。

地味そうな韓国映画をTOHOシネマズでやってるなぁ〜と軽い気持ちで鑑賞。

イ・ビョンホン出てるのも知らなかった^^; でも、こ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

いや〜ある意味贅沢な映画ですね〜またもディズニーの経済力、、いやキャラクター力を見せつけられました! 笑。

巨大企業が、魅力あるブランドを買い取って自社ブランドで売る、、企業社会ではあるあるですが、
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

もっと静かで淡々とした映画を想像してましたが、、いやいや結構いろんな人が訪ねてくるし、いろいろあって賑やかな映画でした^_^

この画家さんは30年以上家を出ていないとのことで、偏屈で傲慢なイメージあ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

いやぁね、もうね、とにかく歌がいいのでね、、それもドルビーアトモスときた日にはですね、、、ど迫力でね、、ライブ行ったような臨場感がね、、楽しかった、ハイ^_^

スター誕生ゆうたら、バーブラ・ストライ
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.9

午前十時の映画祭

なんて贅沢な映画なんや!まさにミュージカルらしいミュージカルで楽しいです^_^

キュート!っていうとまず思い出すのは、アンナ・カリーナとこの方、オードリー・ヘップバーン!

ファ
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

4.1

それが戦争、、。

たった一本のロープが手に入らないのも、井戸に死体がほうり込まれていても、それを引き上げるのを管轄外だからと止められるのも、地雷が平然と公道に埋められているのも、家の屋根が吹き飛ばさ
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

3.6

世界でいちばん長い写真が何をさすのかも知らずに観たのですが、中々心地よい青春映画でした。

パノラマ写真って、最大は360度1回転までなのかと思っていましたが、なんのなんの、、なのですね!

高校の部
>>続きを読む

ザ・ディザスター・アーティスト(原題)(2017年製作の映画)

3.8

たくさんお金があれば、誰だって映画は作れる?

カルトと呼ばれる映画も、撮影時はカルト映画を作る気なんてさらさらないのに、何故かそれが作者の意図とは関係なくカルト化されていく、、カルトと呼ばれる映画が
>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

4.2

メリークリスマス!

お一人様でもたくさんでも、今日は笑って過ごしたいですね。
そんな時にキートンはいかがでしょうか?^_^

いや〜最高に面白い!

まさにアクションギャグの宝庫!後のアクションコメ
>>続きを読む

共犯者たち(2017年製作の映画)

4.0

年の瀬も迫ってようやく観られました。予想どおりの骨太なドキュメンタリー!

お隣の国の、つい最近までの国家権力によるメディア支配と、それに対して果敢に闘った数百人のジャーナリストたち。彼らの姿には熱く
>>続きを読む

星空(2011年製作の映画)

3.8

絵本を原作としたファンタジックな台湾映画。13歳の孤独な少女と転校してきた、これまた孤独な少年の話。

おおっ!二回。

一回目は、主人公の娘と母親がレストランで踊りだすのが、おおっ、これマジソンダン
>>続きを読む

Rakka(原題)(2017年製作の映画)

3.7

中々すごい世界観!

ニール・ブロンカンプ監督の20分の短編?エッここで終わるのって感じ。続きがあるのかな?とても短編に収まる器ではない^^;本格的。金もかかってそう、、。

異星人による侵略モノ。
>>続きを読む

パパとムスメの七日間(2017年製作の映画)

3.6

日本の小説が原作。舘ひろしとガッキーでテレビドラマ化もされてるんですね〜観てないけど。

よくある設定の入れ替わりモノ。まあ、よほど下手しない限りはそこそこ楽しめる話。この映画も韓国映画のご多分に漏れ
>>続きを読む

激しい季節(1959年製作の映画)

3.8

エレオノラ・ロッシ=ドラゴ!

格闘家みたいな厳つい名前ですがとても美しい方。初めて観たのはデュビビエの「埋もれた青春」。うぉ〜ってなった^_^ジェルミの「刑事」にも出てたらしいけど、カルディナーレの
>>続きを読む

>|