まさなつさんの映画レビュー・感想・評価

まさなつ

まさなつ

2017年1月から始めました。劇場やDVDで観た作品を、ぼちぼち投稿していきます。点数はその時の気分で付けているので、相対的なものではありません。よろしくお願いします。

映画(731)
ドラマ(0)

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.9

デルトロ監督じゃないんで劇場スルーしたけど、怪獣好きの血は抑えられなかった^_^

観なくても良かったかも?^^;

これトランスフォーマーか?ってぐらいキャラも戦いも似てて二番煎じ感たっぷりだし、そ
>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.4

音楽映画だけど、コーエン兄弟が撮ると一味違う。

1960年代。売れないフォークシンガーの数日を淡々と描く。彼は住むところもないその日暮らし。音楽へのプライドはあるけど、独りよがりで周りの人とも上手く
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.1

冴えない中年OLが、英会話スクールに通ってやる気を取り戻す話かと思ったら、、まして役所広司まで出てくるもんだから、「shall we dance」みたいな映画を想像したら、、全然違った(^^;;

>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

ドンドンチャ、ドンドンチャ、、🎶

クイーンのコアなファンではないけど、最後のとこは興奮したなぁ^_^ライブエイドも見たわけではないけど、なんだか泣けてきた、、。

それにしても、知ってる曲ばかりで、
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

いきなりタランティーノみたいな冒頭、、、ハイ、つかみはオッケー👌

バリバリの韓国ノワールか、、って思ったら、おや、なんか明るい 笑。刑務所も楽しそう。

ノワールだけど、クールさや残酷さより、ラブを
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.4

親しくなった友が少年Aだったら、、興味引かれる、、。

加害者と被害者。

加害者は、どのように罪を償えばよいのか?
被害者の遺族は加害者を赦せるものなのか?
加害者は幸せになってはいけないのか?
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

劇場公開時、評判も微妙で迷っていたら行く機会を逃した作品。

SF冒険活劇としては、普通には楽しめました。監督ロン・ハワードだったんですね。無難な感じはします。その分ワクワク感が薄いですが。

スター
>>続きを読む

あの人に逢えるまで(2014年製作の映画)

3.8

28分の短編ですが、心を持っていかれました。

韓国映画を観るキッカケとなった「シュリ」のカン・ジェギュ監督作品。

南北離散家族。

戦争で分断された人々。そうですね、そうなったらそういうことありま
>>続きを読む

地図のない町(1960年製作の映画)

3.6

橋本忍映画祭②

東京近郊のドヤ街。立ち退かせてアパート建築を進める暴力団。そこに診療所を構える老医師と引っ越してきた若い医師。

所謂、復讐劇だけど、やはりこの脚本家がからむと社会派ミステリー風にな
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

「悪女」みたいな映画と思ったら、、、冒頭こそヤバイと思ったけど、静かやし、青春ドラマやし、あれっ違うやんってなって、、、でも、ああ来たか、、おお強え!

最強女子選手権にとんでもない新人が現れた、それ
>>続きを読む

いろはにほへと(1960年製作の映画)

3.8

東の方では東京国際映画祭で大変賑わっているとか。大阪も負けてへんでで、今日から待望の「橋本忍映画祭」始まりました!、、、東京に比べて、ちょっと、いやかなり地味ですね(^^;;でも個人的にはめっちゃ嬉し>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

3.6

スタンリー・キューブリックで未見のこの作品。これまであまり観たいという気にはならなかったのですが、久しぶりに「2001年宇宙の旅」を観た勢い?で鑑賞。

当時、いろんな規制で描けなかったところも多いよ
>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

3.8

もう30年以上前の作品なんですね〜。

コメディよりのジョッキー・チェンなら、これですね!

ジョッキーもサモハンもユンピョウも若い若い!だから、動きが速い速い!セーラー服姿が可愛い可愛い?いやあ〜楽
>>続きを読む

儀式(1971年製作の映画)

3.4

前にシネヌーヴォでやってたATG映画大全で観たのにレビュー忘れてた、、。

大島渚監督。ATG創立10年の記念作品。記念作品でこんな変な映画撮るなんて、、この監督らしい?

結婚式や葬式が何度も出てく
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

なるほど、これですね、、!

巷では、評価低い?のに、ここの方々には結構高いって言う、、いかにもな作品。とってもそそるのですが、上映館少なく中々行けませんでした。

すごくたくさんのピース数のジグソー
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.6

あの時代、、。

学生運動、全共闘、革命、安保、、確かに日本にあった、熱いような鬱屈したような時代をリアルタイムでは知らないけど、その頃を背景としたこの映画は、意外に見やすい青春映画でした、、(^_^
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

「タンジェリン」という全編iPhoneで撮影した作品がありましたが、こちらは全編パソコンの画面で見せるという、いかにも現代的な作品。誰が先に手がけるかって、、生まれるべくして生まれた作品^_^

最新
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.7

オンライン試写会にて

あのマイケル・ムーアがトランプにどんな突撃を見せてくれるか、、と期待したけど、、そこはまさかの肩透かし?^^;

でも、これでもかこれでもか!な、アメリカの現実は、ホラーなんか
>>続きを読む

殺しが静かにやって来る(1968年製作の映画)

3.8

マカロニウェスタンを久しぶりに観たくて、題名に心惹かれたこの作品を。あ、音楽がエンニオ・モリコーネだったことも強力に後押し。

何と、社会派ウェスタンではないか!?

ウェスタンというと、土煙舞う荒野
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

安藤さくら、まさかの朝ドラヒロインを祝して再鑑賞^_^

彼女と言ったらやはりこれ!

痛い痛い痛い痛い痛い痛い、、。

前半のボテっ感からの、後半のまさにボクサーな身のこなしは、「よっ!ライザップ」
>>続きを読む

提報者 ES細胞捏造事件(2014年製作の映画)

3.8

「国益か?真実か?」、、答えは映画をご覧下さい^_^

日本でもSTAP細胞の事件がありました(あれは結局どうなったのか?)が、韓国でも同じようなES細胞捏造事件がありました。

こういう実際の事件を
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.4

ジェニファー・ローレンス嬢のあの逞しい体躯で、回し蹴り炸裂かと思ったら、、意外に地味目なスパイものでした。

いやいや地味と言っても、あのジェニファーさんなんで、スパイにしては目立ち過ぎなんだけど(笑
>>続きを読む

列車に乗った男(2002年製作の映画)

3.8

渋いなこれ!

おっさん二人。ひとりは、教師を定年退職し静かに暮らす男。もうひとりは、さすらいの犯罪者。

接点のなさそうな二人がひょんな事で知り合い、元教師の男の家で数日過ごす、、。

対照的な人生
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.6

親の背中。

二つ並んだ背中の丸みがさびしさを醸し出す。その曲線は映画が進むにつれ深くなる、、。

久しぶりに会う子供たちに遠慮する親。血の繋がりのない亡き息子の嫁がみせる優しさ。誰かが悪い訳ではない
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.7

東京での70mm上映を羨ましく思っておりましたら、109シネマズエキスポシティのIMAX次世代レーザー2Dなるものを初めてこの映画で体験する幸せを得ることができました!映画の神様、ありがとう^_^>>続きを読む

48時間(1982年製作の映画)

3.6

エディ・マーフィーはこれからやったなぁ〜。その後「ビバリーヒルズコップ」でスターダムにのし上がりました。

80年代のバディ刑事アクション。久しぶりに再鑑賞。
当時、アクションといったらこの人ウォルタ
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.3

台湾に住む女性がSNSで、日本人の彼と知り合うラブコメ。

初対面の日本人男性三人を、台湾で女性ひとりで会って案内するというのは、実話を元にしているとは言え、いかにも無防備な設定だし、題名にあるママが
>>続きを読む

裸足のイサドラ(1968年製作の映画)

3.8

イサドラ・ダンカン、、20世紀初に活躍した舞踏家。知らなかったですが、モダンダンスの祖と言われた方のようです。

ダンスに対するこだわり。奔放な恋愛遍歴。相手の第一条件は金持ちなこと。でも贅沢をしたい
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.7

これ前半は最近観たケン・ローチの「やさしくキスをして」と、舞台がイギリスかアメリカかの違いはあれど、よく似てる!

パキスタン出身の彼と白人女性のラブストーリー。宗教の違い、お見合い結婚か恋愛結婚か、
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.7

この映画にIMAX必要か?って思ったけど、東宝系は何故か普通の上映が見当たらないので仕方なくIMAX鑑賞。

おっさんが頑張る作品は無条件で観たくなるんですが、デンゼルさんをおっさんというのははばかれ
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.9

題名に怯んでいてはいけない、、まさかの、劇場おっさん率異様に高し!

どんな話か知る由もなく観て、ああこういう話か、、これは確かにアニメ向きやなぁと納得、、^_^

これ元は青い鳥文庫の作品。娘は小学
>>続きを読む

マイネーム・イズ・ハーン(2010年製作の映画)

4.4

600レビュー目はすっかり忘れてすっ飛ばしてしまったので、700レビュー目は、インド映画が好きになるキッカケとなったこの作品を久しぶりに再鑑賞。

インド映画ですが、歌や踊りは控えめです。

「M
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.4

公安、公安ってやたら出てくるけど、ややこしい^^;

もう、名探偵コナンの枠はみ出してるんちゃうん?ってぐらい話が込み入ってるけど大丈夫?(誰に言うてるんだか、、)

IoTテロなんて先端技術とかも、
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.6

これ時代設定いつ?って、まず思った。

Facebookって言葉出てきたから、きっと現代ですよね??

それほど狙ってるのか彼女の部屋も考え方も言動も古臭い。まあ、古臭いというのは悪口ではなくて、どこ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

夢の国の隣の現実。

いやそこもポップでカラフルで、一見は夢の国の続きのよう。でも、よく見ると派手なペンキで現実の厳しさを塗り潰してるだけ。中身は夢の国とは程遠い。

そんな場所にあるやたらカラフルな
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

ベタな純愛ファンタジーだけど、こういうのもたまにはいい、、って思わせてくれます。

年がら年中映画ばっかり観てると、時にスクリーンの中に入り込んだり、スクリーンの中から出てくることもあるんじゃないか!
>>続きを読む

>|