MoscatoBiancoさんの映画レビュー・感想・評価

MoscatoBianco

MoscatoBianco

映画(172)
ドラマ(3)
  • List view
  • Grid view

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

1.5

だいたいこういう映画はバカで間抜けな人達が、バカで間抜けであるがゆえに酷い目に遭います。そうでないと映画が成立しません。この映画の登場人物も、主人公から警察、こそ泥に至るまで全員バカです。
超危険な状
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

長い。原作はもっと長い。出たがりの原作者は本作でも登場していました。
クリーチャーはローテクですが、原作者の小説もだいたい田舎町を舞台としたローテクものが多いので、あんな感じで良いのかなと思います。
>>続きを読む

セットアップ(2011年製作の映画)

1.5

どうでもいい映画を皆さんよく作りますね。これに限らず大量に。

幸せの行方...(2010年製作の映画)

2.0

主役が2人とも陰気です。特にライアン・ゴズリングはいつ見ても陰気です。画面にいるだけでカビの臭いがしそうです。
まだ観てませんが、エル・ファニングが出てるガルヴェストンという映画があります。関係ないん
>>続きを読む

THE ICEMAN 氷の処刑人(2012年製作の映画)

3.0

表の顔と裏の顔。そういう意味では、レイ・リオッタの表の顔(俳優)は100%悪者。もう絶対に悪者にしか見えません。なので裏の顔が気になります。
ゾッド将軍の奥さんと2人の娘がみんなお綺麗です。こんな家庭
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.0

40年近くプロレスファンでした。
プロレスは厳しいですね。よく死ぬし、生きててもボロボロになります。他のプロスポーツより稼ぎも少ないし。リングに立つ快感が無ければ続けられないんでしょうね。
ということ
>>続きを読む

ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-(2010年製作の映画)

3.0

2回目でした。全然記憶に無かったのですがラストで思い出しました。
ラストは印象的ですね。悪い意味で。
まぁ無事には済まないだろうとは思っていつつも、コイツか という悔しさがあります。

サイレント・ハウス(2011年製作の映画)

1.5

暗いし揺れるしオッパイしか見てないから何が起きているのかわかりません。でも超チープなことはわかりました。映画は1.5点ですが、オッパイは4.0点くらいです。

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

-

これ映画と呼ぶんですか? 宗教と環境保護活動のプロモーションビデオじゃないですか? 映画の形を借りてそういうプロモーションするのは止めてほしいです。

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

2.5

目は開いているものの、意識が朦朧としている状態で観ました。残念ながら、目が覚めるような場面は無かったと思います。(-_-)zzz

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

入浴中に被害に遭ったお姉さんが美人です。もっと出番があったら良かったのにと思いました。

復讐の十字架(2017年製作の映画)

1.5

どういう意図でしょうかね? この手の被害者は黙って泣き寝入りせよということ❓ それこそが逆に復讐になると。
この映画の製作者は、加害者側に与する人たちですか❓
まぁそもそも神とかいうフィクションを信じ
>>続きを読む

侵入者 消された叫び声(2015年製作の映画)

2.5

だからいつも言ってるように家が大き過ぎなんです。地下室やら屋根裏やら隠し部屋やら。うさぎ小屋の住人にはリアリティが感じられません。
ヒロインのエラ顔が印象的です。

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.0

スゴい期待してたんですけど、ちょっとショボい。ワイがこの子だったら、一瞬で世界を滅ぼしています。まぁその前に好き放題いろんな事をやってからかな。(^。^)

ギルティ 狂った衝動(2015年製作の映画)

2.0

まぁどうでもいい映画です。製作側もどうでもいいと思って撮っているんでしょうね。どうでもいい出来映えですから。

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

1.0

ある意味スゴいです。
名監督による名作と聞いていたのですが、失笑の連続でした。昔はこんなのが名作になったんですね。今なら高校の映画同好会の方がマシな映画を撮ります。
ヒロインも全然綺麗じゃないし、スト
>>続きを読む

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

1.0

巨匠の消したい過去ではないでしょうか? ワイの記憶からはすぐ消えます。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.5

ジャングルも恐い。毒蛇や毒蜘蛛やムカデやピラニアや蚊や病原菌やウイルスや野獣や人食い族がいます。逆に飲料水も風呂も布団も電話もパソコンもありません。無理です。
最後のコンパスは脚色だと思います。どんな
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

順序が逆になって、ネクスト・レベルの方を先に観ました。キャラが入れ替わっていたので、やや違和感ありでした。
アレックスが誰なのかは、こっちを観てないとわかりませんでした。
こっちでも最初にカバが出てく
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.0

ルビー・ラウンドハウスのお姉さんはネビュラだったんですね。背が高くて脚がきれいです。おなか周りもくびれてイイ感じです。
順序が逆になって、こっちから先に見てしまいましたが、楽しいです。

タイタン(2018年製作の映画)

2.5

タイタンに興味があったのですが。。
同じくNetflixの「ユピテルとイオ」もそうでしたが、殆ど「地球」です。アホで食い意地だけの魚みたいに、タイトルに釣られてしまいました。
この奥さんは、いつも色の
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

海は恐い。ましてや潜水艦で潜るなんて。狭いし、閉所だし。
ストーリーがぶっ飛び過ぎだったり、特撮がショボいところがあったりしますが、2時間緊張感が途絶えませんでした。
レンチを落としたときには、踏ん張
>>続きを読む

エリザベス∞エクスペリメント(2018年製作の映画)

2.5

「完璧な美しさと肉体を備えたエリザベス」❗❓ それは言い過ぎです。貧乳だし。ヘンテコ踊りだし。
ヘンリーの闇は深過ぎました。顔はデカ過ぎました。
エリザベスは細過ぎで貧乳です。完璧からはだいぶ遠い。ク
>>続きを読む

マーダー・ドライブ(2017年製作の映画)

2.0

先月もミーシャ・バートン主演の砂漠ものを観たばっかりですが、何も覚えていません。この映画も1週間後にはすべて忘れている気がします。
やっぱり歯並びが悪いというのは、普通より劣る人間をイメージさせる典型
>>続きを読む

デッド/エンド(2013年製作の映画)

1.5

アメリカと言えば砂漠。あるいは砂漠ではなくても周りに何もない平原。道の両側の所々にはバーストしたタイヤのゴムが落ちていたりする。それにアメ車と言えば、バカでかくて燃費が悪く故障が多い。出発前に点検を怠>>続きを読む

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

2.5

クリント・イーストウッド祭り7本目。
今回は初監督作です。今とは芸風が違います。髪の毛も多いです。ウルヴァリンみたいです。
当時はストーカーという概念は一般的ではなかったんですね。普通は接近禁止命令を
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

2.5

1本目に続いて連続観賞。
悪霊には元があります。その種明かしをしないとなかなか視聴者に納得してもらえません。ということで、種明かしはあります。わりと種は恐いです。悪霊の元ですから人間に決まってますが、
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.5

2回目。初回はローズ・バーン目当てでした。今回は動画配信サービスで見放題だったので、理由もなく。
家が大きくて悪霊が潜む場所が多すぎます。天井に照明を付けないから部屋中影ばっかりだし。そんなに恐いなら
>>続きを読む

リムジン(2016年製作の映画)

1.5

「リムジンに監禁された女優が惨たらしい辱めを受けるエロティックスリラー」という宣伝に引っかかったワイは、アホでエロな変態ジジイです。
引っかかって悔しい (-_-#)。服すら脱がないではないか。

ワイルド・ブレイブ(2018年製作の映画)

2.5

そのまんまプロレスラーみたいなジェイソン・モモアが普通の人を演じる違和感ありです。奥さんのクロスボウは失笑してしまいました。
最後は家族の厄介ごとが解消して大円団でした。

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.5

シュガーな感じです。甘ったるい。高飛び込みがあの場面で出てきたときは、こっぱずかしくてモゾモゾしました。でもまぁ楽しめます。
メモとアホな弟は邪魔。役立たずだからいなくてよい。

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

2.5

山なんか嫌いだ。高い山は険しくて寒い。低い山は湿度が高くて虫が多い。自分では行きません。観るだけ。
映画という感じはしません。
Back Ground Videoです。

不倫の果て(2017年製作の映画)

2.5

当然アンナ・シポスカヤさんのエロ目当てです。大変目の保養になりました。カリキュレーターもラン・スルー・ザ・ナイトも観てしまっているので、これで終了です。非常にもったいないです。

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

2.5

前作のヒロインが引き続き登場しますが、女優が替わっていたしチョイ役です。今回は逆襲だし、アクション中心です。まぁ前作に続いてB級としては頑張ったかなという感じです。

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.5

脳って豆腐みないな味わいなんでしょうか❓ でもこの映画のエイリアンは食べるわけではありません。そのせいで余計に訳が分からなくなっています。
女優陣3人が誰も目の保養にならない。

パンドラム(2009年製作の映画)

3.0

謎と矛盾が盛り沢山ですが、まぁ深く考えるほどのことではないので良しとします。ナイフのお姉さんはクリプトン星人でした。スーパーマンのときはあまりよく顔がわかりませんでしたが、今回はよく観賞できました。ク>>続きを読む