YuukiImazuさんの映画レビュー・感想・評価

YuukiImazu

YuukiImazu

のらりくらり( ´Д`)y━・~~

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

当たり前のように人間と魔物が共存しているんですよ鎌倉は、という摩訶不思議な設定がぐっちょ。ホロリとしてあったかいお話で、仲睦まじい夫婦の日常には癒される。

本筋の黄泉の国に行くまでの、物語に一応繋が
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

-

周りの評判が良すぎて期待したけど、う〜んて感じ。バトルシーンは迫力があってぐっちょ。良いのか悪いのか、ストップアニメーションが凄すぎて、普通のCGアニメを観てるようやった。内容は至ってシンプル。タイト>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

死ぬほど強い最強の敵が登場する物語の顛末は、無理やり締めにかかる怒涛の展開。「これでいいのだ」、ってバカボンのパパに凄まれながら、ねじ伏せられた感じ。まぁ、あれでええのんか汗。

ソーの故郷の滅亡危機
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

-

あんまオモロなかったわ。ペットセメタリーのタイトルが出てくるとわ。

マーベルにあるような既視感あり気なストーリー、アクションも今ひとつアガらない。まぁ、フラッシュが超速で駆け抜ける度に映し出される映
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

-

とにかく、D.クレイグの羽を伸ばした演技が微笑ましい。少しばかり間抜けなように見えちゃうけど、なかなか緻密な現金強奪計画を実行するローガン兄弟を演じた主演2人も魅力的。

犯罪の舞台となるサーキット場
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

-

異色作。せっかくオモロイ設定やのに、話の広がりがなくて、バーと公園を行ったり来たりでチマチマとつまんない。途中で飽きた。

肝心のシンクロする理由も全然説得力がねぇ。シリアスな要素は、どんな気持ちで観
>>続きを読む

着信アリ(2004年製作の映画)

-

怖くはないけど、幽霊の気色悪さがなかなか。序盤から嫌な気配を醸し出しているあたりには退屈しないし、好感が持てるね。

なんちゅーこっちゃ、て思える、死の予告を受けた女子大生をネタにした、やり過ぎな生放
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

それぞれに苦悩や不安を抱える子供たちが、力を合わせて恐怖=Itに立ち向かい成長する。恐怖の克服、少年たちの通過儀礼。

ツッコミどころも多かったり、上映時間は2時間ちょい、と間延びしてた感じもあったか
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

上映時間の長い映画ながら、心を掻き乱すような不気味な不快音、独特のヴィジュアルやら、ブレードランナーの世界観に圧倒されて集中できたかな。でも、前作とは全然違うテイストの内容やから、ブレードランナーやけ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

鹿に色んな意味が含まれてやしたね。

だいたいの予想をつけながら、あーやっぱりね、と思って観てた。ところが、途中から予想の範疇からバッコーン、とぶっ飛んだ流れにびっくり。よくもまぁ、こんなアイデアが浮
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

1.5

暇つぶしに観たのに暇やった。
橋本環奈が良かったよ。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.7

当時のアメリカの政権への風刺やらを盛り込んだ社会派ドラマでありつつ、コメディテイスト。主演がトムクルで良かったと思える良作の1本。てか、邦題よりも「American Maid」の方が完全にシックリとく>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

とにかくS.セロンにメロメロ。どこかのブランドの宣伝にあるような、気品ある映像の、甘美的なムードに酔いしれる。80年代の楽曲もガンガン流れて否応無しにテンションが上がる。かっこいい。

生々しい肉弾戦
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.2

猿側視点で物語は展開。シーザー以外は、ほぼ話せないので静かめなシーンが多い印象。あと、スローテンポ、暗い画、ローテンションめで眠たなった。人間VS猿の激しい戦いを勝手に期待してたけど、そーでもなかった>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

昔気質のヤクザ者がけじめをつける最終章。

裏切りやら陰謀が複雑に渦巻いてた前2作よりも、どろっどろしたもんが薄くてスッキリと潔い感じ。なので、ガツンとくるもんは無いかな。

タイトルバックが超クール
>>続きを読む

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

3.4

バカ笑いはせんけど、ニヤニヤ笑えるポイントの多い、下ネタ満載のコメディやな。陽気に能天気に楽しめる一本。

カリフォルニアのヴェニスビーチ界隈を舞台に展開。すっとぼけた私立探偵のジジイにウィリス。一難
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.6

G.リッチー監督だけにクールでスタイリッシュ。

バリバリの派手なアクションは少なく、地味な作風の硬派なスパイものかと思えば、ユーモラスな場面がちらほら。米ソ、相容れない立場のスパイ2人が、ジワジワと
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.2

戦前のパリを舞台に、降霊術を生業にする美しい姉妹の物語。仕事を自由に選択出来ない時代に生きた女性の逞しさが垣間見えたわ。

とにかく全編を通じて、美しい映像と洒落た優雅なムード、N.ポートマンの美貌に
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.0

鑑賞前から分かってたけどノリ軽っ。陰の世界に生きる忍び達が陽気に描かれ、主人公や演出のおちゃらけた感じは肌に合わず、観てて小っ恥ずかしくなったわ。

立ち位置の定まらない、ひょうきんな主人公。忍びの国
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

3.7

久々に鑑賞。
アニメやチャンバラなど、ジャンルをごった煮した復讐劇パート1。ほんとヘンテコでクセが強い。どちらかと言えば、M.マドセン演じるバドが登場する2の方が好み。

タラタラと長ったらしい会話劇
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.2

確かにそら、エイリアンに焦点が当たってはいるけど、デヴィッドへのフィーチャー感が強い。デヴィッド:コヴェナントやん。

こんな感じでエイリアン一作目に繋がっていくのね。スッキリ。でもまぁ、そういうこと
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.6

未知の存在が人間を乗っ取り、水面下で侵略を進める。とは言え、「ボディ・スナッチャー」みたいな、ジワジワと不気味に迫る恐怖感はナッシング。ちょいと軽快な音楽が流れたりもする。

人間から概念を奪うという
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.4

なんとも現代的。
SNS上で、みんなの注目を集めてスター気取りになる様が、ただただ痛々しい。

徐々に過激になっていくゲームのお題に挑戦する人達。自ら踊ってるのか、踊らされているのか、まぁ兎にも角にも
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.1

安定のドタバタ。グルーに毛が生えただけの、今回の新たなメインキャスト・ドルーのキャラが弱すぎる。しかも、グルーの足手まといになる面倒くさい奴で、観ててストレス、ストレス。

80年代に悪役で一世風靡し
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

セリフは控えめに、映像で物語ってやした。映像は抜群に素晴らしや。広い画が多いから、IMAX映えする作品やね。

陸海空の3つの視点を時間軸をズラして描くのはオモロイ試みやね。時を刻む秒針の音がなんとも
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

得体の知れない、不気味な役所広司にぶんぶん振り回されたわ。真実なんかどーでもええ、的な弁護士の福山雅治が真実に近づこうとしていく。

弁護士と被告人の顔が重なり合う画がええわ。雪景色のイメージシーンは
>>続きを読む

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

2.2

内容が内容やからアレやけど、おもしろくなかったぁ。

セットやら何やら、えらくチープで、映画でなくテレビの再現ドラマを観てるよう。わざわざ映画館で鑑賞する必要はないかな。

エレベーターに閉じ込められ
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.2

今にも崩れ落ちそうな石壁を境にして、アメリカ人とイラク人が睨み合う。凄腕スナイパーに狙われる、アーロン・テイラーくんにとってのデッドラインとなる その壁は意味深長。

戦争もこんなもんだよな、とも思え
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.6

爆走する列車という、せせこましい限定空間をメインにした、絶体絶命の状況が良いね。あと、ところどころのカットの画や、ワールドウォーZみたいな、ダイナミックなゾンビの猛進具合も。

ゾンビに食われてしまえ
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.2

一晩の過ちで幸せな家庭が大崩壊。

突然訪問してきた若い女の子2人組の誘惑に(シャワールームであんな感じで攻められたら日にゃあ、男はひとたまりもない)性的欲望を遺憾無く解放するキアヌ。女の子に弄ばされ
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.7

夏映画で一番楽しみにしてた作品。
随分前に原作も読んで、合戦までの流れや登場人物の関係性やら理解してたし良かったけど、知らん人は、なかなかにちんぷんかんぷんやろな。不親切な作りや。

お家存続の為に利
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

女版ハルクと言っても過言でないほどの圧倒的パワーの持ち主である最強女戦士の、一騎当千の戦いっぷりとカッチョいいテーマソング。そして、ワンダーウーマンの美貌にもハートを鷲掴みに。

少ししつこいスローを
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

若い男女のピュアなラブ要素と汚れた犯罪劇をミックスしたストーリーに乗っかるのは、イカした音楽とそれに合わせた映像のシンクロ二シティ。最高にカッコよくてお洒落。

どの登場人物もええが、バディ役のジョン
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.6

これは映画館で観たかった、、。

盲目の老人が、視覚以外の研ぎ澄まされた感覚を駆使して、悪ガキ達に忍び寄る仕草がなんともホラーな絵面。

わずかな登場人物、限られたシチュエーションながら、老人の設定を
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

ちょー久々に鑑賞。
アジアンテイストがふんだんに盛り込まれた、2019年を舞台にした世界観の虜に。

レプリカントと人間との境界線は何か?ということに頭をもたげさせる。

ハードボイルドな作風と、ラス
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.3

アメコミに最も近いのかなぁ、、知らんけど。

作風が随分と若返り、過去作と異なる部分はあるけれど、フレッシュやけどそーでもないと言うか、鳥和え酢、アクションシーン含め、スパイダーマンは見慣れてしまった
>>続きを読む

>|