ラグナロクの足音さんの映画レビュー・感想・評価

ラグナロクの足音

ラグナロクの足音

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.7

もちろん原作既読。ちょっと考えてみれば確かに濱口監督作品に通ずるテイストと村上春樹の小説は相性が悪いわけがない。共通するのは主人公に主体が欠落している、ある種の離人症状態だということだ(まあ川端に端を>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

2.9

ボリウッド映画かよと言わんばかりの2時間半ぶっとおしで歌い踊り狂うラティーノミュージカル。ワシントンハイツに住んでいるプエルトリコやドミニカの移民たち、彼らは自らの身分で仕事にも就けず、貧乏な毎日。主>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

3.8

おー後半にかけてサスペンス的展開だが、ストーリーの根幹にあるのは写真(映画)の本質に迫る噛みごたえある内容。ある日、天才カメラマンが公園で撮った写真に写り込んだ殺人事件に気づき、ミステリーに巻き込まれ>>続きを読む

悲しみが乾くまで(2008年製作の映画)

4.0

やはりビアは洞察力が抜きんでている。この頃デルトロは渋かっこいいねえ。最近は浮浪者にしかみえないというのに。主人公オードリーは、夫のブライアンと二人の子供に囲まれ、平凡だが幸せな日々を送っていた。しか>>続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

3.1

江戸時代の街並みをアニメで忠実に再現しているのが良かった。ただ話に奥行きがないな。浮世絵師として名高かった葛飾北斎は、娘のお栄と居候の善次郎の三人で暮らしていた。北斎は母のこととは別れていたものの、お>>続きを読む

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.5

トニー谷w ハンガリー映画なのにめちゃくちゃ明るくてぶっ飛んでいるw 日本の『九尾の狐伝説』をもとネタに、日本の恋愛小説と歌謡曲が好きな30歳を迎えるリザの周りで起きる事件と、彼女を取り巻く人々とリザ>>続きを読む

ウィークエンドはパリで(2013年製作の映画)

4.0

これは大人の映画。関係が修復しているようでしていない。夫婦の謎に迫っている。はなればなれにの3人ダンスがいいなあ。結婚30年の記念日をパリで過ごそうとイギリスからやってきたニックとメグ夫婦だったが、夫>>続きを読む

途切れない電話/Call Waiting(2020年製作の映画)

3.5

2児の母親は子育てに家事で忙殺されている。リモートワークで緊急医療のコールセンターをしており、次から次に電話が鳴りやまない。父親のVを受けている子供からの電話や、夫が倒れた老婆による電話。助けられなか>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

3.4

悪趣味キングがバロウズの同小説を映画化。舞台は1953年のニューヨーク。主人公のウィリアム・リーは過去に文筆活動を続けていたものの、前半では害虫駆除の仕事を生業としている。彼の内縁の妻であるジョーンは>>続きを読む

マンディンゴ(1975年製作の映画)

4.3

これはものすごいを観てしまった感が。。セックスと残酷描写満載で南部の黒人に対する醜い現実をここまでストレートに描いちゃってる作品は他にない。舞台はルイジアナ州の“人間牧場”。黒人奴隷の輸入が禁止されて>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

4.0

ザ・オールスターによるパニック映画の金字塔。徐々に火が燃え広がっていく様子がなんともリアル。設計者、ダグ・ロバーツはグラス・タワービルの竣工式を迎えていた。しかし、落成式の当日になってビルの地下にある>>続きを読む

スキャナー・ダークリー(2006年製作の映画)

3.3

この映像表現は斬新だけど見てて酔うわー。アメリカ西海岸、現在から7年後の世界。体から青々とした虫が出てくるのを男が振り落としていきます、男の名はフレック。フレックは知人のバリスに連絡し、虫を瓶に詰めて>>続きを読む

スリー・キングス(1999年製作の映画)

4.1

1991年3月の湾岸戦争の終結を迎え、従軍していたトロイやコンラッドは仲間達とドンチャン騒ぎをする。一方、アーチーは女性記者のお守りをさせられていた。翌日、トロイとコンラッドは捕虜の身体検査をしていて>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

4.2

ホラーの金字塔。首回転、ブリッジ歩行、緑ゲロな伝説的な演出の連続。
ランケスターはイラクの考古学的な発掘に関してベテランのカトリック聖職者でした。その発掘作業の際にデーモンのお守りを彼は見つけます。ラ
>>続きを読む

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011年製作の映画)

1.9

これはホプキンスの無駄遣い。。葬儀屋の息子マイケルは、家業を継ぐのが嫌で、信仰心もないのに神学校に通い始めた。ある日教師から、エクソシスト講座への参加を勧められ、ローマへ向かう。
やる気のないマイケル
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.2

紳士的で優しく、その巧みな話術で人々の心を癒して騙す腕利きの詐欺師ロイ・ウォラー(ニコラス・ケイジ)は、そんな表の顔とは裏腹に、彼は極度の強迫神経症を患い、そのことが波及して潔癖症も患っていました。そ>>続きを読む

THE 4TH KIND フォース・カインド(2009年製作の映画)

2.2

なんだこの奇跡体験アンビリバボーの二番煎じ的な切り口は。。科学者アビゲイル・タイラー博士は彼女とその患者に降りかかる超常現象を解明すべく、催眠術を使い患者から記憶を引き出すが、フクロウに見られたという>>続きを読む

ワイルドバンチ/オリジナル・ディレクターズ・カット(1969年製作の映画)

3.8

THE4対200超の撃ちっぱなし合戦!西部劇末期、20世紀初頭のメキシコ。サソリが無数の蟻に襲われてもがく姿を、楽しそうに見ている子供たち。果てにはその蟻をも焼き殺してしまう子供の無邪気な残虐さの後に>>続きを読む

インフォーマント!(2009年製作の映画)

3.7

ソダーバーグ流石!w 日本の味の素が絡む世界的な談合に巻き込まれていくアメリカ人のリーマンを巡るブラックコメディ!1992年、マーク・ウィテカーは、大豆やトウモロコシなどの穀物を扱う大企業・ADM社に>>続きを読む

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

3.3

今じゃただのデブ親父と化したハーレイオスメントの可愛い頃の「僕の夏やすみ」的なハートフル映画。14歳の孤独な少年ウォルターは、母親メイによってテキサスの田舎に住む大伯父たちの家に預けられることに。 祖>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

4.1

フランス郊外のとある団地に、孤独を抱えた6人の男女。車椅子生活を送ることになったさえない中年男とワケあり看護師、鍵っ子と落ちぶれた女優、不時着したNASAの宇宙飛行士とアルジェリア系移民の女性。フラン>>続きを読む

メンフィス・ベル(1990年製作の映画)

2.9

第2次世界大戦中に西ヨーロッパで活躍した伝説のアメリカ空軍の名爆撃機B-17メンフィス・ベルと若きクルー達を描いたスペクタクルドラマ作品。1943年5月16日。第2次世界大戦中イングランド・アメリカ陸>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.2

すばらしい完膚なきまでの皮肉。皆がなんとなく抱いている現代アートに対するもやもやを見事に晴らしてくれた。言いたいことはシンプルで、デュシャンやポロック以降、どんなに反体制を掲げても、枠(額縁=スクエア>>続きを読む

ザ・コール(2020年製作の映画)

3.2

オーロラの彼方へのモロパクりやないかーい。幽霊系のホラーかと思いきや、そこはやはり殺人大好き韓国ならではのタイムスリップ・キラー映画に仕上がっていて驚いた。Jホラーはまた差をつけられた印象。幼い頃に父>>続きを読む

ヴェラ・ドレイク(2004年製作の映画)

3.2

望まない妊娠をした女性を救うために独自の方法で妊娠中絶を施していたある一般家庭の母親の物語。女性の啓蒙が目的というのは明らかで、幸せな家庭のなかで理由も知らずある日突然母親が殺人未遂で捕まるというのは>>続きを読む

スリーパーズ(1996年製作の映画)

2.5

名優ぞろいのわりに話が単調だなあ。そして主演2人のキャスティングが意味不明。1957年のマンハッタンにて4人組の米イタリア移民の青年たちシェイクス、マイク、トミー、ジョンは、教会に入り浸り悪戯する毎日>>続きを読む

ポッポー!(2019年製作の映画)

4.0

ナイスアイデア! 鳩時計の中に住む中年の親父。彼は毎日定刻になると、病気を抱え定時に薬を飲まなくいてはならないおばあさんのために、「ポッポー!」を必ず奏でなくてはならない。ある日お気に入りのラジオのコ>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

2.3

70歳で中二病こじらしたダスティンホフマンが、1階下の住むジュディリンチを振り向かせるために、彼女のペットである亀(大きくなってほしいと願っている)を順々に大きいサイズへとっかえひっかえしていくという>>続きを読む

黙秘(1995年製作の映画)

3.3

ミザリー以来のキュシーベイツ×スティーブンキング。過去と現在の2つの事件が絡み合う。 20年という歳月をキャシー・ベイツが1人で演じているが、若い頃は肌も綺麗で可愛らしい表情もあったり、すっかり貫禄が>>続きを読む

ふたりのベロニカ(1991年製作の映画)

4.0

舞台はポーランドとフランス。2つの遠く離れた国に、同じ顔・同じベロニカという名前を持つ女性が、お互いの存在を知らずに生きています。ポーランドのベロニカは、夢だった声楽の道が開けそうになった矢先、コンサ>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.3

画面の湿度が半端ねぇ。1960年、香港。実の親を知らないヨディは心に傷を抱え生きていた。ある日サッカースタジアムで売り子をやっているスーと恋仲になるが、彼女が結婚を求めると別のミミという女性に想いが募>>続きを読む

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

3.3

イタリアンマフィアのデニーロが突然パニック障害を患い、結婚まじかのユダヤ人精神科医が治療に巻き込まれていく話。コメディなので台詞ひとつひとつがてきとーすぎて阿保らしい。結局パニック障害の理由は、幼少期>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.2

旧東ドイツで描かれる悲哀と希望。全身タトゥーの無口な元受刑者がスーパーマーケットの在庫管理係で再出発し、お菓子部門の女性に恋をする。が彼女は夫持ち。そして先輩からはかつて東ドイツ自体の話を聞かされる。>>続きを読む

エデンの東(1954年製作の映画)

3.0

ういういしいジェームズディーン。しかし暗い映画やなあ。1917年、アメリカ合衆国カリフォルニア州サリナス。キャル・トラスクは女のあとを追いかける。彼は自身の出自の秘密を探っていて、母親は死亡とされてい>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.6

なるほどよくミステリーとして工夫されておる。全体のメインプロットは「主人公の長男が父親の霊から兄弟たちを守ろうとする」ということだが、そこに隠された秘密をちょっとずつサブプロット「長男が父親に殺された>>続きを読む

プリシラ(1994年製作の映画)

3.5

ヒューゴのおかまっぷり、すげぇきまってるなあ。舞台はオーストラリアのシドニー。結婚後すぐに別れたミッチの元嫁、マリオンから、鮮やかなコスチュームを身にまとい、ステージで踊るドラッグ・クイーンのミッチに>>続きを読む

>|