西木寸

西木寸

点数は好み、レビューはなるべく良さを
映画感想ブログ シネマ・ジャンプストリートを運営中
http://n8ryt.blog.fc2.com/

3.5以上 面白い!
4以上 最高!大好き!年間ベスト10?
4.5以上 大傑作!年間ベスト級

ザ・ボス・ベイビー(原題)(2017年製作の映画)

3.8

「赤ちゃんはまるで家庭内ボスのよう。」
そんな確かに...と思える発想を繋げ、ストーリーまで膨らませた子供目線の想像力が凄い。

中盤にかけては、中々ストーリーが進まないフラストレーションが溜まるが、
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.8

ハリウッド版の戦隊モノ。
想像していたよりも、数段楽しめました。

学内ヒエラルキーの異なる5人が出会い、能力の目覚めから訓練を通してチーム化する展開がめちゃくちゃ良い!
現代版ブレックファストクラブ
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

Xメンシリーズ立役者、ヒュージャックマン演じるウルヴァリン最後の作品。
これまでのシリーズに対して、リアリティラインは一段高め。
言うならば、これまでは伝記コミックであり、今回はその元となったよりリア
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.1

超変わり種なアクションコメディ。
アン・ハサウェイが地球の裏側の怪獣とシンクロする!?
B級テイストな中でも、人間ドラマを切り取れば、多層的なジレンマが浮き上がるかなりの秀作。

ただ、物語としてノイ
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

マックイーンが帰ってキタァァァ!!
って事で見に行って参りました。
http://n8ryt.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

個性豊かなキャラクターとの友情によるス
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.7

ケーパー物しては本気で最高でした。
メンバーがそれぞれのマジックや催眠術、視点のすり替えを利用、それがチームとして機能し、目的にたどり着く...
3度ほどある強奪&嵌めるシーンは前作のそれより格段に面
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

再現度抜群のキャラクター祭!
全面的に大肯定したい そんな映画です!

ブログ↓
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=118

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.0

クリス・ヘムズワースの当たり役!
彼が関わるシーンは大抵最高。
映像的にあがるシーンもいくつかある。

しかし、うーん。どうしても批判的になってしまう...

活かしきれないキャラクター、不連続で不自
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.2

殺すと決めたヤツは、殺す。
殺しにくるヤツも、全員殺す。
ブログhttp://n8ryt.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

「舐めてたヤツが実は殺人マシーンでした物」
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0

極端に正対象な二つの独裁のもとで、平凡で煩悩な人間がとる行動。

恐怖と滑稽!!これにつきる。
どちらの意味でも見ているとつらくなってくる....

いやーすごい映画だな。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.9

スタジオジブリの次世代を担うと言われた米林監督と西村プロデューサー。
彼らがジブリを飛び出し、再びタッグを組むのは、皮肉にも「魔女」の物語。
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

3.7

小気味良い大胆演出に、挟み込まれる無駄な会話/場面と、ケレン味を乗せたアクション。

これでもかとガイ・リッチー節が全快。
中世、伝記物との食い合わせは置いておいて...新鮮で私は好きです!

全六部
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

戦争の圧倒的な不条理さを描きながらも、でも信じていたい正しさを描く傑作!

ぐうの音もでない正しさを、ぐうの音も出ない説得力で描けるメルギブ監督に、ぐうの音も出ない。

今の時代、綺麗事こそが理想で、
>>続きを読む

ツイン・ドラゴン(1992年製作の映画)

4.0

映画好きになった原点!
同じ双子という題材がはまったのか、VHSが擦り切れるほど見たな〜

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

3.8

矛盾矛盾矛盾
自由をうたいながら、共産主義の思想を締め出すアメリカ資本主義。

最も大切な物は何なのか... 信念を追い求めた結果、得る物と失う物は何なのか...気づいた時には、手遅れな事が多い。
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

憎しみと戦えるのは愛のみ。
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=111

2013年に実際に発生したボストンマラソンゴール地点での爆破テロとその後の追跡劇を描く群像サスペンス。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

ファントムペイン=無くした筈の腕や足が痛む事
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=110

あらゆるフィクションジャンルに対し、「日本でも、いや日本だから!」と臆することなく強
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.8

最高最良のバットマン映画
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=102

バットマンを笑い飛ばしながらも、どんなバットマン映画よりもバットマン論と向き合い、レゴだからこその方法で
>>続きを読む

ピュア 純潔(2010年製作の映画)

3.5

アリシア・ヴィキャンデル初主演映画。

低所得層で暮らすカタリナ。
売春を繰り返していた彼女は、クラシック音楽に救われる。
身分を偽り、コンサートホールの受付に仮採用、そこで指揮者のアダムと親密になる
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.9

ただのハートフルコメディじゃないから!!
http://n8ryt.blog.fc2.com/blog-entry-93.html?sp

コメディ色の強いライトな作品が多い矢口監督ですか、実はシビア
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.6

人助けにルーツとか関係ねぇ
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=91

言わずと知れた超名作『荒野の七人』の現代解釈のリブート。
更にルーツをたどれば、黒澤明監督の『七人の侍』
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

大人優雅な大傑作!!
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=90

何処を切り取ろうとも画になる色彩豊かな画作り。
思わず席から乗り出しそうになる音楽やダンス。
主に前半、カラフ
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.7

ハイスペックコミュ症!?
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=88

「表の顔と裏の顔を持つダークヒーロー」!?
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバット
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.0

序盤は馴染みのない言葉回しに置いてけぼりくらっていたが、寺入り後は引き込まれるまでは時間の問題。

登場人物みんな、血が通って生きている。
だからこそ、ドラマティックな演出など必要なくて、淡々としてい
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.1

名もなき者達の、光り輝く物語
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=86


決して選ばれた者たちには見えない地味な面々。
ドラマチックさを最小限に抑えたストーリー。
シリーズ最
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.9

皮肉に飛んだコメディなんだけど、本当に怖い作品。

世界的に内向きになっている今、第二、第三のヒトラーは近い将来現れるかもしれない。
なんなら、現在進行形で誕生しているかもね。
民主主義の中から。

太陽(2016年製作の映画)

4.0

邦画だからこそのディストピアSF!
がっつりやられたー

太陽を浴びられないが知能や身体の進化した人類ノクスと、身体が弱くウイルスへの耐性がない旧人類キュイオ。
ノキオがキュリオを支配する社会。
設定
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4

「なのに」が「だけど...」を想像させる。
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=82

評判がとにかく良い!
見た結果、これはなるほど。
非の打ち所がない、素晴らしい名作。
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.9

躊躇なく人を殺す悪徳警官が唯一かなわない存在....それは子供!?

本来この手の映画は、正義の象徴であるはずの警官が、黒ければ黒いほど、本当はあって欲しくない非現実性が増して楽しいのだが...
この
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.7

この映画、大好き!!!
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=80

ありふれた「闘病と家族の絆」モノに一線を画する熱さに、見終えた後も数日は心地さが抜けませんでした...
映画
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.9

君の名は?
http://n8ryt.blog.fc2.com/?no=81

新L演じる池松壮亮と、キラを崇拝する菅田将暉の存在感は流石で、それら含めて不思議と立派な映画になっちゃってます。
この辺
>>続きを読む

空の沈黙(2016年製作の映画)

4.0

沈黙の暴力。

東京国際映画祭にてブラジル映画。
ヒューマンドラマから始まった、スリラーで帰着する不思議な映画。
侵入者から妻への暴行を止められなかった...
言い出せないが、対する妻も事実を話さない
>>続きを読む

天才バレエダンサーの皮肉な運命(2016年製作の映画)

4.1

この人でなしが!!!

東京国際映画祭にてロシア映画。
失礼ながら、こんなにもルックがリッチな映画が、ロシアにあったのかと...
これは面白い!

元天才バレエダンサーの主人公。
ある出来事を機に、表
>>続きを読む

うつくしいひと(2016年製作の映画)

3.6

東京国際映画祭にて。
熊本出身のキャストを揃えて熊本県のPR映画として取られた短編映画。
しかし、結果としてチャリティー映画となってしまった稀有な映画です。

パキパキした豊かな色彩表現を活用しなが
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.6

友達とは??

新鋭菊地監督2作目を東京国際映画祭にて、ワールドプレミアで鑑賞!
真面目な委員長と、やんちゃな人気者。
性格も学内ヒエラルキーも正反対の二人が、認知症のおばあちゃんを通して、ぶつかりな
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

3.9

もう...彼女はいない...でも、確かに生きていたんだ!!

東京国際映画祭、フィリピンからワールドプレミア。
ミス・フィリピーナを受賞したあるトランスジェンダーの葬式。
フラッシュバックさながらに幾
>>続きを読む

>|