赤足さんの映画レビュー・感想・評価

赤足

赤足

2018年は1日1本鑑賞レビューが目標。
基本的に独断と偏見の採点のレビュー
(ドキュメンタリーには点数はナシ)
過去に見た作品のレビューも掘り起し中!
好きなジャンルはヒューマンドラマだが基本雑食。

映画(380)
ドラマ(12)

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.8

やばい...コレ!かなり好きだ| Ꙭ)و゙
フランスとチェコスロヴァキアの合作で製作されたアニメだが!いや、はや、この独特で独創的な世界観と中毒になりそうなキャラクターやイラストと精神的にくるような音
>>続きを読む

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(2014年製作の映画)

3.4

ムーミンやスヌーピーはやはり原作に近いと深みが一層増し、人生のちょっとした疑問や生きている上でのヒントや哲学的な部分が顔を出し見終わった後に色々と考えるキッカケをくれる。勿論、そんな堅苦しい事を抜きに>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.3

ビッグコミックスピリッツで連載中の薙刀を題材にした、青春スポーツマンガの実写化!!原作は読んでたものの..実写化という事で若干抵抗があり、なかなか見れないでいたがやっと鑑賞L👀K !!

主演は乃木坂
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

2.8

《クソ映画愛好家厳選作品》 シリーズ
に新たにその名を飾るのは、なんとあのクソ映画「Mr.タスク」の続編でありスピンオフ作品でもある。

やる気も気力もナイナイ尽くしのヨガが大好きコンビニ店員で、前回
>>続きを読む

南風(2014年製作の映画)

3.2

日本と台湾合作映画。

男にフラれ台湾に取材にやってきたアイコ、ガイド役に頼んだのはモデルを夢見る台湾の女の子トントン、そして旅の途中で出会った謎のイケメン、ユウ!それぞれの想いを乗せ目的地である日月
>>続きを読む

ビートルジュース(1988年製作の映画)

3.4

ビートル・ジュース
ビートル・ジュース
ビートル・ジュース

あら不思議!
その名を3回唱えれば
呼ばれて飛び出てジャジャジャーン!

ティム・バートンの名を一躍轟かせた作品としてカルト的人気を誇った
>>続きを読む

夢を生きた男/ザ・ベーブ(1991年製作の映画)

3.2

大谷がメジャーデビューした際に、二刀流ということで比較されて話題になった。米国を代表するレジェンド、ベーブ・ルース!今作は彼の伝記的映画であり、あまり知られていなかった彼の生い立ちから、プライベートな>>続きを読む

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

3.4

前に何かの作品の予告で見て以来、ずっと気になっていた作品であったが、やっと鑑賞できた。

あらすじはこうだ
葬式に参列することを日常とする、死に取り付かれた青年と、不治の病に侵された少女の恋を繊細なタ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

全ての生き物に共通すること「死」をテーマにハリー・ディーン・スタントンの集大成にして遺作となった本作。まるで、スタントンの人生を教科書にして開いて見ているような作品であり、無神論者で90歳のラッキー(>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.6

ちょうど、時間があり、あらすじ見たら面白そうだったので鑑賞して見たけれど...LGBT映画と知らず、ちょっと展開に驚いた!!

あらすじは、目が見えないが人並みに生活したいと願う高校生のレオは、少々過
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

【臭いものには蓋をする】
"意味"
都合の悪いことや、世間に知られたくない醜聞が、外部に漏れないように、一時しのぎの方法で隠すことの例。

悪臭の元を絶たなければ根本的な解決にはならず。一体、幾つの腐
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.4

あらすじは、ある日。青いイナズマにうたれ40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、ひょんな事から若き日の母と父と出会い。父とコンビを組むことに!そして隠された過去の秘密を知る事になっていく。。>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

SNSで話題になって気にはなっていたものの、ここ近年は邦画を食わず嫌いしていた感があったが、ついに手を出してしまった((゚Д゚;))

ジャケットだけ見てたイメージは…ドロドロとした重たいシリアスな人
>>続きを読む

リバティーン(2004年製作の映画)

3.2

インディーズ映画が似合う役者と聞かれたら、自分的にはやはりジョニー・デップと答えるであろう。

今やハリウッドスターとして有名なジョニーではあるが、過去に数々のインディーズ映画に出演しマニアックな役柄
>>続きを読む

ステップ・アップ(2006年製作の映画)

3.7

普段なかなか見ないであろう、ダンス系のジャンルに珍しく手を出して見たのだが、結果は...当たり!であった。

あらすじは、ボルチモアの貧しい家庭で育った不良少年タイラーは、ある事件をきっかけに有名な芸
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

最初に見て驚いたのがこれが本当にストップモーションアニメなの!?と思うほどに、ヌメヌメと動くキャラと映像美は普通にアニメーションで見ているかのようで、

ストーリーも日本リスペクトなのか?日本昔ばなし
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

2.5

自分の中では完全に、続きが気になる海外ドラマの続編を見る様な感覚で、もはや映画やなくてもええやんと思ってしまうほどで!兎に角、2になるとメイズ(迷路)関係あらへんやんけ!っとツッコミ入れたくなってしま>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.8

結構前に話題になっており、見るタイミングを失っていたがやっとこさ見ることが出来た!もう完結しているのかと思ったら、今月公開の3の全三部作である事を知り、原作も前情報も何もなしで鑑賞。主に巨大な迷路の壁>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

元々は鑑賞予定ではなかったのだか、SNSでのTLでの盛り上がりと高評価に次第に感化されてついつい見たくなってしまったのだが、

アウトレイジ以来久しぶりに邦画で血が滾るような素晴らしい作品で心震えた。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

前日にデップ1を見てしっかりと予習復習して、初日に備え準備万端であったが友人のドタキャンで一日遅れで鑑賞(;´д`)

いやー相変わらず前作以上にドイヒー(褒め言葉)であった!冒頭から、ある映画ネタと
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.5

アベンジャーズやX-MENに中指を立て🖕全否定するかの様なアンチヒーローであり!正義感ゼロ!の毒舌&下ネタ全開! 無責任男というとんでもヒーロー!なのだが何とも新しく新鮮でそれが魅力的で押し付けがまし>>続きを読む

キャンディ(2006年製作の映画)

3.6

ドラッグとSEXに溺れ破滅の道へと徐々に転落していく男女の関係を赤裸々かつ繊細に描いた衝撃的なヒューマンドラマ。

話としてはありがちな、ドラッグ漬けのカップルをテーマにした物語なのだが、フタを開けて
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.6

素人スキージャンパーと落ちぶれた元一流選手のコーチ、負け犬二人の無謀なオリンピックへの挑戦が始まろうとしていた。

元ネタはイギリス史上初のオリンピック・スキージャンパーとなったマイケル・エドワーズの
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

2.8

スティーブン・キングが長年の歳月をかけ完成させた超大作!全7部構成。

巨大なタワー、拳銃使いの戦士、魔術を操る黒衣の男が現れる悪夢を見続けていた少年ジェイクは、ある日夢で見た中間世界と呼ばれる異界が
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

劇場で見ようか...見まいか...迷って結局、見なかった。ジオストーム(世界的な大災害) 世界の気候をコントロールするダッチボーイという名の人工衛星の暴走で世界各地で異常気象を引き起こしてしまい。巨大>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

1986年にアメリカで発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースに実写化した本作。簡単にあらすじを言うと巨大化したゴリラとオオカミとワニがシカゴの大都市で大暴れするパニックアクション映画であ>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

「グランド・ブダペスト・ホテル」や「ファンタスティックMr.FOX」でストップモーションアニメの新境地を開拓した!ウェス・アンダーソン監督の最新作は、なんとも不思議な世界観と日本愛が伝わってくる犬と少>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

女子高生(17)が冴えないファミレス店長(45)への片想いを描く恋愛作品!

漫画原作で読んでた自分としては、実写化で!主人公演じる橘あきらを小松菜奈。店長を大泉洋が演じるという事で、楽しみにしていた
>>続きを読む

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.2

前作「シン・シティ」から9年が経ち製作された新章こと「シン・シティ 復讐の女神」前作と比べてしまうとどうしても、前作の"THE 漢"という名の魁男塾愁が足りず、物足りなく感じてしまう部分はあるものの、>>続きを読む

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.6

ロバート・ロドリゲス監督とアメコミ界の鬼才、フランク・ミラーが手を組んだ作品。フランク・ミラー代表作の一つでもある「シン・シティ」原作は白黒ベースであるが、映画もそれと同じようにフランク・ミラー独特の>>続きを読む

ふたたび swing me again(2010年製作の映画)

3.0

ハンセン病で人生の半分以上を隔離された島で過ごした祖父が50年ぶりに息子の家へと一時帰省し!若い頃、夢志半ばで別れたジャズバンドの仲間達を孫と一緒に探しに旅に出るロードムービー!

ハンセン病を題材に
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

4.1

決して万人ウケする作品ではないけれど、見終わった後にじわじわと広がる余韻と不思議と笑顔と優しい気持ちになれる映画で、たまに無性に見たくなる1本でもある本作!

主なあらすじは砂漠に佇む、さびれたモーテ
>>続きを読む

SEX エド チェリー先生の白熱性教育(2014年製作の映画)

3.2

主役は名作「シックスセンス」の子役で一際有名であった。"ハーレイ・ジョエル・オスメント"子役時代の面影を微塵も感じさせない変貌で彼は地獄のミサワ(実写版)として帰ってきた!ケツアゴと小太りという濃いキ>>続きを読む

茄子 スーツケースの渡り鳥(2009年製作の映画)

3.6

前作「茄子 アンダルシアの夏」からの3年後を描いた本作、前回の舞台はスペイン・アンダルシア!今回は日本である。

前作が想像以上に良く今回は若干ハードルを上げて鑑賞したのだが、前回は主人公ペペの心境が
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.6

自転車ロードレースをモチーフにした作品と言えば…!?「弱虫ペダル」と名前が挙がるところだろうが!自分的に自転車ロードレース作品と言えば「シャカリキ!」以外には有り得ないほど影響を受けたもので

そんな
>>続きを読む

タマゴによる自由への逃避行(2006年製作の映画)

3.0

タマゴ達による大脱走劇!
色々な料理のタマゴたちが力を合わせてトラップやら試練などを乗り越えていく様はコミカルでありつつキュートであった(笑)

>|