赤足さんの映画レビュー・感想・評価

赤足

赤足

365日映画野郎!今年はマイペースに行きます。
基本的に独断と偏見の採点のレビュー
(ドキュメンタリーには点数はナシ)
過去に見た作品のレビューも掘り起し中!
好きなジャンルはヒューマンドラマだが基本雑食。アイコンは1ヶ月に1度変わります(自作)

映画(597)
ドラマ(18)

震える舌(1980年製作の映画)

3.6

怖い怖いとネットでも噂になり、ホラー物かと思いきや、中身は病になった娘の為、家族一丸となる社会派ホームドラマだったが・・・兎に角、冒頭から終盤まで重い、重すぎる、娘の発作的動作がいつ起こるかといった行>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.7

ジブリのハウルの動く城のような話かと思いきや、ハウル+ラピュタと紅の豚の世界観を組み合わせ詰め込んだ世界観で、前評判は低かったようだけれども、かなりエンターテインメントにとんだ内容と2時間を感じさせな>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

昨年、宇多丸さんの週刊映画時評と年間ランキングで1位を獲得した作品であり映画館でも見たかったが、いつもの理由で見れずトホホとレンタルでやっとの思いで鑑賞!

家長である祖母を亡くしたグラハム家、その日
>>続きを読む

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

3.4

「三大怪獣 地球最大の決戦」を借りる際に、実はまだ未見であったヘドラも一緒にレンタル。その昔から、その禍々しくおどろおどろしい圧倒的インパクト大のヴィジュアルに一目置いていた怪獣ヘドラ。

まず冒頭か
>>続きを読む

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

3.5

来月(5,31)に公開が迫った「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」「三大怪獣 地球最大の決戦」のこの作品が主にモチーフになっているとの事、やはり本家を知った上で堪能したい為。映画ファンなら定石の予習>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

海洋生物と意思の疎通ができるアクアマンが人類存亡の危機に立ち向かうアクションヒーローの活躍を描いた作品。

DCは作品公開の順番を何故しっかり考えず公開してしまうのだろう?ワンダーウーマンの前にバット
>>続きを読む

スモールフット(2018年製作の映画)

3.8

遥か山脈の人里からかけ離れた山で暮らすイエティのミーゴ。ある日偶然人間と出会ったが、村人は信じようとせず。真実を求めいざ下界に降り人間を捜す旅に出ることになった

雪男と人間の友情物語を描いたストーリ
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.4

昨年、映画「ウィンド・リバー」を鑑賞する際に予告で流れ気になっていた作品。ミニシアター系の作品の為、やはり地元には来ず(涙)の作品でやっとレンタルで鑑賞!

大学に通うため一人暮らしを始めたテルマ、信
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

3.3

Netflixオリジナル作品。
米国退役軍人5人組が麻薬王相手に大金強奪計画を実行するストーリー

ベン・アフレックからオスカー・アイザック監督にはオール・イズ・ロストの監督等。豪華キャストを揃えた布
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

キャプテン・マーベルが正式に参戦する事が決まったアベンジャーズ来月4月26日で多くのファンを獲得したMCUの歴史に一旦幕が降ろされると目されているが、肝心のエンドゲームでの決着の仕方によっては傑作にも>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢
◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

ガッツリ!ネタバレしてるので御注意を!

◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢
◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢

>>続きを読む

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.2

こちらの作品も去年、注目してた作品だったのだがいつの間にかレンタルで準新作になってたのを発見鑑賞!

北アフリカの砂漠で石油泥棒を監視するロボットを、1万km離れたアメリカから遠隔操作するゴードン。彼
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.6

劇場で見たかったがいつものとおり田舎の宿命を背負って見れなかった作品である。

挫折したバイオリニストが、初めて音楽に触れる子供たちとの交流から、演奏会を目指そうとする人間ドラマ。

最初主人公がクラ
>>続きを読む

四十九日のレシピ(2013年製作の映画)

3.6

去年(2018)の年間映画ベスト10中~自分の中で7位にランクインした「ミッドナイト・バス」伊吹有喜という著者が書いており小説も購入したほどハマった!それ繋がりで他にも映像化されていた作品を知り鑑賞。>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

最高のバディ&ロードムービー性格と生き方も正反対の2人がコンサートツアーの旅でぶつかり合いながらも互いの境遇や人種の壁を乗り越えいつしか認め分かちあって行く様はずっと終わらず見ていたいと思うほどに素晴>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

原作(銃夢)の存在は知っていたがほぼ未見、映像もアクションもキマっており話のテンポも良く、肝心の主人公アリータの目が大きい問題、予告やなんかで賛否あり、自分も

観賞前「目でかすぎて無理」
観賞後「ア
>>続きを読む

劇場版めんたいぴりり(2018年製作の映画)

3.8

2013年8月に放送されたテレビ西日本開局55周年記念ドラマ「めんたいぴりり」明太子を作った「ふくや」創業者夫婦の生き様を描いた笑いあり、涙ありの人情作品。

福岡のドラマシリーズから舞台化までした"
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.7

今年劇場鑑賞1発目となる記念すべき作品!‪TOHOシネマズ新宿にて鑑賞。まさか丸々新宿が舞台となってたのには驚いた。自分が見ている映画館から果ては長野から新宿まで乗って来たバス乗り場までも色々な新宿ス>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

あけましておめでとうございます🎍🌅🎍

プライベートが多忙の為更新できずにいました。
しかし、また今日からレビューしてきます。

年末、2018年最後に見た作品でもある本作。下町ロケットも顔負けの、妻
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

今年これを見ずに年は越せぬと前から期待していた待望のシュガーラッシュの続編。

前作はアーケードゲームの世界を舞台にしていたが、今回はインターネットの世界へ、シュガー・ラッシュのゲーム存続の危機を救う
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.9

「シュガー・ラッシュ :オンライン」の為。再録

アーケードゲームの世界で悪役キャラクターを演じてきたラルフが、ヒーローになる夢をかなえるために冒険に旅立つファンタジー・アドベンチャー映画。

ゲーム
>>続きを読む

ジャンプ(2003年製作の映画)

3.5

映画「ミッドナイト・バス」が思いのほか、良かったのもあり!監督と出演者(原田泰造)が同じという事で、レンタルになかったので思わず購入して鑑賞してみた。

ある夜、南雲みはるは、酩酊した恋人、三谷を自分
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.3

元軍人で行方不明になった子供達の奪還を請負うスペシャリストけん殺し屋のジョー。ある政治家の娘の奪還を頼まれたが事態は予期せぬ方向へ走り出す。

予告や評価で見た限りでは「タクシードライバー」や「レオン
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.7

上半期、評価が高く劇場で見たかったがマイナーという部類で敢え無くレンタルまで我慢。。。やっと見れた!紛争地域でドンパチの戦場映画を期待する人には向かない作品である。

停戦直後の村に投げ込まれた井戸の
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.4

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者の実話を基に製作され、テロに巻き込まれ両足をなくした主人公ジェフがさまざまな苦難を乗り越えていく姿を描いた作品。

まだ記憶に新しく、当時かなり
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

"真実は小説よりも奇なり"という言葉がピッタリの作品である。

五輪代表に選ばれながら、ライバル選手への襲撃事件などのスキャンダルを起こしたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの軌跡を描いた伝
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

正直、タイトルだけ見た時は「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」やB級映画特有のお色気映画かと思った自分が恥ずかしい(汗)

まだ、男女感の間での蔑視が厳しかった時代。女子テニスの元王者、ビリー・ジーン
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.7

良くも悪くもファンのためのファンの映画!

テレビアニメ版からの続きとして描かれており、主に前半は、プロローグのような今まで短編で描かれた部分と+‪αで鳥山明が少々補正を加えた。悟空の母親やなんかも登
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年製作の映画)

3.0

3度目のブロリー登場というか、回を増すごとに扱いがどんどん雑になってきているブロリーさん!今回は原型さえも留めてない酷さときたもんだ(笑)ミスターサタンの幼馴染みで恨みを持つ金持ちがバイオテクノロジー>>続きを読む

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年製作の映画)

3.3

ブロリー2回目の再登場!7年前に倒されたはずのブロリーがポッド(宇宙船)で何故か地球に不時着し冷凍保存されていたからさぁ大変!たまたま、ドラゴンボールを探していた。ビーデルさんとトランクスと悟天達と遭>>続きを読む

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

3.2

映画「ドラゴンボール超ブロリー」の為に予習復習!過去にブロリーが出ている3本を鑑賞。先ずはブロリーが1番最初に登場した記念すべき一本目!悟空やベジータの様に途中から目覚めた超サイヤ人ではなく、生まれな>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.4

日本劇場未公開。アベンジャーズのホークアイことジェレミー・レナー出演作品との事で来年公開されるのかと期待してたが、配信やレンタルで既に出てて驚いた(笑)

9歳からの親友。ホーギー、ジェリー、ボブ、チ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

カリフォルニア州サクラメントの片田舎で生活している女子高校生が、さまざまなことに悩みながら成長していく姿を映した青春映画。

狙ったわけでもなく偶然にも「スウィート17モンスター」と同時に見たのもあっ
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

17歳のネイディーンは恋愛への妄想だけが空回りして教師や母を困らせていた。そんなある日、親友・クリスタが天敵である兄・ダリアンと恋に落ちてさぁ大変!

最近、これと似た作品を邦画で見たと思ったら松岡茉
>>続きを読む

タイムコップ(1994年製作の映画)

3.1

タイムトラベルが可能になり、TEC(時空管理委員会)の監視にもかかわらず、時空を超えた犯罪が多発した。捜査官のマックスは、時空犯罪の黒幕を追って、妻が殺害された忌まわしい’94年へと戻って行く…。>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.5

1つの交通事故から連鎖する数奇な運命が3人の人生を狂わせ交差させていく人間ドラマ。現代社会やその裏に見え隠れする犯罪や事故、幸先の見えない経済や暗闇に閉ざされ不安ばかりが蔓延する今の世の中に対して訴え>>続きを読む

>|