赤足さんの映画レビュー・感想・評価

赤足

赤足

2018年は1日1本鑑賞レビューが目標。
基本的に独断と偏見の採点のレビュー
(ドキュメンタリーには点数はナシ)
過去に見た作品のレビューも掘り起し中!
好きなジャンルはヒューマンドラマだが基本雑食。アイコンは気分でコロコロ変わります!

映画(563)
ドラマ(14)

21グラム(2003年製作の映画)

3.5

1つの交通事故から連鎖する数奇な運命が3人の人生を狂わせ交差させていく人間ドラマ。現代社会やその裏に見え隠れする犯罪や事故、幸先の見えない経済や暗闇に閉ざされ不安ばかりが蔓延する今の世の中に対して訴え>>続きを読む

路上のソリスト(2009年製作の映画)

3.3

「プライドと偏見」をこの前鑑賞した際に、前に見ていた作品と同じ監督だったので掘り起こしてみた。

路上で暮らす男、ナサニエル。 彼はかつて天才と呼ばれたチェリスト。 LAタイムズの記者が迫った実在の音
>>続きを読む

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

2.3

低評価👎の嵐が吹き荒れる中、ひさしぶりにクソ映画愛好家の腕が試される作品とあって期待値が膨らんだ💩

スマホの中にある絵文字たちの町・テキストポリスに住むジーン🙁は初仕事に挑戦するが、不具合で役割と違
>>続きを読む

ニュースの天才(2003年製作の映画)

3.2

全米のマスコミと読者を大騒ぎさせたジャーナリスト、スティーブン・グラスの出来事をリアルに描いた社会派ドラマ。

フェイクニュースが今ほど浸透していなかった時代の序章とも呼べる出来事。SWのアナキンこと
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.6

何年か前にニュースで話題となり、陰謀論や都市伝説だとも言われた裏側を暴いた本作。

CIAおよびNSA職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.0

アカデミー賞の注目作として話題となった作品で、ストーリーがちょうど自分の境遇と重なるところもありひかれた作品でもあった。

兄の死を機に故郷に帰って来たリーは、兄の遺言で16歳の甥・パトリックの後見人
>>続きを読む

詩季織々(2018年製作の映画)

3.6

『君の名は。』『秒速5センチメートル』のスタッフと中国の若手監督やキャストが結集製作された日中作品。中国の3都市を舞台に "衣食住行"をテーマに描かれた3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー >>続きを読む

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード(2015年製作の映画)

3.6

前作が好評であったため、クラウドファンディングで資金を募集したところ一日で目標金額をクリアしたとされ(笑)製作された本作!

前作は普通のアニメ1本分であっが、今回は資金力アップの影響もあってか!?上
>>続きを読む

リトル ウィッチ アカデミア(2013年製作の映画)

3.5

幼い頃に魔法ショーを見て魔女になることを決めたアッコは、伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学するも、まともに魔法もホウキにも乗れない落ちこぼれだが、持ち前の前向きと明るさでルームメイト>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

2.0

この作品を好きな人には申し訳ないが、自分のジョニデ作品の中でも本作はワーストに入る部類であった。

イタリアを訪れたアメリカ人旅行者(ジョニデ)が、謎の美女(アンジー)に翻弄され、知らないうちに巨大な
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

恋愛映画繋がりで、過去に鑑賞した作品の掘り起こし!

身分の差により両親に引き裂かれながらも、初恋を一途に生涯貫き通す極上の純愛ラブストーリーでセピア色のイメージカラーが似合いそうな世界観であり

>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.7

フォロワーさんにオススメしてもらいなかなか見れなかったがやっと鑑賞出来た(笑)

イギリスの女流作家ジェーン・オースティンの原作を、キーラ・ナイトレイを主演に迎えて映画化した文芸ラブ・ストーリー 18
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

今回も話題となった韓国作品。気になったのは他のフォロワーさんで「コクソン」「アシュラ」をセットで見てたり話題にしたのは意外なシンパシーを感じ嬉しく思えた。

平和な田舎の村に得体の知れないよそ者(國村
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.8

韓国映画に今更ハマりつつあり(笑)幾つか話題になった作品をチョイスして鑑賞したが、その中でも本作は凄かった!

私利私欲に走る市長と、犬として奔走する主人公で悪徳刑事ドギョン。そして市長を立件するため
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.6

SNSで話題になって気になっていた作品であらすじも内容も情報もなしで鑑賞。

冒頭で"この物語は真実である"と表示され通り。1980年5月。韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件を舞台にドイツ人記者
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.2

GANTZの奥浩哉と実写版GANTZの佐藤信介監督が再びタッグを組んだ作品。原作とアニメを少しかじった程度で鑑賞。

冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲わ
>>続きを読む

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

3.4

喰わず嫌いで手を出す事がなかなか出来なかったが、ついに味わうことに成功!

クリスマスに魅せられた“カボチャ大王”こと主人公のジャックが、ハロウィン・タウンでクリスマスを再現しようとするのだが...
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

本作も映画館で見たかったが恒例《田舎の映画館には来ませんでした》のテンプレ作品。やっとレンタルで鑑賞!

顔に障害を抱え、自宅学習を続ける10歳の少年・オギー。初めて学校に通い始めた彼は、いじめに遭い
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.6

原作も実写の方も未見で、評判もよかったのともうすぐ劇場終了というギリギリで鑑賞。

地味な男子高校生と膵臓に病を患うヒロインのはかない交流を描いた青春ストーリー

タイトルの元となっている"同物同治"
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.6

今年は本当に劇場で見たい作品が多いが地元(田舎)の劇場には来ないってパターンがテンプレになりつつあるから困る、この作品もそうであった(涙)

9.11直後にアフガニスタンに降り立った米国部隊、反タリバ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続くスピンオフ第2弾。シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くSFアドベンチャー。

劣悪な環境を抜け出し銀河一のパイロットを目指すハン
>>続きを読む

バンビの息子、ゴジラに会う(1999年製作の映画)

1.7

監督は違えど、続編のようで今度はフルカラーの上、3D映像となって進化!
ある種、前作のバンビとゴジラ親子2代による復讐劇のようで意外な展開に唖然とさせられた。あと、登場してるゴジラは明らかにエメゴジラ
>>続きを読む

バンビ、ゴジラに会う(1969年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

箸休めに鑑賞。
パラパラ漫画の様なイラストで、のどかな音楽の中、草を食うバンビがゴジラのような鱗たっぷりの足に踏み潰されるという内容。とてもシュールでゴジラじゃなくてもいいだろうとツッコミどころも沢山
>>続きを読む

ホールド・ザ・ダーク そこにある闇(2018年製作の映画)

3.4

SNS上でウインド・リバーの様な作品と紹介されて俄然興味が湧き鑑賞!

オオカミに息子をさらわれたと言う母親の依頼で、アラスカの辺ぴな村を訪れた作家。だが、動物行動学の知識を生かした人助けが、不気味な
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

オープニングは今まで見てきた映画の中でもぶっちぎりのインパクトと不気味さと不快さを感じさせられた!!

スーザンは物質的には恵まれながらも、心満たされない日々を過ごしていた。ある日、離婚した元夫エドワ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8


"成功も失敗も終わりではない"
"肝心なのは続ける勇気だ"
ウィンストン・チャーチル


舞台は第二次世界大戦、ドイツとの攻防でイギリスは絶体絶命の状況下
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.6

ジェシカと名が付く女優さんどれだけおんねん!?っとツッコミいれたくなる1人、ジェシカ・チャステイン出演作。

モーグルの大会で重傷を負い、アスリートの道を諦めたモリー。ある日、彼女は上司からアンダーグ
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.4

言わずとしれた名作。姪っ子が一時すごくハマってたりTVでも放送もしてたりとしたが何だかんだで見逃して、結構ブームが過ぎてからやっと見れた作品なのだが...

テンプレのように大絶賛!素晴らしい!傑作だ
>>続きを読む

人狼 JIN-ROH(1999年製作の映画)

4.2

最近、Netflixで実写化もされた原作となる作品として、見るなら原作の方から見てみたいのがセオリーということで鑑賞。

日本がアメリカではなくドイツに占領されたという、架空のもう一つの戦後を舞台にし
>>続きを読む

スカイ・クロラ The Sky Crawlers(2008年製作の映画)

2.0

友人から命を題材にした作品と聞き興味はあったがこれまたなかなか見るのに時間がかかった作品。

現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパ
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.3

原作は読んでいたが、実写化という事でなかなか見る機会がなくやっと鑑賞。

性格の違う高校生2人がタッグを組み、週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビの姿を描いた作品。

ことごとく
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

劇場の予告で見て以来、この作品は絶対に劇場の大画面で堪能する作品だと確信しての鑑賞。

伝説のバンドQUEENのフレディ・マーキュリーの波乱万丈の人生を描いた物語

冒頭、20th Century F
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

3.5

女性の圧倒的共感と痛みをもれなく伴う作品として前からオススメされてた作品を鑑賞!

アラフォー独身主人公が、元彼とその嫁から赤ちゃんの写真付きメールを送られたのをキッカケに、元彼と復縁しようと田舎に戻
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

来ることはないだろうが、いずれ我が地元に「アンダー・ザ・シルバーレイク」が来てくれる事を願いつつ関連作品を予習のために鑑賞(笑)

ある男と一夜をともにした、ジェイはその男からあるものをうつされ、ソレ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.6

サスペンスものやホラー系が見たかったので話題になって気になってた作品をチョイス!

レイプ被害にあった女性が犯人を探し出そうとする姿を描くといった内容。

サスペンスかホラー系で怖い作品なのかと思いき
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.5

繁華街の一角にあるこぢんまりとした食堂を舞台に、その店主が出す料理と客たちが織り成す人間模様を描いた作品。

安倍夜郎の人気漫画「深夜食堂」を基にしたテレビドラマからの劇場版。右目の上に傷跡があり、一
>>続きを読む

>|