赤足さんの映画レビュー・感想・評価

赤足

赤足

2018年は1日1本鑑賞レビューが目標。
基本的に独断と偏見の採点のレビュー
(ドキュメンタリーには点数はナシ)
過去に見た作品のレビューも掘り起し中!
好きなジャンルはヒューマンドラマだが基本雑食。アイコンは気分で変えます!

映画(510)
ドラマ(13)

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.5

つい最近「500ページの夢の束」を見たせいか?同じようなパッケージに惹かれたため鑑賞(笑)

人生のどん底にいたが女性(シェリル)が本来の自分を取り戻すため1人1600キロの荒野を歩く姿を描いたロード
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

3.4

ブカブカドンドン!📣🥁
ついにエイリアンシリーズ最終章。監督を務めたのは「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督。

3から路線変更を間違っただの、くそみそに言われた前作からの続編で正直、あの幕引きか
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.6

毎回監督が変わることでおなじみのエイリアンシリーズ!今回は鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が務めている。

シリーズワーストとしても名高い印象が目立つ3なのだが、要因としては1作目、2作目で作り上げた
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.6

今回はフォロワーさん(備忘録さん)にオススメいただいた作品を鑑賞!

交通事故に巻きこまれ、脳死と判定されたシモン。両親に医師からは蘇生の可能性はゼロである事を告げられ、更に心臓の移植を待つ患者の為に
>>続きを読む

がんばれ!ルーキー(1993年製作の映画)

3.6

SNSで「がんばれ!ルーキー」のリメイクが決定した記事を見つけ、あまりの懐かしさにレビュー౾φ(..)

12歳の少年ヘンリーは腕のケガがきっかけで何故か160キロの豪速球を投げれるようになり!ひょん
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.7

25年間、ニセの両親と地下シェルターに監禁されていたジェームスが、外の世界に出て本当の家族の元へ、はじめて体験する外の世界で、ジェームスは何を想い、何を糧に生きていくのか……?

重いテーマを題材にし
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.6

ペンタゴン・ペーパーズと同様に現トランプ政権への警告とも取られる内容となっていた為か?ほぼ、同時期に公開された作品で時系列的に

「ペンタゴンペーパーズ/最高機密文書」

「大統領の陰謀」
「ザ・シ
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.6

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が面白かったので、似たような作品がないか調べたら、時系列的に調度というかモロに続きとなる内容で当時のウォーターゲート事件を発端にこの時期のリチャード・ニクソン大>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

劇場で見ようと思ってたらいつの間にか上映終了、あえなくレンタルまで待ちやっとこさ鑑賞!

世界一幸せなウサギ・ピーターの隣に、動物嫌いのマグレガーが引っ越して来た。ピーターとマグレガーは自分の生活を守
>>続きを読む

ディープ・ブルー2(2018年製作の映画)

1.6

時は某日、N県TSUTAYAにて…
新作レンタル日のその日、その男は居た。

赤足「お、あのディープブルーの続編出たんか!?
よっしゃ、いっちょ見たろやないけ!」

っと、意気揚々と借り家へ帰還!
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.6

記念すべきフィルマークス500本目🎉

今回も400本目の時と定番の同じ数字の作品を鑑賞!「500日のサマー」にしようかと考えてたが調度、この為かと思うように公開していた本作品に決定!

自閉症の少女
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

予告とSNSでの評価を参考にこれはどうしても劇場で見なくてはと思った作品。

米国ネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で発見された少女の凍死体。捜査を行う新人捜査官ジェーンは、遺体の第一発
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.4

滅多に邦画の恋愛作品とは無縁なんだが(笑)SNS上でえらい高評価で気になってたので鑑賞!

謎の男・麦(バク)に出会いたちまち恋に落ちた朝子。だが彼はほどなく姿を消す。三年後、東京に引っ越した朝子は、
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.7

ちょうど公開日で尚且つ。アニメと原作も大好きなシリーズ作品だったので鑑賞。

海外にもファンが多い作品であり、主に。妖怪が見える夏目貴志(主人公)がニャンコ先生(斑) と共に、祖母の遺した"夏目友人帳
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.1

今までのホラー映画の記録を塗り替え樹立した「IT」に続き新たな記録を樹立したとか結構前から話題となった本作品!ついに鑑賞。

音に反応して襲撃してくる化物に、人類は滅亡の危機にさらされていた。そんな窮
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.3

ここ何日かレビューが止まってましたが、決して飽たとか辞めたとかではないのでご安心を、ちょいと小旅行やらプライベートがドタバタしてた為(言い訳💧)

でもね、そんな最中でも映画愛に関しては誰よりも熱く忘
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.7

今回もエイリアン!しかもシリーズ中最高傑作と、名高い本作は監督をあのジェームズ・キャメロン監督が務めている。

前作の脱出からリプリーが眠るシャトルは57年の歳月が経過し発見された。月日が経ちエイリア
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

3.5

《リベンジシリーズ》第1弾。

過去にTVで放送してたのを何回か見たことがあったのだが、全て寝落ちしてしまったという苦い記憶があるエイリアンシリーズ。再観賞である。

宇宙の彼方で凶悪な生命体と遭遇し
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.4

怪物はささやくと少し雰囲気が似ており、上半期に話題となった作品をやっとこさ鑑賞!

生まれてからの8年で、8回も大事故を経験したルイ。9歳の誕生日には、断崖絶壁から転落し9度目の悪夢に見舞われ昏睡状態
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.7

「ジュラシックワールド 炎の王国」である意味、予想の斜め上を行く展開で度肝を抜かせてくれたJ・A・バヨナ監督の作品。

毎晩悪夢にうなされるコナーある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現われ「おまえに三
>>続きを読む

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

3.6

11月公開「ヴェノム」の監督としても期待されるルーベン・フライチャー監督。「ゾンビランド」と「ピザボーイ」が面白かったので他の作品もチェックした作品。

1949年。麻薬、売春、銃が蔓延しギャングに牛
>>続きを読む

ごろつき(1968年製作の映画)

3.2

TSUTAYAの菅原文太コーナーで何か面白い作品はないかと物色してた際に"高倉健と菅原文太奇跡の共演!"のポップに心踊り即レンタル!

世間ではキックボクシングが大ブーム。
貧しい炭鉱夫の大場勇(高倉
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

アーミル・カーン作品が好きなため、映画館で絶対見よう見ようと思ってたら、案の定。田舎あるあるで地元の映画館に来なくて結局、見れなかった本作品:( ‘ᾥ’ ):ゴゴゴゴゴ

オリンピック出場を
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

アニメ北斗の拳の主題歌「愛をとりもどせ!!」冒頭の歌詞の"YouはShock"翻訳すると(あなたはショックです)なのだが!海外の人が聴くと(あなたはサメです)に聞こえるらしいから面白い。そんなサメ!サ>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.2

ホンマはプーさん見る予定やったんやが、上映時間間違えて、ちょうどタイミングよくやってたキムタクとニノの作品を鑑賞。思いのほか、オバチャン軍団が大勢でほぼ席が埋め尽くされビックらこいた(Φ灬Φ)!!>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.6

最近の鑑賞材料の1つとして、SNSで話題になり気になったら見る的流れで、この作品も見ることに(笑)

容貌の醜さから人に忌み嫌われてきた累。そんな彼女に、女優であった美しき母親が遺した1本の口紅。その
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

ここだけの話...かなり前に小説を書こうかと思ってた時期があり(;^_^Aその際に、ヒントになる作品はないかと検索した際にhit コミック「響~小説家になる方法~」した記憶がある作品。

突如として文
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

3.8

《いつか見よう作品》第4弾!
社交ダンスブームとなり、社会現象をおこしたった「Shall we ダンス? 」を作った周防正行監督作品。

廃部寸前の相撲部に条件付きで入るハメになった。山本(本木雅弘)
>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.8

前にレビューを上げた作品ではあるのが、突然の樹木希林さんの訃報を聞き、一番好きであった役のオカン役を思い出し追記。

リリー・フランキーが亡き母への思いを綴った同名の自伝小説の映画化。主人公にオダギリ
>>続きを読む

ダイナマイトどんどん(1978年製作の映画)

3.7

ダイナマイツ、どん‼︎どん‼︎

たまにSNS上でオススメ作品として上がって気にはなってたもののなかなか勇気が湧かずいたが、つい最近。仁義なき戦いシリーズとトラック野郎を制覇したワイに怖いものなどなく
>>続きを読む

待ちきれなくて…(1998年製作の映画)

3.5

マイナー作品ながら隠れた名作!?っと誰かが言ってたので気になって鑑賞。

ハイスクール最後の卒業パーティを舞台に学生たちの恋の行方を描いた青春コメディ

今でこそ定番のティーンの青春グラフティやプロム
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.4

公開当時「君の名は」と「この世界の片隅に」と同じくらい話題になった本作。

主人公の少年が転校生の少女とのある出来事を機に孤立していく小学生時代から、高校生になった彼らの再会を描いた作品。

週刊連載
>>続きを読む

大きなお友達 ミーシー(2005年製作の映画)

3.0

近所のレンタル屋のワンコイン㊎コーナーで見つけた珍品か?お宝か?それともクソ映画か?どちらに転ぶか分からない作品をGET!

父親の都合で、巨大な湖の近くにある村にやってきた少年マック。彼が湖に住む伝
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

トランプ政権に対するため、スピルバーグ監督が「今、作らなあかん映画やんけ!」っとレディプレも製作した最中で僅か、9ヶ月で完成させてしまった本作。

・米国政府はベトナム戦争での都合の悪い真実を30年も
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

劇場で見たかったが、田舎特有の宿命で結局見れずレンタルを待った本作。

原作はフランスの人気コミック「ヴァレリアン&ロールリンヌ」を「レオン」のリュック・ベッソン監督が実写化。結構な話題作となると思わ
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.1

フィルマークス黄金聖闘士アキラナウェイさん大絶賛の本作品!ワイも気になりついに鑑賞。

アル中の父親の暴力から逃れ、母親とともに家を出た弟トミーと、父に憧れ家に残った。兄ブレンダン対照的な人生を歩んだ
>>続きを読む

>|