shinichiroさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

shinichiro

shinichiro

映画(243)
ドラマ(0)

スナッチ(2000年製作の映画)

3.8

ガイリッチーのテンポやっぱ凄い。ブラピをもってきて、地元でも人気なキャスと交えてこだわり抜いてるあたり、完成度の高い作品だと思います。

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.2

二十歳前頃、ジャスティンピアーズの真似しかしてなかった。
50回、いやもっと観てると思う。

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.4

これだけエコな映画を良くぞ作ったって感じ。
ストーリーも上手い。

アレキサンダー(2004年製作の映画)

2.8

映画館で観ても迫力が感じられなかったかな。この手のものは、グラディエーターや、トロイと比較してしまう。

マッチポイント(2005年製作の映画)

3.8

スカーレットヨハンソンがバッチリ効いてます。展開とオチもしっかりしてて良かった!

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.1

生々しく東京を描けてる。ソフィアコッポラ、流石のセンス。
この時期にスカーレットヨハンソンを引っ張ってるあたり。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003年製作の映画)

3.0

続編にするにはやっぱ空き過ぎじゃないすかね。
バンデラスはバンデラスだったけど。

デスペラード(1995年製作の映画)

3.7

サルマハエックが綺麗。やっぱ中南米モノのこの雰囲気と音が好き!

バンデラス、笑っちゃうほどカッコイイ。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.4

映画の空気感、台詞回し最高です!
途中からの展開は、流石と言えば流石。

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

3.2

観たの17年も前になるのかと。。
この時期はとにかく戦争モノが多かった。

その中では、一番面白かった!

フィクサー(2007年製作の映画)

3.1

ありがちな展開だけど、観てて飽きないテンポが◯

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.2

羨ましいと思って観てたけど大変だわやっぱ。
ジョージクルーニー渋い。

マルコムX(1992年製作の映画)

3.9

デンゼルワシントンが最高にかっこいい!
現代にも提起される問題作。

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.4

コーエン兄弟にやられっぱなしになった作品。
楽しい。

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.2

コーエン兄弟の凄さがわかった作品。
ジョージクルーニーと音楽が最高。

当時のキャッチコピー『だから人生は面白い』

長州ファイブ(2006年製作の映画)

3.0

山口県の映画館で観ました(笑)
映像で見ると、更に頭の中で当時の人達がくっきりとしてくるような。

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.4

デパルマのカメラワークとアルパチーノのノリノリの演技がヤバい作品。
空気感も好き!

竜二(1983年製作の映画)

3.5

渾身の演技。家族っていいなとしみじみと。

英二(1999年製作の映画)

3.0

英二がまた見れた喜び。普通の暮らしにこう溶け込んだかと。

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

3.2

青春で面白かったけど、この頃はテレビドラマもこんな感じのが少なくなかったと思って。

BROTHER(2000年製作の映画)

3.0

北野映画とハリウッドクライムの対決というか、融合というか。
難しいんだろうな〜と思って観てました。

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.4

台詞回しが最高。最初から世界感が出来上がってたんですね。

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

2.8

浅野忠信のインパクト。若かったから最後まで観れたかも。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.1

熱烈にすすめられて観たけど、これで邦画に慣れたかも。

TAXi(1997年製作の映画)

3.4

面白かった。何よりリュックベッソンが急に変わった映画を作ったなーってのが当時の感想。