NobuyukiIshiiさんの映画レビュー・感想・評価 - 11ページ目

NobuyukiIshii

NobuyukiIshii

映画(394)
ドラマ(0)

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

音楽がイケてて、会話が多く、残酷描写があり、監督本人が出ていてと、全くブレのないタランティーノ的西部劇。
今作は、黒人奴隷問題を取り上げていて、残酷描写がちょっとキツめに感じられたけれど、弱者が悪徳権
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

5.0

過去作へのオマージュを散りばめつつも、新展開を見せてくれて、久しぶりに映画でワクワクしました。世界観を損なうことなく、新しいスターウォーズを構築したエイブラムスは相当頑張ったと思うよ。「スーパーエイト>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

5.0

ロドリゲス監督の作品はぜんぶ好きなのだけど、これが一番好き。奇跡的な完成度の中にロドリゲス映画の全てが詰まってる。
キャストが特に素晴らしいんですが、今観ると、みんな若くて、ジュリエット・ルイスがびっ
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.0

男のリトマス試験紙スタローンと闘う州知事シュワの共演だから、これほど午後ロー向けな作品もないなと思ったね。それで、内容も普通なものだから、そこもまた午後ローっぽいわけ。午後ローで放送したら、もう一度観>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.0

久しぶりにテンションの高いジムキャリーが見れて楽しかった。ユアンマクレガーのゲイ役も上手でしたね。
実話ということを念頭に置くと、スゴイ物語です。

ピアノの森(2007年製作の映画)

3.0

原作は1巻しか読んでいないのですが、最後まで素晴らしい物語みたいですね。いつかぜんぶ読むよ。
映画はピアノ演奏がアシュケナージなのがいいね。みんな、最後までを映像で観たいんじゃないのかな。

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.5

予告編から感動系の内容を想像していたら、全開のヒーローバトルアクションじゃないですか!狙って泣かせにくるより良かったよ。

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

3.5

家族、仲間、病気、警察の不正、死。内容が非常に重たい。重厚なドラマかと思わせて、結末までもが暗いので、爽快感がぜんぜんない。ノワールと知っていたら、割り切って受けとめられたと思うのだけど。
とはいえ、
>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.0

キャストが豪華で、テンポもよく、内容も派手。コメディだから、気軽に楽しめるよ。

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

2.5

エイブラムスがスピルバーグの「E.T.」と「未知との遭遇」にオマージュを捧げようとしたら、失敗。そんな映画。
1979年のアメリカの雰囲気と事件が起こる導入部は懐かし面白いのだけど、そこから、宇宙人と
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.0

人の幸せを邪魔するアホタレをキアヌが制裁してくれるイイ話。
物語が単純なのはよしとして、展開がほぼないのは平坦すぎてつらい。これだけ銃にこだわっておいての最後の肉弾戦も萎えましたね。アクションはカッコ
>>続きを読む

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

3.0

ノルウェーのド田舎で、15歳、アルマちゃんは気になる男の子アルトゥールを想って悶々としてる。
田舎の閉塞感からの少女の成長みたいな内容ですが、可愛い子ちゃんの自慰もたくさん観れるいい映画です。
チンチ
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

父と母が捕まって娘に自分を助けさせるところが面白い。拉致されて車で運ばれる間、何秒でどっちへ曲がったか、まわりで何の音がしたかを完璧に記憶し、娘に手榴弾を投げさせて、爆音が聞こえるまでの時間で距離を特>>続きを読む

ザ・フォッグ(1980年製作の映画)

3.0

田舎の港町に100年前の怨みを晴らしにお化けがやってくる。
このお化け、霧にまみれて人家に浸入してくるのだけど、きちんとノックしてるのがウケますね。律儀すぎて。あと、100年後なので、怨みの当事者は亡
>>続きを読む

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

3.5

ドニーさんは武術界チャンピオン連続殺人事件というドニーさんのために起こったとしか思えない謎な事件の捜査をします。次の被害者を予想するも金田一方式に間に合わず、その間は犯人vs被害者のアクションしか見れ>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.0

ポールウォーカーとヴィンディーゼルの出ないワイルドスピードなんてと思ったら、最後に出てきたね。驚いた。
アメリカ映画特有のデタラメJAPANは嫌いじゃないのだけど、高校生で暴走行為を繰り返す主人公がし
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

3.0

ドニーさん+CG+ワイヤー。「カンフーハッスル」みたいなカンフー映画ですね。
最初見たときは、ドニーさんのロン毛がダサいと思っていたけれど、最近はもうドニーさんのことが好きすぎて、それすらも、受け入れ
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

3.0

銀行員がばあさんのローン延長を断ったら、呪いをかけられて追いつめられていく話。
一方的にばあさんが悪いので、理不尽で主人公がひたすらに気の毒なのだけれど、感情移入して真面目に観るタイプの映画ではなかっ
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

インド映画だから、やたらと長いのだけれど、最後は最高のラストシーンだね。スゴイ爽快感。
インドは過激な競争社会であること、それによる自殺が多いことに触れられていて、考えさせられる。それにちなむ、かなり
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

前評判の高さとx-menとkick assが面白かったので、楽しみにしていましたが、期待を裏切らない出来でした。過激な演出とコメディに振り切った雰囲気が絶妙で、人を選ぶとは思うけれど、好きな人には超面>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.0

MCUは作品を重ねるに連れ、シリアスになりすぎてしまったけれど、そんな中、アントマンはコメディ色が強くて、新鮮。笑えて、気楽に楽しめて、親子愛にほっこりできるいい映画。
アリが健気ですごくかわいいの。
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

4.0

前作で子どもたちといい関係になってしまったので、今作はいい話的な要素は薄まって、アクションとミニオンの比重が大きいかな。でも、最後は、ルーシーとハッピーな終わり方をするので、気持ちがいいよね。

ミニオンズ(2015年製作の映画)

3.5

ミニオンズが表情豊かで、健気でとても可愛らしい。最初から最後までその可愛さだけで構成されているが、映画として成り立っているのがスゴイなと思ったよ。
こういう親子で楽しめる作品は、映画好きの親には非常に
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱(1992年製作の映画)

3.5

ストーリーはそれほど面白くはなかったのだけれど、リーvsドニーさんが素晴らしすぎた。これがどれだけスゴイ対決かというと「ドラゴンへの道」のブルースリーvsチャックノリス、「沈黙の戦艦」のセガールvsト>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

2.5

ドラえもん自体、何十年ぶりかに見たけれど、改めて見るとのび太って超下衆いね。泣けるの売りに期待したのだけれど、泣けなかった。日常のドタバタがあって、たまにあるいい話が活きてくるのかなと思ったよ。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

人間の感情を擬人化した世界観がとても面白い。すごいこと考え付いたね。記憶が消えていくのが切なかったり、哀しみも大事な感情であるとか、年をとり、感受性が鈍くなってきていることにハッとさせられたよ。子ども>>続きを読む

色即ぜねれいしょん(2008年製作の映画)

3.0

エロとギターと青春。青春デンデケをゆるくした感じ。黒猫チェルシーというバンドのメンバーが主演しているそうなのですが、これがとても上手かった。他の役者もよい感じで、原作の雰囲気が上手に出ていたと思うよ。>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.5

恐竜がカッコよすぎて、幸せな2時間を過ごせました。みなさん気づかれているように、中身が薄いのはその通りなのだけれど、いろんな映画がある中で、迫力には特化しましたっていうのは、好意的に受けとめたよ。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.0

馬鹿にされがちな2作目。俺は馬鹿なの好きだもんねと密かにマイお気に入りムービーにしてたけど、改めて見るとクドイね。最後の肉弾戦に挿入される波ザッパーンとか、なんか優しい気持ちになれちゃうよ。バイクアク>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

5作目になるけれど、毎回、新しい挑戦があって、飽きさせない。今作はカーチェイスからのバイクチェイスが特に素晴らしかった。仲間とのやりとりも面白くて和む。映画館で見るべき映画っていいよね。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.0

敵がロボでなくx-menぽいのが微妙。アイアンマンを42体も作っちゃったから、それを次々と登場させるために、個体の扱いが弱いのも残念だったけれど、このシリーズはなんだかんだで楽しい。

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦(2011年製作の映画)

3.5

アクションも作戦も見所はあるのだけど、ドンが一般人も殺しちゃうワルなので、感情移入はできなかった。ルパンのようで、ルパンじゃない。ミュージカルシーンは1回しかなかったけれど、とてもよかったので、もっと>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.5

戦争ものは地獄の黙示録とブラトーンが好きなんだけれど、これはCG時代の戦争映画の傑作。臨場感が半端なく凄い。

死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット(1993年製作の映画)

5.0

この映画は最高に笑える。
マジで面白い。
けど、他人にオススメするとイマイチなことが多いので、心に秘めてる。

|<