NobuyukiIshiiさんの映画レビュー・感想・評価 - 11ページ目

NobuyukiIshii

NobuyukiIshii

映画(461)
ドラマ(1)

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.5

橋本愛ちゃんが、田舎で農作業をして、ひたすら食事を作るだけの内容なのだけど、これがなかなか心地よい。田舎風景が美しく、橋本愛がかわいくて、食事も美味しそうなので、いい気分になれるよ。物語も少しづつだけ>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.0

ロキ様がヤバイ。前作と「アベンジャーズ」で、あれだけやらかしておいて、今作でちょっと協力しただけで、最後、王様に。しかも、死んだと思ってたものだから、この尋常でないしつこさがウケました。
全体的な内容
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

2.0

ヨハンソンが、脳の潜在能力を高めていき、超絶パワーを覚醒していくのだけど、これがぜんぜんワクワクしないの。麻薬でそんなんなるかい?とツッコむのは野暮なんですが、何でもありすぎなのもなんだかなあ。途中か>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.0

現実世界の身近にある異世界。まず、この世界観がいいですね。優しいタッチの絵も好きだし、ぼっちな大人とぼっちな子どもの成長物語、師弟愛にも、ぐっときました。これ、いい映画じゃないですか。毎年、金曜ロード>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.0

オリジナル版は、かなり古いから、最新映像技術で蘇るロボコップは、意義深かったと思う。そして、この黒ロボコップの造形がウルトラカッコよくて、惚れぼれする。
内容は、家族との関係が丁寧に描かれていて、なか
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.0

昔のディズニー映画の悪役って、ささいな理由で、人命に関わる嫌がらせをしてくるから、絶対悪として、かなりエグいと思っていたのだけど、マレフィセントは、超いい人として蘇り、王子は無能、王はクズになってしま>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.0

ヒーローアクションてんこ盛りなのだけど、特に人間にCG感が強く出てしまっているのが、残念。ストーリーもそんなに惹き込まれるというほどでもなく、前作もそうだったけれど、単体作品のほうが面白いと思う。
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

前作も面白かったけれど、舞台を現代に移して、アクション、ストーリー、すべてがスケールアップして、より面白くなった。キャップの体術+盾アクションが素晴らしくカッコよくて、敵が手強いのもいい。監督のルッソ>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

3.0

宇宙船のデカさは素晴らしかったのだけど、宇宙人もデカすぎて、最後はゴジラみたいになってしまい、ウケました。
前作は、じわじわくるディザスター要素にぐっときたわけですが、今作は、一気に来ましたね。スケー
>>続きを読む

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

2.5

序盤の若シュワvs老シュワには、驚きましたが、その後は、過去に行って、未来に行ったら、ジョンがターミネーターになっていて、T-1000と能力は変わらないし、訳が分からないしで、グタグタでした。1の以前>>続きを読む

巷説百物語 飛縁魔(2006年製作の映画)

3.0

前作は原作とのギャップが受け入れ難かったけれど「TRICK」みたいなもんだと思って、肩の力を抜いて見れば、これはこれで面白い。
「TRICK」と「巷説百物語」の大仕掛けなトリックが肝という点は、意外に
>>続きを読む

巷説百物語 狐者異(2005年製作の映画)

3.0

京極先生の原作なので、物語が面白いのは当然として、配役も良かったと思うのですが、あの堤演出は要りましたかね?原作の雰囲気を大破壊していたのだけど。でも、京極先生が堤ファンらしいので、まあ、いっかと思う>>続きを読む

貞子3D2(2013年製作の映画)

1.0

「貞子vs伽椰子」の評判が意外にも良いので、それをきちんと楽しむためにと思い、律儀に貞子シリーズを観たのだけれど、これは、たぶん、観る必要なかったな。

貞子3D(2012年製作の映画)

1.0

内容がない上に、全く怖くない。一応、ヒットシリーズなのに、続編の出来がこんななんて、ひどい。割り切っているとしても、ひどい。
なんで、橋本愛ちゃんが貞子なんだ?

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0

中身が無いって、よく云われますが、僕はサンドラがとにかく生きるために必死になって頑張る力強い姿に心打たれるんです。宇宙の美しさと怖さもスゴイ。とても好きな映画です。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

3.0

仕事に固執するあまり、子どもを追い出し、人を殺し、と何の共感もない暗い映画でした。成功者は激しいぞってことかな。
ダニエルと神父の演技が鬼気迫るというのは、まあ、そうだったんですが、リアルに怖い人をず
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.0

評判悪いですよね。リドリー・スコット監督がエイリアンを題材にして、そんなことあるか!と思っていたのですが、まあ、皆さまの云われているとおりで、がっかりした映画top50の23位は伊達じゃなかった。
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.0

みんな、裁判で本当のことを云えてスッキリしたのかな。でも、死んでしまった柏木くんが、かなり厭な子にしか見えなくて、君は一体何なのさ?観ているほうはスッキリしなかったよ。神原くんの行動も謎だったので、や>>続きを読む

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

3.5

ベタなギャグ、素人っぽい配役、へんな間の取り方、ダサいCGなど、チャウ・シンチー感バッチリで、面白かった。このノリ、好き嫌いはあると思うけど。
今作は脚本、監督で出演はしてないのだね。三蔵法師やっても
>>続きを読む

捜査官X(2011年製作の映画)

3.0

ミステリの前半とカンフーアクションの後半。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」リスペクト来ましたね。
前半、金城武が貧弱ドニーさんは実は犯罪者で超強いんじゃね?と捜査するのだけど、妄想と執念深さで、最後
>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

3.0

テレビシリーズですべて観ているので、鑑賞。劇場公開から、すぐにテレビ放送されて、ラッキー。
過去のホームズの活躍が、精神の宮殿で、現代にも繋がっていてと、軽く「インセプション」みたいな感じでした。今回
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

3.0

宮部みゆきさん原作だから、映像化は難しいかなと思っていたのだけれど、中学生が自分たちの学校で起きた殺人事件を自分たちで裁判をするという予想のつかない展開が面白い。すごい設定だな。後編がとても気になって>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.5

エミネムが主演する予定だったらしく「ロッキー」に「8miles」をまんま掛け合わせたような内容でした。孤児院とか、ドラッグとか。
そんな、すでに語り尽くされてしまった感のある王道的内容なのだけど、それ
>>続きを読む

13日の金曜日(2009年製作の映画)

2.5

ホラーなんだけど、エロ要素盛りだくさんで、おっぱい→殺人→おっぱい→殺人の繰り返しが延々と続くから、なんだか、あまり怖くないのね。とりあえず、おっぱいがたくさん見れたので、まあ、良しとしました。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.5

グリーングラス監督はサスペンスが上手ですね。今作も全編すごい緊張感で、心臓バクバクでした。
前半は船員vs海賊、後半はSEALSvs海賊という展開になるのだけど、それぞれ攻防に駆け引きがあって、面白い
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

坂本さんが男性にも観てほしいと云っていたので観たんだけれど、ハサウェイとデニーロが素敵すぎて、ウルトラ癒やされました。デニーロが年の功無双で活躍しまくるんですけど、老人リスペクト映画って、なかなかない>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.5

「エンド・オブ・ホワイトハウス」に激似。エメリッヒかフークアか、チャニングかバトラーか、フォックスかエッカートか、どちらも面白いですね。内容が同じなだけに、同じくらい。
大破壊と大味が得意なエメリッヒ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.5

MCUは「アベンジャーズ」が期待したほど楽しくなくて、力尽きてしまったのだけれど「シビル・ウォー」にみんな大好きアントマンが参戦すると知って、また頑張ろうと奮い立った次第。
で、まずは一作目。
テンポ
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

全編に自然と人間の生命を感じた。素直にすごかったと思う。面白いではなく、すごい。抽象的だけど、すべてが圧巻。見応えのある作品。歴史に残る映画。

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

3.0

「ラブ・アクチュアリー」と「アバウト・タイム」が好きなので、同監督作品としてチェックしましたが、これは普通。
雰囲気重視のコメディで、ストーリーが無いから、上述の2作品とはかなり系統が違う。ロックとラ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.0

ファミコン世代にしか伝わらない細かいゲームネタが楽しいのだけど、ストーリーは何でもありな世界観からか、慌ただしさを感じてしまい、あまりしっくりこなかった。いい話なんですけどね。
三歳の娘が集中して見て
>>続きを読む

カンフー・パンダ2(2011年製作の映画)

3.5

キャラクターの躍動感の表現が上手で、アクションが気持ちいいですね。それでいて、パンダの成長物語としても、グッとくる要素があって、よく練られてる。
ガチョウのお父さんの謎が解けて、スッキリしました。どさ
>>続きを読む

キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー(2013年製作の映画)

2.5

カンフーアクション満載なのに、主役のタイガーさんが超地味で、ストーリーがそもそも微妙なんですけど、自身の初監督作にして、キアヌまたやっちまった系の作品ですね。
「マトリックス」でカンフーに目覚めたキア
>>続きを読む

新少林寺/SHAOLIN(2011年製作の映画)

3.5

アクションを期待したら、意外にもドラマがしっかりとしていて、仏門の慈悲にグッときてしまいました。(侮って、すみません)
アクションもよく出来ていて、なかなか熱い映画でした。

アフターショック(2012年製作の映画)

3.0

誰が死ぬか予想ができないでいたら、みんな死んだ。どう生き延びるかではなく、どう死ぬか系の映画だったか。かなりハラハラできるけれど、後味はよくない。