okadaさんの映画レビュー・感想・評価

okada

okada

映画(347)
ドラマ(18)

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.9

2019/11/28 1回目
【2019年180本目】
3時間半。感じさせない。
一瞬たりとも目を離したくないとさえ思いました。

なんだかダメダメなアルパチーノ、
珍しく寡黙でクレバーなジョーペシ、
>>続きを読む

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.6

2019/11/24 1回目
【2019年179本目】
切ないけど、全てが小さくて愛おしい。

この映画、テーマソングがいいなあと思っていたら、私の大好きな「アンブレイカブル」のジェームズニュートンハ
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.6

2019/11/23 1回目
【2019年178本目】
友人の勧めで鑑賞しました。
欲望を曝け出した醜さが包み隠さず描かれた作品で、自分は普段観ないタイプの映画です。

作品内では、様々な対比表現が使
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.8

2019/11/23 1回目
【2019年177本目】
映画の黄金期。
他のどのメディアよりも、映画が広く親しまれていた時代。
私には想像する術もありません。
しかし、映画の中には、この世界の膨大な映
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

2019/11/23 1回目
【2019年176本目】
前作の主人公がコロンバスなら、
今作の主人公はタラハシー。
大好きなウディハレルソン演じるタラハシーが
物語を通じて成長していく、とても私好みな
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.9

2019/11/22 1回目
【2019年175本目】
社会人になってしまった私からすれば、
怖いもの無し、ルール無用の彼らが眩しい、
眩しすぎる。

物静かに淡々とインパクトの強い出来事が起こってい
>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

3.9

2019/11/29 1回目
【2019年174本目】
隅々にまで行き渡ったスコセッシらしさと言うか、彼の作品は全て繋がっているんじゃないかと思うほどにスコセッシを感じる。
今作はいつもの如くナレーシ
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.6

2019/11/20 1回目
【2019年173本目】
スコセッシ×デニーロの主人公が精神を病んだサイコ男シリーズ。
の中でも、一際バイオレンス。
まともな人間の象徴とも言える弁護士が、話が進むにつれ
>>続きを読む

ザ・ビッグ・シェイブ(原題)(1968年製作の映画)

3.8

2019/11.20 1回目
【2019年172本目】
白く飛ばされたバスルームが、次第に血の赤に染まっていく、
美しさと悍ましさをフィルム内に同居させています。スローテンポなラブソングがその映像をよ
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.9

2019/11/19 1回目
【2019年171本目】
たった80数分で、もう彼ら4人の人間性に引き込まれています。束の間のあの楽しそうな時間が観ているこちらにとっても至福でした。
ゾンビ映画の真髄は
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.9

2019/11/18 1回目
【2019年170本目】
マーティンスコセッシがどこまで意図したか分かりませんが、
我々日本人には、冒頭のあの音を聴いただけで
そこが日本だと分かります。
聴き入っている
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.7

2019/11/17 1回目
【2019年169本目】
外見も中身もイケてない高校生のイケてない学校生活をコミカルに描いた作品。
というのも、製作当時の話でしょう。
今観ると、オシャレ以外の何者でもな
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.6

2019/11/17 1回目
【2019年168本目】
自分にとって大切なもの。それを失った時、自分だったらどうするか。
今作はその大切なものを、"場所"に特化させた作品です。
終盤は特に、都市開発に
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.5

2019/11/16 1回目
【2019年167本目】
1930年代禁酒法時代、
アメリカンギャングの首領アル・カポネを挙げるため、結成されたアンタッチャブルの逮捕劇を描いた作品。
モリコーネの音楽が
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.7

2019/11/16 1回目
【2019年166本目】
ごく普通の青年が、ある世界に飛び込んで、成功し、やがて破滅していくような、すでにジャンル化された類の物語。
邦画で言えば、「日本で一番悪い奴ら」
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.9

2019/11/13 1回目
【2019年165本目】
good fellas・・・隠語で自分と同じ組織に身を置く者。
マフィアやギャング、ヤクザを描いた作品といえば、組織間の抗争を描くものが枚挙に暇
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

2019/11/04 1回目
【2019年164本目】
ひょんなことから、The Beatlesという偉大な産物をこの世界に届ける使命を1人の男が背負う事になる。

昨今のミュージシャン伝記映画の流れ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.6

2019/10/27 1回目
【2019年163本目】
七つの大罪を模した殺人犯を追う二人の刑事の七日間を描く。
とにかく、怖い。地に足が付かないままヒリヒリと2時間が過ぎていく。まさしくサスペンスの
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.8

2019/10/23 1回目
【2019年162本目】
史上最年少の億万長者マーク・ザッカーバーグの光と陰。
明らかに意図的な暗いトーンが印象的である異色なタッチの伝記映画だと思います。
展開のベース
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

2019/10/22 1回目
【2019年161本目】
2000年初頭の実際の話を基にした作品。
最低限の音楽と、静かなトーンで進んでいくストーリーが相まってよりドキュメンタリックな切り口に。
タイト
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.5

2019/10/20 1回目
【2019年160本目】
ボンクラ男たちの二日酔い(ハングオーバー)が引き起こすドタバタコメディ。

この手の映画は数あれど、今作のどこが優れているかと言われれば、起こっ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.9

2019/10/20 1回目
【2019年159本目】
悲劇か喜劇か。
マーティンスコセッシとロバートデニーロのタッグが「タクシードライバー」に引き続き妄想に取り憑かれた男の物語をブラックコメディとし
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

2019/10/06 1回目
【2019年158本目】
人々が犯罪者や殺人者にどこか興味を惹かれるのは、何故なんでしょう。

悪のカリスマ、ここに爆誕。
世界で最も有名で、最も愛されているヴィランの1
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

3.8

2019/09/29 1回目
【2019年157本目】
ポルノスターの栄枯盛衰。

主演に「トランスフォーマー」シリーズのマークウォールバーグ。
脇を固めるのは、どちらもMCUきっての脇役ジョンcライ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.6

2019/09/23 1回目
【2019年156本目】
"出会いがない"とはよく言いますが、そもそも出会いって何?
そんな疑問に向き合った今泉監督の最新作。
監督お得意の恋愛群像劇をベースに、ハートウ
>>続きを読む

undo(1994年製作の映画)

3.3

2019/09/22 1回目
【2019年155本目】
この作品を観て頭に浮かぶ言葉第一位は"束縛"じゃないでしょうか。
恋に盲目になり、周りや自分を縛っては、やがては相手も狂わせ、破滅させていく。
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.7

2019/09/21 1回目
【2019年154本目】
男女がずっと一緒にいる事と孤独についての考察。

姉妹が家で会話する場面。
恋愛のメタファーとしての絵画。
"絵の完成っていつだと思う?"とい
>>続きを読む

知らない、ふたり(2016年製作の映画)

3.7

2019/09/21 1回目
【2019年153本目】
片想いの、その想いの差に焦点を当てた稀有な作品。

"どうせみんな幸せになれないんだから、自分か好きな人が幸せになるように頑張るべきじゃない?"
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

3.7

2019/09/17 1回目
【2019年152本目】
誰かと誰かの会話で物語っていく、数珠つなぎ恋愛会話劇。

"正しい恋愛なんかねえんだよ。"
"俺はあると思うっ!!!"

個々の抱える普通じゃな
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.8

2019/09/16 1回目
【2019年151本目】
ホラー+斬新な何か。
ホラーが苦手な人にもオススメしたい監督、ジョーダンピール。

自分と姿形が瓜二つの者に襲われる。この作品の画期的な部分でも
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.6

2019/09/15 1回目
【2019年150本目】
どこかで聞いたあのテーマ曲、有名すぎるヌンチャクアクション、数多くの作品に影響を与えたそのルーツが今作。
バッタバッタと敵をなぎ倒していくブルー
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

3.8

2019/09/14 1回目
【2019年149本目】
北野武はやっぱりビートたけしでした。

北野映画の中ではコメディ要素が顕著な一作です。劇中でも、芸人ビートたけしが多分に垣間見れます。

この話
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

2019/09/14 1回目
【2019年148本目】
文字通り、静かな映画。

ダメ男とダメ女の恋愛ってなんでこうも観ていられるんでしょう。きっと自分の中に何か同じ匂いみたいなものを感じるからだと思
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.0

2019/09/14 1回目
【2019年147本目】
某レンタルビデオ屋でタイトルに目が止まり、手に取ってみると主演が岸井ゆきの、作品自体存じ上げなかったのですが、借りてみることに。
こんな岸井ゆき
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

2019/09/14 1回目
【2019年146本目】
車、犬ときて今回は家。
復讐の中毒が再び。

7発しかないと言っているのに、脇目も振らず7発ぶっ放す。その後の「しまった」顔が愛くるしい。

>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.7

2019/09/09 1回目
【2019年145本目】
タランティーノ監督作品8作目。
極寒密室サスペンス。

タランティーノが常連組を集めた、ある意味オールスタームービー。
いつもですが、銃撃戦は見
>>続きを読む

>|