okimeeさんの映画レビュー・感想・評価 - 6ページ目

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

4.0

取引先の役員の方におすすめされて。

人種や性別も超える役者陣、素晴らしすぎる。
原作よみたーい!!

トム・ハンクスの演じ分けは想像できるが、ヒュー・グラントの演じ分けにゾクゾクする。
ほうき星のア
>>続きを読む

サン・セバスチャンへ、ようこそ(2020年製作の映画)

-

ウディ・アレンの新作が見れて良かったよ。

少し寝てしまいました!

あの、部屋から出られない映画、なんだっけ!!
タイトルが出てこない!
もう一度みたい!!


..皆殺しの天使 だった

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

3.6

2024年40本目。

ほぼ子連れ。
子どもに110分はながいよなー、と思っていたが、アーニャの変顔が散りばめられ、そのあたりもちゃんと考えられておる。

ボンド可愛い!
あとエンドロールのアーニャめ
>>続きを読む

サウンド・オブ・サイレンス(2023年製作の映画)

3.3

1番の感想は、「あの骨董屋大丈夫かいな」
です。

あと、パパとの思い出カセットテープ、上書きしちゃっていいの?
です。

セバの演技はあんまりぽい。

でももうあの家族が苦しまないでいいっぽいから、
>>続きを読む

コット、はじまりの夏(2022年製作の映画)

3.9

アイルランドのクワイエットガール

「人間が粉ミルクを飲んで 子牛が牛乳を飲むべきよ」
コットのこの素直なセリフ。

スタンダードサイズに詰め込まれた
光、水、風、月明かり、すべて美しいんよ。

映画
>>続きを読む

白日青春 生きてこそ(2022年製作の映画)

3.6

もちろん良かったんだけど、
つぐないになっておらず、
そしてハッサンはこれからどうなるのか、
不安しかないのよ。

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.6

滝本憲吾監督×井筒和幸監督、プロデューサー トークショー付き

役者陣すごい。

つらいなあ。
生きづらすぎるなあ。
キショいなあ。

27で死ぬ、ゆうてた友達いたなぁ、しかも2人くらい。

着信御礼
>>続きを読む

キャタピラー(2010年製作の映画)

3.6

軍神さまに、ともらった食べ物をちゃんと食べさせる妻はすごいと思う。

寺島しのぶはさすが。

ビヨンド・ユートピア 脱北(2023年製作の映画)

4.4

北朝鮮ものは、結構見てきたと思うんだけど、
北朝鮮ツアーのドキュメンタリーでも見ることの出来なかった、「市井の人々の普通の生活」の隠し撮り。
ブローカーとのリアルな会話。
自分の母親が追放される(=死
>>続きを読む

ミツバチと私(2023年製作の映画)

3.6

ミツバチの話しもっと聞きたかったな。

そう、蜂って基本的には刺さないのよ。
小さいときにそういう触れ合いのようなものがないと、「恐怖」としか捉えられないよね。
蜂に限らず。

「あなたは完璧よ」
>>続きを読む

弟は僕のヒーロー(2019年製作の映画)

3.7

入プレはポストカード。

もちろん良い!

ヴィットが良い友達すぎるし、
おばさんもとってもいいし、
おばあちゃんはオシャレだし、
ジョーのアイスの終え方は斬新すぎるww

どこまでが事実でどこから脚
>>続きを読む

大魔神怒る(1966年製作の映画)

-

「大魔神」は見れてない。

いつ出てくるのかと思ったよー。
こんな感じなのか。
音楽は伊福部昭!

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.6

2024年30本目。
公開日に来ちゃった。
「ニューヨーク・オールド・アパートメント」のあとで、気持ち切り替えられるのかしら。

どどどどこまでやるんですかね、今回。
アシリパさん、もう少し子役であっ
>>続きを読む

ニューヨーク・オールド・アパートメント(2020年製作の映画)

4.2

実際の双子かな〜、
あのシーンとか小っ恥ずかしいよね〜
ティトが若葉竜也に似てて可愛い〜
クリスティン、マリリン・モンローやん。あのドレスほしいな〜
とか思いながらみていたら、
ICEの登場から一気に
>>続きを読む

きな子〜見習い警察犬の物語〜(2010年製作の映画)

-

録画消化。
新奈ちゃん、ええなー

犬は可愛いし、夏帆は若い。
エンケンさんも若い。

燈火(ネオン)は消えず/消えゆく燈火(2022年製作の映画)

3.8

ネオン、いいよなあーー
いま東京タワーで大ネオン展やってるよなー、行きたいなぁぁーーー!
そして香港も行きたいなぁ!
はやく行かないとなんだな。
行きたい場所は、刻一刻と想像した景色は変わってくんだな
>>続きを読む

アンブッシュ(2021年製作の映画)

3.7

実話ベースとのこと。

なによりまずびっくりしたのが、装甲車ってすごい。
あんだけロケット弾や地雷を撃ち込まれても、頑丈なんだね。

ことごとく、全てつぶされてうまく進まず、歯がゆい。

ヘリの女性パ
>>続きを読む

NOCEBO/ノセボ(2022年製作の映画)

3.7

不安げな顔が美しい....

冒頭の雰囲気はシャイニングかと思うほど、「イヤなことがこれからはじまるよ〜」って感じをゾクゾクさせて、すげーと思いました。
(それなのに世界的な社会的問題みたいなテーマな
>>続きを読む

ただ空高く舞え(2020年製作の映画)

3.8

字幕(特に数字)がなんかデタラメだったけど、
とても良かった。

格安航空券の成立ち(意義)って、そういうことだったんだ、と感動した。
(カースト制度の残るインドだからこそ余計に意義がある)

あでや
>>続きを読む

ルパン三世(2014年製作の映画)

-

小栗旬、足の細長さすご。
黒木メイサが昭和の女優みたいで良かった。(由美かおる的な)(顔も昭和っぽい)

映画はほとんど流し見で見てなかったすみません..。。

やけに「ルパン」ではなく「ルパン三世」
>>続きを読む

葬送のカーネーション(2022年製作の映画)

3.7

トルコの色が、茶色く、「荒涼」という言葉が浮かぶ。

亡くなった妻との約束のため(そして自分自身も)故郷へ帰りたい祖父。
(おそらく紛争地帯から両親・兄弟を亡くして逃れてきた?)帰りたくないハリメ。
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.2

2024年20本目。
キターーーー!!!待ってたよ!!

入プレ無事入手!ポストカード(裏はカレンダー)

エ、エ、エモい〜〜〜!!!!
脚本野木亜紀子か....

発表みたときは綾野剛が狂児??
>>続きを読む

雪山の絆(2023年製作の映画)

3.7

みはじめて暫くして、「あれ、これは..」と気付いた。(知らずに見てた)
有名な話だし、「生きてこそ」はみているので、展開は知っていたのだが、やはりどきどきしてしまうし、墜落シーンはめっちゃ痛そう。
>>続きを読む

最悪な子どもたち(2022年製作の映画)

3.9

なんでかわからんけど、感動した。

これは撮影してるのか、あの少年少女たちのリアルなのか、ただの台本なのか、
もうごちゃまぜになってよくわからない。
でもラストの涙と笑顔と言葉は、リアルなんじゃないか
>>続きを読む

あるじ(1925年製作の映画)

4.2

カールテオドアドライヤー傑作選 第二弾 3本目。
これで一応第一弾・第二弾と全て見終えたことになる。ミカエルを寝てしまったのでもう一度見るけど!

5:00まで寝れなかったので、途中寝ないか心配だった
>>続きを読む

サイラー ナラシムハー・レッディ 偉大なる反逆者(2019年製作の映画)

3.9

フォロワーさんが激推ししていた本作。タイミングよく上映あり、ぎっくりをおしていく。

感動した!
バーフバリッ!みたいに二部構成・三部構成にした方がいいのでは??
大量に盛り込まれた小エピソードがダイ
>>続きを読む

ヤジと民主主義 劇場拡大版(2023年製作の映画)

4.0

完売であった。
プチ鹿島と監督の舞台挨拶付き。
今日一日あちこち歩き回って映画を見続け、もう腰がやばい(ぎっくり)

開始早々、ヤジとあっという間に囲まれてガッとされ拘束されることに動悸がドキドキし
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

3.8

え、、北くん、、
キモいやつ、、とか思って見てた、、ごめん。。

社会のシステムから振るい落とされたひとたち。
エンドロールの幸せな会話が痛々しい。。

杉咲花の演技もだけど、お母さんの演技も好きだっ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス デジタルリマスター版(1992年製作の映画)

4.0

正直、ぎっくり腰になりかけている。(サポーターまいてる)
いや、わたしのぎっくりの定義は厳しめだと思うので、たぶん一般的にはもうぎっくり。
だけど我慢できないレザボア・ドッグス!スクリーンで見れるとは
>>続きを読む

地球外少年少女 後編「はじまりの物語」(2022年製作の映画)

3.8

壮大なスケールで進む話。

人間と人類は同じですか?

十一次元はわからないものの、おもしろいなー。
エンディング曲は日本語に聞こえるけど、なんて言ってんだろ??

フィッツとは?

※曲のOaran
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

3.9

遅くなりましたっ!やっと見れます!

影踏みww

役所広司だもんな、そりゃなにしてもイケおじにしかならないよ。

腕時計はつけない、目覚まし時計すらない、家の鍵はかけない→押し鍵らしいです。
缶コー
>>続きを読む

きっと、それは愛じゃない(2022年製作の映画)

3.6

想定通り、安心して見れるラブストーリー
(ムスリムというのがオリジナル)

シンデレラの女優さんだからなのか、やたらとディズニープリンセスに例えられる。

シンデレラとは違って、自分から勇気をだして愛
>>続きを読む

サンクスギビング(2023年製作の映画)

3.8

グリーンインフェルノ、キャビンフィーバーの監督。

さすがの表現。グロい。

くだらないことが発端なんだけど、あっという間にめちゃくちゃ恐ろしいことに発展してく。
でもそれがリアルっぽさあってこわい。
>>続きを読む

チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2022年製作の映画)

3.5

原作コミックは結婚まで読んだ。それ以降は一気に読む気なくなってしまった..。
ドラマも見ていたが映画までは追う気力なく、、地上波放映で流し見。

新年早々しあわせそうでええね。

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

3.6

怖かったしドキドキした。
とくに、最後、全くの異国にもあの左手があること。つまりは、たぶんいわく付きなだけで特別なものではない可能性高い、と思うんだ?

でもカンガルーはなんだったのかな?

悪霊の類
>>続きを読む