asukaさんの映画レビュー・感想・評価

asuka

asuka

映画(352)
ドラマ(0)

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.2

オンライン試写会にて鑑賞。

原作は未読。
一度観賞後に原作を読み始めて感じたのは、本作だけでは著者の伝えたい全てが詰め込みきれていないので、映画本編を鑑賞後にでも原作を読まれることをおすすめしたいと
>>続きを読む

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

3.8

オンライン試写会にて鑑賞。
中国ノワールって初めて観たかもしれない。


じめっとした、閉鎖的な空間が手にとるように画面越しに伝わってくるような感覚。
暗闇の中の僅かな光。
その明と暗のコントラストは
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

2.2

オンライン試写会にて鑑賞。

濱田岳さんも、水川あさみさんも、そして新津ちせちゃんも!
好きか嫌いかで言うと好きな方!
今作を観て「うわぁ…」ってなったってことはきっとそれだけ演技力があるってこと。
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.5

「話をしたい。話さなくては…理解したい。」

たった一度のキスで気づいてしまった自分の本当の気持ち。

Fan's Voiceさんの試写会で鑑賞。
気づけば目で追ってしまい、姿を見ると自然に顔がほころ
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.8

何て仲睦まじい家族なんだろう!と思っていたら、自宅の玄関をくぐれば韓国に送り込まれた北朝鮮のスパイ団。
上下関係ってこんなにもはっきりしてるの!?と驚いた(笑)
一方、その隣に住む韓国人の家族は喧嘩ば
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

5.0

PIXAR大好き!
一生ついていく!と心に誓った作品となった。
映像がとてもきれいで、空の色、特に星空が印象的だった。

字幕版で鑑賞。
エルフの兄弟、イアンとバーリーがどんどんトムホとクリプラに見え
>>続きを読む

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

4.2

「愛を知らないの」
『一緒に学ぼう』

こんなの言われてみたいなぁw


Fan's Voiceさんのオンライン試写会にて鑑賞。

日本でも今年公開された野性の呼び声。
原作者ジャック・ロンドンの
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.7

藤井道人監督の作品は、新聞記者しか観たことがなくて。
だから、新聞記者のあのピリッとした感覚の印象がすごくあったからいい意味で裏切られた気持ちになった。
ほっこり、じんわり沁み渡る感覚。
もちろん泣く
>>続きを読む

最も普通の恋愛(2019年製作の映画)

4.3

婚約していた女性と別れて自暴自棄になってしまい、お酒を飲んでばかりいるジェフン。
ジェフンを演じたキム・レウォンさんは最近とても気になる俳優さん。
あああ、可愛い!可愛すぎる!
お酒に酔って顔真っ赤に
>>続きを読む

鬼手(2019年製作の映画)

3.7

分かりやすく言うと復讐劇。
そして、その復讐は囲碁で徹底的に。
たまには、殴り合ってみたり?w

『長考は悪手の元』ってセリフがあったけど、まさにそうだと思う。
直感って大切。
まぁ、私は囲碁はもちろ
>>続きを読む

れいこいるか(2019年製作の映画)

3.7

人は月日とともに変化していくものだと思う。
もちろん変化しないこともある。

大切な思い出を忘れてしまうことや、ふとしたときにそれを思い出して「ああああああ」ってなったり(笑)
移ろいゆく季節に合わせ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

5.0

Fan's Voiceさんのオンライン試写会にて鑑賞。


大好きな作品がまた1つ増えた!
これはもうソフト化されたら間違いなく購入してしまう作品。

青春ものってだけでも大好物なのに!
モリーとエイ
>>続きを読む

あるメイドの秘密(2020年製作の映画)

4.0

何これ、ホラー?って最初思ってたけど、どうやら様子が違うw
あああ、なるほどー!って展開がわかってきたらニヤニヤが止まらない!

華僑の方たちなので、日本人に近い雰囲気の顔の人たちで見分けやすいのと、
>>続きを読む

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.5

Filmarksさんのオンライン試写会にて鑑賞。

人間が一緒に空を飛び、雁に『渡る』ということを教えるって無謀なチャレンジ。
実話に基づく作品というから驚き。
この作品、ほぼCGなしってマジか!
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

4.3

Fan's Voiceさんのオンライン試写会にて鑑賞。


幼い頃から、親の愛を充分に受けずに育った父親。
そんな父親は子を愛しているとはいえ、やはり上手く愛すことができない方が多いのだろう。
だから
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

5.0

Carpe Diemとは、1日の花を摘めという意味。
つまり、

『今この瞬間を楽しめ』
『今という時を大切に使え』

ということ。
この言葉にこの作品で伝えたいことが詰め込まれているとは…


全体
>>続きを読む

がんばれ!チョルス(2019年製作の映画)

5.0

心臓と盲腸を入れ換えてやろうか!!!


外見はすごくかっこいいのに、知能が低いチョルス。
彼の前に現れたセッピョルという難病と闘う少女。
チョルスとセッピョルがどういう関係なのか?というところから驚
>>続きを読む

悪の偶像(2017年製作の映画)

4.8

人間とは、なんだかんだ言って自分のことを1番可愛いと思ってしまう生き物なのか。

ある轢き逃げ事件をきっかけに、新たとなる謎の数々。

障がい者差別だけではなく、人種差別、そして所得格差。
こういった
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.5

高いところ怖いんですよ。
平均台ですら怖くて歩けなかった私。
きっと映画館で観ていたら失神しかけていたかもしれない。
これが実話に基づく作品だとは…!

ツインタワーにワイヤーを張って、綱渡りしような
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.9

多くのヒトは自分自身や、家族、友人や愛する人に自由がないと気づいたとき、その自由を求めて行動をする。
それが側から見たらとんでもないことであったとしても、自由を勝ち取るためならなんだってできる。
そん
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

4.2

私も動物と話せるようになりたい!
この作品を観ながらものすごく、動物園に行きたくなった。
動物と触れ合いたいよー。

秘密の入り口の先に広がる世界に序盤からうっとり。
そして、見た目は凶暴そうだったり
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.8

全く関連作品とか観たことないし、誰が誰やら?状態で観たけどすごく面白かった!

ニッキーめっちゃかっこいいw
ローラちゃんがめちゃくちゃ格好良くて、可愛くてあれはたまらん!
あんな香水あったら怖いなぁ
>>続きを読む

スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班(2017年製作の映画)

3.7

20回以上かけても応答がない場合は、直接会うのが操作の手順。

そうなのかw
20回もかかってくると怖いやんw


めっちゃ面白いのに、自分のコンディションのせいで途中うとうとしちゃったのが勿体なかっ
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

4.0

チュ・ジフンさんのサイコパスな演技すごいなぁ。
クールなかっこいい人っていう印象が強かったので、今作でイメージがまた変わった。

そして!もう!!誰も教えてくれてなかった!!w
顔だけが取り柄のチン・
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

5.0

「子どもには自由な身分を!」

「自由か死を選ぶとしたら…」


このように考える状況に自分自身が置かれたことがないのはきっと、現代の日本に住むことができているから。

現在の世界の状況を考えると本作
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.8

自分や誰かにとってのチャンスや、人との出会いっていうのはどこにあるかわからない。
意図せずに得たそれらが自分の人生や生き方を変えることってあると思う。

そんなことを感じながら鑑賞。
人やモノとの縁を
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.6

21年も前の作品なんだ…。
M・ナイト・シャマラン監督ってやっぱりすごいや。

まだ観たことがない!とお友だちに言うと「ネタバレ聞かずに観て!」と言われるくらい初見はネタバレに注意。
あっと驚く仕掛け
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.3

魂の片割れ。
ソウルメイトってことよね。

人によって愛の表現は違うし、愛のカタチも違う。
それらのどれもが尊いものだと思うし、誰かにとやかく言われる筋合いはないこと。

10代っていう大人にはなりき
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

4.5

あー!面白かった!!
なんだー。ここで終わりかなぁ?って思ったところから一転、二点…。
すごく楽しめた。

自分のコンプレックスとの戦いっていうか葛藤はきっと誰もがすることだろうし、それを乗り越えられ
>>続きを読む

善惡の刃(2016年製作の映画)

4.5

冤罪で逮捕された方の刑務所に入れられていた間の、そして出所後の人生ってどうなるの?
さらに出所後にもついて回る汚名。
自分の人生を冤罪事件で引っ掻き回されるなんて考えられない。


えええ、こんな考え
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

4.3

実は初めて観た今作。
尾道三部作って聞いたことはあったけど、観る機会がこれまでなくて。
実家にこのタイトルが書かれたツメの折れたVHSがあったのを、幼い頃に確か見たなぁって思いながら鑑賞。


こんな
>>続きを読む

おばあちゃんの家(2002年製作の映画)

5.0

この作品を観て私が泣かないわけがなかった。
号泣ムービーがまた1作品増えた。


いざ、孝行をしたいと思ったとき親や兄弟、祖父母はいないことが多い。
まさにこの作品を観ながら祖父のことを思い出した。
>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

3.8

ものすごくリアル。
うわ、この感覚わかる…って感じが至る所にあった。
そして冒頭で延々と続くこの状況って、これからの世界でも当たり前に起こりうることなんじゃないかな?と思うと観ながらゾワっときた。
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.9

そっか。これってたった1日の話なんだ。
作品としては104分なのに、ものすごく長い1日に感じてしまった。

人の生死は1分、いや1秒先でもどうなるかはわからない。
私も、あなたもいつ死んでしまうかはわ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

4.8

Filmarksオンライン試写にて。

原作が重松清さん。
その時点で、泣くやろなってある程度察してて。
案の定本編の最終章ではひたすら泣いて、目が真っ赤になり、鼻が詰まるほど。
家だからよかったけど
>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

4.3

自分自身に関係のないこと、あえて関わりたくないこと、それに関わることで被害を受けるであろうっていうときに人間はどんな行動ができるんだろう。
そして私は?

人の命が危険に晒されているときに、見て見ぬ振
>>続きを読む

>|