キナさんの映画レビュー・感想・評価

キナ

キナ

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.0

ネオンに照らされた、ポップでハードなデスマッチ。
激しい銃撃とハイテンションな演出にイエーーイとなり、ノリ良く楽しめた。

観た人全員、ニックスの虜になるじゃない。かく言う私も完全にニックスにハマって
>>続きを読む

樹海村(2021年製作の映画)

2.7

なぜ樹海村一筋で突き進めないの?
なぜコトリバコとの二軸にしたの?
なぜせっかくの極上のテーマをこんなに雑な作品に仕上げられるの?
いやほんとなんでコトリバコと樹海なの!?なんで…。

キャラもストー
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.5

「そして彼女は王子様と結婚して幸せに暮らしました。」の、その先の話。
リアルなイヤさは無く、大袈裟でのっぺりしたキャラ付けとストーリーだけど興味深かった。

どんどん出てくる綻びに抗うだけ苦しくなる。
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

3.0

なんという混沌。

誰もかれもが何かにイラつき、何もかも噛み合うことなく強行されていく、地獄の撮影現場。
とりあえずみんな落ち着いて仕事して!力合わせて良い作品つくろ!
仕事って我慢も必要でしょ!皆
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

4.0

ちっちゃいことは気にすんな!それ交霊交霊!
zoomホラー、やるなら今でしょ。観るなら今でしょ。

設定もストーリーも何もかもが雑で投げっぱなしだったけれど、とにかくびっくり系の恐怖とzoomならでは
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.0

一日にひとつ、驚くような挑戦をしなさい。

観ているだけで喉の奥が鈍く詰まるような、鋭く痛むような、硬く突き刺さるような、そんな感覚になる映画だった。

ちょっとした塊を飲み込む快感、わりと共感できる
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

格差社会の一番ギスギスした部分を切り取り、とびきりのアレンジを加えワンシチュエーションスリラーとして仕上げた作品。
倫理観ゼロ、不快指数マックス。
デスゲームや脱出劇とは全く異なるテイストで、常に新鮮
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.0

あれから4年。釜山行きの新幹線の車内で切なく散った彼らもまだ彷徨っているのかしら。

日常を壊すゾンビパンデミックをドラマチックに描いた前作に対し、続編となる本作は完全にゾンビアクションエンターテイメ
>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

3.7

シャブ中はしっかり頭を狙わないと。
そうなんだ、知らなかった…。

しがない用務員に扮する暗殺者、哀愁溢れる運命。
もう設定だけで垂涎三尺なのよ。
そもそも殺し屋が好きでヤクザが好きなのよ。
世を忍ぶ
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

フォーカスの当たる人を次々と切り捨て変える容赦の無さが好き。
ようやく主人公の座に落ち着く彼女が一番気味悪いのも好き。何あの表情、あの喋り方。気持ち悪くてゾワゾワした。

しかし少しずつ溢れる、これじ
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

2.5

優柔不断で受身な大伴と自己肯定感低すぎて重い今ヶ瀬、双方成長して歩み寄ればピタッとハマるのに。

拗らせすぎた故の不自然なボーイなんだろうけど、突き刺さるような感情に乏しく残念。上澄みの方で小さく揉め
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

一果、恐ろしい子。
凪沙も実花先生もりんも、彼女を見る者全て虜にして人生を変えてしまう、天性の魔女みたいな子だと思った。

なってない、なったよ、のやりとりが好き。
何かに打ち込む人の姿ってとても綺麗
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.0

恐怖顔がわざとらしすぎて萎え、霊のビジュアルが酷すぎて萎え、演出が臭すぎて萎え、全く惹かれず。

絶妙に古い部屋のヤな感じと一部屋に長居しないオムニバス的な構成は良かった。
バールのようなもので襲って
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.5

愛しすぎる!!

過ぎた10代の頃を想ったり、今の私に響かせてみたり。
学校事情も友達事情もモチベーションの方向も私とは程遠い二人なのに、こんなにも近くに感じる。自己も他人も肯定してくれるパワーに圧倒
>>続きを読む

メビウスの悪女 赤い部屋(2020年製作の映画)

3.3

双子の姉に嫉妬するあまり、人生を乗っ取ろうと企てる妹の話。そして謎の仮面の会合。

双子の入れ替わりというありがちな設定の中、着地点に捻りがあって良かった。
順風満帆の姉を妬ましく思う気持ちはかなり共
>>続きを読む

血みどろの入江(1970年製作の映画)

3.0

マリオ・バーヴァ監督初体験。
後々のスラッシャー映画に影響を与えたとされる作品を観ておきたくて、お勉強的なテンションで鑑賞。

入江の所有権を巡って色々な思惑が絡んだ結果、大量の死体が発生するストーリ
>>続きを読む

怪談新耳袋 Gメン 2020(2020年製作の映画)

3.5

おじさんたちの実録肝試しシリーズ。

殺人事件の現場を周り、ミッションに挑むおじさんたち。怪奇現象に遭いたいけど怖いもんは怖い、そのスタンスが好き。
実際の事件現場という禍々しさからか、あまり挑発的な
>>続きを読む

ワーニング その映画を観るな(2019年製作の映画)

4.0

人生そのものがホラー映画になるぞ!
呪いの言葉は悪魔のささやき、魅了されてしまうのはホラー映画監督の性か。

ホラー映画を観ると怖いのに全身が満たされる感覚になるの、とてもわかるな。
私は死ぬのが怖い
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

4.8

何が古代マヤだ、タイムスリップでもするのか?ケージダイブもせずに何が「海底47m」だ、無理矢理シリーズ感出していないか?
と、観る前のグダグダしたツッコミをぶちのめす、完全に怖くて面白いサメ映画だった
>>続きを読む

アクアスラッシュ(2019年製作の映画)

4.0

貞操観念ユルユルのおバカ高校生たちがウォータースライダーでめちゃくちゃ斬られるだけのハッピーパラダイスムービー。

特に何の不穏もない前半のドスケベ酒池肉林パーティーに一番テンション上がる。
蛍光塗料
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

4.5

粗挽き肉ぎっしり、肉汁たっぷり、マスタードでっぷり、フランクフルトはうまいのだ。
腸皮にミンチ肉を詰めるというグロテスクさがまず良いし、ミンチ肉だからなんの肉が入ってるかわからないところにもときめく。
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.5

青春時代の誤ちと再生の物語。と、そう言い切って受け入れて感動して終わり、とはなかなかいかない絶対的な気持ち悪さのある映画だった。

兄パートのとんでもない胸糞悪さを妹パートが見事に綺麗にカバーしてくれ
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.2

強く依存し合う母親と息子の歩み行く道。

何もしないくせに所有欲だけは異常に高い、秋子の言動が終始理解できなかった。
二人の子供を想う言葉なんて一言も出てこない。子供を追い詰め利用しているだけ。
今に
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.8

あぶれ者破天荒刑事×鉄拳肉まんヤクザ、異色のコラボ捜査。
ダークでポップなわかりやすいサスペンス。

警察とヤクザ、追うターゲットは同じでも、その先の目的が真逆なのが面白かった。
協力しつつお互いを利
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.8

「透明人間」って、概念みたいなものだと思っていたよ…。
常軌を逸した執着から常識を超えた展開が生み出され、攻め入るような緊迫感に襲われて終始息を荒げて観ていた。

愛する女に逃げられて自ら命を絶ったエ
>>続きを読む

サモン・ザ・ダークネス(2019年製作の映画)

4.0

ヘビメタギャルは殺人鬼!

序盤の雰囲気からは想像もつかないストーリーが面白い、ハイテンション&フラストレーションを楽しむスリラー。

「やったことないゲーム」に流れる妙な空気、本性が見えてからの本番
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

3.0

最近の殺人鬼はソファやらドローンやら色々なモノにとり憑けて便利だなあ。

殺人ソファに立ち向かえ!!
B級感をウリにしているのは分かるけれど、思ったよりテンションが低くて少しがっかりである。

ソファ
>>続きを読む

モルグ 死霊病棟(2019年製作の映画)

2.0

無駄に混沌としたストーリーとテンポの悪さと主人公の気持ち悪さのスリーコンボで心神消耗すること間違いなしの、南米はパラグアイ産ホラー。
いやーやっちゃんてんなあ!ラテンのノリで乗り切ってこ!

轢き逃げ
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

4.0

S(すこし)F(ふしぎ)な彼らのおはなし。
7つの人格が曜日ごとに入れ替わる。そんな「僕」の生活における悲喜交交、ちょっとした事件、未来のスタート。

多重人格を扱ったサスペンスかと思いきや、特殊な状
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

ストレンジでラブリー、エキセントリックでチャーミーなゾンビムービー。

近づく地球の終わりとまずい結末に少しずつゾクゾクしてみたり、ユニークなゾンビたちにヘラッと笑ってみたり、時折挟まれる風変わりなシ
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.9

刺激に飢えた若者たちよ、造り物じゃない恐怖を存分に味わってみよ!!
 
趣向に凝りまくったカラクリお化け屋敷をばっちり体験できる、楽しいアトラクションホラー。
漂う不穏も不気味さも、「お化け屋敷」とい
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.5

許しの境界線はどこにあるのか。
正義の鉄槌を下すのは誰なのか。
悪意の連鎖の先にあるのは何なのか。

ありったけの胸糞悪さが詰め込まれ、答えの無い苦しみに揉まれる、どうしようもなく虚しい映画。
一つの
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

4.0

ため息の尽きないサスペンス。
救いようのない殺人犯、カン・テオと、地味に執着心の強い刑事、キム・ヒョンミンの静かな攻防。

「なぜ余罪を自白したのか?」
「なぜ公的な場では否認するのか?」
「誰が殺さ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.5

まじで話したいところから話すじゃん!

あちこち行ったり来たり、飛び回るハーレイの語り口のおかげで少々混乱すること数回、ふんわり軽くて薄いストーリーに少々興味を無くすこと数回、でもまあいいか~とヘラヘ
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

4.5

凌辱と殺戮を受けた女は、恨みだけを力に歩み続ける。

この映画、ただの復讐劇にあらず。
バイオレンススリラー、ロードムービー、歴史劇、異民族交流、成長譚。シンプルな本筋にいろいろな要素とドラマが絡み合
>>続きを読む

>|