awさんの映画レビュー・感想・評価

aw

aw

映画を正しく評価できると思いません。
感想を正しく書けるとは思いません。
でもがんばってみます。

☆は僕の場合は満足度に近いです。
だから極めて個人的な評価になります。

「ああ、こういう見方もあるのか」とか
「感覚が似ているから参考にさせていただきたいな」
という方は勝手にフォローさせていただき申し訳ございません。

フォローバックは求めておりませんので、気が向くなら、で結構です

映画(31)
ドラマ(0)

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

殆どの人には退屈な映画に見えるかもしれませんね。でも僕はこの作品が好きです。

自殺した者と残された家族の物語のうち、残された家族の物語をゆっくりと見せてもらいました。

映画の予告編からはコメディ要
>>続きを読む

たまえのスーパーはらわた(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

加古川のイオンシネマで「耳かきランデブー」と同時上映で観てきました。

青春映画として普通に楽しめました。

青春映画とさいたま市のPR映像とがうまーく一体化している。で。前者の方が前面に出てくるので
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観たかったものは見れました。
満足。

でも、もう少しいろいろあってもよかったと思う。特に悪い人・非協力的な人が絡むエピソードよりは、いい人なんだけど空回りする・うまく噛み合わない感じのエピソードの方
>>続きを読む

ゾンからのメッセージ(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

難解で観ている側に不親切で退屈な映画でした。

結局何がしたかったのか、未だにわかりません。皆さんの感想や解説を見て、これから少しずつ何だったのかを把握したいと思います。

もちろん好みの問題ですから
>>続きを読む

イッショウガイ(2017年製作の映画)

4.7

オホーツク網走フィルムフェスティバルにて鑑賞。また凄いものに出会えました。

とりあえず簡単に採点と体裁のみの感想を。あとで追記するかもです。


演劇を複数台のカメラで録画・編集したもの。実際の公演
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前から気になっていたのと、
他の方のレビューが良さそうだったので、
予定を少し変更して大杉漣さんに会いに行ってきました。


さて、この映画。
観終えてから少し時間が経ちましたが、
「作り手は何を訴え
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
久しぶりに本格的なサスペンスを見た。
満足。

ストーリーは王道だと思う。
けど、何よりもこの映画は見せ方が新鮮。
ただし、間違いなく人を選ぶ。

全編に渡って全てPC画面上で繰り広げら
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず採点だけ。
だったけど追記しました。

なるほど凄い映画だ。少々難解なんだけど、上手くできてるな、と。そしてなんなの、この見終えたあとのずっしり重いものが乗っかってくる感じは。

現在の刑事
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

思っていたよりずっと良かった。
観たかったもの以上のものが見れました。
いい映画をありがとうございました。

ただし、登場人物に感情移入できるかどうか、登場人物の行動原理が理解できるかどうかで評価が変
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

知多半島映画祭で知多半島出身の監督が自らご紹介されていた作品。

気になっていたので観れて良かったです。

評価は「悪くないんだけど、僕が見たかったものとは悪い意味で違った」です。
監督が元理学療法士
>>続きを読む

セブンガールズ(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

※何回か観ましたので下の方に追記します。

エネルギーを貰いました。
この作品に出会えてよかったです。

演劇を映画にしたことで、どちらか片方だけが好きっていう人とか、リアリティ重視の方によっては合わ
>>続きを読む

黒蝶の秘密(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

謎のマンションを用いたミステリーホラー。
ホラーなのでラストがハッピーエンドかバッドエンドかは問わないんだけど、この終わり方については僕は好き。

でももっともっとホラーかミステリーに寄せても良かった
>>続きを読む

飢えたライオン(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず一回観たところでの採点。

パンフレット見たり、舞台挨拶でのコメントを踏まえて何度か観ると、監督が描きたかったことが整理できるかもしれない。

とりあえず満足。
観たかったモノは見れた。
>>続きを読む

ウルフなシッシー(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

単純に面白かった。
何か大きな事件が起こってどうこうってお話じゃないんだけど、すごくいい。

噛み合わないようで噛み合う2人がすごくいい。もっともっとこの2人の過去や未来を見ていたくなりました。

>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.5

とりあえず採点のみ。
これ、大好きな作品です。

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます


君が
君であるから
君なんだ。

では、その「君」に対して
「僕」はどの位置にあるべきか。

「僕」が関わることで
何らかの変化が生じてしまった「君」は
「君」なのか
......


凄かった。
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画も僕には合いませんでした。

このお話で焦点をどこに持っていくのか、
それが僕には合わなかったようです。

演出・脚本に「なぜそうした?」
と思うことがありまして。

この映画は、
時間を掛け
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

どう評価して良いかわかりません。
とにかく僕には合いませんでした。
全編通して。

個性的な登場人物たちの行動原理を
理解しようとしても理解できず、
なぜこういう行動を取るのか、とか
なぜ急にこんな展
>>続きを読む

クライングフリーセックス(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛すべき馬鹿映画。
ホント、馬鹿馬鹿しい。
お下品なので人を選ぶんでしょうけど僕は好き。

何もかもが安っぽいんだけど、
この安っぽさあってこその面白さだと思う。

最高のVFX技術使って
最低の映画
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

青春映画でした。

原作は読んでません。
でも読んでみたくなりました。


もっともっといろいろなこと
があるんだろうなと思いながらも
登場人物を、エピソードを限定し
描きたい所を絞った、
という感じ
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

気になってた映画なので観てきました。
原作は読んでいません。
ですが、読みたくなりました。

この物語は映画にするよりも
小説の方が良いのではないか?
と思ったから。

登場人物の背景や心情をもっと知
>>続きを読む

機動警察パトレイバー THE MOVIE(1989年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

アニメ映画って凄い、
と思わせてくれた作品。

1989年の映画ですが、未だにマイベストアニメ映画です。
2位以下を大きくぶっちぎって。

VHS、DVD、Blu-rayなど各種媒体で
何度も何度も見
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

ようやく観ることができました。

凄い。

良い・悪い とか 好き・嫌い ではなくて
凄い映画でした。

そこにあったのはドキュメンタリーでした。
それくらい自然に、
そこに、普通に「家族」がある。
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

満足はしました。
でももっとこうしたら感が残るのはなぜだろう。

見えない敵が何を考えてるのかわからない感
これはいい。すごくいい。

よくあるハリウッド映画だと
反撃に転じて少数だけ生き残って
なん
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

名古屋のミッドランドシネマでの
先行上映を観て参りました。

感想は、
イイところはあるけど
少々「薄っぺらい」感じがしました。

限られた上映時間に対して
「映画」として何を詰め込むか。
それがもっ
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

1.0

正直、苦手な映画でした。

主人公らのクソガキっぷりが酷く、
共感もできなくて。
もっと「愛すべきバカ」ならいいんですが、
痛々しくて見ていられない。

人に迷惑を掛けることをわかりながらも
それをや
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.0

こういう映画は正直退屈なんで苦手なんですよ。

でも観てみたい、と思わせる何かがあって
結果、観てよかったと思わせてくれた。

もう最初の町でやられた。
これは何か飛んでもない映画を見せてくれるんじゃ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画の仕組みの面白さについては
もう皆さんが散々書いてるので
(大いに同意するものばかりですので)
それに加えて、という視点で。

この映画、伏線回収の面白さ に加えて
家族の絆の物語だったり
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

僕は好き。
こういうの大好き。
オムニバス形式が少しずつ繋がってる感じ。

伊坂幸太郎さんの小説が原作ですが、
それに様々なモノを付けて整理てし
映画にしてよかった。
ほんとよかった。

不満な点が無
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.8

この映画は「LGBT映画」と言われています。

もちろん話の中心にあります。
ですが、この映画はそれだけではありません。

学校の教室の中に生じた違和感。
それに直面した登場人物たちの
心の動き、変化
>>続きを読む