ぴなさんの映画レビュー・感想・評価

ぴな

ぴな

小難しい感想や芸術論は書けません。
日常からの現実逃避として、自己満足として、映画を観ています。
サスペンス、ホラー、アクション、刑事法廷モノ、アクション、SFが好き。

映画(817)
ドラマ(11)

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.2

ゴズリングの頭が思わぬインパクト。
人って髪でかなり印象変わるなぁ…

過去の甘く楽しかった恋愛時代と家庭不和の今との対比が切ない。
喧嘩しながらも愛は消えていなくてやり直したい夫と、そうではない妻。
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.5

春が2階から落ちてくる

オープニングとエンディングで使われるこの一文の深さがわかるのは観終わった後。

血の繋がりを描いている作品は多々あるけど、DNAを主軸に人を形成するものは環境(家族)か否か、
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.0

ドラマが大好きだったので、映画も期待。

どんな理由があれど、不倫は絶対に肯定出来ないし、どうなっても自業自得だと思っている派だけど、この2人はどうしても応援する気持ちになってしまう。
乃里子は何も悪
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スクリーン1

悲劇を目の当たりにした時の、カティヤの慟哭を演じるダイアンに魅入ってしまった…。

義母の台詞には真底腹が立った。
寄り添おうとする友人と、少なからず距離が出来てしまったことが哀しい。
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

2.3

スクリーン2

不安に駆られるような旋律の劇伴から始まる時点で、良い結末にはならないことを予感させる。
子どもを押し付け合って争う夫婦が、失踪後には互いの責任にし合う。
そして、意外なほどに必死に探し
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.2

スクリーン9

面白かったー!!!
やっぱりスパイものとかCIAが絡んで二転三転する物語って好きだー。
話自体はシンプルなんだけど、裏切り者が誰なのかテロを止められるのか、という2本軸で飽きずにラスト
>>続きを読む

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

2.8

午後ローで久しぶりの鑑賞。
サンドラ・ブロックは今も昔も変わらないなぁ。
20年前ということでデスクトップPCの大きさや、ドットの荒さとかゲーム画面にとても古さを感じるけど、あの頃でこんなサスペンスを
>>続きを読む

静寂の森の凍えた姉妹(2016年製作の映画)

2.2

北欧サスペンスのあの独特の空気感が好きなんだけれど、これはよく分からないまま始まって終わった…
母親が日記を破ったのもちょっとよくわからない。犯人逮捕に繋がる重要なところだよね。

母親が虐待していた
>>続きを読む

ラスト/ナイト(2016年製作の映画)

1.5

ほとんど一人芝居。
パニック状態だとしても、電話でのやり取りも何もかも、要領が悪すぎてイライラ。
ギャーギャー怒って泣いてばかりの主人公にイライラ。
オチも間抜け過ぎてイライラ。

せっかくゾンビのビ
>>続きを読む

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

2.8

シチュエーションスリラー!

と見せかけてB級ブラックコメディ。
冒頭は監禁モノ独特のいや~な雰囲気だったのに、一転してプロとしてツメが甘すぎる仕事やお人好しオリーのお陰で、稼業から足を洗うつもりが~
>>続きを読む

白い闇の女(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

未体験ゾーンで見逃した作品。

頭がおかしい義父と頭がおかしい旦那に苦しめられた女性の色仕掛けにまんまとハマるエイドリアンの話。
女に仕事やお金が絡むと、大体が厄介なことになるよね…。
それでも、キャ
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

2.5

映画館で見損ねたやつ。
ギャングの抗争やハードボイルド感よりも、ジョーの人生というか全般を通して哀愁がそこはかとなく漂う雰囲気だった。
エル・ファニングに関わる描写と、ラストはなかなか重ため。
白いス
>>続きを読む

硝子の塔(1993年製作の映画)

2.3

過去に何度か見たけど、久しぶりの鑑賞。
昔観た時はかなりエロティックさを感じたけど、意外とそうでもない…。
シャロン・ストーンは美しいし、ボールドウィンのたらし具合も魅力的ではあるものの、サスペンスと
>>続きを読む

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

狂気めいた役がピッタリなエヴァ。
ダイバージェントのシャイリーン。

やたら寒そうな景色ばかりの夢と、冷凍庫が出てきた時点で、アッ…ってなったけれど、それを上回る別の驚くべき展開が。
寂しさや欲求解消
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

2.7

以前、観たことがあったものの、ラストがうろ覚えだったので再見。
時間絡みのSFは好きだけど、やっぱりタイムパラドックスに思い悩む。
プリデスティネーションやメッセージもそうだけど。

単にタイムトラベ
>>続きを読む

ナイトライト 死霊灯(2015年製作の映画)

1.0

イーサンとの関係性の描き方も希薄だし、主人公の立ち位置も曖昧だし、

THE BITE 変身する女(2015年製作の映画)

1.5

超B級ホラー。
装飾とかセットは手が込んでた。

何に噛まれたかわからないけど、水中生物??からのイクラかと思いきや、大小様々な卵は意味わからないし、コスタリカなら蚊??と思いきや、卵の中にいるのはハ
>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

1.5

仰天ニュースか何かでやっていた、スレンダーマンについての映画で、確か昨年のカリコレでやっていたはず。
見逃してガックリしていたので、WOWOWで観られて喜んだのも束の間、観たらガックリ(笑)。
カメラ
>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

2.5

芸術家のパートナーは大変だ…
エゴン・シーレは名前を聞いたことがあるくらいにしか知らなかったけれど、自分の信じる芸術性を貫き通したのはまだしも、別の人と結婚したのは理解し難い。
そして、自分の妹やそれ
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

3.0

スクリーン1

チラシとの雰囲気が違いすぎる…。
もっと猟奇的な仕上がりになっているものかと思っていたので、その点だけ拍子抜け。
でもただのサイコパス&監禁ものというわけではなく、アンディの心情に思い
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

ワーナー試写室にて。

予告では色々混ぜ込んだオモチャ箱的な作品かと思っていたけど、ゲーム好き、映画好き、アニメ好き、70~90年代好きがニヤけるシーンか盛り沢山のビックリ箱ムービー!
マーク・ライラ
>>続きを読む

プレシャス(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

プレシャスという名前とは裏腹に、ドン底の生活を送る女の子の話。
身内のレイプ、近親相姦の描写は精神的にホント辛い…。
知っているのに嫉妬をするだけで止めないばかりか、日常的に虐待をしている母親。キツい
>>続きを読む

逆殺館(2016年製作の映画)

1.5

ちょっとグロめなのや予想外の展開で、途中まではまぁまぁ面白いと思っていたけど、触手的なので一気にトーンダウン。
悪魔のイメージの差なのかな??
バリアみたいなのや弾を跳ね返すのもイマイチな描写。
最初
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

スポーツ題材のものや青春ものがあんまり得意じゃないので、気になりつつも後回しにしていた作品。

もっと早く観ていれば良かった!!!
実在のアメフト選手について描いているものの、リー・アン目線で物語が進
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.0

スクリーン2

結構子供向け、ファミリー向けな感じかな~と物語始めで心配したものの、メッセージ性も込められていて、なかなか楽しめた。
何より色彩と映像が綺麗で、これはIMAXや3D案件だったなぁ。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

スクリーン5

話題になっていた通り、ゲイリーとは気付かないくらいの特殊メイク。どの角度からでも皮膚の質感や皺とか、不自然さがなくて辻さん凄い…。
そして、ゲイリーの演技力たるや、受賞も納得!むしろ何
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

スクリーン12

面白かったー!!!!
名優の共演作として見応えもあるし、何よりトム・ハンクスの安心感ってすごいなということを改めて実感(笑)。だけど、物語は緊迫感たっぷり。
vs政府という、人生と社
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.3

冒頭からもう、THE タランティーノ!という感じでワクワク。
キャストはブラピが出てるな~程度にしか確認しないまま観たので、イーライ・ロスやらファスベンダー(若い!)やら、ダイアン・クルーガーやら出て
>>続きを読む

ドント・スクリーム(2016年製作の映画)

2.3

邦題は中身に全く関係ない。
リカバリーのままでいいじゃん…
せめて、「ザ・ファミリー」とか(笑)。

お兄さんがああいうビジュアルになった理由を知りたい・・・

クラブ前後がやや冗長だけど、ながら見に
>>続きを読む

サイコパス 地下戦慄(2015年製作の映画)

2.5

ロバート・ネッパー×猟奇サスペンスなら気にならないわけがない。

ティーバッグにしか見えないわけで、警官役も馴染めないわけだけど、そこはさすがロバート、一筋縄ではいかない感じだった(笑)。
"人ではな
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

不快度1000%!
家の中が荒れていく様子や、図々しくて非常識な人々に観ているこちらもかなりのストレス。
わかる、わかるよジェニファー!
寝室とかキッチンとかさー。他人に入って欲しくない、勝手に触って
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

スクリーン7

フライト・ゲームの列車版?くらいに思っていたけど、もっと面白かった!
キャストはリーアムが出る程度にしか確認してなかったので、本編観て初めてパトリックが出ていることを知ってテンション上
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

2.5

昔観たけれど地上波初ということで再鑑賞。
沈黙やシークレット・マンみたいな役どころももちろん素晴らしいけれど、やはりサスペンスやアクションがあるとリーアム!っていう感じ。

出てくる人みんなが疑わしい
>>続きを読む

>|