みさんの映画レビュー・感想・評価

み

  • List view
  • Grid view

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

3.7

実写化って当たりハズレ別れるけど、とてもキャストがハマっているし、原作の世界観に忠実だとおもえる作品。
とくにマッシュの櫻子ちゃんがハマり役。櫻子ちゃんの歌声を聞くだけでも見る価値あり。個人的には心也
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.7

グロさスピード感程よく魅入る。小栗くんの演技に引き込まれるも、まぁ、助からないと話終わるよね、的なノリでみてたんだけど、いちばんラストのカットにゾクッと。大森さんがかっこいい。カエル男、妻夫木くんの顔>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.5

前川さんの作品はとこかSFでありながらリアルな感覚をも感じさせられる世界観で面白い。ラストの落とし方も「太陽」とも通じるテーマを感じた。
松田龍平の挙動不審な動きや走る姿がなんとも、素のイメージと役柄
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.9

就活を通しての仲間(友達ではない)あるあるがリアルで、こう極端に見せつけられるとホラー。
SNS関わりでさらに今の時代感が強い印象があるが、それぞれのキャラクターや行動は昔からのあるある。
ツイやイン
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

4.0

哲学って何なのかよく分からないけど、すごく哲学的な映画ってかんじ。
登場人物がみんな全うな表の顔と矛盾した一面を持っている。複雑の様で、人間って根本は単純なもの。生と死。真実と嘘。何を持って正とするの
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.5

綺麗事やツッコミどころたくさんで、話の展開もよめるけど、ざ織田裕二劇場版、なんか愛がいっぱいで感動したりもした。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

やっと見れた。ちょっとおませな女子と青くささのかたまりな男子。小学生のあるある的な一コマも岩井監督の手にかかると、ここまで甘酸っぱい青い春な映像になるのがスゴイ。短い時間に濃縮された世界観が素晴らしい>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.3

世界はかけがえのないものばかりで。自分自身も誰かにとってはかけがえのない存在で。限りある命だからこそ愛しくて。セリフにもでてくるが、メッセージはストレートに、リアルなテーマがファンタジックに描かれてい>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.0

以前 前川さんがかいた脚本?も読み、蜷川さん版の舞台を見たのであらすじは理解済み。フィクションでSFチックな物語なんだけど、どこか近い将来を見ているようなリアリティがあるストーリー。
どうしても比べて
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

日本映画のよさ面白さを凝縮させたような作品。淡々と静かな中に不気味さが際立ち、不穏な世界が惹きつける。見終わった後に無駄がないつくりの映画だと気づく。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.2

前作に引き続き、子供とは見れない映画だけど、セリフや演出に笑えるところ満載でこの笑える。ある意味人間より人間らしいクマさん。

青空エール(2016年製作の映画)

2.7

ときめきもなく、コテコテ感。先がよーくよめる。役半分、地が半分?たおちゃんのモジモジぶりぶりな喋りは若干イラつく。

ディープブルー・ライジング(2016年製作の映画)

-

壮大なのはタイトルだけ。サメがでてくるたびに冷めてくる。ツッコミどころ満載な笑えるパニック映画。襲うところは怖いというより、気持ち悪いからホラーの域笑。この映画検索するとサメ映画がわんさか。アメリカ人>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

クドカンのクドカンのためのクドカン好きだけに響けばよいよーな映画。毎度ここまで緻密な世界観はすごいとおもいながらも、どうもゆっくり向きあえない入り込めない。

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

3.0

このB級感は狙ってるのか、たどり着いた結果なのかは?だが良くも悪くも中途半端な感じ。個性的な上手い役者が本気で演じているぶん、B級感も極めれてない。風刺的意味合いも伝わってのか、。狙いが少し空回りもっ>>続きを読む

シェル・コレクター(2015年製作の映画)

3.0

碧い海、美しきもの生と隣り合わせの死。神秘的な映像が印象的であり世界観をかもしだす。リリーさんの静な姿がすばらしい。

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

4.2

オトコはみんなアホ。そのアホに踊らされているオンナの弱さも強さも魅力的に描かれていてたまらない。この物語に出てくる女たちはみんな愛おしい。生、性、愛、死、…、すごく細かい描写やセリフにまで、作品として>>続きを読む

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

3.9

ドラマから好きで観ていたので、その流れ世界観を壊すことなく楽しく観れた。ヘタレキャラ キャップはじめ、STのメンバーの面倒臭いかんじ、好きです。

後妻業の女(2016年製作の映画)

3.3

胡散臭いトヨエツと大竹しのぶの演技はさすが。永瀬さん出てきてからさらに映画に深みとゲスさが増した感。笑える反面、妙にリアルさも感じた

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

昔、プリティウーマンを観たあとの感覚と似た感じ。なんだかほっこりいい気分。ロバートデニーロの紳士さも、チャーミングなアンハサウェイもどちらもステキ。歳や男女、仕事、様々な現実との直面を交えながらも嫌み>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.3

豪華な俳優さんいっぱいだけど、絹子が全てを喰ってた感じ。原作は知らないけど、薪さんのバックグラウンドよりも貝沼や絹子の真相の方が気になるし、持ち上げておきながら、扱いが雑。ラストも然り。テーマとしては>>続きを読む

高台家の人々(2016年製作の映画)

3.2

綾瀬はるかと高台家のキャストがはまりすぎ。塚地キャラも。ラブコメとして楽しく観れた。序盤の早すぎるくらいのテンポの割には、結婚式あたりの間延びた感じが気になったけど。

orange(2015年製作の映画)

3.5

主演の演技も恋愛モノ苦手分野。ファンタジーではあるが、思っていたようなコテコテな恋愛モノでなくて意外とたのしめた。
イライラするくらいの初々しさ青春だなぁ、友達っていいな、なんてな〜。キラキラしてない
>>続きを読む

悼む人(2015年製作の映画)

3.2

原作がよくても、出てくる俳優の演技がどれも素晴らしくても映画として成功するとは限らない類。それぞれの信念が負の要素ばかりで、しつこさが表立つ。
死があっての生、喜びよりも、憎みや妬みがより生々しい生き
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.8

デッカいオトコのちっちゃい器。家族ものは母親がフィーチャーされがちだけど、りょうた始め、出てくるオトコの見栄っ張りで、小さく弱いところがテンポよく描かれている。樹木希林あっての物語でもあり、ムスコと父>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

人気原作、豪華キャスト、ストーリー展開、おもしろくなる要素はいっぱいなはずなのに、映画としてはどこか冷めてしまう印象。映像にしてしまうとマンガ感、大げさ感というか、散らかりっぱなしな印象のまま、後付け>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

帝一をはじめ、クセあるキャラクターがみんなそれぞれハマってテンポよく。帝一の成長サクセスストーリー⁉︎ ラストは少し読めたけど、全体を通して腹黒感も笑えて憎めない楽しさでした。原作も読んでみたくなった>>続きを読む

大人ドロップ(2013年製作の映画)

3.8

痛くイタい青春。若さゆえの迷い、勢い、葛藤、焦りが4人の狭い空間を通してよく描かれていたと思う。ただの青春恋愛学園モノと違って、大人と子供の間でもがく心情、とくに後半引き込まれるものがあった。ハルちゃ>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.8

豪華な役者陣。古き良き時代の日本映画って感じ。今見て違和感を感じる人もいるかもだけど、ちょっとしつこい感じの作り嫌いでないです。

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

4.0

予備知識なく鑑賞だったので、思っていたより、ずっとかわいく、深く、切ない物語でした。

アオハライド(2014年製作の映画)

2.8

私がもうアオハルでないからか?青春というよりマザコンのお話で、トキメキより女々しさばかりが鼻についてしまった。

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

3.2

生と性、死と私、欲…、大切さの意味重たさも軽さもヒト次第。人って自己満足と言い訳をまとう生き物。愛って軽い言葉に踊らされる生き物。

東京タワー(2004年製作の映画)

2.6

不倫モノとしては、ジャニーズとしては冒険作?時代の先駆け?笑 ストーリー的にもひと昔前の連ドラを見ている感じ。みんな若くて美しいからなんとなく最後まで見ちゃいました。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

美しさとエグさが共存した、ザ・岩井作品。気になってた時間の長さは見ていて気にならず。安室の怪しさ、七海の疎さ、真白の危うさ、そして、描かれる人の儚さに今の時代が反映されているような。胡散臭さも岩井監督>>続きを読む