みさんの映画レビュー・感想・評価

み

  • List view
  • Grid view

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.2

堤真一の信長も良かったけど、綾瀬はるかあっての作品といった感じ。時代ものというよりファンタジー。設定に真新しい感じはしないけど、テンポよく楽しく見れた。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.6

これが運命なのか、宿命なのか、。村山聖、羽生善治そのものに見えた。そして愛おしい登場人物が人生に、作品を血の通うものにしている。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

ファンタジーで切なく美しい韓国映画の王道といった作品。ハンヒョジュちゃんの魅力がいっぱい。
映画はやっぱりエンドロールまでが映画。

女教師 シークレット・レッスン(2016年製作の映画)

3.3

ありがちなテーマかもしれないが、韓国映画ということもあって、隠な部分の描き方が秀逸。キムハヌルもこういう役がこなせる歳になったんですね。後輩に、見てるほうもかなりイライラさせられ、ブラックなラストなん>>続きを読む

トゥルー・ストーリー(2015年製作の映画)

3.2

なんか引き込まれてるモノを感じさせる作品。もうちょい何か起こるのか、期待したけど期待しすきた。
前にみた「凶悪」の記者を思い出した。

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

4.2

何度も見た記録。生と性をはじめとして、人間のデリケートな視点を針で刺されるように突かれる作品。R指定ということもあり、だれにでも勧めれはできないが、ぜひ若い人にも1度は見てほしい作品。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.3

これだけ高い評価に見合う映画なのか、って斜めに見てしまう。ある年代には真新しくなくもない設定なぶん、現代ウケするキャラ、映像、ストーリー。先日、ぼく明日見たばかりだからまたか、ってタイミングでごめんな>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

1.8

男性というか、松居監督から見た偏見的な女性観、世界観がうるさい感じ。
今回はちょっと期待して見始めたけど、やっぱり無理でした。見ないで批判も失礼なので、今回は頑張って最後まで見てみた。
描きたいことは
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

4.0

現代より満州時代よかった。西島夫妻、主役より存在感。歴史背景含め、作品の印象よりはるかに意味のある作品。見応えのある作品だった。泣けた場面も。前情報無い方が楽しめる作品。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.0

限られた時間が愛おしくて恨めしい。はじめ、頭がついてこない部分があったけど、設定を丁寧に描いたストーリー、演じる2人が相成ってよかった。前情報無く、軽い恋愛モノと思って見たらよい誤算。引き込まれた。見>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.2

流し見。コメディ要素が強い作品だし楽しく見れた。悪役イメージが最近強い古田新太の大岡裁きイイね。時代モノだし、きっとハッピーエンドになるだろう⁉︎と観れる感じ。

団地(2015年製作の映画)

4.0

レトロ感なsfの世界。一歩間違えると陳腐なものに陥るかもしれないのに、なんともいえない魅力ある作品。演者の魅力の大きさによるものだろうが、見入ってしまった。宇宙人よりある意味 不可解な団地の住人、集団>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.5

提供のある人生。限りが見える人生。それゆえいかに意義を見つめる人生。限られているからこそ見えるもの。重く切ないストーリーだからこそ、少し希望を見出したくなる。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.0

前半、個人 映像 漫画原作である世界観 断片的には雰囲気っぽく作ってあるかんじ。後半大友がよすぎてアンニュイなかんじから一気に現実に戻されるかんじ。ラストがイマイチ盛り上がれない。小松菜ちゃんの独特な>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.2

リリーさんのひとり勝ち。流石の大根色。福山くんはゲスくても品がある。モデルになったネタ、人はあれかなぁとか、スクープ取る仕掛けとか楽しかった。とくに滝藤さんのラグビー走り笑えた。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.8

真新しいストーリーでもないのだが、どこか引き込まれる。映像美も重なって、戦時中が舞台であるけど、2人がなんとも美しい。戦争がなければ出会わなかった2人だけど、戦争が2人を引き裂いたともいえることが切な>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.3

ピンクの完成度から、衝撃あり!との予告はハードル上げただけ、後半グレー、狙うものが大きすぎて空振りぎみ。
菅田将暉と夏帆ちゃんの振り幅ある演技良かった。2人に加えて、柳楽優弥まででてきちゃうと、彼らの
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.7

3人殺したら…、もうすでに3人の心をダメにしているではないですか、。

ほんの少しのかけ違いから崩れ去る日常の幸せ。ノンストップで崩壊の様を見せつけられる異様な世界観。でもどこかすぐ隣にある家庭のよう
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

細かいストーリーや何回目の死とか考える暇なく、テンポよく、スピード感ある展開がここちよい。多少エグいが、安心して死を見れるのって不思議な感覚。映像、アクション、映画としてはよくできているのではないかと>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

未来は自分の手の中に。
選ぶのも掴むのも自分の力で。
若者に幸あれ

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

評判が良すぎて今まで見てなかったんだけど、見終わった後今までにない感覚があり面白かった。
泣けるだけでなく、なんともファンキーな映画。実際こんな家族困るけど、すごく羨ましい家族でもあった。個人的には、
>>続きを読む

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

3.7

実写化って当たりハズレ別れるけど、とてもキャストがハマっているし、原作の世界観に忠実だとおもえる作品。
とくにマッシュの櫻子ちゃんがハマり役。櫻子ちゃんの歌声を聞くだけでも見る価値あり。個人的には心也
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.7

グロさスピード感程よく魅入る。小栗くんの演技に引き込まれるも、まぁ、助からないと話終わるよね、的なノリでみてたんだけど、いちばんラストのカットにゾクッと。大森さんがかっこいい。カエル男、妻夫木くんの顔>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.5

前川さんの作品はとこかSFでありながらリアルな感覚をも感じさせられる世界観で面白い。ラストの落とし方も「太陽」とも通じるテーマを感じた。
松田龍平の挙動不審な動きや走る姿がなんとも、素のイメージと役柄
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.9

就活を通しての仲間(友達ではない)あるあるがリアルで、こう極端に見せつけられるとホラー。
SNS関わりでさらに今の時代感が強い印象があるが、それぞれのキャラクターや行動は昔からのあるある。
ツイやイン
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

4.0

哲学って何なのかよく分からないけど、すごく哲学的な映画ってかんじ。
登場人物がみんな全うな表の顔と矛盾した一面を持っている。複雑の様で、人間って根本は単純なもの。生と死。真実と嘘。何を持って正とするの
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.5

綺麗事やツッコミどころたくさんで、話の展開もよめるけど、ざ織田裕二劇場版、なんか愛がいっぱいで感動したりもした。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

やっと見れた。ちょっとおませな女子と青くささのかたまりな男子。小学生のあるある的な一コマも岩井監督の手にかかると、ここまで甘酸っぱい青い春な映像になるのがスゴイ。短い時間に濃縮された世界観が素晴らしい>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.3

世界はかけがえのないものばかりで。自分自身も誰かにとってはかけがえのない存在で。限りある命だからこそ愛しくて。セリフにもでてくるが、メッセージはストレートに、リアルなテーマがファンタジックに描かれてい>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.0

以前 前川さんがかいた脚本?も読み、蜷川さん版の舞台を見たのであらすじは理解済み。フィクションでSFチックな物語なんだけど、どこか近い将来を見ているようなリアリティがあるストーリー。
どうしても比べて
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

日本映画のよさ面白さを凝縮させたような作品。淡々と静かな中に不気味さが際立ち、不穏な世界が惹きつける。見終わった後に無駄がないつくりの映画だと気づく。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.2

前作に引き続き、子供とは見れない映画だけど、セリフや演出に笑えるところ満載でこの笑える。ある意味人間より人間らしいクマさん。

>|