強いかなさんの映画レビュー・感想・評価

強いかな

強いかな

最強のムエタイ・ファイター(2007年製作の映画)

4.0

最近気になるコンキアート・コムシリ監督の新作製作が発表されたらしいので過去作も日本で見られる分は全部見るぞ~と張り切ってレンタルし、やっぱり裏切られた!!なんなんだ最高!!

コムシリ作品、絶対にポス
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

天才学生達の天才且つBADな目論見。
カンニング、という学生一度はガチで考えるであろう不正行為だけで二時間ず~~っと緊張を保てるのがヤバい。ハラハラ苛々しっぱなし。脚本が凄く面白くてテンポ感が凄まじい
>>続きを読む

人肉ラーメン(2009年製作の映画)

4.2

『側にいるだけで首ったけ 不安なのこの愛が真実か』
『憐れんで頂戴愛に病んだ私を重い育むだけ引き裂かれてしまう』
『初めての愛、愛は拷問 最後の愛は、私の死』

めっきりタイの映像作品に夢中なので、タ
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.0

柄本時生の無駄遣いに冒頭から笑ってしまう。
名前の知れた俳優を中途半端にあんな風にしてしまい、回想だろうがキューブ外での映像をたんまり見せてくれて、とりあえずこんな感じっしょ!とからくり屋敷演出しつつ
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.7

余命幾何もない男・ウードが過去の「借り」を返すためにNYからかつての親友でバーテンダーのボスを呼びつけて旅をするロードムービー、がA面。
録音していた深夜ラジオでは既に亡くなったウードの父がDJとして
>>続きを読む

裁断分裂キラー スライス(2009年製作の映画)

4.7

((まず始めに、言わせて欲しい。この邦題を考えた奴らをブッ飛ばしたい。多分タイトルつけた奴はこの映画を見ていない。猛省して欲しい。))


赤いスーツケースに性器を切り取られた遺体が入っている、という
>>続きを読む

雪山の絆(2023年製作の映画)

4.3

1972年の墜落事故の実話映画。
正直、話題になっていなければタイトルの時点であらすじすら見ようと思わなかったかもしれない。
本当に見て良かった映画だった。

ラグビーチームを乗せた航空機が雪山に墜落
>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

3.8

童夢だ!これ童夢だわ!!

我が家の「童夢」を借りパクされて早何年……マンモス団地とヤバ老人の記憶は脳にしっかり焼き付いている今日この頃、劇場公開を逃してしまったのでず~っと配信待っておりました。
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.9

レストラン、厨房、トイレ。
調理、食事、セックス、暴力。
ほぼこれだけで展開するのにまるで大きな絵画か絵巻を見ているような壮大さ。体感の話をするならば画面のサイズではない、果てしなく高い吹き抜けの天井
>>続きを読む

パウ・パトロール ザ・マイティ・ムービー(2023年製作の映画)

3.6

キッズ向けだしな~と侮る事なかれ。これは勇敢で優秀なそして呆れるほどにギャワイイ、スーパーヒーロー集団のアクション映画だ。

まず、冒頭。
何者かに襲われるスクラップ工場。閉じ込められ方が大人の映画。
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.7

特性持ちの偏屈毒舌小説家おじさん、持病持ち息子のシングルマザー、親との関係にトラウマのあるゲイ隣人。
友情と恋愛と本音が少しづつ皆を生きやすく、たまに生きづらく、そしてもどかしくも愛おしくさせてくれる
>>続きを読む

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

3.8

真っ白な部屋で放心する満身創痍でボロボロの“老人”に出逢った老人は、彼を無視してドアの外へ。そこは夢と希望と笑顔の溢れるアミューズメントパークにギュギュッと濃縮した、社会そのものだった。
虐げられ蔑ま
>>続きを読む

田園に死す(1974年製作の映画)

4.7

寺山修司の伝説のカルト。
「親」に囚われた男が何度も人生を作り直そうとする。記憶は美化され、美化しているのだと気付く度に時計を逆に走らせたくなる。
どれだけ抗っても、過ぎてしまった事は、何一つ変わらな
>>続きを読む

テリファー 終わらない惨劇(2022年製作の映画)

3.6

やっと見れたぞ!アートさん2!
序盤からフルスロットルのアートさん。
顔はお洗濯しないんだね~と思ったらちゃんと綺麗になっていました。よくその血が落ちたわね、洗剤を教えてください。
突如イマジナリーア
>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.4

心を磨り減らしながら仕事をこなし、自己中な他人に嫌気が差し、敷地にウンコをされ、空き巣に入られて、警察にも見離され、信頼できると思った人間には「もっと辛い人は沢山いる」だなんて言われもう全部キツくて泣>>続きを読む

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.4

テレビシリーズから16年振りだそうで。
あの頃の志木那島の皆さんが久しぶりに集まっていた。なんか懐かしい気持ちになりました。

それにしてもこれは現実あるあるでもあるのだけど、爺さん達のバグによる変化
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

1.9

正月の地上波撮り溜め消化。

原作がとっても好き。邦画で2時間やろうっつーのが無理あるのでは。
しかしこれ前にも一度見ている。見ているけれどすっかり忘れていた。いや厳密には覚えていたけれど、語る程のも
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.5

劇団ひとり原作、監督、出演、そして大泉洋主演の残念中年タイムトラベル奇術ショー。

惨めな人生の惨めすぎるタイミングに落ちた雷と共に行き着いた先は、自分が産まれる前の両親の元。
惨めに野垂れ死んだ父親
>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

3.8

最悪ピエロことアートさんの顔芸が光るハロウィーンゴアホラー!

なんといっても、開始10分足らずで訪れる絶妙な胸射ちオモロ顔。
なんだか知らんピエロが友達の背後で急に真顔から道化コメディ顔へのオモロ変
>>続きを読む

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

4.1

明けましておめでとうございます!!
やっちゃえ、NISSAN!!

なんだか不穏幕開けの2024年ですが、やはり新年一発目は景気の良さそうなのが見たいな、ということで以前から観たかったグランツーリスモ
>>続きを読む

リリー・グレイス 魔女に囚われた男(2015年製作の映画)

1.4

なんだこの出来損ないのBLみたいな映画は。

ずっと会っていない父が死に、後片付けにきたロニー。そして川辺で自己紹介の練習をする謎の坊主、ジェイク。
実はロニーが拾ったカバンはジェイクが隠した盗品で、
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

2.9

ファッキンファッキンニー!ファッキンファッキンファッキンニー!

なんとみんな大好き1の博士と、2のデブが糞のバディを組んでいる。ギャグに全振りしたうるっせ~狂人と、例のデブはやっぱり今回もやってみた
>>続きを読む

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

4.7

Talk to me. Let you in.
超呪物自業自得トリップホラー!
斬新でハイパワーで、だけど既視感あるのは何でかなぁって考えたがSNSでよくみる恐れ知らず気取りの若者が炎上している姿の極
>>続きを読む

ヨコハマメリー(2005年製作の映画)

3.8

横浜は伊勢佐木町で“メリーさん”と呼ばれた伝説の娼婦。
ある時は香水を見つめ、ある時はエレベーターガールのように、ある時は別れを惜しみ抱き合う姿を目撃され、ある時は腫れ物や病原菌扱い、ある時は「哀れ」
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.8

人生一つのゆっくりとした「自決」へ向かう愛の物語。
北野武×久石譲のタッグはやはり凄い。
「キタノブルー」と呼ばれる美しい様々な青、画面越しに伝わる風、温度。ゆっくりと死に向かっていく穏やかなる自決の
>>続きを読む

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.4

家族で楽しい休暇を過ごすつもりが不穏と不穏と不穏で包まれていくパニックホラー。
得体の知れない“何か”が迫っている緊迫感はなかなか。まるでノアの方舟、週末やないの、終末なの。
しっかりオチなくても良い
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.6

知らんババアの地下室でパーティーしちゃ絶対ダメ映画。
未成年で酒も買えないバカ若者たちが、どんちゃん騒ぎがしたいが為に偶然知り合った都合の良い変なおばさン家に入り浸り始まる、いい加減にしてくれパニック
>>続きを読む

劇場版 ほんとにあった!呪いのビデオ100(2023年製作の映画)

3.8

シリーズ初期から愛し憎み愛してきたほんとにあった!呪いのビデオシリーズの目出度い100回記念劇場版。

呪ビとの歴史を語ればとても長くなる。
それこそ駅前TSUTAYAさんで僕はビートルズを聞いたセッ
>>続きを読む

#マンホール(2023年製作の映画)

1.9

たらふく酒を飲んだ結婚式前日、マンホールに落っこちて目を覚ます新郎のワンシチュエーションミステリー。

もう序盤から頭の悪い選択をし続ける主人公にイライラしっぱなし。電話をかける所そこじゃなくない?電
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.3

超絶ナルシズムに喰われて名刺バトルで敗けた瞬間に堪忍袋の緒が切れるアメリカンサイコパスの殺人劇。
名刺遊戯王、全裸チェーンソーおじさん、セックスマッチョセルフィ―、ロケンロー!(字幕:絶好調!)……と
>>続きを読む

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

3.4

ひょんなことから付きまとい勘違いババアが母さん面してくる超ド級ストレートサイコパスおばさんスリラー!

1.変だなと思うものは触っちゃダメ!
2.信頼できる友達の言うことはちゃんと聞きなさい!
3.心
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.6

どんでん返し映画の傑作と名高いメメント。時間逆行サスペンスなので繰り返し繰り返し、少しづつ過去に戻り真実が見えてくるから2周目以降が一番面白い。

ただし、個人的に100%途中で寝るので一度もぶっ通し
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

5.0

夏休み、ひょんなことから一人ぽっちの正男とどうしようもない“おじちゃん”が母ちゃん探しの旅をするロードムービー。

マジで訳わからんくらい泣いた。
誰も死なない映画でこんなに泣くの初めてだ。“おじちゃ
>>続きを読む

夢のチョコレート工場(1971年製作の映画)

3.9

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』を観に行って、帰宅するなり、たまたま帰省していた弟に「ティミー版ウォンカは、夢の~、の前日談の方だった!」と興奮気味に伝えたらニッコニコしていた。
我が家のウォ
>>続きを読む

キャンディ・ケイン・レーン(2023年製作の映画)

3.6

エディマーフィー✕山寺宏一のクリスマスホリデー新作!キラキラピカピカカラフルで元気なクリスマスムービー。

開始早々解雇されるパパ、昇進するママ、親に希望を言えない姉、音楽やりたい弟、人生3周目くらい
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.9

歴史的傑作一人語りサスペンス。
カイザーソゼ、って名前に全力で平伏したくなる映画。

ユージュアルのオマージュであろう映画は沢山見てきたけれどやっぱりオリジナルって沸くものがあるよね。
ラストのソゼの
>>続きを読む

>|