りさんの映画レビュー・感想・評価

り

映画(145)
ドラマ(0)

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

-

恋人を失って悲しみに溺れているはずなのに恋人の友人に寝返るなんて!って思うけどアラン・ドロンの顔面だから納得できる この時代の犯罪映画はセキュリティがガバガバでたのしいな

夢のチョコレート工場(1971年製作の映画)

-

発明には93%の努力と6%の電気、4%の蒸散、2%のバタースコッチ

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

-

わたしも「とりあえず今日は寝て忘れてなかったら明日考えま〜す」の精神で生きていきたい

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

-

退廃的な人魚姫 わたしも人魚になって気にくわない奴の親指を噛みちぎっていきたい

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

野性爆弾くっきーみたいな囚人いた フサフサのマーマレード 足を開けば心も開く〜

戦艦ポチョムキン(1925年製作の映画)

-

映画を学ぶにあたってこれを観ないと始まらないらしいので 冒頭で淀川長治にあらすじ全部喋られてキレた

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

爆音上映で観た スクリーンの前に並ぶスピーカーが視界に入った瞬間からエンドロールが終わって照明が付く瞬間までず〜〜〜っと最高 わたしも火炎放射ギターを掻き鳴らして燃え尽きたい

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

-

監督が自ら編集したファイナル・カット版ということで一応コメンタリーもチラ見してみた デッカードはレプリカントであるという解釈を推してることはわかった

悪魔のような女(1955年製作の映画)

-

フィルムノワールっぽい白目剥き映画
おもむろにフランスパンを食べはじめるシーンにフランスみを感じた

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

-

染谷将太が死んだ目で歌うの笑っちゃうけどわたしは超かっこいいと思っちゃった 明日とか死ぬほどどうでもいいよな どうせ終わるもんな わかる ていうかわたしも高校の卒業式に同じことしたかった人生 クソ寒い>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

5.0

映画の研究をしてる先生が絶賛してたので観た 一秒も穏やかなときがなくてつらくて拷問かと思った でも観てよかった 空も海も綺麗 音が圧巻 グロい描写はないけど緊迫感に潰されそうになる すごい映画を観ると>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

たぶんわたしはこういう映画と相性がいい
安藤サクラにスタンディングオベーション
「よろしっこダダ漏れでお願いしま〜す」

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

5.0

恋に破れるとオーブンのスイッチを忘れるそうです

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

-

それでもわたしは東京に住みたい 死んだ目で煙草を吸う池松さんだいすきクラブ 死ぬまで生きる