こやまですさんの映画レビュー・感想・評価

こやまです

こやまです

様々な形の愛を描いた映画が大好きな新社会人です。
2017年上半期映画ベスト10
①メッセージ
②たかが世界の終わり
③マンチェスター・バイ・ザ・シー
④スノーデン
⑤テラスにて
⑥帝一の國
⑦ラ・ラ・ランド
⑧お嬢さん
⑨はじまりへの旅
⑩カフェ・ソサエティ
Twitter ID : @ryko48_eiga

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.8

2017/09/09 109シネマズ大阪エキスポシティ Sc.11 IMAX レーザー ×2
2017/09/18 丸の内ピカデリー Sc.1 35mmフィルム
フルサイズのIMAXレーザーで鑑賞した
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.8

2017/03/12 有楽町スバル座
ヒーローとしてのエドワード・スノーデン
緊張感のあるサスペンスとスノーデンの人間関係。素晴らしい

2016年夏にシドニーIMAX付近にあった本作のポスターに最高
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.2

2017/03/12 ムービル Sc.1
王道ストーリーは観ていて気持ちがいい!

広瀬すずと真剣佑で部活青春ストーリー…これはまるで『ちはやふる』笑
『ちはやふる』の方が面白いですが、こちらも◎
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.6

2017/03/11 ヒューマントラストシネマ有楽町 Sc.2
笑えてテンポもよく、面白かった。

ただ、トム・ハンクスが第四の壁を越えて語りかけてくる演出は一瞬。
あの予告編はかなりの良さだが、そ
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

2.4

2017/03/10 飛行機 吹き替え
予告編の時点で最も面白い部分が終わっていた…(笑)

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.8

2017/03/06 AMC Lincoln Square 13 IMAX Laser
ニューヨークにある世界第三位の大きさのIMAXで鑑賞。
X-MEN作品未見+英語で細かい部分分からない、だった
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.7

2017/03/05 飛行機 吹き替え
全編に漂うシャープで嫌な雰囲気が最高

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

2.8

2017/03/04 AmazonPrimeビデオ
森川葵が可愛い。
内容は可もなく不可もなく。

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.9

2017/03/03 新宿武蔵野館 Sc.1
「斉藤さんの奥様の腕、白くて綺麗ですよね。」「その腕、今晩貸してもらいたいな」斉藤さんの奥さんの腕の美しさを軸に広がるシュールな喜劇。

嫉妬と欲を隠し
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

3.8

2017/03/01 シネマート新宿 Sc.2
人はそれぞれの役目の顔を持ち、夫と妻、父と母、男と女、それぞれの人間性はイコールでは結ばれない。

舞台のフィンランドの雪景色がとても美しい。

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.4

2017/02/26 新宿武蔵野館 Sc.3
マシュー・マコノヒーの怒りの演技がとても好き。静かに感情を絞り出すような怒り。

今回も、マシュー・マコノヒーは良くも悪くもマシュー・マコノヒーだった。

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.2

2017/02/26 ヒューマントラストシネマ渋谷 Sc.2
心理サスペンス要素が強く面白かった

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

2017/02/25 横浜ブルク13
全編通しての緊張感が◎
面白かっただけに一部寝てしまったのが悔やまれる

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.7

2017/02/24 横浜ブルク13 Sc.7 IMAX Digital
2017/06/03 イオンシネマ幕張新都心 Sc.3 Dolby Atmos Ultira
大好きなラスト。
夢を叶える
>>続きを読む

ホワイトリリー(2016年製作の映画)

2.4

2017/02/15 新宿武蔵野館
初ロマンポルノ
抜けないAVという感じだった。
求めていたものが根本的に違うから当然だけど

気を張らずに観ていられる映画としてはなかなかよかった。

エリザのために(2016年製作の映画)

3.4

2017/02/11 シネマカリテ
汚職にまみれた国ルーマニアを嫌うも、自身が娘にとってのルーマニアであることに気付かない。この皮肉な構造が◎

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.6

2017/02/07 TOHOシネマズスカラ座
信仰とは何か。
信仰する者は救われるのか。
何故人は信仰するのか。
自分は何を信仰しているのか。

無信教だとかは関係ない。
何かを信じ疑う姿を描いた純
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.7

2017/02/03 TOHOシネマズシャンテ Sc.2
ラストで各国の選挙権獲得年表が出たときに涙が溢れ出てしまった

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

5.0

2017/02/25 横浜ブルク13 Sc.12
2017/03/11 ヒューマントラストシネマ有楽町 Sc.1
10年以上離れてた家族に、自分がじき死ぬことを伝えようとするだけの作品。
本当にこ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

2017/01/31 TOHOシネマズ新宿 Sc.10 IMAX Digital 3D
映像の暴力!
酔うんじゃないかと思うほど、座席が回転してるように感じた。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.5

2017/01/22 TOHOシネマズ六本木 Sc.9
人間の内面を写したある意味ホラー映画。

途中までチンプンカンプンだったが、耐えれば道は開けます(笑)

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

2017/01/21 TOHOシネマズ六本木 Sc.8 MX4D
初カリオストロ、初ルパン三世、初MX4D
これだけシンプルにワクワクさせられる映画もそうないのではないだろうか。

国民的名セリフの連
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.8

2017/06/10 シネマカリテ Sc.2
リアルさを追求した解剖シーンに深いなグロテスクさは無く、美しさすら感じられる。

(2017年製作の映画)

-

2017/06/17 新宿バルト9
ところどころで意識が飛んでしまった…
ストーリーも画も自分好みなのに…
エレベーターで他の人が交わしてた感想を聞きより強く後悔…

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

4.6

2017/06/17 テアトル新宿
詩のボクシングという奇抜な題材だが、ここで描かれているのはストレートな青春。

最後の試合での主人公の詩は見事。
家や家族との関わりが詠われていることはもちろんだが
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.6

2017/06/16 新宿武蔵野館
ダークナイトの影響を強く受けている本作。いや、受けすぎなくらいで、もはやダークナイトであると言っても過言ではない。
しかしクズな主人公が超能力を身につけ、その力を
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

3.9

2017/01/17 シネマカリテ Sc.1
狼との濡れ場が上半期でトップクラスにエロチックだった作品。
人の中のヒトがよく写されていた。

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

4.1

2017/01/17 シネマカリテ Sc.1
北朝鮮人が独裁や社会主義の網に囚われているだけではない。
「北朝鮮や社会主義は良くないものだ」これは欧米を中心とした資本主義に生きる我々から見た一つの側
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

4.2

2017/01/14 川崎チネチッタ Sc.8 LIVE ZOUND
記念すべきV8
私はカラー派。あのギンギラギンにさりげなくない感じが好き。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.7

2017/01/09 TOHOシネマズ日劇 Sc.2
染谷将太、やはり良い。
「その役らしさ」に対する「その俳優っぽさ」のバランスが絶妙。

綾瀬はるか演じる妻をより掘り下げて欲しかった…

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2017/06/03 渋谷HUMAXシネマ
認識を深く掘り下げた傑作。

「彼ら」は我々「人間」が右側と左側に何が置かれているから理解するかのように、過去のことと未来のことを理解する。

「過去を思い
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2017/06/10 シネスイッチ銀座 Sc.2
悲劇は必ずしも乗り越えられるものではなく、乗り越えられなくても構わない。
このメッセージを静かに美しく、心地よく訴えかけてくる。
(劇伴が少しうるさい
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.6

2017/05/21 シネマイクスピアリ Sc.9 4K上映
観客も主人公ケイトと同じ「何がなんだか分からない」という状態に連れ込まれる。何かがおかしいという全容の見えない不安や疑問を感じ、居心地の悪
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.7

2017/05/21 シネマイクスピアリ Sc.8 4K上映
この作品もまたある種の "LA LA LAND" であり、『ラ・ラ・ランド』のコピーにもあった「夢をみていた」がしっくりときた。
二つの地
>>続きを読む

>|