Rumindaさんの映画レビュー・感想・評価

Ruminda

Ruminda

記憶力がとんでもなく低いのでレビューというより見たメモとして記録しますw

3-5→胸にきた
2.5→面白かった覚えがあるけど、特に普通。
2.5以下→うーん。
なし→見た覚えあるけど、記憶の片隅に葬られた

100超えてみて、記憶の片隅多くてやばい(つД`)ノ

映画(326)
ドラマ(0)

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.1

キャストは最の高なんだけどなーーー

負けそうになると「早くアイアンマンきてー」ってなる。

13F(1999年製作の映画)

3.9

好きです。俳優さんも女優さんも難しい役どころなのにすごく上手だった…
の割に有名ではなくてハリウッドの闇を感じたw

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

2.0

出てくる役者や初期設定は良いので、なんでこんな評価低いんやろと思って見たら、マジで置いてきぼり感がやばい😭

謎にしていいところとそうじゃないところがあって、、、変なところ謎にしすぎ。

能力の設定テ
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

4.0

めっちゃ好みの世界観。

ギャグ映画というけれど、かなり人の深層心理が描かれていた。

神は神とみんなが信じているから神である。

良かれと思っていていることは抑圧してる事象の反動だったり。

時間も
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

この映画が流行するとゆうことは、
多くの人が自分の中にマイノリティをどこかに感じているからなのかも。

その部分に表現力と音楽が突き刺さる。
人々に勇気を与える力がある映画。

だけど、わたしはストー
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

5をつけたいけど、自分の心の傷がすごくて5と付けられない。このジレンマ😭

見た後心が灰になった。
(感情レベルの感想だともうネタバレになるわw)

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.2

明るいDCなら見れるかと思って挑戦!

しかし、なんでだろう、なんでマーベルは大好きなのにDCは好きになれんのだろう😭😭😭
ワンダーウーマンだけは見惚れる!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

不思議な気持ちになる映画で、時折グッとくるのがなぜグッときてるのか言葉にしづらい。
そこが魅力なのかなぁ。水のような、、掴めない感じ。


個人的なキーワード


ゲイ
マイノリティ
差別
声がで
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.4

めちゃくちゃ好みの映像!!
色の使い方や演出、音楽がすごく良かった。

マーベルの好きなところはシンプルなストーリーラインに対するスパイスの入れ方(笑いや涙、恋愛要素含む)なんだなと改めて実感。

>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.7

どんなキャラにも共感できちまう。
そんなことってあるんだな。

メッセージ(2016年製作の映画)

2.8

長いな‥

最後の伏線回収とテーマ的なことはとても好きだったんだけど、
ダラっとしてるテンポが好みではない。

あとは、2人のあいだに生まれる感情をもう少し丁寧に描いて欲しかった。

一番引っかかった
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ほっこりファンタジー。
細田さんのは苦手なんだけど、なんかこっちは大丈夫だった。

自分的な解釈は
•鬼は世間のネガティヴな面。
ツイッターやらSNSでの炎上などがわかりやすい例(実際街も燃えてた)そ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

グルートがほんとにほんとに可愛い。
オープニングから出しまくってマーベルずるい。くそっ。

※マーベル大好きなんだけど、ガーディアンズとデップーだけあんまり好きじゃないと思ってた。
だがしかし、ガーデ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.5

そっちなんだ・・・・
#映画タイトルに7が入ってるのかっこいい。

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

今までの前例を覆そうとしまくってしまくった結果、最後「よく分からなくなっちゃったから、ドーン!」でいいか!みたいなノリが垣間見れる映画

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.6

思っていた感じとは違ったけど、変に悲劇にならず良い。

最後のスローショットが良い。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.5

横目で見てたから、理解がおっつかず、放送後に解説読んで理解したやーつ

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.0

最後まで見れば分かるかな‥と
思い続けてわからなかったww
解説読もうと( ◠‿◠ )

映像美というよりも
このよくわからないストーリーを
ギリギリ意味がわかる範囲で
つながりがあり
含蓄がある
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.7

雨が降ると嫌な気持ちになる。

ムシムシするし、服装も悩むし、駅ではみんなが殺気だってるように感じて、
スカッとした青空と太陽が恋しくなる。

けれど、私はこの作品で雨が美しいことを知った。

シトシ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.8

マーベル史上いちばん面白かったかも。と思うくらい良かった(╹◡╹)✨

個人的ハイライト
・ソー様の髪が断髪されて本当につらみ。
・ハルクの安定感はすごいわ。
・ドクターストレンジ最強になってる説
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

2.3

長いため電車の中とかで細切れに見てたから、世界仰天ニュースを見ている感覚にしかなれなかった‥

信仰とかの裏テーマ全然気づかず‥

なんかすみません

エリジウム(2013年製作の映画)

2.7

んーんー。
前提設定好きだけど、人物の誰にも感情移入できない。

唯一キャスティングが良かった。
意地悪そうな感じや金持ちそうな感じと顔面がめっちゃ合ってる。笑

無駄にイケメンな友人が死亡フラグ早々
>>続きを読む

アフター・アース(2013年製作の映画)

3.5

え、評価ひくw
危険は存在するが、恐怖は自分の心の中にしか存在しないみたいな言葉が良かったです。

告白(2010年製作の映画)

3.5

小説が先でした。
たしかに小説を忠実に再現している(多分)のだけど、演出がとても良いので、また違った作品を見てるみたい。
「こんな風に見せるのか」という驚きがあり。

R15指定だったのがなんだか残念
>>続きを読む

シャッフル(2007年製作の映画)

-

写真の整理しながら流し見してたら全然意味わからんかったww

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.5

前田敦子のふてぶさしさが素なのか演技なのか分からんがめっちゃマッチしてたw
歩き方とか食べ方とか上手すぎた。

紙の月(2014年製作の映画)

2.4

「最も美しい横領犯」がぜんぜんしっくりこない。
いや、宮澤りえさんは美しいけど。
これに、引っ張られすぎて、ちょっとギャップがあった。
期待値の問題かな。

演出、全体のトーン(特に最後の会議室で向き
>>続きを読む

インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年製作の映画)

2.5

まあ、こうなるよね。っていう。
犯人探しの設定が2人目からなくなってたのはアカンww
この手の設定ものが好きなので、まぁ見れる範囲ではあるが、映画館で見てたら怒ってたかもしれん。笑
作業しながら適当に
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

2.2

原作途中までしか読んでおりませぬ。
やはり東村先生の漫画のオモシロさは漫画ならではだな、としかw
ストーリーは御都合主義の何ものでもないから、実写映画だとしらけるし。
菅田くんも可愛いけど、男だし。
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

プラダを着た悪魔の続編みたいな広告だからずっと避けてきたんだけど、まるで違った!!びっくりー
終始心が温まるとっても良い映画だった。
ロバートデニーロ可愛すぎるし。
嫌なやつが誰もいない。

※プラダ
>>続きを読む

>|