ジョニーさんの映画レビュー・感想・評価

ジョニー

ジョニー

映画(3202)
ドラマ(132)
アニメ(0)

さがす(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

入口は良かったのに、回想シーンから急に質が落ちたような気がします。グロいシーンとか、無駄に丁寧な描写で、目を塞ぎたくなる所もありました。意外なラストでしたが、ちょっと無理もありますよね。

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

なかなか意表を突いた、サスペンスのような展開で、かなり見入ってしまいました。黒木華さんが放つ空気感が好きですね。どことなくリアリティを感じてしまいます。

めがね(2007年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

都会の喧騒から解き放たれるような、ほっこりした作品でした。「めがね」と言うタイトルからは、この内容が想像出来ませんでした。シンプルにタイトルは「スローライフ」で良かったのでは?もしくは「かき氷」でしょ>>続きを読む

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

日本映画らしい、どこか郷愁に駆られるような作品でした。お決まりの展開のようでも、ホームに住民が押し寄せるシーンは泣けました。とにもかくにも、中井貴一さんが、お見事な演技でしたね。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

想定を超える展開でした。結論、これはアルマの物語ですね。冒頭、アルマのインタビューから入る意味が分からなかったのですが、終わってみれば、それがしっくり来る描き方。お見事でしたね。

終始クラシック色の
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

「散歩する侵略者」とテイストが似てますが、全く話が分からないですし、後半からついて行けなくなった感じですね。三島由紀夫が温暖化を語る訳ないので、相当脚色してるんでしょうが、果たして原作の意図は組んでる>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

トム・ハンクス、マシュー・リス、クリス・クーパーと、全員が役に溶け込んでおり、随分引き込まれました。心が洗われるような優しい作品だったと思います。

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヤンキー漫画系は共感持てず、好きでないのですが、この作品は案外良かったです。映画として面白かったんだと思います。武道とキヨマサの最後の対決は、しびれましたね。日向に会うラストは、思わずホッとしました。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

昔から話題になってたのは知ってましたが、あまり私の好みではなく、長い間敬遠して来てました。ようやく鑑賞したものの、やはり不向きでした。正直、少しも世界観が理解出来ませんでした。ただ、とても88年の作品>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

胸が締め付けられる話ですね。この監督が書く脚本は、どれも異彩を放ってますね。また、叙情的で、どこか神々しい描き方をしますよね。最後どうなるかと思いましたが、一番いい形で終わったのでは?主演の二人は、こ>>続きを読む

ファーザー・フィギュア(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

いつの時代にもあるアメリカ特有のコメディですね。ロードムービー的な展開もお約束の範疇。ちょっと脚本に目新しさがなさすぎでしたね。役者は豪華ですし、気楽には見れますが。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと異色でしたね。“復讐エンターテインメント”って言葉が、一番しっくり来ます。ストーリーはリアル感持たせて、映像はどことなくカラフルで、最後まで釘付けになりました。キャリー・マリガンにオスカー獲ら>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

それなりにハラハラはするものの、自宅に戻ってからの、犯人との鬼ごっこみたいのが、チープ過ぎました。レイチェル・マクアダムスが出演してなかったら、B級作品で終わってましたね。

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

胸が苦しくなりますよね。疎開と言う、この角度から描いた戦争もの作品はないのでは。戦争の悲惨さと、純真無垢な子供たちの笑顔との対比が切ないです。史実として噛みしめないといけないですね。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

井の頭公園を舞台に、何だかほのぼのして、いい空気感でした。橋本愛さん、永野芽郁さん、染谷将太さん、この3人が交わって、いい化学反応を起こしてる気がします。ダラダラした感じの青春が、リアルで共感出来ます>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

この手の作品は、やり尽くした感があり、少しもインパクトを感じませんでした。公開当時見てたら違ってたかも。キアヌが若い。「マトリックス」後で人気も絶頂期ですかね。

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前作と同じ感想が先に出ちゃいますが、こんな恋愛の描き方があるんですね。前作から年数を経て、同じ時間経過を背景にしてるので、妙にリアルですよね。さすが「6才のボクが、大人になるまで。」を撮った監督だけあ>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんてメルヘンチックな世界なんでしょう。魚が子供になるって、飛んだ発想ですが、ポニョが可愛くて仕方がなかったです。子供目線で描かれたファンタジーでしょうが、お年寄りとの交流も話に加える事で、何とも幸福>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

総じて言うなら、ひたすら銃撃戦で終わったと言う感じ。これがマイケル・ベイのやりたかった事なんでしょうか?「ビバリーヒルズ・コップ」ばりのコメディもふんだんに入れてましたが、全然笑えませんでしたね。

毎日かあさん(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ホロっと来ました。子供たちが可愛いらしかったですね。エンディングで流れる、お父さんが撮った写真が、胸に沁みますね。何でもない日常に、幸せを感じさせてくれます。

UDON(2006年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

本広監督だけに「サマータイムマシン・ブルース」の流れから、ムロさん始め、若手俳優が再結集してましたね。いい空気感の作品ではあります。うどん食べたくなりますわね。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

脚本も弱いと思いますが、演出もイマイチですよね。最後にNG集で、ワイワイやってる所を映すのを見ると、ガールズパーティーのノリなんでしょうね。それは決して悪くないのですが。音楽は良かったかと。

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

悪は滅びる事を痛感。根の深い愛憎劇でしたが、ヘレン・ミレンの逆転が爽快でした。名優二人だけに、重みも感じる作品でした。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

今頃、初めて鑑賞しましたが、こんな昔の作品だったんですね。宮崎駿さんにしては、単純明快な話で、愛情溢れる作品だったと思います。とにかくキキが愛らしい。ジジとリリーが仲良くなるシーンもいいですね。

>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ガイ・リッチーも、すっかりスタイリッシュな作品の代表格になりましたね。相関図をしっかり把握しないと、おそらく置いていかれると思います。作品の構成とかお見事でしびれました。

マシュー・マコノヒーの冷酷
>>続きを読む

グレイテスト・サマー(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

こういった作品は、主演の女の子にどれだけハマるかで、好き嫌いが決まっちゃいますよね。私には、そこそこな感じでした。単なるフィーリングですけどね。

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ヴェネツィアを舞台に、アンジーとジョニー・デップが共演と言うだけで、ビジュアル映えが半端ないですね。分かりやすい内容で、時間も程よく、見やすかったです。

誰かと思えば、ティモシー・ダルトンではないで
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

この手のストーリーは、やり尽くした感があり、どんでん返しも含め、どのシーンも二番煎じに映ってしまいます。途中、「スカイスクレイパー」ばりの見応えあるアクションシーンはあったものの、全体的には物足りなか>>続きを読む

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この作品を見た大半の人の感想は、「これ、本当?」で、その次に思うのは、「この人たちの命は大丈夫?」でしょうね。あまりに鮮明に記録されており、その上、内容が次元の違う嘘みたいな話で、ドキュメンタリーと簡>>続きを読む

MUD -マッド-(2012年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

なかなか面白い脚本ですね。少年の一夏の経験の割には、かなり刺激的な出来事ではありますが、家族、恋愛、サスペンスと色んな要素が見事に交わり、見応えありました。色んな伏線回収も見事でした。エンディング曲も>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アメコミっぽい原作ながら、普通のアクション作品として仕上げてるので、結局違和感が残ってます。こういうのはマーベルか、DCコミックに任せるべき。しかし、シャーリーズ・セロンは、何でも演じ切りますね。格好>>続きを読む

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

コンパクトにまとまり、短くて見やすかったです。締めくくり方もいい感じでした。主演の二人は、全然知らない人だったので、新鮮な気持ちで見れました。

桜桃の味(1997年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

アッバス・キアロスタミ監督作品らしさは出てるものの、今回は殆ど子供の絡みがなくて、そこが物足りなく映ってしまいました。しかしながら、ずっと車を運転し続け、そして人生を見つめ直す。これぞまさしく「ドライ>>続きを読む

ローライフ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オープニングからグロい描写で、少し引いてしまいましたが、異色のバイオレンスでした。タランティーノが撮りそうな内容ですね。

ルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)の英雄、エル・サントは亡くなって棺桶に入
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ラストが、思ってた展開と違い、何とも衝撃でした。まさしく戦争の不条理さを問う作品ですね。今のウクライナ情勢を見て、これが現代でも起きてると思うと、嘆かわしいです。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

実にアメリカらしい、お約束っぽいラブコメでした。全体の空気感とか嫌いじゃないです。音楽のチョイスもいい感じでした。朝焼けのグランドキャニオンが美し過ぎる。

>|