ジョニーさんの映画レビュー・感想・評価

ジョニー

ジョニー

ママの遺したラヴソング(2004年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

スカーレット・ヨハーソンが若いですね。実に初々しい。話は、正直ありがちな内容でした。タイトルからも、ラブソングがキーになると思ってましたが、言うほどドラマティックな展開とはなりませんでした。

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

基本時代劇を見ないため、それほど好みではありません。スケールの凄さは十分伝わりましたが。最後の福山さんの登場、格好良すぎませんか?アミューズの先輩が助けに来たぞみたいに映っちゃいましたが。貫禄がすごい>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

もう少しファンタジーな作品かと思ってましたが、かなりオーソドックスな人間ドラマみたいでした。

大人になったサンタ目線、しかもただの心優しいおじさん目線でしか描いてなく、子供目線も、一瞬サンタが誰かを
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドでなく驚きましたが、ある意味これがリアルなんだなと感じました。

海辺のシーンで、「朝起きて、まだ生きてる事に落胆したくない」このセリフがすべて。心に刺さりました。ルーのお父さんが言う、
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自閉症の男の子の話。最後はどうなるんだろうと見てて、てっきり数学オリンピックで、自信を取り戻すのかなと思ってました。しかし、予想と違い、最後は愛情を取り戻すと言う、ラストの母との会話シーンは、本当に良>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

素人が語るのは偉そうで恐縮ですが、まずは嘘みたいに役者さんの演技が下手過ぎて、何ならTVに映るキャスターすら素人演技で驚きました。

脚本の大筋は責めませんが、演出がツッコミどころが満載過ぎて、語りき
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ずっとサウルだけを追うカメラワークが独特で、印象的でした。宗教を理解しないと分からない部分も多いと思いますが、いずれにしても悲惨で残酷な狂気の世界です。

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

周りの献身的な支えって、容易ではなかった事でしょう。特に妻のダイアナからの愛情があったからこそ生き抜いたのでしょう。いい人生だったとお互いに振り返れる、ラストの語り合いが良かったです。

着信アリ2(2005年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

着信音のBGMって、どこで聴いて来たんだろう。有名なメロディですよね。

結局、呪いで片付けるんだから、無理にドラマ仕立てにしなくてもと思ってしまいました。

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

デンマーク映画って、なかなか見てないですが、作風も少しお国のカラーが出てるんでしょうね。淡々と静かに物語が進んでいく感じです。

シリーズもののようですが、前作知らずにいきなり見てます。レギュラーの人
>>続きを読む

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

使用人である少女の成長を描いてます。アジアテイスト満載で、少し官能的な作品と言っていいんでしょうか。ちょっと独特ですよね。

蛙や虫の音、水の音、ピアノの音色と、騒々しい割に、極端に会話をなくしてるた
>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

監督・脚本が、マイケル・クライトンなんですね。あの時代で考えれば、よく練って、しっかり作れてるのでは?

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかこんな重い話と思ってませんでした。タイトルに込めた想いが、胸に刺さります。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あのテロ事件の犯人逮捕の裏側が、こんな事になってるとは知りませんでした。まさしく映画みたいな実話です。

伝えたいのは、「ボストンよ 強くあれ」なんですね。逮捕劇にも、市民の行動を描き、全員が一丸にな
>>続きを読む

あの夜、マイアミで(2020年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

当時の時代背景、登場する偉大な4人の人物像をしっかり理解してないと、とても論評出来ないですね。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

もっと爽やかなコメディかと思ったら大違い。子供を使って、よくこんな下品で下衆な作品を作るものです。特にドラッグやアルコールなんて、日本では考えがたい。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

とにかく次々に人が死んでいく話です。

ミスチルの「HERO」と言う曲で、♪ダメな映画を盛り上げるために 簡単に命が捨てられていく♫、と言う歌詞がありますが、ずっと思い浮かべてました。

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

「世にも奇妙な物語」で20分ぐらいでやる話みたいでした。結論、多重人格者だったと言う方が面白い展開だった気もします。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

小説の世界、現実、過去の回想が入り乱れます。本来ならこんがらがりそうですが、決してそんなことはなく、結論面白かったです。

ただ、実際には、読み取れない事も多々あります。わざと考えさせるように仕向てる
>>続きを読む

反則王(2000年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

プロレスは好きですので、ビッグバン・ベイダーの真似事とか、途中TVに映るジ・アンダーテイカーとかも、よく分かるのですが、今一つ話は面白くなく、期待ハズレでした。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

今でもブラック会社は存在するんでしょうね。昔は、サービス残業当たり前の風潮が、ほぼ全ての会社にあったかと。仕事が出来る人に仕事も回り、その人に対して見合った対価はなし、この理不尽さに泣き寝入りするのが>>続きを読む

ホワイト・ボーイ・リック(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

実話との事ですが、伝えたかったのは、80年代のデトロイトの治安の悪さ、こうした闇取引の部分なんでしょうね。

リックを同情させるような描き方、また何やかんやで、子供を愛する親心みたいなのを終盤に描写し
>>続きを読む

グリンゴ 最強の悪運男(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

話の展開に大した抑揚がなく、盛り上がりどころがなかったです。何もなく終わってしまったみたいな。役者が豪華なのに勿体ない。

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

十分怖い作品でしたが、どうしてもホラーは、過去の作品でやり尽くした感があるので、二番煎じに映ってしまうハンデがありますね。

途中謎解きみたいな展開が入るのも違和感ですし、首かしげる演出も多々ありまし
>>続きを読む

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

多少地味ながら、いい作品だと思います。環境問題をベースに、メッセージ性も強いかと。マット・デイモンにはハマり役でした。

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

平和な作品でした。街並みも綺麗で、ほのぼのとした音楽が、すごくマッチしてます。コメディと言え、微笑ましい、ちょうどいい笑いです。

ステップ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

父子の心の成長を上手に描かれてます。2時間では、少し詰め込み過ぎた感はありますが。義理の両親や、義理の母とか、「義理」がキーワードになってますが、ここもステップがかかってるんですね。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

二度目の決断が、実に切なくも残酷でした。余計な行間をなくし、静かに物語が進むので、展開がよりリアルに映りました。作品の構成が、よく出来てますよね。飽きない、見応え十分なストーリー展開でした。

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

田舎の風景や、素朴な家庭描写と、全体的な空気感は嫌いでないです。とかく息子のデビッドを中心に物語が進みますが、彼のキャラクターが、たまらなく愛らしいです。

作品は、最後何を伝えたかったのか見えづらか
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

半ドキュメンタリーですね。残念ながら、作品のメッセージが伝わりませんでした。お国事情を知らないからでしょうか?結論、ノマド賛美なのでしょうが、今ひとつ説得力がないような...。

これからの人生(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ソフィア・ローレンまだまだ健在ですね。圧倒的な存在感。

私というパズル(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

胸が苦しくなるようなテーマですね。どん底でしかない展開に、最後どうなるかと思いましたが、いい終わり方で良かった。

絶望の淵から、気持ちを立て直すのも、ひょんなきっかけ、希望は絶対に捨ててはいけないも
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

後半から、監督が変わったのかなと思うほど、失速した感がありました。ハル・ベリーはいい演技だったのですが。

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

聴力を失った主人公目線での音の世界を、実に上手く表現しています。相当な技量が要りますよね。

音の世界を取り戻すのではなく、音のない世界を受け入れさせる方へ誘う描き方が、お見事でした。沈黙のラストが、
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

胸が締めつけられるような思いでした。ケイラ視点と、お父さん視点と、両方とも感情移入しちゃいました。最後、抱き合うところがたまらなくジーンと来ました。

アメリカ映画と思えませんでした。ヨーロッパの映画
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ2(1987年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

音楽が素晴らしい。サントラも買いましたが、最強です。

>|