ジョニーさんの映画レビュー・感想・評価

ジョニー

ジョニー

映画(3550)
ドラマ(154)
アニメ(0)

山女(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からの没入感が凄かったです。まるでタイムスリップしたかのようでした。しかし、村八分は実際あったと思いますが、生贄はどうなんでしょうね?今作品では妙にリアリティを感じましたが、あながち遠くないのでは>>続きを読む

ラスティン:ワシントンの「あの日」を作った男(2023年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの歴史においては、かなり大きな位置付けの出来事なんでしょうね。こういった作品は、至って人種差別の悲惨さを強調するものですが、今作品はその部分は意外とあっさり、ラスティンの人間性だけをクローズア>>続きを読む

ナイアド ~その決意は海を越える~(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

桑田佳祐さんが最近見て感動したと絶賛してました。桑田さんの好きな"Heart Of Gold"もかかってましたね。実際の映像と重ね合わせながらでしたが、違和感感じない、アネット・ベニングの成り切りが凄>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

多様性がテーマかと思いますが、日常の切り取りのような描き方が素敵でした。やっぱり人は孤独なんですよね。多様性が受け入れられる世の中であっても、それがマイノリティーなら、どこか承認欲求が生まれる。"共感>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

続編ありきだったんですね。一番盛り上がったところで終わるとは。決して共感出来ない世界なのですが、案外このシリーズ、見てられます。タイムリープが入る事で、フィクション感が強くなり、娯楽モードで鑑賞出来る>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

しっかりJAZZ、それをアニメにしたら違和感を感じそうですが、全くそんな事がなかったです。むしろアニメだからこそ生まれる躍動感がすごい!元々洋楽でもジャージーな曲は好きで、スティングや、ノラ・ジョーン>>続きを読む

STARS/ウィ・アー・ザ・ワールド(1985年製作の映画)

4.0

「ポップスが最高に輝いた夜」を見て、気持ちが盛り上がり、思わずこちらも鑑賞。アフリカ飢餓の問題がよりクローズアップ。改めてこの曲、まさに"世界平和"の象徴曲ですね。永遠に語り継がれる事でしょう。参加し>>続きを読む

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

マーベルが大好きで、特にスパイダーマンは最大のお気に入りですが、その延長でこの作品を見てはいけないですね。全く別物。絵がポップでもあり、スタイリッシュ、実に今風だなと感じます。ストーリーが、流行りのマ>>続きを読む

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

独特な緊張感がありました。超完璧なプロの殺し屋かと思いきや、いきなり失敗して、どうなる事やらと思いましたが、なかなかテンポの良い展開で飽きませんでした。常に脈拍数を確認し、掟を自分に言い聞かせるのが面>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

3.9

今話題のテイラー・スウィフト、てっきり最近の作品かと思ったら、数年前なんですね。この時点で頂点を極めたかのような感じでしたが、この時23年の活躍を想像出来てたのでしょうか?

エラズツアーの成功、アメ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なんだかんだで、このシリーズ気になって見ちゃいます。私とは無縁の世界と思ってますが、登場人物全ての人と関わり合いたくないですね。肝の座ったウシジマくん、山田さんが見事なハマり役でした。この作品に関して>>続きを読む

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

2.5

ジョージ・A・ロメロ監督でホラー、奇抜な作品チラシに惹かれて鑑賞しましたが、ただ高齢化社会を揶揄した風刺作品でしたね。ある意味ホラーではありました。

彼方に(2023年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

立ち直れなくて当然でしょ。残酷です。最後に天を見上げ、微笑んでたのが救いではありました。

ポップスが最高に輝いた夜(2024年製作の映画)

4.5

このタイトル好きです。この頃、私は中学生で、ちょうど洋楽にハマった時期でした。我々おじさん世代で洋楽好きなら、誰しもが夢の一夜と思えるでしょう。Band Aidもかなりやばいですが、アメリカ版は、ホン>>続きを読む

Pearl パール(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

A24配給のホラーが癖になりそう。作りはわざと古くさくしながら、映像は新しく美しい。最後襲うシーンは分かっていながらも、ゾクゾクしました。ミア・ゴスは、"Xエックス"に続きこの作品と、もう顔見ただけで>>続きを読む

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

撃ち合いが、もはやゲームの世界にいるような感覚に陥りました。しかし、ジョン・ウィックはこんなに無敵でしたっけ?建物から落ちたり、車に轢かれるぐらいじゃ効かないですね(笑)。日本を舞台にすると、相変わら>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

映像の綺麗さに驚かされます。しかし、すっかりジブリっぽくなってしまいましたね。何だか「もののけ姫」を思い出しました。感性の問題でしょうが、私はジブリ含めて、この世界観が苦手なんですよね。人それぞれ、お>>続きを読む

ブラックライト(2021年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

あまり酷評したくないのですが、これはひどいですね。リーアム・ニーソン主演ありきで書いた脚本っぽいですが、いくらなんでも、つまらなさ過ぎます。このエンディングは本気なんでしょうか?演者に罪はありません。

マエストロ:その音楽と愛と(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ブラッドリー・クーパーは自らメガホンも取ってたんですね。あと製作には、スピルバーグやマーティン・スコセッシの名も。エンドクレジットで気付きました。モデルの音楽家の方は存じませんでしたが、という事は、よ>>続きを読む

対峙(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ある犯罪を、加害者、被害者の当事者ではなく、その両親だけにスポットを当て、タイトル通り、対峙させると言う、斬新な作品でした。どっちの立場にも感情移入出来ちゃうのですが、いずれも心苦しいですね。やり場の>>続きを読む

1秒先の彼(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

清原果耶さんの瑞々しさが光る作品でした。結構無茶な話の展開なんですが、ラストにレイカが現れたシーンだけはジーンと来ちゃいました。バッドエンドとばかり思ってたので。歳のせいか涙腺がゆるくて..。

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これ程深い余韻を残した作品は、なかなかない気がします。どう考えても、父親は亡くなってますよね。そう考えると、トルコでのバケーションが、苦しい程切ないです。ビデオカメラを通じた映像の古さが、絶妙に回顧録>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.7

あまりゲームをして来なかったので、特にマリオに思い入れもない中、昨年の話題作なのでチェックしましたが、思った以上に楽しめました。

ビジュアルと音楽の融合が素晴らしい。あの無敵になった時の音楽が、あん
>>続きを読む

Ribbon(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

まるでNHKのドラマのような優等生作品でしたね。のんさんが監督・脚本・主演のフル回転、がんばっていたのでは?今見ると、コロナ絶頂禍って、こんなんだったなーって、懐かしく感じます。意外にと言ったら怒られ>>続きを読む

湯道(2023年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

和の心に溢れた、日本ならではの作品でした。茶屋のお風呂、あのロケーションは最高でしょ。実際、温泉ではああいう野湯がありますからね。劇中では何となく酷評されてましたが、やっぱ温泉源泉掛け流しが一番ですけ>>続きを読む

テリファー 終わらない惨劇(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

怖い、グロい、やり過ぎかも。モザイク入れてますからね。前作を超えようと、行くところまで行った感じですね。今回、現実と幻想の境目が分かりづらく、何でもありになってしまってます。もはやクラウンのキャラ頼り>>続きを読む

雪山の絆(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「生きてこそ」は確か英語でしたから、今作はスペイン語で、より忠実に再現されてるんでしょうね。映像技術も発達し、墜落シーン含めとにかくリアル、極限状態が十分伝わり、終始見てるのもしんどかったですね。絶望>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

この監督の作品、「ナイトクローラー」「ローマン」とかなり面白く、期待値上がってしまいました。導入は悪くなかったのですが、突然B級ホラーへ。特にメタファーがある訳でもなく、同じ監督の作品とは思えませんね>>続きを読む

ウーマン・トーキング 私たちの選択(2022年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

いつの時代設定だろうと思ったら、劇中に2010年と言うフレーズが。実話ベースという事ですが、こんな異常事態が現代にあったとは驚き。自立する女性にフィーチャーさせてますが、ほぼ話し合いだけのシーンで演出>>続きを読む

最後まで行く(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

リメイクだったんですね。どこか日本っぽくないなと思ってましたが、テイストも寄せたんでしょうか?ただストーリーは面白く、テンポも良く、あっという間に見終えた感じです。アナーキーな感じも最高です。

個人
>>続きを読む

赦し(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

不思議な空気感の作品でしたね。演技が気になるところもありましたが、外国人監督だったから看過したのでしょうか。しかし話は面白かったです。各々の立場に感情移入すると、理解出来る部分、許せない部分と出て来ま>>続きを読む

窓辺にて(2022年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

今泉監督の凄さは、日常の切り取りの中でも、その場面場面に人生があり、どこか自身にも当てはまり、共感出来る部分があって、深く考えさせられるところ。セリフが心に刺さるんですよね。観る人の、その時の生活状況>>続きを読む

いつかの君にもわかること(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実話からの着想となってましたが、派手な演出もなく、まるでドキュメンタリーのようで、入り込んでしまいました。とは言え、自分だったらどう?なんて、とても考えられません。海外では養子や里子が比較的オープンな>>続きを読む

デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム(2022年製作の映画)

2.4

てっきり亡くなった事による伝記かと思ったら、生前に出されてもいいような、少しファッショナブルなドキュメンタリーでした。MTVに近いかも。デヴィッド・ボウイのファンしか楽しめない内容ですかね。

TAR/ター(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

実話のようでノンフィクションなんですね。ケイト・ブランシェットの圧倒的な存在感がすごい。字幕で見ると、ターが少し男っぽい口調になってましたが、生声では判断出来ず、こう言う時、ネイティブでないのが悔しい>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

この頃のアクションは分かりやすい。まさに"日曜洋画劇場"が似合います。「コマンドー」以降か?シュワちゃんにデカい2丁拳銃を持たせがちですね。しかし、脇は豪華な役者です。

>|