あんちゃんどらちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

あんちゃんどらちゃん

あんちゃんどらちゃん

映画(124)
ドラマ(3)

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.0

フィンランドのヘルシンキで食堂を開く女性の話。
家庭の日本料理をフィンランド人に食べてもらうというものだ。
なかなか客が来なかったが、ヘルシンキを訪れた二人の女性が食堂に加わり・・・。食堂は繁盛しだす
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

2.6

スカーレット・ヨハンソンが注目された映画とあって、Amazonで観たけど、なんかパッとしなかった。18年くらい前の映画で、フェルメールの絵にヒントを得て作られたものらしいが、脚本がはっきりしない。衣装>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.4

リュック・ベッソンの映画だったか。なんかバイオハザード風な作りだなって観てたら最後のクレジットで気が付いた次第。
普通の女の子がお腹に覚せい剤のチョー凄いやつみたいな物を埋め込まれ、それが破れて体内に
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

粗暴なイタリア系アメリカ人が育ちの良い黒人ピアニストの運転手兼ボディガードとして2カ月間アメリカをコンサートツアーで巡る話。
Amazonで有料だったので迷ったが、観てとても良い作品だった。
互いの欠
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

1.6

ひどい!
Amazonの有料サイトで観たが馬鹿らしくなった。
テレビはそこそこ面白かったのに!映画になるとどうしてこうなるの?

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

3.4

NETFLIXで鑑賞。
母親役がジェニファー・アニストンで父親役がベン・スティラーかと勘違いして観たら、全然違っていた。
B級コメディの傑作!多少、汚くて嫌らしいネタだがクスクスと笑っちゃう。こういう
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.6

面白かった。アクションは楽しい!
イーサンが呼吸の限界に挑みつつ、シンジケートのメモリー争奪に活躍する。トム・クルーズもまだまだ若い。
次々出てくるアイデア。「ミッションインポッシブル」ではこの5作目
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.1

ネットフリックスで鑑賞。主役の二人演技頑張ってた。
この映画を観ている間ずっとラインが来ていてろくに鑑賞できなかったけど、まあまあ良かった。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.4

主人公はマイレージのポイントを楽しみに、飛行機でアメリカを飛び回るリストラ請負人。好感が持てるジョニクルの雰囲気が良く出ていて、結構楽しめた。一生独身を通す、また楽しんでいる彼だが、結婚を意識した時、>>続きを読む

SAINT LAURENT/サンローラン(2014年製作の映画)

2.1

イブ・サンローランが一番輝いていた時の淫らな話。
ヘルムート・バーガーによく似た俳優がサンローランを演じ、年取ったサンローランをヘルちゃんがやっているというわけ。
サンローランがゲイだったってこの映画
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

3.0

12年前の映画。評価も低い。なのに、臨場感たっぷり。って、今、まさにそれでしょ。
南国の名もない島から持ち込まれたウイルスで日本が感染パニックになる。
コウモリが感染源で、ウイルスは強力、即感染する。
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.4

ケイト・ブランシェットのエレガントさ、ルー二ー・マーラーの可愛らしさにうっとりと観ていた。どこの世界でもある話だけど、雰囲気が美しく、同性愛を扱っているが嫌味がない。愛は性を超える。

ボーイズ・ドント・クライ(1999年製作の映画)

3.4

街の小さな劇場で観た。20年前くらいかなあ。
LGBTがまだ大手を振って歩けなかった頃。女の子だけど、男の子の意識を持つ主人公が恋をする話。男装していてちょっとかっこいいから惚れる女もいる。男であるこ
>>続きを読む

ナインスゲート(1999年製作の映画)

3.4

過去劇場で鑑賞。
ジョニー・デップの気弱さが良く出ていて、ロマンポランスキー監督の演出映像の巧みさで面白く観れた。一緒に観た友人が無反応だったのが、テレビで観たらとても良かったって。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.2

いやあ驚いた!面白かった。レビュー参考にして良かった。
折り紙、和紙工芸と三味線。日本の文化そのままアニメ化するとは。
こういうアイデアもあるのだね。
残念なのは主人公や母親の顔が釣り目でチャイナ風な
>>続きを読む

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.6

面白かった!
ハイホー、ハイホー仕事が好き♪の小人の仕事は盗賊。か弱きお姫様が白馬の王子に助けられるのではなく、戦うお姫様。
ジュリア・ロバーツの衣装も見物。エンディングがインド映画風に歌と踊り。変わ
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

1.9

大竹しのぶ、内野聖陽、西村雅彦という演技者揃いの映画なのに全く生きてない。というか登場人物みんな変な演技作りすぎ!保険会社の風景とか無駄なシーンが多すぎ。ヌード、大竹しのぶのデカオッパイ(これ彼女のじ>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.1

ネットフリックスで鑑賞。
原題は「子守り日記」。「私がクマに・・・」で、コメディなのかと。違ってた。「ブリジットジョーンズの日記」の子守りバージョン。
こんな雇い主はないでしょう。ただの子守りにいろい
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.3

H.I.Ⅴに感染した主人公(マシュー・マコノヒー)が特効薬を求めて歩く話。結構面白い。マシュー・マコノヒーは、若い時に恋愛ものばかりに出ていたが、二枚目がそろそろ通用しなくなったとき、大きな演技転換を>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.5

悲惨な過去を持つ主人公が襲われレイプされて、それでも平気でゲーム会社のCEOとして仕事をこなす。とても好きにはなれないタイプの冷酷な女の話。
ネットフリックスの解説に女が加害者を自分の手で探してゆくと
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.4

NETFIXで鑑賞。中身は子供でもシャザム!と叫ぶとスーパーヒーローに変身するというもの。気楽に楽しめて、結構笑える。
子供のギャグ、セリフが良いし、ハリウッドの子役ってほんと演技上手いよね。出演の子
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.0

イランで実際に起こった人質救出作戦。
CIAがハリウッド映画を偽装手段に人質を救うって話。民衆が押し寄せるシーンとかハラハラしたが、最後のほうはあっけなく終わった。
記録映画が好きなので、最初は面白く
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.6

諸行無常。断捨離。なんてテーマを末期の脳腫瘍の主人公を通して見つめる映画。主人公(佐藤健)の死神(分身)が出てきて、彼の一番大切なものから次々消していく。最後がぼんやりしていて何を言いたいのかよくわか>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

Amazonで観た。
結構良かった。是枝監督のものではこれ、ベストじゃないの?
ダメ男を演じる阿部寛は頑張って演技しているし、あとのキャストはみな自然体で良かった。
特に樹木希林はなんとも良い。離婚し
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

2.8

Amazonで観た。吹き替え版しかなかったが、言葉なしのロボットの登場で、おおかたは吹き替えなし(笑)
ゴミだらけの地球を捨てて宇宙船で暮らす人間たち。何でもロボットがやってくれるから、みんなデブの車
>>続きを読む

スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする(2002年製作の映画)

3.0

過去鑑賞。クローネンバーグ監督は分かりにくいけど、その独創性がなぜか心に残る。
精神病院から出てきた男が少年時代の回想をする。愛していた母親がおっぱいベロンの娼婦だったという妄想のために、両親を殺害す
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.5

日本の「リング」のハリウッド版。内容を相当変えているが、私はそのスピード性や編集に「うまい!」と唸った。ナオミ・ワッツがこれで人気となった作品。日本の持って回した映画表現(下手くそ)よりエンタテイメン>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.4

鈴木光司の原作初の映画化版。小説と違って、こちらはホラー扱いで私としては気に食わなかった。鈴木光司の独特の文体や家族テーマが好きで読む者には異質に感じるかもしれない。違うんだよなあ・・・。
しかし、古
>>続きを読む

ヤコブへの手紙(2009年製作の映画)

3.7

元死刑囚の女性が住み込みの老牧師先で、カチカチのバゲットを少しずつ食べるシーンが印象的で、しばらく、それにハマった。
地味だけど、だからこそ最後がぐっとくる。心に残る映画。

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

3.5

かなり地味な作品だけど、良かった映画。料理ものではこれが一番かな。
普通の少年が少しの指導で立派なウェイターになる。パベットの料理が本当に美味そう。最後の山場をとくとご賞味あれ!

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

NETFLIXで鑑賞。
驚いたのはレディ・ガガの首が短いというのと、監督はブラッドリー・クーパーだってこと。彼、歌も上手い。ジュディ・ガーランドのスタア誕生のリメイクだからあらすじは同じ。が、出演者は
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

2.1

昨日ネットフリックスで観た。
昔観た気がするが覚えていないほど、つまらない。

エスター(2009年製作の映画)

2.9

怖かった。
IQ180とIQ100の対決。
殺人鬼の少女エスターが、養子縁組した先の家族を襲う話。養父母、兄妹みんなバカでとろい。人好し、ロリコン気味のオヤジがめった刺しにされる。
ペットを買うように
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.6

B級映画の傑作!
面白かった。咬まれる、殺すシーンはグロいけど、なぜか映画全体が明るく、楽しい。
「時計じかけのオレンジ」風なウェットに富んだゾンビコメデイ。
猫のゾンビと、総入れ歯のおばあさんゾンビ
>>続きを読む

>|