yuusaiさんの映画レビュー・感想・評価

yuusai

yuusai

  • List view
  • Grid view

ビバリウム(2019年製作の映画)

4.6

Vincenzo Natali監督をご存じだろうか?。映画界にソリッドシチュエーションスリラーを生み出した奇才。短編「ELEVATED」を見て驚愕したカナダの製作会社が「マジで凄い!50万カナダ$で好>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.6

ミュージカルで有名な「Les misérables」原作者Victor-Marie Hugoのタイトルを冠した本作。原題の意味は「哀れな人々」奇しくも現実が体現された「モンフェルメイユ事件」をベースに>>続きを読む

レフト ー恐怖物件ー(2020年製作の映画)

3.8

スリラー界の安心印ブラムハウス製作、メジャー・ユニバーサルは武漢ウイルスのアメリカ本土上陸で劇場が続々とクローズ、公開を配信に切り替えリリース。イギリスのスポンサーが付いたお陰でウェールズでロケが行わ>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.8

イギリスを代表するフィルム・メーカーGuy Ritchie監督最新作。「シャーロック・ホームズ」バジェットでも手腕を発揮するが「キング・アーサー」コケる時は盛大に扱ける愛嬌も有る。本作で20年振りとも>>続きを読む

ファブリック(2018年製作の映画)

4.0

未体験ゾーンの映画たち2021最大の問題作遂に降臨!。一般的にホラーとスリラーの境目を縫う作品は面白い。本作はレビュー済「ミッドサマー」「ヘレディタリー/継承」Ari Aster監督の後継者的奇才が誕>>続きを読む

バッド・ヘアー(2020年製作の映画)

3.8

日本の怪談話で最も有名な「四谷怪談」お岩さん。全くの創作では無く実話を取り入れ現代にも通じる。東海道四谷怪談は歌舞伎だが、歌舞伎役者と言えば不倫は今も絶えず(羨ま"笑"、四谷には於岩稲荷田宮神社、通称>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

5.0

私のFilmarksのIDは@sir.hitchcock。スリラーの神様Alfred Hitchcockの作品は中学時代に観れる映画は全て見た。子供の頃からミステリー好きだった私のライフ・ワークは、神>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.8

長編「SKIN/スキン」ベースと成った短編「SKIN 短編」アップリンク京都で長編と短編が同時上映されたが、時間が合わず長編はイオンシネマ京都桂川で鑑賞。アメリカの配信で観ようとした矢先、世界的なBl>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

4.2

ベースと成った短編映画「SKIN 短編」アップリンク京都で長編と短編が同時上映されたが、時間が合わず長編はイオンシネマ京都桂川で鑑賞。人種問題を子供の視点で描いた短編はアカデミー賞短編賞受賞。注意点は>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

3.8

Tジョイ京都で友人が「チケットが買えない」と言うので、Jessica Chastain、人気有るなと思ったら「エヴァ」はAvaでも「シン・エヴァンゲリオン」。しかも劇場は私が絶対見ない「名探偵コナン >>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.6

Luc Besson監督、62歳。フランスで最も有名な映画人。「TAXi」シリーズ「トランスポーター」シリーズ、「96時間」シリーズ。世界的に有名な映画を数多く製作、フランス映画をハリウッドに比肩する>>続きを読む

トビラ 魔の入り口(2018年製作の映画)

3.6

Amazonプライム・ビデオはオンラインで脚本を募集する審査に45日ルールが有る。脚本を買い取ると1万$、長編映画なら20万$を支払う。予告は面白くてもドボンする作品が多い理由は製作会社もC級だから。>>続きを読む

アーカイヴ(2020年製作の映画)

4.4

「イギリスのSF」と聞いて察しの良い方はイメージ通りに納得するだろう。意外とハリウッドと英国の違いが、一番ハッキリするのはSF。サイエンスに対する感受性がルーツは同じ民族でも大きく異なる。未体験ゾーン>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.6

John Travolta、第40回ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞受賞作品。中国ウイルスで閉塞感の有る生活が続き、職場と家庭の往復、或いはリモートで一日中家に居る、生活リズムが侵される中で趣味は>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

1.0

年間で洋画300本見るなら邦画1本しか見ない私が、先週レビュー済「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」繋がりで本作を観ようしたら、邦画に詳しい友人に止められた。しかも、フォロワーさんからも全力で止められた。>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.0

我らの「ブラックパンサー」Chadwick Bosemanが大腸癌の為亡くなった、享年43歳。私は一切「アベンジャーズ」シリーズをレビューしないが全て観てる。一番好きなのは「ドクターストレンジ」ですが>>続きを読む

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷(2020年製作の映画)

3.8

恒例のシリーズ時系列
1998年 未見 学校の怪談G「片隅」「4444444444」呪怨の元ネタ
1999年 未見 呪怨 シリーズの原点Vシネマ
2000年 未見 呪怨2
2002年 3.8 呪怨 劇
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.8

①Filmarksに参加した2019年以前の作品は基本的にレビューしない。
②レビューはミステリー、スリラー、結果的にホラー、そして心に響いた作品のみ
③フォロワーのリクエストは受けない
④推理小説愛
>>続きを読む

罪と女王(2019年製作の映画)

4.4

デンマークの留学生に「観て欲しい作品が有る」と紹介され、いそいそと京都のミニシアター「京都シネマ」で鑑賞。原題「Dronningen」女王、ポスターを見てヒューマン・ドラマと思ったら見当違いも甚だしい>>続きを読む

盗まれたカラヴァッジョ(2018年製作の映画)

4.2

東京で2020年1月に公開、京都では暫し遅れてミニシアター京都シネマで3月に鑑賞。リンクする様に「カラヴァッジョ キリストの埋葬展」当初2020年10月国立新美術館で開催予定が中国ウイルスで2021年>>続きを読む

YUMMY ヤミー(2019年製作の映画)

4.0

希少品種ベルギー産ゾンビ映画。ベルギー映画は発祥時からフランスの影響を多大に享けた。Lumière兄弟がシネマトグラフィを発明して直ぐに、アニメーションの技法を考案したのがベルギー人Joseph Pl>>続きを読む

スペル(2020年製作の映画)

3.8

【アウトライン】主人公マーキスは飛行機で父の葬儀の為、アパラチアへ家族と飛び立ったが猛烈な嵐に襲われ、墜落してしまう。目覚めると屋根裏部屋に閉じ込められた。家人エロイーズはマーキスの血液と皮膚から作っ>>続きを読む

ウォッチング・ユー(2018年製作の映画)

3.6

本作は劇場映画では無く、テレビ・ムービー。アメリカのペーパービュー局「Lifetime」製作。ウォルト・ディズニーと雑誌「コスモポリタン」が運営。北米で9400万世帯が視聴する中堅企業だが独自に映画を>>続きを読む

ザ・マーダー 連続殺人事件(2018年製作の映画)

3.0

本作は劇場映画では無く、テレビ・ムービー。アメリカのペーパービュー局「Lifetime」放映。北米で9400万世帯が視聴する中堅企業だが独自に映画を製作する事で知られる。局の最大の特徴は視聴者を女性に>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

4.0

恒例のシリーズ時系列
1933年 未見「La Llorona」メキシカン・ホラーの原点(先輩談)
1960年 未見「La Llorona」何度目かのリメイク
1963年 3.6「The Curse o
>>続きを読む

デス・レター 呪いの手紙(2017年製作の映画)

3.8

ロシア映画が日本も一般的に成ったが、未開の映画大国ロシアの国際マーケットは致命的に脆弱。ソビエト連邦崩壊で映画も衰退の一途を辿るが、Vladimir Putin大統領以降は経済が好転、2004年「ナイ>>続きを読む

ビューティフル・ネイバー 美しい隣人(2017年製作の映画)

3.6

本作は劇場映画では無く、テレビ・ムービー。アメリカのペーパービュー局「Lifetime」放映。北米で9400万世帯が視聴する中堅企業だが独自に映画を製作する事で知られる。局の最大の特徴は視聴者を女性に>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.8

2019年トロント映画祭は本作一色に染まった。エンドロールを待たず、過去最大のスタンディングオベーションで迎えられた傑作ドラマ。スタジオは私のレビューでお馴染みA24製作。2020年4月公開予定が中国>>続きを読む

ワールドエンド(2019年製作の映画)

4.0

恒例のシリーズ時系列
ワールドエンド「AVANPOST」The Blackoutインターナショナル版152分
ワールドエンド完全版【PHASE-1 ブラックアウト=人類文明停止】104分
ワールドエン
>>続きを読む

キリング・ビューティー あどけない殺人者(2018年製作の映画)

3.8

本作は劇場映画では無く、テレビ・ムービー。アメリカのペーパービュー局「Lifetime」製作。ウォルト・ディズニーと雑誌「コスモポリタン」で知られるコングロマリットHearstが運営。北米で9400万>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

4.2

恒例のシリーズ時系列
1965年 4.0 DIE, MONSTER, DIE「襲い狂う呪い」独特なクリーチャーの古典ホラー
2010年 未見 The Color Out of Space「宇宙からの
>>続きを読む

アンチグラビティ(2019年製作の映画)

4.0

泣く子も黙るSF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」比肩するロシアの国宝級「惑星ソラリス」。原作小説をリメイクした「ソラリス」Steven Soderbergh監督、James Cameron製作、Ge>>続きを読む

シークレット・ランナー(2020年製作の映画)

3.4

スリラー作品で傑作が目立つプロダクツは、プラムハウスとA24。一方で私の生涯1位作品「SAW」を生み出した独立系の小さな会社Lions Gateは、ハロウィンに合わせてSAWシリーズを「毎年」リリース>>続きを読む

スカイライン −逆襲−(2020年製作の映画)

3.8

恒例の「スカイライン」シリーズ時系列
2010年 4.2 SKYLINE「征服」まさかのお馬鹿黙示録の幕が上がる
2017年 4.0 Beyond Skyline「奪還」まさかの人間とエイリアンのタイ
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

4.0

恒例の「スカイライン」シリーズ時系列
2010年 4.2 SKYLINE「征服」まさかのお馬鹿黙示録の幕が上がる
2017年 4.0 Beyond Skyline「奪還」まさかの人間とエイリアンのタイ
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

4.2

恒例の「スカイライン」シリーズ時系列
2010年 4.2 SKYLINE「征服」まさかのお馬鹿黙示録の幕が上がる
2017年 4.0 Beyond Skyline「奪還」まさかの人間とエイリアンのタイ
>>続きを読む

>|