ハイボールさんの映画レビュー・感想・評価

ハイボール

ハイボール

胸騒ぎ(2022年製作の映画)

3.5

こういう気持ちになるとわかってたのにどうして観てしまったんだろう。最初から最後まですごく嫌な気分が続くのってある意味すごい。
その場の空気を壊さない大事さはわかる。でもそれは愛する人をないがしろにして
>>続きを読む

蛇の道(2024年製作の映画)

3.4

Filmarks試写会にて。
元となった映画は未見、予備知識はほぼなしで鑑賞したので始めは『なんで協力し合ってるんだろう』と謎に包まれながら見てたけど、だんだん見えてくるその目的に心臓がギュッとなる。
>>続きを読む

告白 コンフェッション(2024年製作の映画)

3.0

うーん…なんでそうなるん?って感じ。つまらなくはないんだけどあのやりすぎな演出はヤン・イクチュンじゃなきゃコメディになってたと思う。不気味さや狂気さが出てて怖かった。完全に生田斗真を食ってたね。
74
>>続きを読む

関心領域(2023年製作の映画)

4.1

あああーーすごく不愉快な作品だった。
ある一家の日常を映しているだけ。いつもと変わらない風景だからそれが異常なことであっても気にも留めない。だってこれが普通だから気にするまでもない。見えているのに見え
>>続きを読む

アメリカン・フィクション(2023年製作の映画)

3.7

はいはい、こういうのをみんな見たいんでしょ?って作った話がヒットしちゃう。これ、皮肉たっぷりすぎやしませんか。終わり方もさらに辛味があってよかった。

バービー(2023年製作の映画)

3.6

カラフルでポップ、観ていて楽しいのに思ってたよりメッセージ性が強くてびっくりした。バービーはみんなの憧れ。その憧れが固定観念に縛られまくりなんじゃなくて、時代に合わせて新たな気付きを得ているからこそど>>続きを読む

インフィニティ・プール(2023年製作の映画)

3.5

世の中には色んな種類の変態がいるんだね。戸惑ってはいてもだんだんそちら側に行ってしまう。タガが外れた人間は怖い。
この監督の作品って全部気持ち悪いんだけどトリップしてしまうような映像が結構好きなんだよ
>>続きを読む

青春18×2 君へと続く道(2024年製作の映画)

3.8

張震がエグゼクティブプロデューサーで許光漢と清原果耶が出演。しかも藤井道人監督って好きな人の詰め合わせみたいな映画で観ない理由がなかった。
『エモい』という言葉は嫌いなんだけど、この作品に関してはエモ
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.2

この作品が日本で公開されてよかった。
成功は生涯抱える事になる苦しみとなる。見せ方が上手いから3時間があっという間に過ぎたけど、登場人物や時代背景などをもう少し勉強してから観ればよかったと反省。キリア
>>続きを読む

貴公子(2023年製作の映画)

3.8

好きなパク・フンジョン監督の新作。「魔女」シリーズもいいんだけどこういうの待ってたよ。面白かった〜!
キム・ソンホのこのキャラはズルい。めちゃめちゃ強いのにどこか抜けてる貴公子。なんて魅力的なんだろう
>>続きを読む

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

3.8

初恋の二人が再会するまでの時の流れの重さに胸がギュッと締め付けられる。もっと何かを話したい、でも超えられない壁ができてしまっていることを実感するもどかしい時間。SNSで簡単に繋がれてた時には感じなかっ>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

3.6

ダークヒーローではない気がする。1人の男の壮絶な人生の話。狂気じみてはいるけれど、ただただ自分らしさを追求した結果のあのラストは見せ方がおしゃれですごく好みだった。ワンちゃんが活躍する姿も癒やされます>>続きを読む

アンチヴァイラル(2012年製作の映画)

3.5

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ観たさで。
セレブと同じ病気になりたい、セレブの培養肉を食べたいてか、セレブの人権のなさすぎない?(劇中では嫌そうにしてなかったけどね)
あのラストは愛の究極の形なのか
>>続きを読む

ニューオーダー(2020年製作の映画)

3.6

まじで観なきゃ良かった…
結婚パーティーの幸せそうな場面なんか冒頭の数分だけ。行ってほしくない方向にどんどん進んでいく。
現実に起きそうなのも怖かった。
映画を観てるだけなのにツライとかしんどいとかそ
>>続きを読む

ニトラム/NITRAM(2021年製作の映画)

3.6

どうしてそうなっちゃったんだろう。何か一つでも違ってたら彼はあんな事件を起こさなかったのだろうか…観終わってからもずっと考えてしまう。
子犬のようだったのにある瞬間には鋭さを増しているマーティンの目。
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.4

映像が美しいから、カイアのつらい生い立ちがより際立ってた気がした。
いやいやいやラスト、モヤモヤする〜〜。

ソウルメイト(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

デレク・ツァンの原作映画が好きで鑑賞。
キム・ダミが本当にぴったり。二人の間には友情以上のものがある。原作よりも感情の揺れ動きの描写が上手くて涙が止まらなかった。
…てかさ、二人の間でフラフラしてるア
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.4

想像していたより法廷劇だった。
『真実ではなくどう見られているか』という台詞のように裁判が進むにつれて証言から夫婦関係などが見えてくるので、無実が証明されてくれ!と思うとともにサンドラに疑いの目を向け
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.8

難しいことはわからないけど、とにかくエマ・ストーンが凄すぎた。ベラが自分の意見を持ち、成長していく過程での表情の変化がお見事すぎて。
ヨルゴス・ランティモス作品なので、ある程度覚悟をしてたのだけど観終
>>続きを読む

違う惑星の変な恋人(2023年製作の映画)

3.5

着地点のないズレた会話がずっと繰り広げられてくだけなのにこんなに面白いとは。
会話が続かなくてよくわからない話を始めたり、でも手持ちぶさたで無駄にものを動かしたり…まだまだ壁があるなあと感じる会話に漂
>>続きを読む

恋愛の抜けたロマンス(2021年製作の映画)

3.0

ソン・ソックってこういうキャラにもなれるのか…ソン・ソックめちゃくちゃ可愛いぞ!!!って思いながらずっと観てました。話はそんなに好みではなかった。

禁じられた遊び(2023年製作の映画)

2.8

ハードル低く観てたので言うほど酷くはない気がした。
ホラーなのにところどころ笑えるのはなんなんだろう。新納慎也のシャイニング的なやつは笑っちゃったじゃん。シソンヌ長谷川の霊媒師とかも出落ち感がすごくて
>>続きを読む

黄龍の村(2021年製作の映画)

3.5

よくある村ホラーかな?と思ってたら違いました。
観た方はわかっていただけると思うんですが、冒頭5分が苦痛でたまらない(笑)でもそのあとはずっと面白かった!
ネタバレなしで観てよかった〜。
エンドロール
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.0

原作好きだから実写化は嫌だったけどすごく良かった。
てか、カット割りや間も相まって役者さんの作画が和山やまだった。狂児役が綾野剛ってイメージ違うなあと思ったのを謝りたい。狂児でした。彼が和山やまの作品
>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

3.6

はじめは皆「普通の人達」だった…。災害がきっかけで本性があらわになる様が恐ろしい。また先頭に立つものが権力をかざすようになるとそれが正しいことになり、おかしいと反論する声がかき消されてしまったりと人間>>続きを読む

NOCEBO/ノセボ(2022年製作の映画)

3.4

エヴァ・グリーン様に惹かれて鑑賞。おや?口から何か出てる…不穏…
いきなり現れたダイアナのよくわからない民間療法に頼るクリスティーン。その裏では…。冒頭からジワジワ気持ち悪い。怖いというより気持ち悪さ
>>続きを読む

宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました(2022年製作の映画)

3.8

軍事境界線を舞台にした作品でこんなに笑ったのは初めて。基本コメディだし、キャラクターがクセ強な人達ばかりで笑いっぱなし。大金が手に入るとわかってからのやりとりが滑稽で。コ・ギョンピョの表情がコロコロ変>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.4

ヴィーガンの肉を売ったら大好評に!というブラックコメディ。肉屋が人肉を売るって題材は何作か観たことがあるが、それとはちょっと違うタイプの作品だと感じた。
倦怠期の夫婦が「狩り」をするために2人で行動し
>>続きを読む

薬指の標本(2004年製作の映画)

3.8

小川洋子の同名小説が原作のフランス映画だけど、小説の雰囲気そのままだった。官能的で独特な湿気を感じさせる映像が良かった。
オルガ・キュリレンコが繊細で美しい。
年上の標本技士のやってることはすごく気持
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.1

加瀬亮の信長やばいね。本当にああいうだったのなら天下を取っちゃいけないよなとか思った次第。(あんなだから取れたという見方もできるけど)
村重は個人的に腹立つタイプでダメだった。
清水宗治(荒川良々)…
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

初めて観たけど清々しいほどのバカらしさ(褒めてます)
結構ツボるポイントがあって面白かった。原作者のお詫びから始まるのが斬新すぎて最初からダメだった(笑)
空気テイスティングが一番ツボ。細かい埼玉ネタ
>>続きを読む

リトル・マーメイド(2023年製作の映画)

3.7

キャラクターの描き方が偏ってるよなあ…と違和感があったので映画館には観に行かなかったんだけど、音楽や映像美はさすがだったからちょっと後悔した。スクリーンでみたらもっと感動しただろうなあ。
たしかにフラ
>>続きを読む

ソウォン 願い(2013年製作の映画)

3.6

いや、これ……ほんとにしんどい。お子さんがいる方が観たらますますつらくなると思う。
実際にあった事件と知って調べたら映画で描かれているよりも酷くて言葉が出なくなった。
子供の方が大人すぎて観てて苦しか
>>続きを読む

奴が嘲笑う(2015年製作の映画)

3.3

ジャケ写で感じるよりは重すぎず、良い意味で軽さがあるので見やすかった。だけど内容はかなり胸糞。韓国映画ってこういう作品を作るのが上手いよね。

ウィッシュ(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

動物が喋ったり、プリンセスが歌う超ディズニーなストーリーだから見やすい。小さい子も飽きずに楽しめると思う。音楽も素晴らしくてグッとくるものはあるのだけど…う〜ん、私は純粋に感動したとは言えないなあ。>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・スタジオ 100年の思い出(2023年製作の映画)

4.6

「ウィッシュ」の同時上映でしたが、正直こちらの短編作品のほうがディズニー100周年の愛を感じて素晴らしかった。ヴィラン達も登場させてるのもポイント高い。