spさんの映画レビュー・感想・評価

sp

sp

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

-

後半の流れはくだらないなあと思うけどホラーがちゃんとホラーで良い
小さい頃に観てたらトラウマ案件

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!(2013年製作の映画)

-

飯テローーー!やめい!
ヤキニクホードは最後の5分を観るためにあると思ってる(個人的意見)けれどこれもまた散りばめられてるグルメを観るためにあると思う美味しそうだもん

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

-

ちょこちょことしんちゃんの映画を制覇しようと観ているんですけど急に矢島しんちゃんから小林しんちゃんになって咀嚼できずに困惑してる。良し悪しとかじゃなくて、時の流れに伴う事柄だし、人が変わるということは>>続きを読む

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009年製作の映画)

-

邦題の良し悪し賛否両論ってあると思うけどこの邦題個人的に好き
序盤から目が離せなくて面白すぎた!!!久しぶりにすげー!!って目が離せんかったし語彙力喪失してる

少年と自転車(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

青年が少年にバッドで殴られた謝罪を受け入れなかったように、青年に木の上から落とされたことも少年は許さないんだろうなと思う。
人間は弱いからこそ、色んなことを受け入れてある種の妥協をしたりするけれど、い
>>続きを読む

エボリューション(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

歌でいけんじゃんつって、恐竜(怪物?)撃ったノリで歌いまくる3人大好き
あんなお調子者のノリで生きてきたい

小さな悪の華(1970年製作の映画)

-

危うさとアンバランスさと残酷さと儚さと。クセになるなあ。好き。もっかい観たい。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

-

サクッと観られるのは変わらないけれど、前回よりミステリー感多めで犯人知って観てしまったけどめちゃくちゃ楽しめた。犯人役の役者さん私の好きな役者さんなのでって色眼鏡も込められてるけれど、最後の演技がバチ>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

海外映画の美術としての"豪華"さが違うのって余白の違いだな〜とか個人的に思ってた。別にどっちがとかではないけれど、隙間を埋めてる海外映画の方が緻密に見えるのは致し方ない
サクッと観られるし良き

夜の帳につつまれて(2021年製作の映画)

-

映画っぽい映画だな〜と思うけど何とも素敵ロードムービーだった。ちゃんと伏線が生きてる。

36のシーン(2012年製作の映画)

-

日常を切り取ったような、残すということを垣間見られる撮影技法で1シーン毎が映えてた。私自身も写真や映像を撮る行為を行うから、そのことについて考えさせられた。肉眼で見て覚えておいたら良いじゃんという思い>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

永遠なんて言葉存在しないんだよ。そんなふうに思ってしまう話。
明るさと儚さが混じってた。サマーオブ84も好きだけど、1年違うだけでホラーにも恋愛ものにもなり得るの良いな〜

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最後の5分とかでめちゃめちゃ泣いてしまった。

希望のかなた(2017年製作の映画)

-

フライヤー集めが趣味の私が惚れたデザインのひとつ。4年越しに観ることになるとは思ってなかったけれど、内容もめちゃくちゃよかった…巡り合わせに感謝。
サントラめちゃめちゃ欲しいけれど売ってないのか。音楽
>>続きを読む

シュザンヌの生き方(1963年製作の映画)

-

現実に居そうな"ちょっとヤナヤツ!"しか出てこないじゃん

ベレニス(1954年製作の映画)

-

人生初のエリックロメール作品は寝てしまいました。
心地よかったな(そうじゃない)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

-

なんかめちゃくちゃ熱くない?野原家に訪れる理不尽を理不尽として描き切ってて凄い。容赦ない。
熱海行きたいし焼肉食べたい。

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

-

ソウシリーズを観たことない、かつ、ホラーが得意ではない為普通に怖かったです。でも、展開自体は途中で分かっちゃいました。
ホラー映画ってメイキングが観たくなる。

>|