しゃりさんの映画レビュー・感想・評価

しゃり

しゃり

夢現

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

ミュージカルシーンはど迫力で、もう一回観たいと思わせるし、IMAXで観て良かったとも思うんだけど…心には残らない…たぶん用意された泣き所に共感できなかったり感情移入できなかったりして興醒めしてしまった>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

「青春恋愛映画」「泣ける病気映画」とは括れない深さがあった(そう括らせない工夫も随所にあった)。
人気者だけど人との関わりでしか自分が分からない桜良と、自分と常に向き合う代わりに周りと関われない春樹、
>>続きを読む

ブレイブ ワン(2007年製作の映画)

3.0

暴行された後の心理状態はすごくリアルで観てて辛かった。怖い。
何が正義なのか、警察や法は何を守ってくれるのか…倫理観が問われるラストでした。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

吃音症や王室、戦争っていういくらでも重くなりそうな題材を、おしゃれな画面とユーモアであえてポップに仕上げているのが良いと思った。
腫れ物扱いして遠慮するわけでなく、かといって傷付けるわけでもなく、あく
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.3

レイに偏った話ではなく、母親が話の中心になっている。
目を背けず泥臭く向き合っていく感じが良かった。
エルファニングの男の子役、すごくいいし、撮りためてる動画にぐっとくる。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.2

3時間飽きさせないのはすごいと思った。映画詳しい人にとっては名作なのかな?個人的には殺し合い騙し合いばかりで残るものがなかった印象…。

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

大体のながれは予測できるから安心して観れるし、零細家業VS大型店舗の対立等他の小ネタが効いていて落としどころも良かった。
楽屋が男女一緒(指揮者まで一緒)だったり、新世界よりが2楽章のみで抜粋されまく
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.4

絵がとても綺麗。RADがあざとい。
お父さん説得シーンがあえて省略されてるのが深い。
ただタイムトラベル恋愛モノ好きな身としては、惹かれ合う過程とか人物描写(特に瀧くん側)はかなり物足りなく感じ…感動
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

エンドロールはもちろん感動するけど、前半でインドの貧困が丁寧に描かれているのが良かった。
過酷な環境を生き抜いて、運良く裕福な家庭に引き取られたことの方が、グーグルアースで家族に会えたことよりよっぽど
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.0

オリジナルと提供者、どこに違いがあるのかという最後の問いかけがすごく心に残った。直接的な差別描写等は無く、この理不尽さをキャシーが静かな涙で表現しているのが良かった。
愛は儚さを埋める唯一の手段で、3
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.3

ものすごい期待して観たけど期待を裏切らなかった。登場人物や映像の構図、音楽、全てが魅力的で20年以上経っていても色褪せない。
カットされてる部分があるみたいなので完全版観なきゃ…!

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.7

自分の中で、人生に対する考え方が変わった。
繰り返し観て心の支えにしたい映画

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.6

とりあえずライアン、『かっこいいけどかっこ悪い』役がハマりすぎる。ラリっててもセクシー。アンソニーマッキーもとても好き。

ワインで泥酔して差別的な言葉を吐く父親⇔コカインでハイになってるけど子どもた
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.2

エヴァグリーン美しすぎる。完全な悪役のはずなのに、これはこれで純愛のかたちなのか、と最後少し同情してしまった。

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE(2011年製作の映画)

2.9

キャラ(俳優)はシュールでよい、けどそれ以外の魅力が感じられなかった

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

勝ち組とか負け組とかそんなカテゴライズを気にせず、自分らしく生きていこうっていう映画。
元気になれる!!!
お気に入りはお兄ちゃんが原っぱで一人すねてるところに妹が駆け寄るシーン。
構図と色合いに惚れ
>>続きを読む

リリィ、はちみつ色の秘密(2008年製作の映画)

3.4

少女が痛みや愛を理解していく過程を人種差別を背景に描いている。ダコタファニングはめちゃめちゃかわいいけど、父親が救われてないのが少し腑に落ちなかった。

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

3.0

映画館で観るまでではないけどセキュリティの擬人化とか世界観は面白かった!

ネイキッド(2017年製作の映画)

3.6

いろいろ考えずに楽しめる!
裸から何度もやり直して少しずつ結婚に必要なものを身につけていく感じが素敵だった。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

男性の色欲金欲への皮肉がきいている。カタコトの日本語のせいもあって不思議な雰囲気。スッキかわいい…!

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

スペイン語だったから細かい表現は分からなかったけどギャグ満載で面白かった!マーベルファンならたぶんもっと楽しめたんだろうな

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

4.2

本当の意味の恩返しはできない、だから自分なりに親切をつなげていく、という発想が好きだなぁ。
所々えっ!?って感じもあるけどそれでも感動するし見るべき作品だと思う。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

ガルガドットかわいすぎる。眼福。
なんか敵役が微妙だし、味方の良さも上手く描写されてなかった気がするけど…飛行機で観る分にはいいかな。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.3

魅力は女優陣。マリオン・コティヤールの容姿かなり好み。レイチェル・マクアダムスはご都合主義な女がけっこう似合うなぁ。
個性的な歴史上の人物が次々登場するのはそれだけで楽しいけど、なんか響かなかった…。
>>続きを読む

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

3.8

キャラの個性がそれぞれ際立っていて、全部のエピソードに引き込まれた。言葉少ななのが逆に良い。シドが好きすぎて胸が痛い。ラストシーンみたいにお姫様だっこで連れ去られたい。

シカゴ(2002年製作の映画)

4.3

社会的弱者が排除される道徳的には正しくないストーリーだけど、ここまで皮肉がきいていると爽快(笑)
何度でも観たくなる!
Cell Block Tango最高…。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.6

自分と正反対の人に惹かれて恋に落ちるけど、一緒にいるうちに惹かれたはずの部分が嫌になってけんかする。よくあるのかも。それでもいっか、が本作、修復不可能、がブルーバレンタイン…

紅の豚(1992年製作の映画)

4.2

・ジブリヒロイン史上一番いい女
・音楽が最高
・台詞回しも渋い中にユーモアがある
・イタリアの景色が美しい
・悪党がみんな良いやつ
・はっきり明らかになってない部分もあってじわじわくる(もやもやはしな
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

ずっと緊張しぱなし。感情移入はできない。戦争映画ではなくサスペンス映画と監督が言ってたのは納得で、そういう意味では斬新な映画なんだと思う。
IMAXでみるべき!

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

プラダより好きかも!!
女性の社会進出と夫婦間のバランス、世代の離れた人との交流の模様が軸になっている。
ロバートデニーロがかわいすぎ。。
最後に自分の意志に従ってする選択が、結果的に会社と家庭どちら
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

メアリ役の子が可愛いし演技上手。
武骨な叔父の心の機微が丁寧に描かれている。
どんな親のかたちであれ、子どもが心優しく育っていて、やりたいことが出来ているならば、その子育てには間違いがなかったというこ
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.6

最初はどんな話なのか掴めず、ディカプリオの笑顔に笑ってしまった。
なんとなくムーランルージュを想起させる。
夢をみること、希望を見出すことの意味
それを他人と共有する難しさ
人の本当の気持ちは、本人に
>>続きを読む

>|