ssiさんの映画レビュー・感想・評価

ssi

ssi

映画(321)
ドラマ(0)
アニメ(473)

14歳の栞(2021年製作の映画)

3.5

2024年 102本目
劇場 19本目

とある中学校の2年6組にカメラを据え、計35人の14歳に密着する。それぞれの生活や暮らしが交錯する学校という社会と教室という組織。多種多様な人が1つの空間に集
>>続きを読む

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)(2019年製作の映画)

4.6

2024年 101本目

再鑑賞。私がキモオタ高校生だった頃のオタ活作品。

TVシリーズも大人気の冴えカノシリーズでしたが、個人的にはラブコメが強くなりすぎており、クリエイターとしての部分が少しおざ
>>続きを読む

ヴェルクマイスター・ハーモニー 4Kレストア版(2000年製作の映画)

3.0

2024年 100本目
劇場 18本目

146分という長尺でありながら37カットのみという驚くべき作品。田舎町の閉鎖的空間と内に秘めた衝動性をモノクロと長回しカットで演出している。

とにかく私には
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

2024年 99本目

私にとって新海誠監督の代表作と言えばやっぱりこの作品(1番好きなのは『言の葉の庭』ですが)。『初恋』というかけがえのない瞬間の甘酸っぱさと無慈悲な現実を素晴らしく描いている。三
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.0

2024年 98本目
劇場 17本目

う〜んよく分からなかった。映像美は素晴らしく、アナのあまりの可愛さにどのカットも映える。少し寝てしまった。

珈琲時光(2003年製作の映画)

2.8

2024年 97本目

台湾のホウ・シャオシェン監督が東京を描く。小津安二郎監督へのリスペクトを込めた作品。このような生活、暮らしそのものがドラマであると考える作品はかなり好きな方なのだけど、これは全
>>続きを読む

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

4.0

2024年 96本目
劇場16本目

なかなか好きな作品だった。人物描写をニューヨーク、韓国の景色とともに丁寧に描いていた。人と人にはそれぞれの空間、境界線があって、そこに踏み入れられないもどかしさが
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

2024年 95本目

タイムトラベルをリアルタイムで行うという発想が面白いな。2回目の方が圧倒的に面白いと思う。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

2024年 94本目

ノーラン作品の中では個人的イマイチだった。ハリー・スタイルズ出ててびっくり。

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

5.0

2024年 93本目
劇場15本目

これはすごい…初IMAXがこの作品で良かった。音でっかい。耳聞こえなくなっちゃった。だってでかいんだもん、音。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

2024年 92本目

ようやく鑑賞。まさに映画史に残るSF映画だ。正直に言うと相対性理論とか量子力学とかで頭の中は???で埋め尽くされていたのだが、時空を超えた愛の物語と手に汗握る展開に加え、あえて
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.8

2024年 91本目

ダークナイト三部作完走。やっぱり2作品目の『ダークナイト』が群抜きの面白さだった。本作も良かったけど唯一の蛇足はキャットウーマンだな…あれは本当にいらなかった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

2024年 90本目

思っていたのと全く違った〜。妻の他界を境に自分と向き合い始める物語。"破壊"からの"再生"をテーマにしてるけど、自宅とか諸々ぶっ壊したりするのがあんまり刺さらなかった。

海辺のエトランゼ(2019年製作の映画)

3.7

2024年 89本目

沖縄を舞台に描く男性同士の恋を描いた物語。ずっと気になっていたので観られて良かった。60分の短編アニメーションということもあり、映像はめちゃめちゃ綺麗。色彩描写や美術背景などが
>>続きを読む

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

3.0

2024年 88本目
劇場 14本目

『グランド・イリュージョン』『ソーシャル・ネットワーク』で主演を務めるジェシー・アイゼンバーグによる初監督作品。主演の1人は『ストレンジャー・シングス 』のフィ
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024年製作の映画)

4.2

2024年 87本目
劇場13本目

前編ながらめちゃめちゃおもしれぇ。主演お二人のキャスティングが完璧にハマってるし、いにお作品特有の台詞回しが光るわね〜。後編も楽しみ。

機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-(1998年製作の映画)

3.5

2024年 86本目

2年前にTVシリーズを鑑賞。主人公以上に人気を誇ったホシノ・ルリを主人公にした本作。ギャグパートを中心とした劇場版ではあるんだけど、何かテイストがわからなかった。

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME(2013年製作の映画)

4.1

2024年 85本目

TVシリーズでは描かれなかった番外編。とは言っても物語的にあまり変化はなく、母である皐月の学生時代に心を動かされる緒花を描いている。

私が特に面白いなと思った設定は、皐月と緒
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー 4Kレストア(1999年製作の映画)

3.7

2024年 84本目

河原で行われている同窓会に現れた男。奇行に走る彼は侵入した線路の上で、走行する列車を前に「戻りたい…帰りたい…」と叫ぶ。そこから彼の過去を振り返るような形で進んでいく。

彼は
>>続きを読む

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第十話・第十一話・第十二話(2021年製作の映画)

4.5

2024年 83本目

ファフナーシリーズ完走。専門用語多めでかなり頭がパンクしましたが、全体通してかなり面白かった。

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第七話・第八話・第九話(2020年製作の映画)

3.8

2024年 82本目

喪失感が描かれつつも第二次L計画に向けて覚悟を決めていくお話。それにしても真矢は新シリーズになってから余計にかっこよさ増してませんか。

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第四話・第五話・第六話(2019年製作の映画)

4.0

2024年 81本目

忘れた頃にやってくる戦闘シーン。またEDで泣かせにきやがって…

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第一話・第二話・第三話(2019年製作の映画)

4.0

2024年 80本目

何も知らない総士が目にしたものとは。新たなファフナーの幕開け。

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(2010年製作の映画)

4.0

2024年 79本目

完全にやらかしました…無印の続きです…
これを通らずに2期を観てしまったので、そりゃあ来栖が誰かわかるはずないんですよね…あぁ、やらかしました…

都市とモードのビデオノート(1989年製作の映画)

4.0

2024年 78本目

日本が誇るファッションデザイナー山本耀司をヴィム・ヴェンダース監督が映したドキュメンタリー作品。素晴らしい内容。

山本耀司の「服」に対する哲学や思想を踏まえ、過去と未来、都市
>>続きを読む

東京画(1985年製作の映画)

3.6

2024年 77本目

ヴィム・ヴェンダース監督による東京を映したドキュメンタリー作品。彼が敬愛する小津安二郎監督のリスペクトはもちろん、彼が見る『東京』という街の瞬間を1つ1つ丁寧に映し出す。

青春ジャック止められるか、俺たちを2(2024年製作の映画)

3.0

2024年 76本目
劇場 11本目

やべ〜完全に失敗した。前情報入れずに鑑賞したのですが、若松孝二監督の弟子である井上淳一監督が描く彼への追悼兼自伝的映画だった。ファンの方向けかも。

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

4.7

2024年 75本目

再鑑賞。これは円盤も持っているほど大好きな作品です。

原作・実写映画ともに人気な作品ですが、私自身このシリーズは本作のみの鑑賞になります。すごく新鮮な印象を持った記憶です。特
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

2024年 74本目

再鑑賞。初鑑賞時は恐らく中学生だった気がします。私は当時、今敏監督のアニメーション作品『パプリカ』を先に観てしまっており、まだ何も知らないガキだった私は「パプリカやんけ!」とい
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

2024年 73本目

ダークナイト3部作の2作品目となる本作。いや〜面白すぎる。ジョーカーという狂人を軸に相関関係を巧みに使った脚本。でもヤクザと違ってマフィアが誰か分かりづらいのと、たまにマフィア
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

2024年 72本目

執着、復讐といった面を互いの人間性を対象にして描く脚本は見事だった。確かにどんでん返しだけど、どうも後味が悪い。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

2024年 71本目

ダークナイト3部作である本作を初鑑賞。アメコミシリーズで通ってきたのは恐らく初期のスパイダーマンのみな気がします。そういった意味でも久々だったし、これから始まるワクワク感があっ
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

3.7

2024年 70本目

17歳の変死体事件を追う最中、相棒を誤って射殺してしまう主人公ウィル。自分が射殺した事実を地元警察に告白しそびれたウィルは白夜も相まって不眠症に陥ってしまう。不眠症に陥って3日
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.5

2024年 69本目

「さて、どこだっけ」

『オッペン・ハイマー』に向けてノーラン作品を履修しようと思います。私自身ノーラン作品は『インセプション』しか観ておらず、先に今敏監督の『パプリカ』を観て
>>続きを読む

アキレスと亀(2008年製作の映画)

3.2

2024年 68本目

北野武監督のフラクタル3部作を完走。北野武が"映画監督"について追求した。本作はその中の芸術部門。3作品全体的にピンと来なかったけど、芸術しか追求できなかった男の人生を描いた本
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ 4K(1991年製作の映画)

5.0

2024年 67本目
劇場 10本目

最高のロードムービー!ガソスタに喫茶店があったりと当時のアメリカの街ってやっぱり良い。ラストシーンも最高すぎる。

>|