sumiccoさんの映画レビュー・感想・評価

sumicco

sumicco

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.6

あー…

サイコパスものの中で
かなりクールですし
一本の映画として秀逸。

舞台感、ドラマ感、PV感、
全部を惜しみなく注ぎ込んで
"エンターテインメント" を極めたなあと。

ただ
あたしはこれ、
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.3

人質や誘拐の被害者が
犯人に好意を抱いたり
味方したりしたくなる心理現象、
"ストックホルム症候群" の
名前の由来になった
実際の事件を題材にした作品。

こんな事件だったのか!(笑)


あたしの
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

4.2

9.11 を
管制塔やコントロールセンターの目線で
ドキュメンタリー風に描いた作品。

これまで
ワールドトレードセンターや
消防士や警察、
遺族の人たちをメインにした映画は
何度も観てきましたけど
>>続きを読む

ヘンゼルとグレーテル(2007年製作の映画)

3.5

山で事故にあった男が
目を覚ますと
そこは深い森の中で。

ランタンを持ち
赤いケープをまとった少女と出逢い、
不思議な洋館へと導かれると
そこは…

という
童話色を前面に出したファンタジーホラー。
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.9

教訓性高めで
これはいいですねええ。

タイムループ、
わりと観てきていますけど
"なんでこうなった?" と
"どうオチをつけるの?" が
こんなにどうでも良く思えたのは
初めてのような気がします。
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.7

ふと見ると
アマプラのトップに
"スクリーム" (2022) があって。

続編?
いや、
数字振ってないからリメイクか?

って楽しみになりすぎて
カメオ出演風のドリューの叫び声を楽しみつつ
1作目
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.4

廃れない、とは
このことだなあ。

1992年
30年前の作品ですが
本当に色褪せずに楽しい(笑)
展開
全部頭に入っているのに。

この映画の歌は
聴けば聴くほど
どんどん好きになる粉でも
振り撒い
>>続きを読む

ニコールの檻(2017年製作の映画)

3.4

好みのオチに
ケタケタ笑いながら
これ好きだわー!って
呟いておりましたところ。

あれ、意外と評価低い(笑)


個人的に
すごーく惹かれる新居です。
利便性は二の次三の次、
きっとすぐ飽きる、とい
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

3.5

ちょっと幻想的で
藤原竜也の良さを引き出した
小説スタイルのミステリ。

たとえ
あらすじがこれより少し面白くても
総合点で
これに及ばない作品は多そう。
それぐらいユニーク点はあると思います。
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

3.3

ゾンビ映画3%。

残りの97%は
夫婦の映画です。


部屋の外では
ゾンビが蔓延っているテイの
一室で起こる夫婦の会話劇。

ゾンビが苦手な人もOKとか
そんなレベルじゃないぐらい
ゾンビ出てこな
>>続きを読む

シークレット・ジョブ(2019年製作の映画)

3.5

"エクストリーム・ジョブ"
と比べてしまうとどうしても
ハードルを越えていかない、と
辛口評価を耳にする今作。

あたしは好きでした!
壮大なコントのようで(笑)


借金まみれで
目玉動物のほとんど
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.7

男兄弟3人が
インドを旅します。

起こることは
ちゃんとドラマティックなので
起伏がないわけじゃないんですけど
舞台がインドというだけで
どんなことも浮き立たないというか(笑)

3兄弟も不思議なこ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.0

ほんっとーーーに
ベスト俳優 ever です、
ジョージ・クルーニー。

カメラに一瞬でも映り込めば
そこだけすんごいオーラというか
瞬間セクシー率
あたし個人の最高を叩き出します(笑)


天才詐欺
>>続きを読む

コンフェッション 友の告白(2014年製作の映画)

4.0

"告白" って
そういうことかあぁぁ…(泣)
ソッチかあ……

とりあえず
今から
悪いことをしようとしてる人は
絶対この映画を観てほしい。

まあ
そんな計画立てている人は
今 Filmarks で
>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

3.8

最近観た交渉モノが
交渉メインじゃなかったため
ド王道に原点回帰です。

凄腕の交渉人が主演。
しかも、2人!
作品のほとんどが交渉シーンで
テクニックも満載。

こういうのが観たかった!が
ようやく
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.7

旦那さんは
美術の専門学校に行って
モノづくりの仕事も長いため
きっと食いつくだろうなあ、と
夕飯のお供に鑑賞。

「え?
 これCGじゃないの?!
 しかもほぼ一人で作ってんの?!
 すっげえ…
 
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

4.0

夫は殺し屋。
妻も殺し屋。

お互いにそれを知らずに結婚し、
身分を隠しながら過ごす日々と
ド派手で過激な夫婦喧嘩を描く
スタイリッシュなアクションコメディ。


殺し屋同士であり
夫婦でもある2人の
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.9

観ながら
形容詞を模索しました。

かわいくて怖いから
こわかわいい…?
でも悲哀もあるしムードもあるし…
ってグルグルして結局
"こわじゃれてる" に決定。


60年代のファッションが好きなエリー
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.7

遥か昔
"下品" っていうだけで
見せてもらえなかったアニメなんですが
それだけで禁止するには
あまりにももったいない!

「ああ…」って深く頷ける台詞、
いつも必ず出てきますよね?
刺さる台詞の多さ
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.6

中国の
画工ばかりが集まる村で
毎日大量の
ゴッホの複製画を描いている
ある "アーティスト" が
生まれて初めて本物のゴッホの絵を
見に行く旅のドキュメンタリー。


まるで作業員のように
ただただ
>>続きを読む

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.2

画と設定は
かなり子ども向けなのに
掛け合いが意外と大人向けなのは
前作と変わらず。

でもちょっと
今作は子ども向けが過ぎたかなあ、
41歳が1人で観るには(笑)

っていうか
続編に改良点や進化を
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.4

これまた
評価の難しい…

緊張感はあまりなく
サスペンス感は低め。
派手なアクションもないです。
かといって
謎解きジャンルか?と訊かれると
それもまた微妙なんですよね。
クリアにならない謎が残りす
>>続きを読む

ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(2014年製作の映画)

3.5

映画ファンには
まさに伝説作の "E.T." ですが。

ゲーム版 "E.T." は
史上最悪のクソゲーとして
超有名なんですって。


あまりにもクソゲーすぎて
それまでバカ売れしていた制作会社を
>>続きを読む

時間離脱者(2015年製作の映画)

3.6

1983年を生きる男と
2015年を生きる男が
夢の中で
お互いの人生を体験することで
ある殺人事件を解く鍵を
見つけていくSFサスペンス。

韓流好きなら
誰もが知っている御三方が主演です。


>>続きを読む

タイムカプセル 思い出の救済(2018年製作の映画)

3.3

要素ひとつひとつの
クオリティはさておき
全体的には
及第点のラブストーリー(笑)

あるじゃないですか。

観る理由、特にナシ。
記憶に残す理由、特にナシ。
この映画を観た、という人に
面と向かって
>>続きを読む

クーデター(2015年製作の映画)

3.8

ジャケットに
載っているキャッチコピー。

"映画史上類を見ない極限の緊迫感"

広告に偽り、ナシ。

ハラハラしすぎて
泣きそうになったの、久しぶり…


もう冒頭から
状況が絶望的なんですよ。
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

4.0

続編が観たい、
でもそのためには1から観たい、
でも最高すぎるコメディだから
頭が疲れ切った日に観よう!

と先延ばしにしてきた
再々々々々々々々々々々鑑賞。
↑多分、"々" 足りてないです。

子供
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.8

"Coda" に
賞賛の嵐が巻き起こる2022年
再注目を浴びるにふさわしい
マレーシア映画。

高校生の
"Malaysia’s Got Talent" っぽい
音色豊かな青春モノなんですけど
ほん
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

なにかの罰ゲームで
「1年間、アクション映画を観るな!」
と言われても
そこまでの痛手には感じないんですが。

このシリーズのアクションは
すんんんごく好きです(笑)


出だしはほんと
「え?フリー
>>続きを読む

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

3.8

高校生の
すごく微妙で不安定な
恋と性。

そして
親との関係を
主観から客観で捉えていく過程の
期待と失望。

本当にくだらないことは
いつまで経っても許せなかったりするのに
許すべきじゃない大きな
>>続きを読む

アクト・オブ・キリング オリジナル全長版(2012年製作の映画)

4.0

主演は
本物の殺人者たちです。

俳優ではなく
実際にその手で、何百人もの人間を
楽しげに踊りながら
犯したり、拷問したりした挙句に
サクサクと殺していった人たちです。

1965年
インドネシアで起
>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.5

前半1時間
後半1時間
全く同じシチュエーションで
全く同じ2人が出会う2部構成。

なにを
どのタイミングで
どんな風に伝える、で
1日はこんなにも違って見える、
というのを
ラマーズ法みたいな独特
>>続きを読む

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.4

1980年制作
フーダニットで
ワイダニットでもある
スリリングなミステリー。

欲求不満の人妻や
セクシー全開の娼婦がメインなため
かなりエロティックですが
監督が監督なだけに
カメラワークがずっと
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.6

あたしの前世、
勝手にエジプト人だと思っています。

幼い頃にテレビで
ピラミッドの風景を見たとき
行ったこともないのに
「懐かしい」と泣いたんですよねえ。

なので
遥か大昔の我が故郷、
エジプトが
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.7

ホラーでした!

や、最初から
ホラーのつもりでしたけど
中辛の怖さだったので
途中から
これはダークファンタジーだ、って
言い聞かせてたんですよ。
そのほうが逆に
ドキドキを堪能できる気がしたので。
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.7

この映画
上映されたあらゆる国で
物議を醸したそうですが。

あたしは断然
受容派です。


120年かけて
異星に移住する予定だった宇宙船で
たった一人
トラブルによって
冬眠から目覚めてしまったジ
>>続きを読む

>|