れんれんさんの映画レビュー・感想・評価

れんれん

れんれん

映画ばかり観て、それなしで過ごすことなど考えられなかった学生時代。社会に出て、観られない状況に慣れてしまった、今。アプリに記録することで、当時との距離を埋めてみます。

普通に面白く観られれば3.0。これを基準に、プラスマイナスで、その映画への気持ちを込めようと思います。

映画(104)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.0

途中に挟み込まれる、主人公サルーと大学で知り合った女性とのラブシーンは不要だとか、さんざんGoogle Earthで調べても自分の故郷を割り出せないでいたのに、ある日、イラつきからの、「待てよ……」的>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

映画館で観るしかない映画。久々、小理屈屁理屈セカイ系ではない、映画らしい映画を観た爽快感がありました。しかし、スピルバーグじゃなきゃ不可能ですね。元ネタアリのパロディ満載ですので、肖像権、著作権など「>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

わたしのことは愛さなくていい。でも愛しているよ。

ヤク中の母親が、老境に入って息子に贖罪の言葉を投げかける。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.0

「チョコレート」や「ヘルプ」、「デトロイト」を、意図せず1年以内に観ているという流れがあって、アメリカの黒人差別の根深さに、今更ながら驚かされる。

見終わった後、どちらかといえば爽快感がある映画で、
>>続きを読む

獄友(2018年製作の映画)

2.5

難しいのは、この監督のドキュメンタリーを評価するとき、「気負わず、被写体のそのままを、追い詰めることなく」という立ち位置を、どう評価するのかという点だと思う。多くの観客に、伝わったのかどうか、それが気>>続きを読む

コンプライアンス 服従の心理(2012年製作の映画)

2.5

ストリップサーチいたずら電話詐欺事件。こんな事件があったのか!

ファストフード店に警察を名乗って電話を掛け、「お宅の女性従業員が客から金を盗んだ」と持ちかけ、店長に指示を出して従業員を別室に移動させ
>>続きを読む

4分間のピアニスト(2006年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

実際に存在した、囚人を相手にピアノを教え続けた人物から着想を得たとか。

何が余計に感じるかと言えば、老ピアノ教師の過去のパートで、ナチス、戦争、同性愛を盛り込む必要があったかという点。

才能はある
>>続きを読む

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2006年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

聞いたことはあったが、「モキュメンタリー」という言葉の意味が正確に理解できた。川口浩探検隊ね、なるほど。まだまだ、知らないことだらけ。

ドキュメンタリー風に撮影しても、独特の間のおかしさがにじみ出る
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

2.5

実際にあった出来事を映画にする場合によくあるが、「その後、裁判で、このような裁定が下され、それはそれとして、Aはこんな死に方をし、Bは無事に余生を送っている」みたいな後半のまとめ方をするケース、これで>>続きを読む

僕のピアノコンチェルト(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編を見ても、タイトルからも、ピアノの天才少年が、挫折から栄光を取り戻すまで……みたいな映画を想像させておいて、いい意味で裏切られた。

「天才ヴィトスくんのハチャメチャ大作戦」みたいな、昔の香港映
>>続きを読む

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

3.0

「ラ・ラ・ランド」の主演二人が恋人役を演じた過去作品ということで鑑賞。

つまり、「荒野の七人」とかが典型となる、荒くれ者を集めて悪を討つ、分かりやすい作品。舞台は、大戦後のLA。

ショーン・ペン、
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

すみません。新年一発目の鑑賞だというのに、途中寝ました。

豪華キャストでお送りする古典ミステリーということで、筋書きなどはご存じの通り。なので、途中寝たのは、ポアロが、神がかり的に、目の前の事件と過
>>続きを読む

曽根崎心中(1978年製作の映画)

3.0

人形浄瑠璃を映画で表現するというのは、大映がなくなったあと、ATGで行った増村保造の実験だったのか。

あえて、三味線などではない時代劇に似つかわしくないBGM、ポップアートとして通用する美術、何より
>>続きを読む

痴人の愛(1967年製作の映画)

3.5

小沢昭一という人のすごさを知るための一作。

「曽根崎心中」より、断然こちら。

大阪物語(1999年製作の映画)

2.0

新文芸坐の特集上映二本立ての二本目。

DVD未発売ということで、レアな鑑賞経験となる。

関西テレビ40周年記念→大阪を舞台に→そりゃお笑いで→吉本総動員→話題がほしい→沢田研二と田中裕子リアル夫婦
>>続きを読む

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982年製作の映画)

3.5

新文芸坐の「祝・沢田研二デビュー50年 ジュリー~My love~」という特集上映にて。

おそらく、テレビで子どもの頃に何度か観て、そのうえで劇場で観る寅さんシリーズのなかでも有名な一作。

前から
>>続きを読む

奇跡の海(1996年製作の映画)

3.0

ずっと以前から、時おり、頭の中に、Goodbye Yellow Brick Road が流れることがある。それは、この映画を20年以上前、大学生時代に観たことが原因だとわかっている。

あらためて観直
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.8

炭鉱の町の貧困家庭の男の子が、たまたま体育館の同じフロアで練習することになったバレエのレッスンを見て、女性指導者との交流もあり、なんとなくハマり、バレエ学校の受験を夢見るが、労働争議でスト中で、するこ>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.0

たいへんに不思議な映画。

手振れが気になったのだが、低予算だったからか。

極端なアプローチを仕掛けてくるヒロインは、子持ちで旦那はチェコ在住。

ボーイミーツガールで始まるかと思いきや、話はバンド
>>続きを読む

フューネラル(1996年製作の映画)

1.5

駄作。労働争議に労使双方が暴力装置を用いた時代のアメリカのマフィア(というほど組織の臭いを感じさせない。ごろつき一家くらい?)の三兄弟が登場人物。

無鉄砲な三男が殺され、三日間にわたって行われる葬儀
>>続きを読む

夜間もやってる保育園(2017年製作の映画)

2.0

ドキュメンタリーとして、夜間保育園を扱ったこと自体に☆2つ。

ただし、ドキュメンタリー映画としては甘い、というか消化不良の連続。

夜間保育園という存在自体が、まだまだ知られていない、というなら、そ
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

1.0

アイルランド系マフィアの恐ろしさを描いた作品で言えば、ジョニー・デップが主演した「ブラック・スキャンダル」のほうが、格段に怖いし、説得力があった。

本作は、「ここがタウンだから」と、繰り返し言うこと
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.0

スマホはブラックボックス。
幼馴染みのメンズとそのパートナーが集まってホームパーティ。誰からともなく、スマホをテーブルの上に置いて、かかってきた電話にはスピーカーで出て、メールはみんなに見せること、と
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

4.0

イラク戦争を舞台に、爆弾処理のプロフェッショナルの兵士と、そのチームの活動を、ドキュメンタリータッチで撮った一作。あまりに有名な作品なので、観るのが遅くなってしまった、という感。

観るものに、「いつ
>>続きを読む

チョコレート(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストの解釈は様々あろうが、名作だと思う。

ビリー・ボブ・ソーントン演じる死刑執行人が、親の代から受け継がれ、自らに食い込んだ、根強い黒人差別とDV的発想でしか女性を愛せないという意識を振り払うきっ
>>続きを読む

禅と骨(2016年製作の映画)

2.5

ポレポレ東中野にて。

ドキュメンタリーとドラマを織り混ぜた手法で撮られている。あ、最後はおまけアニメも。

ヘンリ・ミトワという実在の禅僧の人生がテーマ。ドイツ系アメリカ人の父と新橋芸者の母との間に
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

裁判シーン、未成年者の証言に対する配慮、公判前の打ち合わせのなさなど、突っ込みどころは満載で、周防監督のほうが正確だった。

それはさておき、司法の裁く側の人間が、裁かれる側の抱える事情について、知っ
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

1.5

ラブシーンが無駄に長いのと、物語の後味の悪さが印象的な一作。

写真週刊誌業界をいろいろと取材しているのはわかるが、盛りすぎで悪のりしすぎ。ああいう世界の住人が、悪びれもせず、自分の仕事をクソみたいに
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.5

驚かされるのは、ダコタ・ファニングの演技の確かさ。ショーン・ペンとの父娘関係、しかも知的に障害のある父親を持った娘として、おそらく考えられる自然の反応を、どうやって引き出したのだろう。ペンが長い時間を>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

2.0

主人公役の少年の成長を追って、役者を変えず、10年以上にわたって撮った労作。

労作はわかるが、長すぎる。

もっとも見えてこないのが母親で、キャリア志向というか金を稼ぐために大学で教える側になり、ア
>>続きを読む

>|