たきさんの映画レビュー・感想・評価

たき

たき

映画(434)
ドラマ(2)

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

「検察側の罪人」を観る。

吉 高 由 里 子 に 惚 れ る。

例によって例のごとく、思ってたのとは違ったのですが。
てかタイトルずっと「検察側の証人」だと思ってた。
検察側の証人
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.0

「プレステージ」を観る。

タイムラインが「テネット」のpostで埋まるなか、ネタバレの恐怖に震えつつなかなか観に行けないくやしさをこらえつつ観ました。

ついてこれるもんならついてきやがれとでも言い
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

本日2本目「七つの会議」を観る。

うっかり数えるのを忘れてましたが、七つ会議あったっけか…

大和田さんが大和田さん史上最もいい大和田さん。←大和田さんちゃうやで。

そしてまさかの北大路欣也が北大
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

「ロスト・バケーション」を観る。

夏の終わりに、ブレイク・ライヴリーとジョーズが狂おしいまでに激しくイチャコラキャッキャウフフすると聞いて。

すごいです。
聞きしに勝るキャッキャウフフ
というか渾
>>続きを読む

今日の恋愛(2014年製作の映画)

3.0

「今日の恋愛」を観る。

昨日は突然Fire TV Stickがその名のとおり火を吹いたかのように熱くなってエラー出まくりでなんも観れなかった件。

ごめんな…
猛暑の中めっちゃ酷使したからな…
>>続きを読む

世界で一番いとしい君へ(2014年製作の映画)

3.5

「世界で一番いとしい君へ」を観る。

しもた。
また思ってたのと違た。

今度こそイケメンと美人さんがひたすらキャッキャウフフするとこ観てキュンキュンしようと思たのに、よりによってまた余命宣告モノ。←
>>続きを読む

ママは世直しヒーロー(2020年製作の映画)

3.0

「ママは世直しヒーロー」を観る。

邦題、もうちょいなんとかならんかったもんか。

ネトフリで珍しく予告を目にして、これはストライクなネタだと思たので観ました。

目論見どおりネタは大好物だったんです
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

4.0

「君は月夜に光り輝く」を観る。

…しもた。ドストライクなやつや(´;ω;`)ウグ

せ や か ら ひ と は い つ か 死 ぬ ゆ ー と ろ ー が ー
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.0

「友だちのパパが好き」を観る。

だ め だ 、 ヤ バ い や つ し か 出 て こ ね え。

思ってたのと違いました。
もっとコメディちっくでキャッキャウフフするお
>>続きを読む

幸せのちから(2006年製作の映画)

3.5

「幸せのちから」を観る。

もしかしたら初ウィル・スミスかも知れず。

ストレートな、

気持ちいいくらいシンプルでストレートな物語。

やさしさもあり、頭もキレる。
行動力もあり、人付き合いも得意。
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.5

「ルイの9番目の人生」を観る。

ル イ の 母 ち ゃ ん エ ロ す ぎ る た ま ら ん。

だ か ら こ そ こ わ
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

2.5

「メアリーの総て」を観る。

そんなわけでもうこうなったらエルたんを観るしかないと思いまして。←どんなわけで?

とにかく会話劇なんですが、めちゃくちゃむずかしい。
「博士と彼女のセオリー」ほどではな
>>続きを読む

リトル・マエストラ(2012年製作の映画)

3.5

本日2本目「リトル・マエストラ」を観る。

いろいろトンデモ展開があるのでアレなんですが、とにかくかすみんに癒されたくて観ました(*´Д`)

「ビリギャル」以前にもこういうキャラやってたんですねw
>>続きを読む

愛のタリオ(2014年製作の映画)

3.5

「愛のタリオ」を観る。

某フォロワーさんからとにかくエロすぎて、わぁーお(*´Д`)ってなっちゃうからぜひぜひというお話があったのでそれはまあ観ますよね(*´ω`*)←ちょっとは躊躇して。

とはい
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

「スワロウテイル」を観る。

岩井俊二監督。
「リップヴァンウィンクルの花嫁」同様、とてつもなくむずかしい。

暗喩にまみれ、おそらくどのシーンどのカットをとっても無駄なものなどなにもないと思わせる。
>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

3.0

「監視者たち」を観る。

子豚かわええ(*´Д`)とキュンキュンしてたら、

ま た ハ ン ・ ヒ ョ ジ ュ だ っ た 件。

なんなん…
また知らん間に琴線の隙間にすべ
>>続きを読む

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.5

「忘れないと誓ったぼくがいた」を観る。

ありそうでなかった、自分以外の他人が、ことごとく自分を忘れていく地獄。

な ん や ね ん な。

彼女がいったいなにをしたというのか。
ももクロ
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.5

「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観る。

これは、また難しい。
観るひとによって解釈が変わるお話。
大好物ではあるのですが。

理想の自分と現実の自分。
戻りたくても戻れ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を観る。

リュック・ベッソンつながり。

最初はいったいなにをどういうスタンスで観ればいいかわかんなくて、どうしよう、とりあえずキモい人たちしか出てこないしでもロ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.0

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」を観る。

まさみ祭オーラス。たぶん。

ドラマは飛び飛びで、ながら観してしまってた印象だったんですが、ネタバレあらすじ感想とかネットで読んでみたら、そんなこと
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

本日2本目「BLEACH」を観る。

まさみとにかく漫画原作映画出演しがち問題。

これもすみません、「銀魂」以上に原作知りません。読んでません。
ジャンプだったっけ? マガジンにめっちゃ似てるのなか
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

「嘘を愛する女」を観る。

このまさみはまさみ史上最もキツくて強いまさみ。

勇気ある。マネできないとおもた。
何度も挫けそうになったりして周りを振り回しまくるので途中だれたりするんですが、それもまた
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

本日3本目「銀魂2 掟は破るためにこそある」を観る。

銀 ち ゃ ん 、 か っ こ ←それさっきやった。

しかし今回かっこよかったのは圧倒的に真選組の方々でしたな。

武士道を
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

本日2本目「銀魂」を観る。

銀 ち ゃ ん カ ッ コ イ イ。←大階段落ちてませんよね?

すみません、原作は読んでません。観てません。
しかしまったくの初見というわけではなく、朧
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.5

「グッドモーニングショー」を観る。

監督、君塚良一。
主演、貴一とまさみとか俺得以外のなにものでもない邦画。
ありがとうございます。

まさみがですね、エロいんですよ。
おもしろエロいんですよ。
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

本日2本目「海街diary」を観る。

まさみ祭に是枝監督あり。やはりむずかしい。

前に例によって例に漏れず、地上波のなんとかかんとかでながら観してた覚えはあります。
梅酒のシーンとか、浴衣のシーン
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.5

「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」を観る。

ツカミというか、ネタでだいぶ損をしてるんじゃないかと思わせる良作。

今回もまさみは学校の先生です。
受験に破れ、人生の路頭に迷いそうになった染
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

3.0

「奇跡」を観る。

是枝監督作品。やはりむずかしい。

今回のまさみは類いまれなるナマ足をもって小学生児童のいたいけなこころを弄ぶ簡単なお仕事でした。

しかしなんと環ちゃんが出ています。
スタイルは
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

4.0

「閉鎖病棟‐それぞれの朝‐」を観る。

「糸」があまりによかったので、ついついアマプラにお布施をしてしまいました。
劇場公開時、どうしても時間が合わなくて観れなかった作品。
当時は綾野剛目当てだったの
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.5

「糸」を観る。

まだちょっとこわかったけど、定時に上がれたので思いきっていきました。
コロナのせいで半年以上ぶりの劇場観賞です。
麗しの大スクリーン。
懐かしの大エスカレーター。

ル ク ア
>>続きを読む

岳 -ガク-(2010年製作の映画)

4.0

本日2本目「岳‐ガク‐ 」を観る。

まさみは小学舘の原作漫画ヒロイン演りがち問題。

最初はですね、
えー、山登りのお話?
雪山ですよね。冬のお話ですよね。
それってまさみが乳もくびれもおみ足もさら
>>続きを読む

曲がれ!スプーン(2009年製作の映画)

3.0

「曲がれ! スプーン」を観る。

まさみ祭絶賛継続中。

佐々木蔵之介さんのカメオ出演? にニヤリとしつつ、ああ、これが映画にハマったときのだいごみかとおもた。
俺も立派な映画ヲタになっ(検閲)

>>続きを読む

そのときは彼によろしく(2007年製作の映画)

4.0

「そのときは彼によろしく」を観る。

まさみと小日向文世さんは共演しがち問題。


夢って、やっかいな言葉ですよね。

願望、ひいては希望という意味で使われると思いきや、非現実、ひいては幻という意味で
>>続きを読む

タッチ(2005年製作の映画)

3.5

「タッチ」を観る。

タッチじゃないですこれ。

ちょっと。

ち ょ っ と ち ょ っ と。←やると思った。

タッちゃんもカッちゃんも南も原田もコタローも別人28号。
原作ファンに
>>続きを読む

ラフ ROUGH(2006年製作の映画)

3.5

「ラフ」を観る。

あの!
せんせえ!!

まさみがですね!

競泳水着とかいろんな水着とかふとももとかふくらはぎとかくびれとかおっぱ

せんせえ!

まさみがいけないとおもいます!

両 足 閉
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

「モテキ」を観る

とりあえずまさみ祭だそうなので…!

だいぶ前に、深夜にテレビでやっていたのを、ながら観していたような気がします。
あまりの森山未來とのシンクロ率の高さにあまりよい印象はなく、麻生
>>続きを読む

>|