たきさんの映画レビュー・感想・評価

たき

たき

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.5

まりっかとあっちゃん目当てで観ました。←康の傀儡か貴様。

四者四様のお米の描写から始まる冒頭。こういうのは好きです。こういうのは身構えちゃいますよね。いろいろ行間読ませてくるやつかなとか。

最初っ
>>続きを読む

パイプライン(2021年製作の映画)

2.0

なんだろうな、なんでこれ観たんだっけな。

ネタもいいしノリもいいのに、いまいちここぞとばかりに絶妙に盛り上がらないのですよね。

このテのミッション系でキャラに魅力が湧かないのも致命的。
かといって
>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

4.5

なぁちゃん目当て…でなくてもこのテのおはなしは三度の飯より大好物なので一も二もなく飛びつきました。最近一日二食だけど。←ごはんはちゃんと食え。

これは、ものすごくイイモノだ。

なぁちゃんが。
少女
>>続きを読む

パラレル 多次元世界(2018年製作の映画)

2.0

アマプラのおすすめに上がっていたので。

パラレルネタ多々あれど、これほどグロい使い方された作品はあっただろうか。いやない。(反語)

てっきり過去は変えられないし、未来は自分で創るものだっていつもの
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

4.0

R-18版とあるけど、そうでない版もあるんです?

これは相当描き方とシチュが尖りまくってるってレベルではないのですけれど、だからこそ鮮明に浮き彫りにされる愛とはなんぞや、というおはなし。大好物でした
>>続きを読む

ミッドナイト・バス(2017年製作の映画)

3.5

「マジカルワンダーわかにゃんとゆかいななかまたち」を観ました。←確かにくっっっそかわいかったけれども。

母も息子も娘も、父もその恋人も。
それを奪われることで、ひとはいとも簡単に何者でもなくなってし
>>続きを読む

変身(2005年製作の映画)

3.5

これってあれですよね。「だいじょうぶだ、人格に影響は与えない」とか言うから融合したったのにデンデのことも知ってるわ最長老への敬意とかもっちゃってるわとなかなかに俺のままでいられてないんちゃうん的なおは>>続きを読む

旅立ちの島唄 ~十五の春~(2013年製作の映画)

3.5

なんで俺こんな泣いてんだろ。

なんの変哲もないジュブナイル。だがというかだからこれがいい。
こういうジュブナイルばっか延々と垂れ流すチャンネルとか誰か開設してくんないかな。

冒頭から方言きつくて正
>>続きを読む

逆境ナイン(2005年製作の映画)

3.0

なんも考えずにげはげは笑ったり堀北真希に癒やされたくて観ました。

原作は既読…のはず。コミックスは買ってたはずですが、最後まで見届けたかどうかは忘れました。それはそれ、これはこれ。と透明ランナーは覚
>>続きを読む

プリテンダーズ(2021年製作の映画)

4.0

見上愛目当てで観ました。

承認欲求それ自体は悪いことではないのですよね。
ひとが、ひとである以上当然の欲求であるわけですし。
それを自己顕示欲を満たすことで解消しようとしたり、あまりに自分を殺すこと
>>続きを読む

さんかく(2010年製作の映画)

3.5

邦画界が誇る胸糞二大巨頭の一角、吉田恵輔監督作なので観ました。(ほめてます)

いやあ、なかなか再生ボタン押すのに勇気がいります。絶対MP削られますもんね。毎回コンディション整えるのにたいへんです。ご
>>続きを読む

キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~(2019年製作の映画)

3.0

出川ガールズ目当てで観ました。←ええ?

いいな、なんかやさしいな。
もっとドロドロしてくおはなしなんかと勝手に想像してたギャップもあるんでしょうけれど。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とい
>>続きを読む

僕は友達が少ない(2014年製作の映画)

3.0

つい懐かしくなって再生ボタンを押してしまいました。

いちいち無駄にエロいのは、原作というか、こういったハーレム系ラノベに正しく準拠しておりますよね。

当時、イラストが超絶ドストライクで表紙買いした
>>続きを読む

クソみたいな映画(2019年製作の映画)

3.0

ひとを泣かせたり、怒らせたりするのって、実のところそんなにむずかしいことじゃないのですよね。
ぶっちゃけ子供とか動物とか誰かの死とか絡ませれば涙腺なんてかんたんに決壊するし(ばかにしてないですよ。むし
>>続きを読む

笑う大天使(ミカエル)(2005年製作の映画)

2.5

上野樹里つながりで。

あのですね、とりあえず制服がエロすぎるんよ。
デコルテとか背中とか肩甲骨とかむきだしだし、胸元とかかがんだら見えちゃいますよ。見えちゃうどころの騒ぎちゃいますよところどころ
>>続きを読む

虹の女神 Rainbow Song(2006年製作の映画)

4.5

上野樹里目当てで観ました。

劇中劇の「THE END OF THE WORLD」は昔なんかのエロゲで同じの観た覚えがあります。←TPOを考えろ。

世界の終わりって、はたしてどういう意味なのか。
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

二階堂ふみ目当てで観ました。

悪くはないのですが、エンジンかかるまで遅いなあ、と思ってた矢先のラスト30分。ぜんぶひっくり返されました。そうくるか。いや、でもこれは予想できた。このおはなしは、いった
>>続きを読む

劇場版ドルメンX(2018年製作の映画)

3.5

もちろん玉城ティナ目当てで観ました。

今日はいろいろ疲れたし、なんも考えずにあほちゃうかーってツッコミ入れつつ玉城ティナかわいいんよって癒やされたいがために観たのですが、なかなかどうして、裏切られま
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.0

伊坂幸太郎原作ということで観ました。原作は未読。

珍しくちょこっとあらすじの前半だけ読んでしまったんですね。てっきりよくあるパンクバンドの成り上がり承認欲求満たしまくりネタかと思いきや、そこは伊坂幸
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

1.5

せっかくなので続編も観てみました。

EMPバラージキタコレ。

「E.G.コンバット」思い出した。懐かしい。
これも、プラネリアムくらい人外に設定してくれればモヤらずにすむんですが。
今作は特に言語
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

1.5

そういえばこれも観てなかったなと。
感想書こうとして検索かけたら山ほどパチモンひっかかる定期。

誤解をおそれず言いますが、アメリカってなんだかんだ特攻好きですよね。
でもって、やっぱりかつての開拓時
>>続きを読む

踊ってミタ(2020年製作の映画)

3.5

岡山天音と武田玲奈目当てで観ました。

ダンスと、料理ができるひとは無条件で尊敬してしまいます。
ダンスシーンてんこもりで眼福でした。

廃棄された芋をリサイクルするおはなし。
身に覚えしかなくて、な
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

4.5

ああ、この団地には激しく見覚えがあります。
かつて俺もあそこにいたような気がします。
下手したらまだ、出られてないのかもしれないのですけれど。

冒頭は、なにがいったいそないモラトリアムにしがみつかせ
>>続きを読む

パパのお弁当は世界一(2017年製作の映画)

3.5

武田玲奈目当てで観ました。

もはやこすりにこすられまくった超王道なお弁当ネタですが、それがどうした。これがいいんだよ。こういうのでいいんだよ。←また出たなこういうのでいいんだよおぢさん。

どんなに
>>続きを読む

正しいバスの見分けかた(2015年製作の映画)

3.5

今日も夥しいばかりの残業の嵐だったので、ちょうどいい尺の本作を。

ぶっちゃけいったいなにを言いたいのかわかんなかったのですが。
深読みしようと思えばいくらでもできそうな気はしたのですが(宇宙人とか本
>>続きを読む

スイート・マイホーム(2023年製作の映画)

2.5

齊藤工監督作。
過去作が結構相性よかったので期待して観ました。

喉から手が出るほどほしかった幸せを手に入れた瞬間、いつそれが失われるかと不安になる気持ち。わかります。けどそれってなんらかの精神疾患だ
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.5

何度も観たはずなのですが、ながら観とか途中からとかまともに腰を据えて観たことなかったなと思い、改めまして。

伝え聞きます感想のほぼほぼ半分が「ツッコミどころは多々あるけれど」からはじまるのがそういえ
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.5

ガリレオシリーズは、ドラマは未見です。
劇場版のみ追いかけてる体たらくなのですが、やはりこのシリーズは、解いてはいけない謎、というものがテーマなのでしょうかね。

てっきり冒頭から、復讐の是非を問う大
>>続きを読む

オーバー・ザ・レインボー(2002年製作の映画)

3.0

いつものごとくアマプラにオススメされるがままに。

たとえそれが、どこの誰だかわかんない状態であっても、五感からインプットされた情報さえ一致すれば、感情ってトリガーされてしまうものなのですね。

なん
>>続きを読む

百花(2022年製作の映画)

3.0

アマプラがいつものごとくオススメにだる絡みしてくるので。

ひとは、思い出を忘れることで生きていけると、どっかのヒゲの司令がのたまってましたですな。
だけど、決して忘れてはいけないものがある。

忘れ
>>続きを読む

ジャスティス・ブロンド(2022年製作の映画)

2.5

アマプラが執拗に推してくるので。
相変わらず俺の趣味嗜好がダダ漏れのようです。

なんだろうな。いろいろと惜しい。

正義など存在しないコミュニティ。
ぶつけようのない怒りと復讐心。
けど、あくまで罪
>>続きを読む

白夜行(2010年製作の映画)

3.0

堀北真希目当てで観ました。

いろんなところで何度もリメイクされてた印象。
原作も含め、まったくの初見でした。

終盤まで、正直退屈でなかったといえば嘘になります。
笹垣刑事の諸々の動機にも首をかしげ
>>続きを読む

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

2.5

ソン・イェジン目当てで観ました。
アマプラもうすぐ見放題終了シリーズ。

ことごとくクズしか出てこない胸糞展開。
ここまで徹底されると逆に潔いか。

ジョンチャンと女教師は言わずもがな。ミンジンとミオ
>>続きを読む

サンザシの樹の下で(2010年製作の映画)

3.5

チョウ・ドンユイ目当てで観ました。
アマプラもうすぐ見放題終了シリーズ。

ふたりとも超絶かわいいのですが、どうにもストーカーちっくな印象が拭えず正直困惑します。
とはいえ、そうでもしなければひと目会
>>続きを読む

トウキョウ・リビング・デッド・アイドル(2017年製作の映画)

2.0

浅川梨奈目当てで観ました。
とはいえこんな顔面だったっけ…?←覚えてねえじゃねえか。

ネタはいいネタ持ってるとおもたんですが、結局のとこなにがやりたかったのかわかんなかった感。いや、ソンビ無双やりた
>>続きを読む

パートタイム・スパイ(2017年製作の映画)

2.5

なんでしょう、ネタは好みのはずなんですが、いまいちノレなかった。
市原悦子が昔似たようなことやってましたですよね。→資格マスター無双。

格差社会の問題提起とかしたかったんでしょうか。このままだとあま
>>続きを読む

>|