桐ちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

桐ちゃん

桐ちゃん

映画(24)
ドラマ(0)

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

設立まもなく急成長を遂げたアパレル通販会社が舞台。PCやスマホを使いこなす若い社員ばかりの中で、”70歳の新人”ベンがインターンとして働き始めます。

人生経験豊富なベンにとっても全てが新しい環境。そ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

5.0

予告編を観て面白そうだなと思っていましたが、予想以上に衝撃的で深みのある作品でした。

朝鮮戦争時の捕虜収容所が舞台。主人公はタップダンスと出会い、アメリカ人館長の発案で結成された捕虜で構成されるチー
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.2

オープニングから聴き覚えのあるディスコナンバーが流れ、全体を通して合間合間に音楽が効いています。
ジョントラボルタの華のあるダンスシーンは見惚れてしまうほど。キレキレです。

なんとなくパリピなストー
>>続きを読む

コヨーテ・アグリー(2000年製作の映画)

3.6

タイトルのコヨーテ・アグリーはバーの名前。そこで働く女の子達がみんな健康的な美しさでとても魅力的です。あんなスタイルになりたい…とトレーニングのモチベーションが上がります。

パフォーマンスが売りのバ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

森で自給自足の生活。強靭な肉体と人並み以上の知識教養を持ち、サバイバルで生き残る術を心得ている。
父親が施すその教育は、資本主義に飲み込まれて生きることや思考停止した信仰への反感などから成り立っており
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

5.0

映画冒頭。女性たちがお洒落に身支度をし出掛けていくシーンがとても素敵に描かれています。「Suddenly I See」の曲と合わさりオープニングから気分が上がります。毎日こんな朝を過ごしてみたいもので>>続きを読む

フェーム(1980年製作の映画)

5.0

NYの芸術学校に通う生徒たちの、入学から卒業までを描いた青春群像劇です。
生まれや育ち、キャラクターも千差万別な登場人物たち。それぞれが葛藤を抱え壁にぶつかりながらも、FAME(=名声)という光を求め
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.5

音楽とダンスシーンがどこをとっても最高で、大好きなミュージカル映画の一つです。
特にジーン・ケリーとドナルド・オコナーの、常人離れした身体能力と息の合ったパフォーマンスからは一瞬も目が離せません。
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

主人公フォレスト・ガンプの半生を描いた物語。所々にユーモアを挟みつつ、生きるということに優しい眼差しが注がれています。

何も信じられなくなり絶望しか見えなくても、もしかしたらいつか心から笑える日が来
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

王になった以上スピーチを避けるということは不可能。王になるだけでもものすごいことなのに、それに加え吃音症を抱えることはどれほど辛いことか…その苦悩や心情が伝わってくるすばらしい演技でした。

吃音症に
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

スティーブン・キング脚本のTV版を先に見ていたので、描かれ方の違いに驚きました。父親の心理描写はほぼカットされ、映像美とインパクトに振り切っています。

色使いや構図が印象的で絵になるシーンが多く、張
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.3

長尺ですが全く飽きることなく楽しめました。
舞台はインド。熾烈な競争を勝ち抜き、国トップの理系大学に通う3人の友情ドラマを通して様々な問題を投げかけます。

「自分の人生を生きる」ことから目を逸らさず
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

ヘルシンキの街並みに、北欧風の明るいインテリア、そしておいしそうなご飯。肩の力を抜いてほっとできるような時間が流れています。

主人公サチエさんの整った丁寧な暮らしと、ほどよい距離感で受け入れてくれる
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.8

人は必ず死ぬ。そして死を意識した瞬間から人生は光を放ち始める。

家族のためを思い、自分の夢や憧れをそっとしまいこんで生きてきたカーターと、有り余る富を得ても心で繋がれる人のいないエドワード。旅から帰
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

5.0

郷愁の風景。見知らぬ土地なのに、不思議と懐かしい場所に帰ったような感覚を得ます。

狂人と言われるドメニコの演説シーンが胸に残ります。「無意味だと思うものにも耳を傾けよう」「あなたの健全さが何になる。
>>続きを読む

サクリファイス(1986年製作の映画)

4.2

劇場に監督へのインタビュー記事が掲載されていた。
「私たちの文化において、精神的生活に充てられるべき空間が不在である。人類は自らを信じることをやめてしまったかのよう。コーラス隊のなかで口をパクパクさせ
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.7

人生の節目節目で違う選択をしていたら今頃どうなっていただろう。ぼやっと考えることはありますが確かめる術はありません。

主人公はエリートビジネスマン。成功をおさめ高級マンションで1人優雅に暮らす日々。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

どんな愛の形があっても良いと思ったし、水のように縛られず自由で、あらゆる境界を越えてゆくラストシーンはとても素敵です。

部屋じゅうを水浸しにしたあと、イライザが隣人のジャイルズに見せた表情にやられま
>>続きを読む

たそがれ清兵衛(2002年製作の映画)

4.0

武士のお勤めを終えたらすぐ家に帰り、家事と内職をして男一人で家族を養っている。質素な食事にボロボロの服、年老いた母はもう自分が息子であることも覚えていない…。そんな貧しい暮らしの中でも家族を愛し、欲を>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

祖母の年金とわずかな稼ぎと万引きで生計を立てるという苦しい生活。
そんな生活の中でも手の届く距離にみんないて、会話があり笑いが生まれる。一緒にご飯を食べ、庭先で花火を楽しみ、海へ行く。それぞれが受け入
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.5

お金ではなく時間が資産になるという発想が面白いです。
25歳で外見の成長が止まるのは魅力的に思えますが、社会構造の根本的なところは変わらないんだなと思いました。

命に限りがあることはそれ自体が救いで
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.5

かつての恋人と再会し、愛と破滅へ突き進んでいく物語。
南フランスの街並みの美しさ、噛み合っているのかいないのか分からない言葉の掛け合い、そして2人が愛し合った家に死体が転がってるようなシュールさ…全て
>>続きを読む

アンナ(1966年製作の映画)

3.9

とにかくアンナ・カリーナが可愛いに尽きます。

太陽の下で歌うシーンが大好き。
透明なレインコートのファッションがとてもお洒落。
あんなに可愛く目玉焼き作ってみたい!

どのシーンを取ってもカラフルで
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.5

竜巻に飛ばされ辿り着いたのは虹の向こうの魔法の国。きらびやかだけど、少し不気味。家に返してもらうには自分の足でオズの魔法使いに会いに行くしかない。ドロシーは黄色いレンガ道を進んでいき、道中でかかしとブ>>続きを読む