yさんの映画レビュー・感想・評価

y

y

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

4.1

デフォーと、オスカーアイザックの2人がとても良かった。

そもそも本作は史実に完全に沿っているという感じではないけれど、ゴッホの視線で世界を観る、という疑似体験をほんの少しだけできたような気がする。
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

本作は、観終わった直後にレビューを書くことが果たして正しいのかと非常に迷うのですが、率直な感想を残そうと思います。
人間の醜悪さと美しさ、正義や良心、それら全て、自分自身も含め根底にあるものを否が応で
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

3.5

死んだ人とこうして、ちゃんとゆっくりと色んなことに決着をつけられたなら、どんなにいいだろうと思えた映画でした。
浅野さんのキャメルのコートと、深津さんのクレーのトップスにグリーンのスカートが印象に残り
>>続きを読む

おもいで写眞(2021年製作の映画)

3.5

やっぱり写真っていいなって思いました。
結子が性格にかなり問題ありで、当然あんなんでは人生簡単には行かないよねって思うんだけど、私はその難しさが分からなくもなかったし、辛抱強く関わる一郎や、優しい人達
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.5

とにかく面白かった。
何も考えずにひたすら楽しく見られました。
こんだけコメディーっぽい感じなのにアクションが凄すぎてその見応えは本当にやばい。ドニー・イェンが太ってもすごくカッコイイ。
ヤクザ役のジ
>>続きを読む

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

3.8

割と人は沢山出てくるんだけど、キャラが立ってるので分からなくなることが全くなく、ストーリーも分かりやすく進むので最後まで飽きずに見られた。
話す人によって瞬時に音楽が変わるところが面白かった(リーダー
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.5

図書館で借りて文章を読まずに絵だけ見て返却した本。
こんな話だったのか。
映像も綺麗だし、ストーリーも素敵だった。
けどなんかメッセージがくどいかなぁ。
後になるにつれて説明がすぎる気がしました。
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.8



上映時間は少しだけ長めなんだけど、そんな長さを全然感じさせないスピード感と面白さでした。
とにかくガルガドットがものすごく綺麗でかっこよかった。










以下ネタバレです。
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.8

すごく好きに作ったなっていう印象。

能年玲奈はあまちゃんの時と変わらずキラッキラ。
存在自体も可愛いけどお洋服も全部ものすごく似合っててものすごく可愛い。

みつ子と同じ境遇になったことないのに「勝
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

4.0

前2作あるなんて知らなかったわDUDE。
もう本当にくだらないんだけどビルとテッド最高。
キアヌ・リーブス、カッコイイイメージしかなかったからちょっとびっくりしたけどこんなのもいい!
「パパたち!!」
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

4.0

朝ドラ「あさが来た」の五代友厚しか知らなかったので、そのイメージとは別人の五代さんでした。
ストーリーとしては、大河ドラマのダイジェストのような、瞬時に何年も経ったりするんだけど如何せんキャストの見た
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

今まで観た高畑充希の中で1番よかった。
とても切なかったけど、それでも身終わったあとは爽やかな気持ちも同時にありました。

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

4.0

是枝さん推しか。
大賀が出てればとりあえず観るというスタンスで観ましたが、すごく好きでした。

たすくがダメだダメだと思いながらあの中じゃああしか出来ない弱さみたいなのも凄く痛かった。
やってることは
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

3.0

前作に引き続き絵は本当に綺麗でした。
本作は原作のストーリーに新たなオリジナルエピソードも加えられた内容でしたが、ドラえもんファンとして、非常に残念な内容で、前作同様また泣きすぎたらどうしようという心
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.5

イーサン・ホークじゃなかったら観てないけどイーサン・ホークだから観ようと思った笑
やっぱりイーサン・ホークええわ。
なんだかんだめちゃくちゃカッコイイし。
最後すんごい腹出てたけど。

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

3.7

これだけ婆さんぽい役をやっても、ああやっぱり田中裕子って何気ない仕草や表情が、ものすごくチャーミングだったり、綺麗だなってしみじみ思った。
そして本作ではずーっと食べてる感じ笑

この独特の演出がなけ
>>続きを読む

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(2018年製作の映画)

3.8

タイミング的にこれしかなかったので何も知らずに観たけどすごくよかった。
原題はシンプルだけど、邦題、良いと思う!

予備知識ゼロでも楽しく飽きずにみられました!
時代背景的に仕方ない部分があるだろうし
>>続きを読む

写真家 ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと(2012年製作の映画)

5.0

ゆっくりと話して、たくさんわらって、とても控えめでチャーミングで、少しもえらぶらない。どちらかといえば自信がないかのようにも時折見える。

映画として、素晴らしかった。カットや構成、音楽全てがゆったり
>>続きを読む

でーれーガールズ(2015年製作の映画)

4.0

原作を読んでる時、ふと見たAmazonのレビューで思い切りネタバレしていて読む気持ちが萎え、それなら気分転換にとU-NEXTにて。

ストーリーはぶっ飛んでいるけれどそれでも良い映画だった。

全体的
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.8

劇場予告からすっごく楽しみにしていたので公開されて本当によかった。

北村匠海くんが振り切っててすごく面白かった!
キャストもみんな、すっごくよかったし、面白かった上にええ話やったわーという仕上がりに
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

どうせまだまだやってるしもうちょっと後に観ようと思ってたんだけど、原作も読まずテレビでやってた総集編の前後編観たのみでの鑑賞です。
ものすごく絵も綺麗で俄ながらストーリーも面白いし最後はぐっと来たとい
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.0

私この監督あまり合わないのかな。
色々感じたし思ったけど結局何が言いたいのか分かんなかった。
理屈としてはわかるような気はするけど単純に響いてこなかった。

それでも芦田愛菜ちゃんは本当によかったし、
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.0

色々詮索しながら観てしまった。なのでなんとなく面白くなくなった。何回も金庫の鍵を開けるシーンを撮っていたことなどを詮索してしまったけどそこには深い意味がなかった。
蒼井優の映画だなと思った。
まさに怪
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.5

実はストーリーに対しては、期待してなかった。
事実特に目新しさもなく、ドランがこれまで多用してきたバックショットやシンメトリーなど独特のカット。今回はスローモーションよりかはクイックモーションが目立っ
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.3

浅田家の暖かな雰囲気がとてもよかった。家族全員が家族全員を大切に思ってる感じがすごくよかった。
家族写真の撮影シーンは楽しくて可笑しくて。
また様々な家族写真を撮影するエピソードも感動的でした。
途中
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

4.5

公開を楽しみにしていたのはA24だったのとオークワフィナだったから。
オークワフィナがすごく良かった。

告知に対する考え方、アメリカに移住したビリー親子はじめ状況がそれぞれ違う親戚のナショナリティや
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.0

吹き替え版で。
面白かったけど劇場で見るほどでもなかったかな。
個性を無くして普通に、みんな同じようにって、アメリカでもちょっと日本的な感じあるのかな…?

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

レビューを見てなければ観に行ってなかったはずだけど、高評価に次ぐ高評価のレビューを見てから期待値高過ぎで観てしまったのがダメだったと思います。
恐らく原作があるお話ぽいのだけれど少し説明不足な気がしま
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

難解なのであろうことは分かっていたので緊張感を持って一瞬も見逃すまいと意気込んで観たけれど…
難しかった…
じゃあ楽しめなかったのかというと全然そんなことないし、けど必ず少なくとももう一度は見るだろう
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.0

映画の音響がこんなに大変な作業の上に成り立っていたなんて!
音楽や効果音など、印象に残るものはもちろんですが、足音や風、エキストラの声、当たり前のように受け取っていたその音たちもあんなふうに苦労の上に
>>続きを読む

ソニア ナチスの女スパイ(2019年製作の映画)

3.0

美しくて語学に堪能で、才能に溢れたソニアがだからこそ望まない二重スパイになり、本人も家族も命の危険に晒される様が辛かった。
まず登場人物の名前が全く覚えられないのと、それぞれどの国のどういう立場の人な
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

4.5

ずっと観たいと思っていた本作を完全版にて。
全く長いと感じなかった。
大時化の中1900がマックスを伴って大移動しながらの演奏場面、楽しかった。
幼少期から大人になってからも様々なシーンに心が温まった
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

4.1

フレッド・ロジャースっていう人を知らなくて、このトム・ハンクスの特殊メイク的な顔どうしたのかなって思ってたけど本人に似せようとしてたのね。
見ていて途中から胸がいっぱい、涙ボロボロでした。
怒りの感情
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.0

初めに笑顔でサインあげて欲しかった。
と、元も子も無い感想。
ハンター・ダンバーがクズすぎた。
ムースの何が怖いって思考とか髪型とかはもちろんなんだけど、なにより最後あんなになってるのに普通に泣きなが
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

4.3

「ムーンライト」を観た後でどうしても観たくなった本作。何も知らなかったのでまさかこんなお話だとは思ってなかった。邦題とジャケットに勝手にミスリードされてました。
幼なじみの純粋なラブストーリーで、2人
>>続きを読む

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

3.5

面白かったし、いいお話だった。
笑ってじんときて、最後は爽やかな気持ちになれる。
草刈民代が、ものすごく綺麗だった。
"Shall we dance?”素敵だった。

>|