ちゅんせあひる仮さんの映画レビュー・感想・評価

ちゅんせあひる仮

ちゅんせあひる仮

映画(459)
ドラマ(3)

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.0

草彅剛が演じるトランスジェンダーの凪沙と虐待されていた少女の一果が出会い絆を深めていく。
無配慮な言葉や視線に傷付きながらも母になりたいと願う凪沙。草彅剛の性別を越えた演技に心を打たれる。
少女のバレ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

グッズ列も劇場内も8割が女性客。
そんな状況なので、終盤は女性たちのすすり泣きで溢れていた。
エンドロールが煉獄さん追悼仕様で自分も涙腺崩壊。
たかだか、1エピソードが映画として成り立ってしまう事実に
>>続きを読む

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

3.7

ブルピン快進撃映像から始まりテンションMAX。
各々の生立ちからデビューまでと、プライベートやインタビュー映像で構成されている。
今までLISA中心に見てたんだけど、クールなJISSO、実は愛嬌あるJ
>>続きを読む

小説の神様 君としか描けない物語(2020年製作の映画)

3.5

推しモデルの莉子ちゃん出演ということで鑑賞。橋本環奈ちゃん主演。
少し変化球な青春モノではあるが、綺麗に纏められてて良かった。橋本環奈がずぶ濡れ姿が美しすぎたのと、推しの本格的演技をスクリーンで観れた
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.5

新興宗教を信仰する両親を持つ少女の物語。決して重いトーンでなくコミカルな表現も随所に散りばめられている。
芦田愛菜の台詞回しが素晴らしく、子役ではなく女優の演技に進化している。
岡田将生が演じる先生か
>>続きを読む

映画 としまえん(2019年製作の映画)

2.8

うーん、アイドルもホラー好きでホラー大好きで、ホラーへの感想甘めの自分でもこれはちょっと。

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.8

中3という多感な年頃の少女を清原果耶が演じる。透き通る肌、ぎこちない表情、、中学生にしか見えない。最高!
清原果耶だいすき!!清原果耶!!はぁ好き!となるので、大成功なアイドル映画。
婆さん役の桃井か
>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.8

齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月の魅力さることながら、浅草氏、金森氏、水崎氏のことを応援したくなるマジックを見る者に掛けてしまう英勉監督の手腕に拍手。
ドラマ版見てなくても楽しめるのでは。
ギャグ&パロデ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.9

シリーズ屈指の傑作だった。‬
‪泣かせようとするお決まりパターンにまんまとハメる演出が為されてる。‬
‪実際に子供たちが描いた落書きが登場するのも胸熱ポイント。‬
‪エンドロールも含めて素晴らしい作品
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

なにが難しいのかさえ分からないくらい難しい(笑)
でも、なぜ、みんなが理解したがろうとするのか理解できない。理解とか考察しないと気が済まない人って大変だな!
順逆アクション、大袈裟な音響、時間が交錯す
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.2

デブの主人公ウザいし、無駄に人種の坩堝なクラスってのも白々しい。LGBT描くにしてもサラッとしすぎ。それらが自然に明るく表現されている処が評価理由なんだろう。でも、こんなので良いなら、多人種とLGBT>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.3

ディズニーっぽくない。キャラが可愛くない作品が多くなってきているのはポリコレ的なアレなのかな。とか考えたり。
内容は悪くないんだけど、とびぬけて良いというわけでもなく。あまり、響いてこなかった。

無垢の祈り(2015年製作の映画)

4.2

DV、児童虐待、育児放棄を真っ向から描いてる。とくに、女児を起用してのここまでの性的虐待描写は今までに見たことない。児童に対する性犯罪の大半が家庭内という現実は広く知られた方が良い。ラストの少女の絶叫>>続きを読む

ザ・ヴォイド 変異世界(2016年製作の映画)

3.7

カルト集団、狂医者、モンスター、触手、胎児、、、ごった煮の狂った映画(笑)
B級かと思いきや、意外にも面白かった!

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.0

ドキュメント映画としては30点。
ほとんど制作が仕事してない。良く言えば素材だけで勝負していてノイズがない。
しかし、知識や体験、思い入れあれば没入できるし胸を打たれる。
逆にいうと、外野が見ても理解
>>続きを読む

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46(2015年製作の映画)

3.9

再鑑賞。お披露目からの最古参ヲタ()なので、創成期を収めた本作を観ると胸に込み上げてくるものがある。ただ、初期は本当につまらなかった。それがいまや、現場在宅コンテンツ共に最強であり、卒メンも幅広く活躍>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

4.0

まさに、青くて痛くて脆い。
アーッ!ってなるような羞恥と、観る者を裏切る展開に心を掻き毟られる。この作品を隠キャが観たら死にます。隣のJK2人組は泣いてました。ぼくは杉咲花側の人間なので吉沢亮の気持ち
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

‪いたって普通のパニックホラーだった。にしても、この父母は酷いな。音が出せない世界でセックスして赤ちゃん作る神経がわからんし、末っ子を音出しの囮に使うし、モンスターよりこの父母のほうが怖いw‬
‪子供
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.2

‪日本版を観てからの鑑賞でした。‬
‪確かに本家である本作台湾版のほうが秀れてるとは思ったけど日本版も負けてなかったぞ。‬
‪で、本家の感想。主演のミシェルチェンがかわいい!無垢で純粋な笑顔に胸がキュ
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

2.9

‪福田雄一監督作品は映画好きに嫌われがちなんだけど、ぼくは好き。‬
‪でも、本作はヲタク文化に対する理解と愛をイマイチ感じられない。というか、ヲタクに対しての認知が相当古い。なので完全にアウト。‬
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.9

‪父と息子の絆、家族愛がテーマの本作。‬
‪先日の劇場版ドラえもん新恐竜もだけど、こういう映画で小難しいことを考えずに泣ける人間で良かったなと。‬
‪ゲームの世界観と現実世界が交差する描写によって、親
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.8

‪"アングスト/不安"の学校教師版みたいな趣き。けっこう不気味で怖い。‬
‪生徒がいない間に行われる持ち物検査から発覚していく生徒たちの闇、教師の秘め事。さまざまな問題、事件の真相は如何に...。‬
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.8

‪原作未読。シリアスで重い空気が漂ってるのが、三木孝浩監督らしい。‬
‪しかし、内容は紛れもなく青春恋愛映画だった。高校生には見えない浜辺美波の大人びた表情や仕草も物語に上手く溶け込んでいる。淡く、時
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.1

試合は全く映さずに、アルプススタンドでの人間模様だけで魅せてくれる。
笑いあり涙ありの掛け合いが心地良い。タイトル通り端っこの方にいる人たちが主役。人それぞれ一人一人が人生の主役だと気付かせてくれる。
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.0

50分の原作を1時間半に無駄伸ばししたら、まあ、こうなるかと。
思ったほど悪くはなかったけど、褒める点も盛り上がる点も特になし。
そもそも予告の時点で駄作だと読めないほうが悪い(泣)
まさかの松田聖子
>>続きを読む

3年目のデビュー(2020年製作の映画)

3.5

印象に残ったのが小坂菜緒。
長澤ねる、柿崎芽実なきあと日向坂46に明るい光を差したのは彼女だなと。
全体を支える佐々木久美キャップも。
他の坂道とは違う日向坂らしさを求めてる中での"青春の馬"デモを耳
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

4.3

劇場版の中でも屈指の大傑作。
緻密な構成、脚本、伏線、、
一つの映画作品として非常に優れてた。

ドラえもんを見て育った世代にも、今の子たちにも響くこと間違いないと思った。涙なしでは見られなかった
>>続きを読む

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

3.7

‪思って数倍も裸祭りで夏にピッタリ涼しげ!‬
‪気がついたら裸になってる夢とか見るときあるよなと不思議な気持ちに。‬
‪そして、与田祐希が可愛い!‬
‪なんか、おっぱい控え目?‬
‪与田ちゃんに踏まれ
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.9

過去の名シーンと現在のドラマパートが交錯して新たな人間模様が繰り広げられていく。車寅次郎という男の生き様が満男をはじめ様々な人々の心に染み渡っているのが伝わってくる。
桜田ひより目当てで鑑賞したんだけ
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.8

‪香取慎吾がギャンブル依存症のダメ男を演じているんだけど、ハマり役すぎて見ていて辛くなるほどに説得力ある。‬
‪全体的に重く不幸な雰囲気がのしかかってきて逆に心地が良いのは白石和彌監督作品あるある。‬
>>続きを読む

スプリンパン まえへすすもう!(2020年製作の映画)

3.3

ロボコン同時上映だったので鑑賞。

なんだったんだこれは、、、
怖い、、、

人体のサバイバル!(2020年製作の映画)

3.5

ロボコンの同時上映だったので鑑賞。

ロボコンとは別の意味でなかなか狂ってる作品だった...。

がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻(2020年製作の映画)

3.8

タイトルからして酷いが中身はもっと酷い!(褒めてます)
かなり狂った内容で目眩がするほど。

土屋希乃ちゃん扮する超絶美少女ロビンちゃんが清涼剤と思いきや、とんでもないことになります...

許容範囲
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

ドラマ未見ながら十分に楽しめる内容だった。これを機に見よう思ったので大正解な映画化かと。
長澤まさみの魅力がこれでもかと詰まっているのもだが、他の豪華キャストの個性も炸裂していて飽きない。
騙し合い、
>>続きを読む

>|