ucandoitさんの映画レビュー・感想・評価

ucandoit

ucandoit

映画(275)
ドラマ(0)

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.0

牧歌的でスケールが小さくて低予算なタイムスリップコメディ。12年前の瑛太も上野樹里もムロツヨシも若い。楽しめた。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.8

朝ドラ見ていてこの映画観たこと思い出した。佐藤健美しい。男でも女の子でも美しい事は素敵だ。不公平だけど。

ミッドナイト・ガイズ(2012年製作の映画)

4.5

ジジイものは好きでは無いが、これは良いですね。ラストベガスみたいなスカスカのおちゃらけとは大違い。さすがパチーノとウォーケン。アランアーキンも含め最期がカッコいい。明日に向かって撃てです。
ウォーケン
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.0

ただただ感動的、という事でいいんじゃないでしょうか。フリーダム・ライターズと同様な有色人種の底辺校の環境は悲惨ですね。でも希望は捨てない。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

グレートショーマンのミッシェル・ウィリアムズ出演。この女優さん好き。地味だけどよく出来た映画。ケーシー・アフレックの存在感が凄い。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

とてもタイトにできていてスリリング。家族と音楽の話。嫌いなわけがないw。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

機上で見るにはもったいなかった、見直さねば。
内容が簡単でその分音楽とダンスを堪能できます。
ヒューは歌もダンスもさすがです。
ザックエフロンとヒューの酒場のシーンは最高。
美しい歌姫のNever E
>>続きを読む

ロクサーヌ、ロクサーヌ(2018年製作の映画)

3.0

最下層の男達ってこんなにクソなのか。やるせないなあ。映画としては素材だけで、膨らみに欠けている。

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

3.0

何から何まで普通です。お暇だったらみてください。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.0

爺さんものは好みでないが結構よく出来ています。モーガンフリーマンが善人役でする笑い声は好きになれないなあ。ごめんなさいw。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

前回に続き荒唐無稽な痛快アクション。敵も味方もどんどん殺されるがコリンファースが生きていてよかったw。アメリカチームでフォーカスが行き渡らない人が3人いたけれど続編の布石でしょうか。to be con>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

南部の差別的ば空気の中でやたらと強気な中年女性が警察という権威に立ち向かう。やっている事は正しいようでエキセントリックな主人公は障害者に差別的な発言をするし、復讐のためには犯罪も厭わない。一見傲慢な署>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

障害者、ゲイ、黒人、学者肌のソ連のスパイ。そんな「異物」達が共感を持つ謎の生物という神がかった「異物」を軍から守ろうとするポリティカルコレクトティネスのお話。英米の映画は権力権威に対する不信感が強い。>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

クリストファーノーランの世界。意識の90%以上と言われる潜在意識の冒険。健在意識は7%だったか。現実社会で救われるために夢の世界を操作。込み入っているがエッセンスはそんなに難解でもないのかな。渡辺謙さ>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.0

ヒュージャックマン、クリスチャンベール、マイケルケインと美人のスカーレットヨハンソン。デヴィッドボウイも怪しい科学者で出演。なかなか素敵なキャスティングですね。暗いヒューマンドラマで「え、そんなのあり>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

5.0

何度みても大好きな映画。
タランティーノの脚本、トニースコット監督。
主役の二人の他ゲイリーオールドマン、クリストファーウォーケン、デニスホッパー、お茶目なジャンキーのブラピ。
みんな最高。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.0

60年前のカリフォルニアがこんなに男尊女卑だったか、と驚き。好物のエイミーアダムス(メッセージ、アメリカンハッスル)。イングローリアスバスターズで敵役のナチ将校を好演したクリストフヴァルツアーがここで>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

4.0

サイコだと、何でもありの一種の清々しい爽快感があるかも。伊藤英明ハマりすぎ。続きも見たくなる。

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.5

なにこれ、面白い。妄想癖のコメディアン志望のデニーロ、鬼気迫る追っかけのサンドラ・バーンハード。孤独なスター役は昨年91歳で亡くなったジェリー・ルイス。監督はタクシードライバー、ウッドストックのスコセ>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.5

実話を元にした映画だけに衝撃的。ベトナム戦争を利用して軍の輸送機で高純度の薬物を持ち込んでいたフランクルーカス。既存マフィアを凌いだ麻薬王の興亡。麻薬特別捜査官の4分の3が検挙された。軍も裁判所もグル>>続きを読む

いつか晴れた日に(1995年製作の映画)

4.5

ジェーン・オースチンの名作(読んでない)を主演のエマ・トンプソンが自ら脚本にした(アカデミー脚色賞)王道イギリス映画。ケイト・ウィンスレット、に加えてヒュー・グランド、アラン・リックマン、グレッグ・ワ>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

2.5

大物の爺さんを4人出して取り留めのない平板な映画。クスグリばかりでどんどんシラケる。デニーロ、マイケルダグラス、モーガンフリーマン、ケヴィンクライン。時間の無駄。

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.0

原作が素晴らしかったので観てみた。2時間の制約も含め原作とは違ったものになっている。しかしさすがの山田洋次ワールドです。この映画の黒木華はドンピシャですね。他のキャスティングは原作のイメージと違うかな>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.5

切ない。心ならずも加害者になったナチの女性の心理をケイト・ウィンスレットが素晴らしい演技で表現した。少年時代のマイケルもとてもいい。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.5

アメリカンハッスルと同じデヴィッドラッセル監督、ブラッドレイクーパー、ジェニファーローレンス主演。またもやデニーロが美味しい役で出ている。辛い過去を持ち薬物治療に苦しむ二人がダンスを通じて立ち直るラブ>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

4.0

メッセージのエイミーアダムスがクールでセクシーな詐欺師を好演。ジェニファーローレンスのおバカ振りも最高。クリスチャンベールとブラッドリークーパーの化けっぷりも笑える。好きなエンタメ映画。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

だいぶ前にDVDを買ってちょっと観始めたのだが、挿入歌とかで気持ちがオフになってしまってほっぽらかしだった。時空間の歪みは繰り返しテーマになる。何か真実があるんでしょうね。今日全部観てみた。泣けました>>続きを読む

毎日かあさん(2011年製作の映画)

4.5

切ないです。「センセイの鞄」の小泉今日子も良かったがおばさんになった「あまちゃん」の春子さんもこの作品の西原理恵子さんもとても良い。長瀬のダメ亭主ぶり。アル中を克服して短い末期ガン闘病中に自分の作品(>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.0

連続殺人と死体の解体。超グロくて引きます。実話に基づいていると言うから驚かされる。でんでん、黒沢あすからの異常変態さが凄まじい。渡辺哲、神楽坂恵、娘役の梶原ひかり。全員がキャラ濃いです。主人公の吹越満>>続きを読む

ミルカ(2013年製作の映画)

3.5

マダムインニューヨーク、きっとうまく行くに続く自分として3作目のボリウッド。印パ国境に住むシークの悲惨な体験とミルカの栄光。世界記録を持ちながらオリンピックチャンピオンになれなかったのは過去の悪夢に足>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

14才奥菜恵の魔性っぷりがいい。いや、この時点では美少女です。小学校6年生。男女の成長差が懐かしい。よく出来たテレビドラマだ。

>|